Movie男ムビオさんの映画レビュー・感想・評価

Movie男ムビオ

Movie男ムビオ

映画好き、なるべく中立な立場で

映画(565)
ドラマ(0)

ジョニー・ノックスヴィル アクション・ポイント / ゲスの極みオトナの遊園地(2018年製作の映画)

3.2

時代は一昔前のアメリカ、かつて手作りの遊園地を経営していたお爺ちゃんが孫にその話をするシーンから始まります

超危険なスリルが味わえるアミューズメントパークとして人気を博していたAction poin
>>続きを読む

シャイニング(1980年製作の映画)

3.4

レディプレイヤー1で思い返してから視聴

この時代のホラーサスペンス特有の空気、無機質な世界観、効果音とカメラワークがひたすら不気味って感じ、瞬時映される残酷な映像がサブリミナル効果の様に脳裏に焼き付
>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

公開が早いので少しお先に、期待値含めて面白かった、SWの良さは実用的なデザインの格好良さにあると思うんですが、その世界観もオリジナルトリロジーの良さも取り入れられていた、幾つかオマージュも見受けられた>>続きを読む

ラッシュ/プライドと友情(2013年製作の映画)

4.0

F1全盛期の実在した2人のレーサーの友情とFormuraにかける思いを描いた映画

車に女性にプレイボーイなハントと地道な努力家のラウダ、頭のネジが飛んで無いと出来ない様な、死が身近な世界だからこそ人
>>続きを読む

スノーデン(2016年製作の映画)

3.2

アメリカ中枢部の秘密を暴露した事で知られるスノーデン、彼は自分の行いが正しいかどうかを世間にジャッジさせる為にメディアに出た様ですね、民の救世主か国の裏切り者か

アメリカを世界で一番影響力のある国で
>>続きを読む

卒業(1967年製作の映画)

4.3

前半は生きる目標を失い大人の世界に対して畏怖の念を抱きつつ今一つ踏み出せない青年として後半は愛とは何かを知り自分の生き方へ前へ進み出した青年として

個々に伝わるメッセージ性といい名作だった、また見直
>>続きを読む

ブレードランナー(1982年製作の映画)

4.0

やっと2049との点と点が線で繋がった感じ、これは続けて観ないと意味がありませんね

この時代にしては良く出来た世界観とSF設定だと思った、そしてアジア文化に造詣が深い事も

ハリソンが若くてカッコい
>>続きを読む

FRANK ーフランクー(2014年製作の映画)

3.5

シュールさとコミカルさが融合した感じ

売れてないけど売れたくない自然派個性的バンドと売れたいけど売れない常識人キーボディストの出会いと音楽の旅を描いた映画

奇天烈なメンバーに当初戸惑いながらも次第
>>続きを読む

ウォールフラワー(2012年製作の映画)

4.3

観たかった映画、普通の寧ろ冴えない高校1年生の儚い高校デビューと親友と初恋の人との出会いを描いた映画

過去のトラウマが将来の進路選択にも関わり、円滑な人間関係とは別に交錯する本音、洋画はハッピーエン
>>続きを読む

ブルックリン(2015年製作の映画)

4.0

アイルランドの片田舎からアメリカのNYへ移民した女性の話、女性の自立を描いた映画は美しい、芸術性が高く1つの絵画を観ている様な気になった

保守派の愚痴をこぼすおばさんもいれば応援してくれる家族もあり
>>続きを読む

ウルヴァリン:X-MEN ZERO(2009年製作の映画)

3.8

思っていた以上に楽しめた、Executive ProducerにはStan Leeの文字が

複雑な家庭、兄弟関係を得てアメリカ最強の兵士へ、どんだけ生きてんねんとはいえ、これが味方にいたら頼もしい事
>>続きを読む

トランスフォーマー(2007年製作の映画)

3.5

何でも一作目って面白いよな、バトルシーンが新鮮で印象的

シャイアダルーフってインディの息子になったりスピルバーグのお気に入り

シュレック(2001年製作の映画)

3.0

話はよく覚えてないが好きだった気がする、歯磨き粉が青い芋虫の世界観が

出っ歯のロバが柳沢慎吾でシュレックが浜ちゃん

クッキーマン最高

トップガン(1986年製作の映画)

3.5

音楽がアホ程有名、Danger Zone

これはエリート空軍の話だが何においてもトップ,No.1ってのは響きが良いね

ステルスが音速を超えると操縦が効かなくなると何かのニュースで見た

戦闘機に夢
>>続きを読む

マンデラ 自由への長い道(2013年製作の映画)

3.8

自伝映画シリーズPart3

半アパルトヘイト運動家ネルソンマンデラの生涯を描いた映画

鳥が生まれた時から飛び方を覚えてる様に愛と自由と平等を求める事は人間の自然の摂理だと思った

南アフリカの話じ
>>続きを読む

スティーブ・ジョブズ(2015年製作の映画)

3.0

21世紀最大の発明をした偉大な技術者の1人、スティーブ・ジョブズ、彼がいなければこうして今右手の親指のタップだけでレビューも書けないだろう

映画はそんな彼の素顔、素性に迫った内容だった、部下に当たり
>>続きを読む

ミルク(2008年製作の映画)

4.0

良い映画だった、ショーンペン演じるアメリカ初のゲイで公職に就いたハーヴェイミルクの実話を基にした映画

幾らマイノリティと言えども同性を好きになるって感覚はやっぱり分からないな

弱者は弱者のまま生き
>>続きを読む

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

無人島に取り残された男と色んな機能が付いた死体との交流を描いた映画

シュールさが松本人志のシンボルに似てた

極限状態になっても健常に生きてる時と望む物は変わらないんだと思った

失恋に苦しむ男が最
>>続きを読む

シャークボーイ&マグマガール 3-D(2005年製作の映画)

