Asukaさんのドラマレビュー・感想・評価

  • Filmarks
  • Asukaさんの鑑賞したドラマ
Asuka

Asuka

おんな城主 直虎(2017年製作のドラマ)

-

大河ドラマなのに前半、戦が殆ど出てこないのは新鮮
むしろ、桶狭間を教訓に民を危険な目に合わせないようにしていたのかも

各キャラの心情の見せ方がうますぎる
主人公以外のキャラクターも魅力的でよかった
>>続きを読む

0

風林火山(2007年製作のドラマ)

3.4

政より戦メインだった
普段あまり大河観ないけど、私の中でイメージ通りの大河ドラマだった

若干直虎と時代被るけど、武田と今川で全然雰囲気違う

0

光秀のスマホ(2020年製作のドラマ)

4.0

めっちゃ面白かった!!
NHK、斬新!!

史実と一致してるのかわからないけど、わかりやすくて歴史の勉強になる
「中途採用」とか「パワハラ」とか、確かにってなる笑

0

みをつくし料理帖(2012年製作のドラマ)

3.8

まさかこんなに泣くとは思わなかった
こういう人情もの、弱い

落ち込んだりショックを受けたりするけど何度でも立ち上がる主人公に勇気をもらえる
頑張ろうという気持ちになる

江戸と上方でそんなに料理が違
>>続きを読む

0

みをつくし料理帖2(2014年製作のドラマ)

3.8

今回もやっぱり良かった
特にラスト

クライマックスはハモさばき
ハモって食べた事ないけど、危険な魚なんだね
毒のある魚ほど美味しいっていうけど

一難去ってまた一難
でもピンチの度に周りの人が助けて
>>続きを読む

0

わろてんか(2017年製作のドラマ)

3.9

前半のてんと藤吉の恋の話は正直あまり好きじゃなかったけど(伊能さん派だからか?)寄席始めてからが面白かった
昼に寄席始めたりとか冷やし飴とか
しゃべくり漫才を始めたのが実は吉本と知って驚いた
本当にお
>>続きを読む

0

みかづき(2019年製作のドラマ)

3.9

とてもいい話だった
本当にこれは同じキャストで朝ドラで観たい!!!

0

プリンセスメゾン(2016年製作のドラマ)

3.6

疲れてる時に観るとほっこりする
部屋片付けたくなる

毎回登場人物が歌う/聴く曲が素敵

最後の最後にTHE BLUE HEARTS

0

岸辺露伴は動かない(2020年製作のドラマ)

3.8

原作を知らずに観たけど、面白かった
実写化といっても現実味があって自然だった
続編希望

0

だから荒野(2015年製作のドラマ)

3.8

いいドラマだった
ロードムービーとは聞いてたけど、主に戦争の話

語り部と聞いて、修学旅行の時、広島で聞いた話を思い出した

「怒りの広島、祈りの長崎」
このドラマを観てると納得する

古くからキリス
>>続きを読む

0

グ・ラ・メ!~総理の料理番~(2016年製作のドラマ)

3.6

いいドラマだった
けど時々、主人公の気持ちが理解できなかった

0

今だから、新作ドラマ作ってみました(2020年製作のドラマ)

-

第三話

天国と地獄から

入れ替わりもの、やっぱり面白い!

柴咲コウさんのムロさんがすごくムロさん
ムロさんの柴咲コウさん、なんかしおらしい

一生さんの猫は泣き声含めてやけにリアルで、ムロさんの
>>続きを読む

0

ジ・アメリカンズ 極秘潜入スパイ ファイナルシーズン(2018年製作のドラマ)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

5年かけてようやく観終わった
Netflixにあると思って油断してたら知らないうちに配信終わってた
huluお試し体験期間中に急いで視聴

過去シーズンから振り返ってみて、初期は国のため、正義のためっ
>>続きを読む

0

怪奇大家族(2004年製作のドラマ)

3.7

ホラー苦手だけどこれは観れた
どちらかといえばコメディより
でも演出が所々ホラー

いつも主人公のそばにばかり幽霊や妖怪が集まってしまう
でも3割は親父のせい笑
11人もいる!もそうだけど、見える人と
>>続きを読む

0

MM9-MONSTER MAGNITUDE-(2010年製作のドラマ)

3.9

個人的にシンゴジラぽさとエヴァンゲリヲンぽさを感じた
樋口監督回はまさにそう

キャストが豪華でドラマの雰囲気にあっている

特撮ものだけど主人公たちが国家公務員という設定が好き
特殊能力を持ったヒー
>>続きを読む

0

山岸ですがなにか(2017年製作のドラマ)

4.0

面白すぎて時間経つのあっという間だった
軽くサクッと観られる

想像してた話とはいい意味で違った
クドカン節もきいてて、電車の中で大爆笑

本編にも若干絡んできて「ああ、あの時そうだったんだ」となる
>>続きを読む

0

ペテロの葬列(2014年製作のドラマ)

