山中潤一officialさんの映画レビュー・感想・評価

山中潤一official

山中潤一official

映画(1441)
ドラマ(1)
アニメ(0)

アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!(2010年製作の映画)

3.4

なぜコメディにしたのか謎過ぎる実話を元にした物語。

こういうとぼけた所は確かにあったんだろうなって思うし、タイトルにも強いメッセージ性を感じる。

もう少しシリアスでもよかったんじゃないかなって思う
>>続きを読む

ガンズ・アキンボ(2019年製作の映画)

3.5

わかりやすいストーリーと納得の展開。
テンポも悪くないけれど、
とにかくやかましくコミカルな編集が目につく。

主人公の動機と成長が爽快ではあるが、
完全に巻き込まれで、
ぶっ飛んだ世界観で、
リアリ
>>続きを読む

演じる女/A Woman Who Acts(2020年製作の映画)

4.2

ゴリ!
めちゃくちゃいい映画撮るやないの!!
なんぞ、これは!
めちゃくちゃいいやんか!!

満島ひかり最高やんか!

これは見よう!みんな見ようこれ!
すごいほんといい!!

トップガン マーヴェリック(2022年製作の映画)

4.6

前作見てないと半分も楽しくないと思うし、
なんだミッションインポッシブルやんかとも思うと思う。

完璧なシナリオと完璧なテンポと展開で運ばれた前作をどう繋げるのかと思いながら、
両親と映画館に。

>>続きを読む

娼年(2018年製作の映画)

3.2

序盤は韓国AVと似ている感じです。
中盤からセックスをするための動機やオーガズムを初めて感じたいきさつなど
セックスへの導入や予定について、より興奮する方法や必要な手順などを説き始めます。

終盤は、
>>続きを読む

約三十の嘘(2004年製作の映画)

3.0

豪華キャストでみんな芝居上手い。
シナリオもどうなるんだろうって思うんだけれど、
正直どうなったって誰にとっても重要じゃないって分かっているから本当にどうでもよくって、そういうのめり込み方が出来ないの
>>続きを読む

blank13(2017年製作の映画)

4.2

たぶん、たまにまた見ちゃうと思う。

映画人である斎藤工が撮りたいと思った物語は、やっぱり人の物語で、映画じゃないと語れないという信念がそこにあった。

恐らく人付き合いが異常に多い職種が故に、お葬式
>>続きを読む

騙し絵の牙(2021年製作の映画)

4.2

『純粋は勝つ。』

それを体現する映画であり物語だと思います。
痛快で爽快なストーリーの連続。

様々起きる問題がそれぞれの思惑によって
確実に進められ、着実に解決し、同時に違和を生んでいく。

荒唐
>>続きを読む

ファーストラヴ(2021年製作の映画)

3.4

照れくさいなって思ってしまうほどに僕は多分まだ未熟なんだと思う。

登場人物全員が上手に不器用に
自分の今の感情と過去の戸惑いの意味と向き合ってる。

たぶん、みんなそうやって生きてる。
でも、向き合
>>続きを読む

罪の声(2020年製作の映画)

3.5

シナリオが凄すぎて。
複雑な物語のはずなのに、
ひとって1番シンプルなところで悩むし苦しむよなって。

それって共感で、形を変えて規模を変えて僕らの人生にだってすぐ隣とか心にある問題。


この少し大
>>続きを読む

64 ロクヨン 後編(2016年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

緒形直人の怪演えぐい。
早紀の号泣やばい。

とにかくみんな芝居うまいし、
シナリオも複雑に絡み合いながらも
無駄が無く、時代背景やら設定やらも凄いリアリティで、緊張感がずっと続きます。

ただ、結末
>>続きを読む

64 ロクヨン 前編(2016年製作の映画)

3.3

遺族に挨拶行った佐藤浩市の泣きシーンと記者クラブの良心に訴える長ゼリフが見ものです。

それ以外は、
豪華俳優陣で、記者クラブが終始うざいです。

バイプレイヤーズ~もしも100人の名脇役が映画をつくったら~(2021年製作の映画)

3.5

ほんとに超豪華俳優陣だらけ。
演者の皆さんもめちゃくちゃ楽しかっただろうな。
初共演の方々もいたと思うけれど、
この映画の打ち上げはめちゃくちゃ楽しかったと思う。

途中、完全に勝村政信がふざけ倒して
>>続きを読む

人数の町(2020年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

むっちゃ好きな世界観。
現世の陰謀論の根源を詰め込んだような作品。

共産VS資本に見せつつ、全然違う。

自由と不自由の真理みたいなものを見せつけられる。

コリンファレルのロブスターって映画に似て
>>続きを読む

アオラレ(2020年製作の映画)

4.5

ラッセルクロウはこの役の為に太ったのかなと思うほどの役作り。

めちゃくちゃ怖いし、
映画としてはめちゃくちゃ面白い。

犯人のラッセルクロウの気持ちにもめちゃくちゃ同情できるので、見てるこっち側の感
>>続きを読む

ザ・ファーム/法律事務所(1993年製作の映画)

3.5

面白かったー
サスペンスだと知らずに見始めたから
えーってなってたー

男前やなートム・クルーズ
浮気するところだけがキャラと合ってなさすぎて意味不明だったし

FBIの中間管理職過ぎる感じがムカつい
>>続きを読む

モンスターズクラブ(2011年製作の映画)

2.8

可哀想な瑛太。
強がってる妹。

金が無ければこんな風になってなかったのかも。
金があったからこんな風になったのかも。

違うな。
金が無かったら無かったで、
なんにせよ気持ち悪く、未練がましく、爆発
>>続きを読む

ファンシー(2019年製作の映画)

3.1

乳首祭りじゃーい!!

