あーさんの映画レビュー・感想・評価

あー

あー

映画(895)
ドラマ(2)

ペット・セメタリー(1989年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

『別のモノ』として、生き返るとしても。

それが最愛の者なら、埋めるだろうか。


2の配信終わる前に一気観。4月の話。
2の方が好きやけど、
寝かせてみたら、コレ点数上がるかも🤔
割と覚えてる←
>>続きを読む

フォレスト 生命の森(2013年製作の映画)

3.0

森は700年かけて再生する。

人間からすると莫大な時間をかけて
出来上がる森も、一瞬で壊せる人間て。
人間て。

自然に息してる事当たり前やけど、
木々のおかげで、息できてる事に
改めて気づく。
>>続きを読む

泥の河(1981年製作の映画)

4.5

昭和31年。
戦後10年。


昭和31年7月に発表された経済白書
(副題日本経済の成長と近代化)の
結語には、太平洋戦争後の日本の復興が
終了したことを指して
《もはや「戦後」ではない》と記述され
>>続きを読む

ブレスラウの凶禍(2018年製作の映画)

3.4

これを観ると、チキンナゲット
『バーベキューソースで‼️』と
言いたくなる(*´Д`*)なる。

18世期頃に起きた
「ブレスラウの凶禍」になぞらえて
怒る陰惨な事件の数々。

※凶禍のお話は監督の創
>>続きを読む

スケルトン 237(2018年製作の映画)

3.2

骸骨ちゃんの猫背の理由を教えてー!!

フィルマのタイトル237しか
見てなかった...。原題まで見てなかった。

再生したら間に点々あるーー笑笑笑

1笑い。

え?何この「靴の音」とか説明の字幕。
>>続きを読む

ボーダー 二つの世界(2018年製作の映画)

3.5

税関職員で匂いでコラーッ🙅‍♀️を
見分けるのは、自然いっぱいの場所で
暮らすからこそ、嗅覚も感覚も鋭い
のかと思っていたら...。

そそそそさそ、ソッチーー!?

ダークファンタジーだったわ。
>>続きを読む

地獄(1960年製作の映画)

3.5

中川 信夫3連発‼️

あいや、これはちょい惜しいね。
場面転換がちょっと唐突も有り。
と、言えども因果応報。
己の罪は死んでもなお、
死んだからこそ...
生前は罪に問われなかったとしても、
永遠に
>>続きを読む

東海道四谷怪談(1959年製作の映画)

4.8

キャストの天地茂さんに、
飛びついて観たら...。
※乱歩美女シリーズ子供の頃観てました

日本古典怪談、素晴らしい🥺✨✨✨

にゃんこババのセンスも良かったけど、
中川信夫さん_φ(・_・

Jホ
>>続きを読む

亡霊怪猫屋敷(1958年製作の映画)

3.8

病院内に響き渡る足音。

一体、誰が近づいてきているのか...。

妻の療養の為、都会を離れ
親戚の空き家に引っ越してきた夫婦。
しかし、妻はたびたび白髪のお婆の姿を
目撃し、何度も襲われそうになるー
>>続きを読む

海賊じいちゃんの贈りもの(2014年製作の映画)

4.4

台詞のセンス☆もキャストの良さ☆も
真逆の展開★も、とにかくお好みッ‼️
とにかくお好みなのDEATH‼️
※このデスは映画の中身にかけています

我、説明のセンスの無さ😂

おススメありがとう!!
>>続きを読む

ホステル(2005年製作の映画)

3.8

コロナご時世ご旅行中々、今、難しい。

これ観ると益々...
引きこもっちゃうかも😂

予想よりも、拷問もグロも
ド派手じゃないけど、

天国と地獄の振り幅。

シモが緩いと地獄を見るど😂笑

これ。
>>続きを読む

良いビジネス(2017年製作の映画)

3.2

5分ながらも
キモ可愛クリーチャーが
堪能できる🥺💕

鳴き声も良いッ🥺✨


人間とキモ可愛のビジネス取引。

さてさて、軍配は🤤!?


