貴方さんの映画レビュー・感想・評価

貴方

貴方

映画(302)
ドラマ(0)

朝が来る(2020年製作の映画)

4.3

べらぼうに泣いた
カメラでのカットつなぎとかは、ん?と思うところがいくつかあるし、すごい狭い。

手持ちで技術的には参考にしづらい部分があると思う。だけど、それがまるで自分の過去のようにおぼろな雰囲気
>>続きを読む

ダージリン急行(2007年製作の映画)

3.9

いつでも終わっていいぐらい全てのお話を解決していくのが痛快で気持ちがいい

ペパーミント・キャンディー(1999年製作の映画)

3.7

悪玉菌がどのように生まれるのかを過去に遡って見ているみたいで辛かった

ファイト・クラブ(1999年製作の映画)

3.7

バチバチのアクションで何も考えなくていい映画だと思ったら
映像のテクニックがすごい何も考えなくていい映画だった

虚な時な閉鎖的な世界の作り方がすごい上手だなと思った。

常に解放を求めていて自由にな
>>続きを読む

ドッペルゲンガー(2002年製作の映画)

3.8

結局何を求めていたのか。
女も名誉も権力の何を求めたのか

茶の味(2003年製作の映画)

3.8

おかしいところ本当におかしいけれどいいところはちゃんといいよね

物語としてまとまりはないけどここがいいってポイントさえあれば十分面白い映画だと思う

浅野忠信がずっと良くて元カノと喋るとことか特に良
>>続きを読む

スワロウテイル(1996年製作の映画)

3.8

この設定でよくこんなに面白く撮れるな。脚本も若干繋げているのがなんだか心地いいし

言語がいっぱいあっていろんなものに手を出していて好奇心の塊だな!!

わたしは、ダニエル・ブレイク(2016年製作の映画)

3.9

わたしは、ダニエル・ブレイク
とケンローチ激怒した。
不幸、不遇、不運。そんな人間に型に収まってないからあなたはダメです。
心の優しい人もいるダニエル・ブレイクを支持する人だっているにもかかかわらず。
>>続きを読む

mid90s ミッドナインティーズ(2018年製作の映画)

3.7

音楽なりっぱなし!
音楽があり時とない時の緩急がすごく上手に作られていて、アメリカ人の不良グループものの映画に子供が加わることで深みが出たという感じ

桜桃の味(1997年製作の映画)

3.8

堅実な映画だと感じた。
後半の主人公が日常の風景を美しく感じるために車での小さな世界の絵が続く

最初の若い兵士がキャラクターとしてとても好きだ。だけど、二人目の修道士見習いは日本人みたいな無宗教の民
>>続きを読む

家族を想うとき(2019年製作の映画)

4.4

家族一人一人が家族のためを想っても何がこの家族をこうさせるのか。

是枝監督が尊敬する映画監督ということがよくわかる。

父親が仕事に行くこと。それが本当に正しい時ばかりではない。あの白いバンを壊して
>>続きを読む

メメント(2000年製作の映画)

3.9

わおこりゃすげぇ

面白いっていうよりすげぇ

物語的な面白さよりもアンビリーバボーの事件特集みたいなのをみたような感覚だった

ゴースト/ニューヨークの幻(1990年製作の映画)

3.8

昔見たことあったわ
物を触れるようになったら主人公無敵状態突入で怖いw
もう透明化した強キャラと化してしまう
主犯二人をやっちゃって逆に地獄に連れて行かれないのが不思議なぐらい

ヒロインあいも変わら
>>続きを読む

インセプション(2010年製作の映画)

3.9

高度なトリップ映画だわ。最初ちょっとついていけなかったところもあるけれど。
作戦決行してからは怒涛怒涛という勢いで持っていかれた

夢でも顔見れたならいいと思う

風花 kaza-hana(2000年製作の映画)

2.9

小泉今日子の演技が見しられすぎて偽物感を感じてしまった

序盤の方は、目的が分からず、なぜ北海道に行くのか分からなかったのでもう本当に物語に風がない状態だったけれど

自殺の話が出たときにやっと気持ち
>>続きを読む

TOKYO!(2008年製作の映画)

3.8

こんなに東京に魅力があってくれてよかったと思うことはない。これほどの有名監督が東京を舞台に映画を作ってくれるなんて奇跡だと思う。

どういうバックボーンで作っているのかは知らないけどありがとう。ミシェ
>>続きを読む

パルプ・フィクション(1994年製作の映画)

3.9

タランティーノの代表作ともいえる今作品
まず、なんか解説見ないとわからなかったていうのを見てなにがわからなかったのかわからなかったから解説サイトを見たけど熱狂的なファンの解説は度が過ぎてて面白い

>>続きを読む

クレイジーホース・パリ 夜の宝石たち(2011年製作の映画)

3.6

途中から女体が唐揚げに見えてくるぐらい重くなってきて疲れた

前半半分までで結構お腹いっぱいで芸術的で面白いけれど後半はオーディションとかあってなんか見るのがしんどくなった

でも鏡の反射のやつが最高
>>続きを読む

静かなる男(1952年製作の映画)

3.8

俺の性癖には刺さらなかったけど心地がいい作品です。主人公の前に立ちはだかる壁はすごい庶民的で小さくも見える。だけど、大きくも見せられるのは面白いキャラクターの演出が故だと思う。

トップガン(1986年製作の映画)

3.7

ずっと一緒にいた人がいなくなることって言うのの切なさがもろに来た。

二人の関係がすごい昔からでずっと一緒の1番の仲で一緒に死戦を潜り抜けてきた相棒が逝くというのは今まで見た映画で死んだ人行った人の中
>>続きを読む

あん(2015年製作の映画)

3.8

あん

粒あん派です


長回し手持ちのあんを二人で作るところいいよね

カイジ ファイナルゲーム(2020年製作の映画)

3.3

別に全然面白くないけど
時々とんでもない世界観作ってくるのが笑えるカイジ以外全員全くキャラクターがそそらんくて前作に出てきたおっちゃんが一番いい

キャラクターの顔の寄りの絵がないのと全体的に暗いとこ
>>続きを読む

>|