…すみません。取り乱しました。
みんな演技うますぎ。安心して見てられるというかなんというか。

ストーリーや設定は非現実的なんだけれど、
激情部分はめちゃくちゃリアルだし、
>>続きを読む

初恋(2020年製作の映画)

4.0

分かりやすい。面白い。
キャラ立ってる。無理なところは無理でアニメーションにしちゃう潔さ。

騒動が終わって、
エピローグ的なラストシーン。
セリフも大してなく、ただダイジェスト的にコンテが流れていく
>>続きを読む

不能犯(2018年製作の映画)

2.0

松坂桃李と芦名星と安田顕だけが上手です。
あとは、みんな不自然でどのキャラクターにも感情移入は出来ないし

恨むスピードが速すぎる殺しの依頼で
実は善人でしたってオチが短い上映時間で2回出てくる。
>>続きを読む

ひとよ(2019年製作の映画)

4.2

なんともまぁ上手な映画なことか。
出演者全員に共感出来る作品。

音尾琢真の役史上1番好き。

あー…映画館で見たかったなぁ。
いい映画だなぁ。

キャッシュトラック(2021年製作の映画)

4.0

ガイリッチー脚本・監督は秀逸ねー。
めちゃくちゃおもろい。

今回のシナリオの場合、
裏切り者は誰でもよかったんだろうけれど、
それにしてもむかつくなー

構図はめちゃめちゃシンプルなんよ。
ひも解け
>>続きを読む

マリグナント 狂暴な悪夢(2021年製作の映画)

4.2

ひぇー!
見たことないぞ、こんなホラー映画。
全員がもともと正解を言ってたってまぁそんなことできるん!?
って感じ。

確かに怖いのは怖いんだけれど、
序盤は結構ホラーコメディっぽい。

中盤はミステ
>>続きを読む

凪待ち(2019年製作の映画)

3.9

やり直そうとする人間とやり直せない人間と生きる理由を探す人間と。

再生と破壊の映画だったような気がする。

怪しいなって思ってた人間が案の定しっかり。

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

3.9

またこれは誰にも勧められないすごい映画

どこにも救いが無い、誰にも共感出来ない登場人物
でも、こんな事件にまでは発展しなくとも
とことんこの手前までの事例なんて隣に溢れてる。

部屋の感じとか、コミ
>>続きを読む

オールド(2021年製作の映画)

3.7

気付くの遅いような気もするけれど、
気付けるのもまぁすごいような気もする。

病気の囚人相手だったら、別にいいんじゃね?って思う。

ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ(2021年製作の映画)

4.0

前作よりあっさりという感じだけれど、
これは、ラブコメだな(笑)

カーネイジがなんでヤバいやつかっていう説明があったら最高だった。

セイジ 陸の魚(2011年製作の映画)

3.0

理解出来たかどうかなんかわからんが、
この映画は誰かが誰かには寄り添うことの大切みたいなもんを謳ったもんだと思う。

思った以上に豪華キャスト。

会話劇を期待したけれど、
セリフは少なく、顔とか描写
>>続きを読む

ハードコア(2015年製作の映画)

4.2

ハードコアなのかどうかは分からないけれど、
ピーナッツ程度のおつまみにハイボール飲みながら見るには最高の映画だと思う。

POVで進み続けるし、
主人公は設定上話せない。

見る映像は、自分が同じよう
>>続きを読む

任侠学園(2019年製作の映画)

4.2

もうさいっこう。
こんなアウトレイジな面々集めて
コメディというかドラマというか
スカッとめちゃくちゃ気持ちのいい映画です。

笑って泣けるとはこのことね。
本当にいい映画です。

みんな見ればいい。

サイレント・トーキョー(2020年製作の映画)

2.5

最初から怪しそうな人間が犯人で
猟奇的な動機でもなくて
復讐や気付きに対すること。

お酒飲みながら見てたってのもあるかもしれないけれど、後半のネタばらしの部分で完全に寝たもの。

ミスリードってタイ
>>続きを読む

アカルイミライ(2002年製作の映画)

4.0

キャストがこれ以上無いくらいに豪華。

感情移入出来るのは、
大人に人達だけというのが
この映画の狙いなんだと思う。

エンドロールでやっと評価出来るというか
今流行りの切り抜きでは
全く理解が出来な
>>続きを読む

タイムリミット 見知らぬ影(2018年製作の映画)

3.5

周りが無能な映画はもういらんのよ。

それでも面白いけれど、
本当に無能過ぎる。

娘、美女。
息子、超美形。

ラストシーンでよかったの、息子完治。
それ以外の要素欲しかったのに無いから正直いらない
>>続きを読む

タイムリーパー 未来の記憶(2019年製作の映画)

3.3

合わなかったなー…という印象。
感情移入出来ないことがいくつもあって、
シンプルに動機が色々とわからない。

それと、この映画、
バッドエンドじゃないと思うよ。

>|