これ、長編で観たいな。

富江(1999年製作の映画)

2.0

菅野美穂ちゃんの怪演に2.0。

富江の写真の映り方が肝やのに、
ボケボケしとるー😭なんでや!
そして、何故かピンクの文字で
「バケモノ女」そこは赤い字でしょう!
ピンクやとファンシーやないか!

>>続きを読む

妖精ファイター(2010年製作の映画)

4.0

うわああああ🥺✨
これは良作やったー‼️‼️‼️

エンドロールのアニメ迄可愛いとは🥺✨

アイスホッケーの元歯型...←本気誤打🙈
元花形選手だった若かりし毛もある
ロック様❣️まだ細い(105キロ
>>続きを読む

ヒルズ・ハブ・アイズ(2006年製作の映画)

3.6

U-NEXTで観れたー!!!!
クリップした時はなかったけど!!

クロールもピラニア3Dも!
好きかも!この監督!
ハイテンションも観ないと〜👀

両親の銀婚式にトレーラーで、
楽しい家族旅行になる
>>続きを読む

リトル・マーメイド(1989年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

20歳の頃アリエルグッズ
めっちゃ買ってた(〃ω〃)💕
ディズニーシーのマーメイドラグーン
住みたい。と思った😂

ディズニープリンセスの中で
ダントツに可愛い❣️❣️

なんでコレ好きなのかなぁ。
>>続きを読む

エイリアン4(1997年製作の映画)

4.7

このレビューはネタバレを含みます

改めて観直すと、このセンス
めちゃくちゃ好き!!!!

1番お洒落。
お洒落っつうか、1場面1場面の
粋さとヴィジュアル造りが
わてのお好みどすえッッッ!!!!!!
色調も良いのよ🤤ちゃんと前作よりも
>>続きを読む

エイリアン3(1992年製作の映画)

3.5

いきなりの絶望感。

何?ようやく掴めた幸せ
もりもり奪う感...。

これ、ランボーなの⁉︎
ランボーだったの⁉︎。゚(゚´Д`゚)゚。

リプリーの坊主🦲は印象的だったけど、
内容ほぼ覚えてなかっ
>>続きを読む

ハムナプトラ 失われた砂漠の都(1999年製作の映画)

3.8

3000年の時空を超え、
愛を誓い合ったメンフィスとキャロル、
二人の行く手には数々の苦難が!!

ああ。間違えた。

「王家の紋章」をご紹介してしまった。

いや、ハムナプトラも3000年の愛の
>>続きを読む

エイリアン2(1986年製作の映画)

4.5

U-NEXTのココがポイント!に...

「イギリスのスタジオで撮影中、
 お茶の時間を巡って現地スタッフと
 監督が対立した」

    😂そこ笑 
イギリス🇬🇧お茶の時間大事!

エイリアンといえ
>>続きを読む

エイリアン/ディレクターズ・カット(1979年製作の映画)

4.3

「ALIEN」の文字が、
徐々に現れるトコ好き❣️


ホドロフスキー爺ちゃんのご縁で、
ダン・オバノン氏がギーガー氏を
ご紹介したからこそ、生まれたこの
フォルム。

エイリアンの住処共々、最高。
>>続きを読む

ホドロフスキーのDUNE(2013年製作の映画)

4.8

バタリアン再視聴した時に、
ダン・オバノン天才か!!
って叫んだけど...。
ホドロフスキー爺ちゃんも 
「ダーク・スター」で、その才能に
惚れ込んでいた!!

「エイリアン」も、
このドキュメンタリ
>>続きを読む

ディセント(2005年製作の映画)

3.7

お店のスタッフにおススメされて。

ラストがよくわからんかったんやって。
観る人に委ねるラストや💡


おお!
人間ドラマとしてもコレ中々、
面白い!!

りょーたんが言う、血糊美人の
法則も活かされ
>>続きを読む

ランボー 最後の戦場(2008年製作の映画)

4.5

ランボーのスキルなら、
何処の国でも生きていける。

前作で、寺の修繕まで出来ちゃうの⁉︎
なんて思ってたけど、今作でもまた
違う職業。なんてスキル能力の高い漢。

ベトナム戦争の悲しみ。
は、時代を
>>続きを読む

ランボー3/怒りのアフガン(1988年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

「何だ あのテロリスト?」

「お前の最悪の悪夢だ」


ランボー夢、出テキタラ やバス。

舞台はベトナムから離れ←

1からずーっとランボーの事、
唯一「ジョン」って呼んでるトコが
物凄く良い💕な
>>続きを読む

死霊のはらわた(2012年製作の映画)

3.6

後半の血の雨からは、
良いどーーーッ!!

