絢香さんの映画レビュー・感想・評価

絢香

絢香

SF映画とサスペンスが好きっ!
2011年〜(大学生になってから)観た映画の記録。

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.9

日常生活でこのシーンのこの瞬間は、
この音楽じゃないとダメだという感覚、
とても共感しながら、ノリノリで観れた

悪党だらけかと思ったら、意外と良い人多かった。人情に救われる。

運転シーンと音楽の絡
>>続きを読む

キャロル(2015年製作の映画)

2.9

淡々と流れているようで
感情が底でうねっているような印象
たとえお互い惹かれあっても
どうにもなれない関係だってある

映画に出てくる車が好みだった

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.7

娯楽としての映画はこれくらいテンポ良いと楽しめる◎
アクションと音楽とジョークのセンス!
いつ見てもスパイ道具や武器の数々にワクワクしてしまう
心の中の少年が大興奮しました

マイ・インターン(2015年製作の映画)

3.0

ほっこり。
ベンみたいな中身も外見もジェントルマンになりたい。(女だけど)
アンハサウェイはとにかく可愛いのみ。

ゴッホ~最期の手紙~(2017年製作の映画)

4.0

油画の迫力に圧倒されて、1時間半があっという間だった
画面の隅から隅まで余分のない芸術
それでいてサスペンスとしてドキドキできた
映画館で観て本当に良かった…
もっと上映場所増やせば良いのに…

ゴッ
>>続きを読む

あと1センチの恋(2014年製作の映画)

3.3

公開当初はどんな大恋愛映画かと思ってたけど、仕事終わりに軽く観るのにもってこいのラブコメ!
人生のターニングポイントがいくつも出てくるけど、苦労を感じさせない前向きさとポップな雰囲気が良かった◎

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.5

色彩豊かですぐに画面に夢中に。
音楽は言わずもがな素敵で、つい身体を揺らしたくなる!
キュートでラブリーなのに、
切なくて気付いたら涙が止まらなかった。
終わった瞬間にサウンドトラック購入。

海賊とよばれた男(2016年製作の映画)

3.6

原作未読。
久々に邦画を観たけど
仕事に対しての熱量ががんがん伝わってきて胸にくるものがあった。
苦しい場面でも軸をぶらさない店主、
そしてそれを汲み取る部下や奥さん…
気付いたらぼろ泣きしてたのは
>>続きを読む

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016年製作の映画)

3.8

スピンオフはやっぱりスピンオフ。
だけどスピンオフとして、
こんなに興奮して、
前作を思い出しながらこんなに泣ける作品は他にないと思う
(SW好きだからこその反応ではあるけど)

それでも夜は明ける(2013年製作の映画)

3.5

理不尽さと正面から向き合う

痛々しさが伝わってきたのは
視覚的な身体の傷じゃなくて
間合いとか表情とか空気の重さとか
心理的な動きだったのが良かった

はじまりのうた(2013年製作の映画)

3.7

サントラが欲しいと思った映画は初めてかもしれない!
劇中歌すべてセンスあって素敵!

前向きになれる
夜寝る前に見ると心地良い

ダンサー・イン・ザ・ダーク(2000年製作の映画)

3.8

救いようの無いところが好き
現実と妄想の曖昧さに救われる

私もセルマみたいに無音は苦手かもしれない
些細な物音からミュージカルが出来上がる妄想に共感出来なくもない

コードネーム U.N.C.L.E.(2014年製作の映画)

3.7

派手すぎないおしゃれなスパイ映画
音楽とファッションがセンスいいなあ
テンポが良くてコミカル
一緒に見てたお母さんの感想はルパン3世

アリシアヴィキャンデルが
とにかくキュートでやられた

オデッセイ(2015年製作の映画)

3.7

現実味には欠けてるけど、
ポジディブに生きていこうと思える映画

絶望するんじゃなくて、
目の前の問題を一つ一つ解決するだけ
っていう口で言うのは簡単な
難しいことを
前向きに取り組む姿は、希望がもて
>>続きを読む

エクス・マキナ(2015年製作の映画)

3.4

人間とはなんぞや

ビジュアルはどれも素敵だった
エヴァの色気
あんな別荘に住んでみたいなあ

両隣のおじさんがイビキかかなかったら良かったんだけど

>|