bluetokyoさんの映画レビュー・感想・評価

bluetokyo

bluetokyo

映画(731)
ドラマ(0)
アニメ(0)
  • List view
  • Grid view

マグノリア(1999年製作の映画)

4.0

群像劇の傑作。ストーリー的には、それぞれの話につながりがないんじゃないかと思えるわけだが、それを帳消しにしてしまう最後のクライマックス。これは、もう、こういうの、映画じゃないと表現できないだろ、という>>続きを読む

賞金首 一瞬八人斬り(1972年製作の映画)

2.8

ストーリー的にはめちゃくちゃな感じ。ただ驚いたのは、若山富三郎の身が軽いことだ。ぴょんぴょんと飛び回る。その若山富三郎演じる錣市兵衛は、スコープ付きの銃を開発するぐらいの名うての賞金稼ぎ。暗殺を請け負>>続きを読む

ペイバック(1999年製作の映画)

3.0

2024年2月21日 13:40~ テレビ東京 吹替え
意外と面白い。ピカレスクロマンで、出てくる人はほとんど悪人で、主人公のポーターも悪人なのだが、ポーターだけはちょっと違うのだ。悪人の世界でもかな
>>続きを読む

落下の解剖学(2023年製作の映画)

4.0

男はつれえよ(ただし男性と女性が逆転していることに注意しなければならない)、ということか。この映画は法廷劇映画だけど、暴きたいのは、いや、暴かれたのは、事件の犯人でも真相でもなく、ジェンダーバイアス、>>続きを読む

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(2021年製作の映画)

3.6

まるで見事に話が見えなくて、しかも、登場人物の美男美女っぷりで、シティーハンターとかキャッツアイかと思ってしまった。ただ、戦闘シーンの臨場感がすごくよくて、話などどうでもよくなったけど。とくに、モビル>>続きを読む

ダイ・ハード3(1995年製作の映画)

3.0

ダイ・ハードは流行ったなあ。すげえなあと思いながら、その実、なにがすごいのかわからずに見たものだ。レンタルだけど。ダイ・ハード2で、早くも飽きた。なんで、オレだけ、いろんな事件に巻き込まれんだ、みたい>>続きを読む

ターミナル(2004年製作の映画)

2.9

なかなか凝っていて、なにがなんでも面白くしようという前のめりな感じで、それでなのか、見ていて息がつまる気がする。そもそも土台になっているネタがつまらないんだよな。昔、都市伝説染みた話で、24時間ファミ>>続きを読む

次郎長三国志(2008年製作の映画)

1.9

カネ出して見るような代物じゃないな。失敗したなあ、という感じ。マキノ雅弘監督という字面が目に入ったような気がしたので、咄嗟に借りてしまったのだ。まったく別ものでした。マキノ雅弘監督作品の持つ、重厚なリ>>続きを読む

ランボー ラスト・ブラッド(2019年製作の映画)

2.8

2024年2月8日 13:40~ テレビ東京 吹替え
テイスト的には、怒りのアフガンのような気もする。怒りのアフガンを覚えていないのでなんともいえないが。前作のミャンマー編が、迫力があって、それなりに
>>続きを読む

梟ーフクロウー(2022年製作の映画)

4.0

おもしろおおおおい。前半は、なんか、退屈な感じだが、途中から、あれよあれよの展開。内容は、必殺仕事人+暗くなるまで待って+見ざる言わざる聞かざる、みたいな感じかな。ま、こうしてああしてこうなるんだろ、>>続きを読む

機動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY(2016年製作の映画)

3.8

ガンダムにもこんな傑作があるんだと驚いてしまった。等身大のガンダムというか、戦場のリアルというか、ここには正義も悪もなく、あるのは地獄のような日常だけなのだ。最初は音楽を聴きながらというのが、いかにも>>続きを読む

新蛇姫様 お島千太郎(1965年製作の映画)

2.5

歌と踊りのコンサートシーンは劇中に差し挟まれているのだが、面白いのはそれだけである。ストーリーは、定番というか、面白くはない。退屈で途中で飽きてしまう。天津敏さんが、珍しく悪役ではない役で登場している>>続きを読む