3.6

バスジャックは初回だけ取り上げられるのかと思ってたら最終回までずっと話の軸になっていた
謎解きミステリーみたいだった

かと思ったら四角関係もあって

それぞれのキャストに個性があって皆印象的
一瞬し
>>続きを読む

0

鉄の骨(2010年製作のドラマ)

3.8

ゼネコン談合の話
そんなニュースがあった事はうっすらと覚えている

昔は当たり前だったこともコンプライアンスが叫ばれる今の時代では通用しないことが多々ある
長年やってきたことを急に変えるのってとても大
>>続きを読む

0

アオイホノオ(2014年製作のドラマ)

4.0

すごく面白い!!

原作は3巻までしか読んでなかったけど、雰囲気と台詞回しがそのまま

ドラマの方がコメディ色強め?
リアクションがいちいちオーバー笑

個人的にはOPと車のシーンとサインのシーンが好
>>続きを読む

0

ゴンゾウ~伝説の刑事(2008年製作のドラマ)

3.9

「この世界に愛はあるの?」
トラウマになりそうだった
夜に観ると怖い
でも2周目なら普通に観られそう…?

一つの事件を全10話で追いかけてるけど、飽きることなく次が気になって行く
天国と地獄もそうだ
>>続きを読む

0

モザイクジャパン(2014年製作のドラマ)

3.1

このレビューはネタバレを含みます

所々、坂元節?

何もない町に何か一つ誇れる産業があると地元民がそれに依存してしまう
この植民地化現象、知ってる

結局は政治の話

0

クライマーズ・ハイ(2005年製作のドラマ)

3.3

この事件については毎年追悼してる事しか知らなかったけど、このドラマを観て衝撃を受けた
520人もの方が同時に亡くなっていたなんて……

ドラマ内で新聞の在り方を描いていた気がする
「やっぱりマスコミは
>>続きを読む

0

珈琲いかがでしょう(2021年製作のドラマ)

3.4

前半と後半で空気が全然違った
個人的には前半の雰囲気の方が好きだった

青山さんを観ていると珈琲にも流派というものがあるような気がした
元々珈琲好きだけど、更に大好きになった

珈琲、好きな人は好きだ
>>続きを読む

0

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう(2016年製作のドラマ)

3.3

かなり遠回りな話

1話から最終話まで主人公たちが不憫だった
前半は特に職場でのパワハラが可哀想
後半はすれ違い
全話通して三角関係だから坂元さんは片想いが好きなのかな

色んな地域から東京に来て波に
>>続きを読む

0

リコカツ(2021年製作のドラマ)

3.6

面白かった
瑛太のキャラが強い笑

夫婦の在り方は人それぞれって台詞好きだった

お互いの仕事の事まで尊重しあえて理想の夫婦

0

名建築で昼食を(2020年製作のドラマ)

3.8

TVerで一気見
30分ドラマなので気軽に観られる

建築家や彼らのこだわりについて学べるし、勉強になるドラマ
明治村好きな人は好きだと思う

かと言って建築だけではなくてストーリー要素もあるから続き
>>続きを読む

0

秘書貝原と6人の怪しい客(2016年製作のドラマ)

3.9

一つ一つは短いけど面白すぎて大爆笑
野間口さんとか岸井ゆきのさんとか天国と地獄を思い出す
大倉さんと一生さんは何回共演するんだろう笑
一番印象に残ってるのは夜のせんせいだからギャップに驚く

民王本編
>>続きを読む

0

大豆田とわ子と三人の元夫(2021年製作のドラマ)

3.7

何かのレビューで「マイノリティーの話だ」とは言われてたけど、最後までそうだった
かつては自分の気持ちを押し殺して周囲の視線を気にして生きる他なかったけど、今の時代、ありのままの自分でいていいんだという
>>続きを読む

0

信長協奏曲(2014年製作のドラマ)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

原作先に読んだから(長政の最後までだけど)1話でまあまあストーリー変わっててショックで観るのやめてしまってた

高橋一生にはまったタイミングで再放送やってたので視聴

話数の縛りもあって2つのエピソー
>>続きを読む

0

最高のオバハン 中島ハルコ(2021年製作のドラマ)

3.6

SPEC、民王の脚本家さんなんだ!

愛知県あるあるが盛り込まれていて面白かった
話としても面白くて、ハルコさんのお説教に毎回スカッとしていた

松本まりかは怖い役とか色気漂うイメージだったけど、こう
>>続きを読む

0

僕のヤバイ妻(2016年製作のドラマ)

3.8

引き込まれるストーリーで一度再生すると観入ってしまう

本当の主人公のバカさ加減に苛々してたけど、最終回でバカ夫って呼ばれてて「あ、公式でもそうなんだ」って思った

妻は最後までヤバかった
妻をはじめ
>>続きを読む

0
>|