シさんの映画レビュー・感想・評価

シ

映画(311)
ドラマ(89)

ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出(2015年製作の映画)

3.5

王女が王宮を抜け出して〜って王道ラブコメかと思ったら途中までは意外とハラハラしたり、ダークな部分もあったり。でもラストは超爽快で後味が良い◎
王女とジャックが打ち解けてからの身分の差故の微妙な距離感
>>続きを読む

放課後ソーダ日和-特別版-(2018年製作の映画)

3.8

女子高生と喫茶店ってのが新鮮に感じた。
森田想がすごくよかった〜めっちゃ可愛いってわけじゃないんだけど魅力的だった。

前田建設ファンタジー営業部(2020年製作の映画)

3.4

終始バカバカしくとことん振り切ってる映画だった。コントを見てるような感じなのでハマる人にはすごいハマりそう。
演技じゃなくてほんとに笑っちゃってるんだろうなってシーンがあって何か微笑ましかった。
ふざ
>>続きを読む

蜜蜂と遠雷(2019年製作の映画)

3.6

ピアニストの天才感や狂気みたいのが感じれてすごかったし、ちょっと怖くもあった。
ピアノシーンは迫力があってコンサートにきてる気分。みんなの普通じゃない感じの演技がよかった。

わさび(2016年製作の映画)

3.4

子供がいちばん大人で見ててかわいそうになってしまった。周りに甘えきれない芳根京子が見ていて苦しい。

最初の晩餐(2019年製作の映画)

3.7

家族のかたちはそれぞれで周りが勝手に良し悪しを決めるものではないよなと思った。
食べ物によって思い起こされる思い出にじんわりあったかい気持ちになる。
幼少期の家族のキャストがすごくよかった〜特に森七菜
>>続きを読む

日日是好日(2018年製作の映画)

3.5

お茶ってただ飲むだけじゃなくて、四季を感じながらその時間を過ごすことにも意味があるんだなあと初めて知った。
歳をとると繰り返しの日々になってしまいがちだけど、繰り返せる幸せもたしかにあるのかもしれない
>>続きを読む

シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア(2014年製作の映画)

3.7

怖いはずのヴァンパイアがみんなかわいいキャラで憎めない。所々チープな作りが逆に笑えてよかった。
ドキュメンタリー風なのでヴァンパイアの日常ってこんなのかな〜って気分になれておもしろかった。

めがね(2007年製作の映画)

3.7

今更だけどはじめて観た。
みんな暇そうなのに充実していて魅力的。
透明のマグカップで飲むビールがとてもおいしそうに見えた。

ジョーカー(2019年製作の映画)

3.9

この映画がこんだけヒットして評価されてるって、みんながジョーカーと同じような気持ちをどっかで抱いてるってことなんだよなあ、と思ってなんとも言えない気持ちになった。ジョーカーは悪なはずなのに全力で否定で>>続きを読む

約三十の嘘(2004年製作の映画)

2.9

予想外の展開ではあったけど、それが逆にうーんって感じだった。いろいろと意味深なシーンがたくさんあったけど、それに意味があったのかよくわからないまま終わってしまった。気づけてないだけかもしれないけど。>>続きを読む

イエスタデイ(2019年製作の映画)

4.0

見終わると凄いあったかい気持ちになるいい映画だった。出てくる人たちも憎めない愛らしいキャラクターが多くてよかった。
リリージェームズがキャラもファッションもかわいくて最高だった◎
終盤はみんなの幸せな
>>続きを読む

犬猿(2017年製作の映画)

3.7

どんだけ腹立っても嫌いになりきれないのが兄弟や姉妹なんだなって感じがしてよかった。
あの事件あったから新井浩文の説得力がすごい。

チャッピー(2015年製作の映画)

3.3

子供にとっては親が全てなんだな。
チャッピーかわいいんだけど、終盤はちょっと怖い。ロボット世界のはじまりって感じがした。

ホテル・ムンバイ(2018年製作の映画)

4.0

終始緊張しっぱなしでかなり疲れた。内容的にも面白かったって言っていいのかわかんないけど、飽きなかったし見応えがあった。
盲信してる人たちって本当に怖いと思ったし、中には疑いながらも家族の為にやってる人
>>続きを読む

マン・アップ! 60億分の1のサイテーな恋のはじまり(2015年製作の映画)

3.7

下品でおバカな感じだったけどメイン二人のキャラクターがかわいくてよかった。大人のラブコメって感じ。
邦画だったら恥ずかしくなりそうな展開も洋画だとアリなのってなんでなんだろう。

メッセージ(2016年製作の映画)

3.4

むずかしかった。けどちゃんと最後まで見たら意味がわかってよかった。
人類を守るためと相手を攻撃するのは簡単なことで、相手を理解しようとするってのは何倍も難しいことなんだなあ。未知のものに対峙した時の人
>>続きを読む

閉鎖病棟ーそれぞれの朝ー(2019年製作の映画)