ランボー 最後の戦場(2008年製作の映画)

3.4

オープニングからグロトラウマ映像のオンパレード。コンプライアンス的に、今ならムリな気がする。ランボーシリーズは、昔、怒りのアフガンまで見た。安直なストーリー展開で、もういいや、という感じ。怒りのアフガ>>続きを読む

エリザベスタウン(2005年製作の映画)

3.6

ストーリーといっても、とくになく、だが、つまらないということはない。だらだらと見続けてしまう。個人的にはこういうのは好きだな。主人公は有名なシューズメーカーのデザイナー、ドリューである。だが、失敗デザ>>続きを読む

オーシャンズ11(2001年製作の映画)

3.4

2024年2月2日 13:40~ テレビ東京 吹替え
楽しい軽薄なノリのピカレスクロマンというところか。それぞれに異能を持つ11人が結集して、不可能と思われるミッション、この映画の場合では、ラスベガス
>>続きを読む

瞳をとじて(2023年製作の映画)

4.1

とにかく、雨のシーンがとても多い。それがすごくエモいんだな。フロントガラスの雨滴をワイパーがカシャンカシャンとはじいていくのは本当に物悲しいシーンだ。で、結局、劇中映画、「別れの眼差し」は完成するのだ>>続きを読む

機動戦士ガンダムNT(2018年製作の映画)

3.3

THE ORIGINの内容が軽くて幼稚だったので、ややがっかりだったわけだが、NTは、振れ幅大きいな。こんどは、死とはなにかとか、テーマがいきなり重くなる。もうこうなると、面白いとか面白くないとかの枠>>続きを読む

おしどり囃子(1956年製作の映画)

3.0

こういうきっちりと作ってある映画は落ち着く。と言いながら、話しぶりがベタなので、途中で飽きて、寝入ってしまったが。それともう一つ、獅子舞ということだが、当然、獅子舞が登場するときは、獅子の中は、大川橋>>続きを読む

グラン・ブルー/オリジナル・バージョン(1988年製作の映画)

3.7

公開当時はけっこう有名な映画だったな。レンタルで見たけど、あんましよくわからなかった。ストーリーは、ないに等しくて、世界観の映画という感じ。あと、海だよな。これだけ、海の存在感を前面に出した映画はない>>続きを読む

ロッキー・ザ・ファイナル(2006年製作の映画)

3.7

オープニングからして前回とは別物だ。ただ、話としてはたいして面白くはない。でも、とりあえず、ファイナルとしては面目は保った、というところか。最後の試合シーンはかなり胸アツだったりするし。全体的には、沈>>続きを読む

セーラー服と機関銃(1981年製作の映画)

3.7

2024年2月2日 19:00~ tvk 
相米慎二監督の長回し連発。当時見ていたら、ただのアイドル映画なんだろうけど、いま、見ると、この長回しが時代の、というか、高校生の青春の雰囲気を実にうまく表現
>>続きを読む

ゴールデンカムイ(2024年製作の映画)

3.7

冒頭は、日露戦争の戦場の一つ、二〇三高地。このシーンの臨場感、迫力がすごくて素晴らしいのである。思わず引き込まれる。なぜ、二〇三高地のシーンにこんなにもこだわったのかというと、ゴールド、金塊に結びつい>>続きを読む

キング・オブ・コメディ(1983年製作の映画)

3.9

こんなストーリーだったのか、とびっくり。タイトルから、お笑い芸人が、R-1グランプリかなんかで優勝するというようなサクセスストーリーなのかと思ったが、ぜんぜん違うのね。ありていに言ってしまうと、話がタ>>続きを読む

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 誕生 赤い彗星(2018年製作の映画)

2.9

冒頭はルウム会戦である。地球連邦軍は圧倒的な兵力でジオン公国軍を殲滅せんと押し寄せるわけだ。ここらへんの戦闘シーンが、なかなかうまく描けていて見入ってしまう。また、ここでも、シャア・アズナブルが超絶的>>続きを読む

