sugiさんの映画レビュー・感想・評価

sugi

sugi

映画(647)
ドラマ(43)

ボンボン BOMBON(2004年製作の映画)

3.9

アルゼンチンの青空とおじさんと、犬

犬は心の友。いいなぁ

シンプルメン(1992年製作の映画)

4.0

みんな良いビンタを持ってるし、
無駄にニコニコしてないのがいいね

こーゆーの好き

山椒大夫(1954年製作の映画)

3.5

ジャケ借りしたら、
とんでもねぇ地獄絵図が待っていた

入水シーンの美しさよ…

ナッツ!ブリンクリー博士の奇妙な運命(2016年製作の映画)

3.0

モキュメンタリーのような実話

今のところ世界一字幕が見づらい映画

ル・コルビュジエの家(2009年製作の映画)

3.7

クルチェット邸を舞台にしたご近所トラブル。もう窓くらい良いじゃない

指人形とかイノシシマリネの作り方とか、謎のおふざけが可愛い。見終わってすぐyoutubeで「カルロス・エレラ 指人形」検索したけ
>>続きを読む

THE GUILTY/ギルティ(2018年製作の映画)

3.8

お節介ポリスの暴走にハラハラ
観客からの支持率低めの主人公がうまい。

なるほどのGUILTY。

シェフ 三ツ星フードトラック始めました(2014年製作の映画)

4.5

マーティン、ぶっちぎりで良い奴オブザイヤー受賞。ハッピーではち切れそうな映画

じゃ、チーズサンドの材料買ってきます

ゾンビ・ガール(2014年製作の映画)

2.7

死んだ元カノが暴れるラブコメ

私はもっとこう、群れで来るタイプのゾンビが好きです。

幸福なラザロ(2018年製作の映画)

4.5

言葉にならない気持ちで一杯です…

音楽が逃げていく、って凄くいい

デトロイト(2017年製作の映画)

4.4

事件も裁判も酷いけど、暴動も相当酷い。
周囲の狂気に晒された人間が怖い。

善悪の基準は状況によって変わらない、と思うのは安全な場所で映画観てるイエローの意見ですか

自由の幻想(1974年製作の映画)

4.7

夢の中って大体こんな感じ

ブニュエルと友達になりたい。

悪魔とダニエル・ジョンストン(2005年製作の映画)

3.9

あのTシャツの絵の人、だけじゃない
天才で狂人。どんな世界が見えてたんだろう
ご冥福をお祈りします。

話の話(1979年製作の映画)

5.0

全部のシーンの、画面の隅まで好き

もっかい観よう

25日・最初の日(1968年製作の映画)

2.5

社会科をちゃんと勉強してたら面白いんだろうな、としか思えなくて悲しいand恥ずかしいです

バニー・レークは行方不明(1965年製作の映画)

4.3

お洒落なオープニングクレジットで心掴まれて、無駄に超怪しい人々にワクワク!

圧巻のブランコ遊び大作戦に、母の愛と勇気と狂気を感じました…

アメリカン・アニマルズ(2018年製作の映画)

3.8

期待した感じと違って面白かった。
犯罪のグダグダっぷり、焦燥感、微妙に証言が食い違ってて、本当のところがはっきり分からないのもリアル。

インタビュー映像で本人達の悔恨は伝わってきたけど、ところでこの
>>続きを読む

デス・バレット(2017年製作の映画)

2.7

絶対カッコイイ映画を撮るんだ!
って気概は素晴らしい。

その格好良さを上回るつまらなさ!

ブルジョワジーの秘かな愉しみ(1972年製作の映画)

4.7

ニヤニヤが止まらない。
私調べですがおじさんがビンタする映画は大体面白いです

はなしかわって(2011年製作の映画)

3.8

パッとしないおっさんの何でもない日常。
小さな善行を見るのは気持ちがよい。

気球クラブ、その後(2006年製作の映画)

3.7

今まで園子温て暴力おっぱい大好きエログロ変態おじさんだと思ってました、すみませんでした。

THX-1138(1971年製作の映画)

4.0

デジタル懺悔BOXとかバカみたいだけど来月あたりJRの主要駅に設置されても不思議じゃないな…、未来、気持ちわるい

50年前のルーカスにも見えてたんでしょうか

セバスチャン・サルガド 地球へのラブレター(2014年製作の映画)

4.8

地球で起きてる事を何も知らない。途中、人間を辞めたくなるような写真が続くけど、観てよかった。
サルガドも、奥さんも偉大です…!

39 刑法第三十九条(1999年製作の映画)

3.9

ウルトラスーパード陰鬱
鈴木京香の家の食卓が、毎回モリモリで超滅入る。

岸部一徳の嫌らしさ、好きです

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.4

黒人差別ものではなく、優しい友情ロードムービーです、すきです。

KFC営業時間内に観るべきでした
あのチキンが食べたいんじゃ

堅々獄夫婦庭訓(1965年製作の映画)

3.2

そもそも童話のカチカチ山がどんな話かは忘れたけど、B・バルドーが出ない事は確か。

イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ(2010年製作の映画)

4.4

「精神に問題のあるカメラ・オタク」を使った壮大な皮肉、超おもしろい

羊の木(2018年製作の映画)

3.4

国家の極秘プロジェクト見放題の課長のパソコン。極秘とは。

まさか特大のギャグで締めるなんてね!

スノーデン(2016年製作の映画)

4.4

なにより自分らに直接関わる事件なのに2013年当時知らなかった事が割とまじでお恥ずかしい限りです、馬鹿かよ

適切な言い方か分からないけど物凄く面白かった

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)

4.0

アダムドライバーが
「今まで自分はユダヤ人だって意識は薄くて、白人だと思ってた。そう育てられたから。でも今は物凄く意識してる」みたいな事言ってて、島国でボケーっと生きてる我々ハッとする

>|