ざばざば血の雨!!

オリジナルとは、設定も変わって、
ヘロイン中毒の妹の治療に古い別荘へ。
今回は離れて暮らしてた兄も一緒に。

真面目展開と、
お目目黄
>>続きを読む

ランボー/怒りの脱出(1985年製作の映画)

4.5

エクスペンダブルズ大好きっ子として、

「俺は消耗品なんだ」の台詞に、
痺れちゃったよー😭✨✨✨

一匹狼だったランボーから
強い絆で結ばれた仲間達との
消耗品軍団結成。なんて...。

最高ーッッッ
>>続きを読む

ランボー ラスト・ブラッド(2019年製作の映画)

4.6

何?このシリーズ。

1〜4まで全部面白いやーん😭✨

1のランボーの叫びに抉られ、
2に感激、3で涙し、
4でCG感は出たものの、
心抉られる場面が...。

シリーズ制覇して、
観てきました!!!
>>続きを読む

M★A★S★H マッシュ(1970年製作の映画)

4.0

とにかくブラックジョークが過ぎる。
朝鮮戦争が舞台の反戦映画。

※ブラックジョークが過ぎるので、
 閲覧ご注意⁇🤪⁇

とにかくめちゃくちゃな軍医達の、
めちゃくちゃな行動に笑ってしまう。 

毎日
>>続きを読む

世界一美しい本を作る男 ―シュタイデルとの旅―(2010年製作の映画)

3.8

漫画は電子媒体で購入しても、
やっぱり小説は、紙媒体が良い。

一枚一枚めくって、
自分のペースで進めていく。
電子書籍だと、同じ活字の筈なのに
なんか急いで読んでしまっている
自分がいる。

本の厚
>>続きを読む

深夜の告白(1944年製作の映画)

4.2

はぁ。

もう。

しゅき。

1944年のモノクロなので、
画像の質は粗いけれど、
中見は、冒頭の言葉通りである。

いきなり犯人の告白から始まる。

君の推理は、犯人だけが違った。と。


説明は
>>続きを読む

わたしに会うまでの1600キロ(2014年製作の映画)

4.3

傷だらけの足。
剥がれた爪。
そこからの靴が片方転げ落ちて、
もう片方も叫びながら谷底へ放る!!

えー!!!!

山道、こっからどうするのー!!?

と、ドキドキしながら始まる。


最愛の母親の死
>>続きを読む

触手(2016年製作の映画)

1.0

なっとな⁉︎
なっとな⁉︎

真面目に作りすぎてて、
の割に説明足りなすぎてて...。

触手ちゃんの食べ物になる訳でも
無し、なんでお世話する人間が
必要なんかがよくわからんかった...。

何?人
>>続きを読む

ディープ・ライジング コンクエスト(2002年製作の映画)

2.5

TV放映するよ。のお言葉に、
録画だと満足しちゃうタイプ←

で、いつかの正月のTV放映映画も
いまだ観てない輩の為...
早速ユー様で観た!!

あのぅ。画像が粗いのは、
わたしのWi-Fiの関係で
>>続きを読む

スイミング・プール(2003年製作の映画)

3.9

若さゆえの奔放さと自由に。

嫉妬、苛立ち、そして羨望も
あるのではなかろうか...。

と、ヒリヒリするオーラが
ジリジリとこちらにも侵食する。

終盤まで淡々と進む構成ながら、
仏頂面のサラが時折
>>続きを読む

フェリーニのアマルコルド(1974年製作の映画)

4.2

雪のように舞い踊り、
春を告げる綿毛たち。

わたし達も無数の綿毛のように
様々な想ひ出を重ねて一年を
過ごしてゐるのでせう。

フェデリコ・フェリーニの
そんな青春の一年の想ひ出を巡る
ささいな日常
>>続きを読む

>|