おしどり駕篭(1958年製作の映画)

3.3

マキノ雅弘監督の作品。歌あり踊りあり。恋もあれば、ダイナミックな殺陣シーンもある。なんでもありの娯楽作で見ていて飽きない。お約束の陰謀大好き腹黒家老も、若殿と町娘との爽やかな恋の前では、あっけなく吹き>>続きを読む

ロッキー5/最後のドラマ(1990年製作の映画)

2.5

腐ってもロッキーということか。昔、見たかもしれないが、あまりにひどくて記憶から抹消されのかな。すこしも覚えていない。それにしても、せっかくボクサーになったトミー・ガンは、かなりかわいそうだ。これからど>>続きを読む

ノイズ(1999年製作の映画)

2.4

2024年1月24日 13:40~ テレビ東京 吹替え
こういうのも、まあ、いいんだけど。ただ、映画であれば、特撮だったり、CGだったりという表現技術があるわけだし、そうした表現手段を頑なに使用しない
>>続きを読む

哀れなるものたち(2023年製作の映画)

4.0

いったいなにを見せられているんだ、と戸惑いを覚えつつ見入ってしまう。また、寓意に満ちていて、さまざまに考えさせられる。たとえば、肉体というのは、ひょっとすると、脳がまとう衣服のようなものかも、いやいや>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

3.8

誰が敵で誰が味方かわからなくなる。ただ、途中で、そこらへんが、鮮やかに解決してしまうシーンは素晴らしい。女性の描き方がうまい。愛妻へはプラトニックなんだろうな。それどころか離ればなれだからこそ、むしろ>>続きを読む

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦(2017年製作の映画)

2.8

タイトルは、ルウム会戦になっているが、ルウム会戦の前日譚である。それはそれとして、暁の蜂起はなんだったんだという気もする。とりあえず、シャア・アズナブルは、反乱を教唆したということで、追放になる。首謀>>続きを読む

大江戸喧嘩纏(1957年製作の映画)

2.8

こういうのをたまに見ると落ち着くものの、やはり後半はベタな展開で飽きてしまう。任侠ものなのであるが、昔の制作なので仕方がないとは思うものの、なんでもかんでも任侠ものにしなくてもいいように思ってしまう。>>続きを読む

アビエイター(2004年製作の映画)

3.3

この映画のモデルとなった実在の人物、ハワード・ヒューズがあまりの変人というか、病的というか、まあ、そういう人物なので、創作としてどうなのかな、というところだ。作品としては、そうとうに変人のハワード・ヒ>>続きを読む

死の標的(1990年製作の映画)

2.9

2024年1月14日 2:45~ テレビ東京 吹替え
スティーヴン・セガール懐かしい。沈黙のなんとか、というのをレンタルでよく見たなあ。アクションが、身長があるのに妙に素早い動きで斬新だった。この映画
>>続きを読む

VESPER/ヴェスパー(2022年製作の映画)

2.8

ローテクグロディストピアって感じかな。ローテクだが、遺伝子工学だけは異様に進んでいる。ピンと来ないのは、こちらの知識不足なのか、映画の表現力がかなりしょぼいためなのか。現状でも、遺伝子操作技術は危険な>>続きを読む

釣りバカ日誌20 ファイナル(2009年製作の映画)

3.5

釣りバカ日誌シリーズはきれいに終わった。本当は寅さんもこんな感じで終わらせたかったのかもしれない。スーさん役の三國連太郎がなんとかなる前に終わって本当によかったな。話としては、不況の到来である。鈴木建>>続きを読む

機動戦士ガンダム THE ORIGIN III 暁の蜂起(2016年製作の映画)

2.9

話がなんか、普通のアニメみたいな感じで、妙に軽い気もする。ガンダムの持つ重いテーマといったものを感じさせない。戦闘シーンはあるものの、モビルスーツは出てこないということもあるし、そもそも主人公が、シャ>>続きを読む

>|