3.0

精神病院に生々しくてどんよりした雰囲気が終始流れていて何か怖かった。
主要メンバー3人の感情の移り変わりがよくわからなくてあんまり入り込めず。事件が起きてしまった状況もイマイチ納得がいかずいろいろ?が
>>続きを読む

ハッピーフライト(2008年製作の映画)

4.0

派手な仕事も地味な仕事も全部が大切で、それぞれがあって1つのことが成り立ってる感じがすごくいい。笑って観れるけど適度に緊迫感もあって飽きない。
色んな人の細かい判断の連続で飛行機はとんでるんだな〜と思
>>続きを読む

サウナのあるところ(2010年製作の映画)

3.3

結構重いトーンの映画だった。
サウナに入ることが全く特別なことじゃなく、本当に日常の一部って感じ。
北欧の男の人は外で泣かない代わりにサウナで汗と涙を流してんのかな〜と思った。サウナの中では全部を曝け
>>続きを読む

記憶にございません!(2019年製作の映画)

3.9

三谷幸喜〜って感じの邦画らしい心あったまる系コメディでおもしろかった。
脇役までみんな豪華で飽きない。小池栄子、ディーンフジオカ、田中圭が特によかった。
元気がもらえる映画◎

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

コメディのようなサスペンスのようないろんな要素がある映画。132分があっという間。
人は言葉に出さなくとも無自覚で階級をつけていて、知らず知らずに誰かを傷つけたり踏みにじったりしてしまってるんだろうな
>>続きを読む

坂道のアポロン(2017年製作の映画)

3.8

古い時代の雰囲気も、切ない甘酸っぱいストーリーもよかった。3人の関係性や絆もただの青春映画よりも切ない儚い感じがして好きだった。
キャラと役者も合っていて原作を読んでいても違和感なく楽しめた◎
ジャズ
>>続きを読む

僕のワンダフル・ジャーニー(2019年製作の映画)

3.5

いろいろ上手くいきすぎだけど結局いい話。
犬ってかしこくて色々わかってんだなあ〜と感心した。
意外と前作と繋がってるから観てからの方が楽しめる感じがした。

ライオン・キング(2019年製作の映画)

4.0

思っていたよりも凄くよかった。
キャラそれぞれに人間味があって、いろんな葛藤や信念を持って生きてて小さい頃にアニメ版を見ていたのとは違う感じで楽しめた。
王様になるのが待ちきれないの歌とティモンとプン
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

映画ファンのための映画って感じがして、知識や思い入れがもっとあれば、もっと楽しめたんだろうなあ、と思った。事件についてだけでも予習しておいてよかった...!
街並みやネオンの感じ、映画セットとかその時
>>続きを読む

ロマンティックじゃない?(2019年製作の映画)

3.6

ベタな展開の詰め合わせ。
ミュージカルシーンはピッチパーフェクトを思い出して元気でる!

TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ(2015年製作の映画)

3.5

くだらなくてぶっ飛んでたけど見たことない世界観で面白かった。ダサくてうざい神木くんも新鮮。
途中、マジ歌のヒム子かと思うシーンがあって笑えた。

火口のふたり(2019年製作の映画)

3.3

何かどう転んだとしても誰も幸せになれないんじゃないかって感じてしまって切なくなった。暴力的なシーンも多くてそれも切なさを煽る。
なかなか共感はし難いし過激な作品だったけど二人の演技がすごく自然だったの
>>続きを読む

ポンチョに夜明けの風はらませて(2017年製作の映画)

3.2

若気の至り。
特にこれといった内容はないし、ぶっ飛んでるけど3人のキャラがすごく合っていたので自然に観れた。
染谷くんの歌声がなんか意外でよかった。

新聞記者(2019年製作の映画)

3.8

観ていて考えさせられる内容だし、日本の政府ってこんななのかと思うと怖くなった。
松坂桃李の取り巻く環境や葛藤が見ていて辛く苦しい。考えさせられるだけじゃなくて、サスペンスとしてもハラハラ気になる展開で
>>続きを読む

Give and Go - ギブアンドゴー -(2008年製作の映画)

3.2

1時間だから過程がサラッと過ぎ去ってしまう感はあったけど、シンプルにいい話だった。
子供って素直で残酷だけど、スポーツとかを通して心を通わせるスピードも早くていいな、と思った。コーチと生徒の関係性も◎
>>続きを読む

ピーターラビット(2018年製作の映画)

4.0

映画館で見なくてよかったと思うくらい笑った。絵で見るピーターラビットのイメージからは程遠いワルいキャラでかわいかったし、おもしろかった。
ストーリーは大したことないんだろうけど、うさぎたちとマクレガー
>>続きを読む

ナイト ミュージアム(2006年製作の映画)

3.5

初めて見たけど、夢ある設定と内容で大人が見てもワクワクする。
オーウェンウィルソンがいい感じ◎

劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん(2019年製作の映画)

3.7

全然ファイナルファンタジーをやったことがなくても楽しめるストーリーだった。
普段やらないからたかがゲームと思っちゃうけど、すごく立派なコミュニケーションツールなんだな、と思った。人との関わり方って色々
>>続きを読む

>|