2.0

スパイキッズからの流れで観た

アメリカの少年はこれを観てどう思うんだろう、単なる娯楽映画なんだけどさ

この頃の3Dって着色料めちゃんこ使った駄菓子みたいに赤と青ハッキリ分かれてたな

ヘルタースケルター(2012年製作の映画)

3.3

蛇にピアスの蜷川幸雄の実娘、蜷川実花が撮る芸術性が高い作品、メッセージ性はブラックスワンと同じ、似た様な世界観

沢尻エリカの新たな一面が垣間見れる、別に興味無いけど

身体の小さな1パーツだけでそん
>>続きを読む

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

監督が変わるのが少し残念

アジアンテイストが強いのは変わらず、怪獣vs人間の単純な構図の前作とは変わって違う様相の作品

ゴーストインザシェルの時から思ったけど海外の人の日本のイメージって中韓ごっち
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.4

劇場で観るとやっぱり面白い、冒頭から始まる高揚感と細かくて奥行きのある世界観が3Dだと良く映える

その場にいる様な臨場感、唯一無二の奇抜なカメラワーク、観ている側を引き込ませる焦らし演出、幾つになっ
>>続きを読む

アントキノイノチ(2011年製作の映画)

2.8

何だかこれもなぁ...

遺品整理は感情を動かすトピックではある

いやまぁ最後で意味は分かるんだけどそれでも付けるか?このタイトル

ಠ_ಠ

岡田将生は何も知らないからまだ許せるけど榮倉奈々嫌いだ
>>続きを読む

ヒメアノ〜ル(2016年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

前半と後半の2部構成

平然と嘘を吐き、殺人の後も飯を食う、完全なるサイコパス

人間関係のこじれはある意味ホラーより怖い、悟り世代というか余り人と深く関わらない現代人、こういう境地に達した感じの人が
>>続きを読む

ハドソン川の奇跡(2016年製作の映画)

3.5

機長は英雄なのか違反者なのか

ルールと人命どちらが大事なのか、何だか昨今の土俵問題

事故が起きない事を祈るのみ

イーストウッドとトムハンクスだけあって骨太な内容

PEACE BED アメリカVSジョン・レノン(2006年製作の映画)

2.5

NY時代のジョンレノンは狂気じみてる

Nobody can be perfect

自分達の姿を白い布で覆い隠す表現はレディーガガに似てるし、ベットの上でのデモ活動はノエルのSo I start r
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.0

うーん、とても考えさせられた、自分も一時の感情で動いてしまう事があるから何とも

感情的に動く事がどの様に作用して、関係の無い人まで巻き込んでいく、どちらも良くてどちらも悪くて、人間らしさを描いた映画
>>続きを読む

ギルバート・グレイプ(1993年製作の映画)

4.4

スタンドバイミーと同じでアメリカの田舎の殺風景とした雰囲気

太った母親に少し変わった弟、既にいない父に壊れた家を直し続ける長男

仕事の得意先の人妻との不倫、開かれる大型スーパーとその影響を受ける小
>>続きを読む

東京物語(1953年製作の映画)

4.2

海外の図書館に唯一あった小津映画、一言で言えば凄く難しい作品、愛や家族や生きる事について考えさせられた

一見すると古き良き日本映画という感じ、田舎から来た老夫婦に冷たい東京人、唯一優しい次男の未亡人
>>続きを読む

スポットライト 世紀のスクープ(2015年製作の映画)

3.6

中々凄い熱量の入れよう、途中9.11も挟んだりストーリーが濃厚、カトリック教会の暗部にスポットライトを当てた作品

取っている賞やマイケルキートンといい、バードマンと同じ時代、同じ類の映画というイメー
>>続きを読む

007/慰めの報酬(2008年製作の映画)

3.0

分かりやすいっちゃあ分かりやすい

皆んなの憧れジェイムスボンドにボンドガール、しゃべくり007然り

ジョニーイングリッシュ/気休めの報酬が脳裏に浮かんでまう

m:i然りボンド然りシリーズ物は一気
>>続きを読む

ヴィンセントが教えてくれたこと(2014年製作の映画)

3.5

こういう話だろうなと観る前から予想の付くタイトル

イーストウッドのグラン・トリノに似て、街に住む偏屈おじさんが少年に大切なメッセージを教える、少年と老人の関係性

結局人の世は繰り返しでしかなく、良
>>続きを読む

ジャンパー(2008年製作の映画)

2.2

光栄すべきラジー賞に輝いたSW:prequel trilogyのアナキン役ヘイデンクリステンセン

X-MENの瞬間移動の能力とどこでもドアの要領で飛べる

サミュエルLジャクソンはルパンを追う銭形警
>>続きを読む

オリエント急行殺人事件 死の片道切符(2001年製作の映画)

3.0

特急列車の中で起きた大富豪の殺人事件、狭い車内の限られた人達の中で犯人は一体誰なのか

アガサクリスティのミステリーは話を知ってても不定期に観たくなるから不思議

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

3.7

ゲイリーオールドマンが良き、見た事無いけど演技が自然で本物の様でした、目が愛らしい

誰がこういう邦題付けてんだろ、センス無さ過ぎて困るんだけど

映画とはいえこういう威厳のある人に国の代表を任せたい
>>続きを読む

>|