broccoliさんの映画レビュー・感想・評価

broccoli

broccoli

映画(267)
ドラマ(0)

(1985年製作の映画)

3.6

緒形拳の圧倒的な男の色気。
見るからにヤバイな風貌と、
低音で奏でられる土佐弁のエロさ。
それぞれの女優との
濡れ場で醸し出す、
濃厚なフェロモンにクラクラ。

女を売って金を稼ぐ女衒で、
こりもせず
>>続きを読む

ザ・ファブル(2019年製作の映画)

3.4

ご無沙汰いたしました。
久しぶりの映画鑑賞となりました。
ずっとノーマン・リーダスや
マッツ・ミケルセンが出てる
映画顔負けのゲームばっかりしてたもので。

岡田くんは日本が誇るアクションスターだと思
>>続きを読む

セロ彈きのゴーシュ(1982年製作の映画)

4.1

小さい頃から大好きで、
作品を読んでは、
空想を巡らせていた宮澤賢治。
幻想的で、もの悲しい世界観。
そんな原作に、
本当に忠実に描かれていた
アニメーションでした。
…素晴らしかった!
高畑勲監督の
>>続きを読む

劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~(2019年製作の映画)

4.0

はるたんと牧くんを観てきたお♪
あんなにも、
次週が待ち遠しくなるほど、
ハマったドラマはそうはない。
何だろう、
男同士のラブストーリーとして、
奇異の目で見るとかではなく、
ただ単純に人を好きにな
>>続きを読む

ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ(2018年製作の映画)

3.7

「ボーダーライン」の続編だが、
続編と言うより
実質スピンオフ?みたいな…
いや、それ程前作が
素晴らしかったということです!

ベニチオ・デル・トロと
ジョシュ・ブローリンの
バディぶりは最高なんで
>>続きを読む

かぐや姫の物語(2013年製作の映画)

4.0

「スタジオジブリ」に
特に深い思い入れもなく、
ファンでもないのですが。
朝ドラの影響にて、
高畑勲に興味が湧き、
観てみたこの作品。
…とても素晴らしかった。

郷愁をさそう四季折々の
里山の何気な
>>続きを読む

それだけが、僕の世界(2017年製作の映画)

3.8

ガサツで家無し金無し
中年ボクサー崩れの、
ろくでなしイ・ビョンホン。
だが愛に飢えた孤独な過去を持ち、
すがるように母を求める
愛すべきイ・ビョンホン。
これがまた上手いのだ…

ダサい髪型とジャー
>>続きを読む

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2017年製作の映画)

3.9

ここのところ続けて、
韓国民主化運動の映画、
ソン・ガンホ主演の映画を観賞。

相変わらず上手いなぁ…
ガンホさんは。
相変わらずイイ顔してんなぁ…
ユ・ヘジンさんは。

男やもめのダメ親父ガンホさん
>>続きを読む

密偵(2016年製作の映画)

3.6

「密偵」のタイトル通り、
誰がスパイでどっちがどっち?
とかなりヘヴィな題材を、
ハラハラさせるエンターテイメントに
仕上げているところが、
韓国映画の底力か。
安定の上手さのソン・ガンホ、
相変わら
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

3.8

もう登場人物すべてが
みな良い人たちで。
たまにはこういう
心温まるのもいいじゃない。

主人公オギーをはじめ、
しっかりママ役の
ジュリア・ロバーツと
うっかりパパ役の
オーウェン・ウィルソン、
>>続きを読む

1987、ある闘いの真実(2017年製作の映画)

3.9

1987年なんて、つい最近。
なのに韓国では、
こんな事が起きていたなんて…
詳しく知らなかった私は、
衝撃を受けた。
そんな事実に基づいた、
オールスター出演の群像劇。
登場人物それぞれが魅力的で、
>>続きを読む

オンリー・ザ・ブレイブ(2017年製作の映画)

3.8

ジョシュ・ブローリンと
ジェフ・ブリッジスの
ツーショットの絵面がたまらんす❤︎
ちょいちょい挟まれる
中坊みたいな男子達の悪ノリに
「男って子供ね…」など思いつつ、
予想外のラストにショックを受ける
>>続きを読む

LUCK-KEY/ラッキー(2016年製作の映画)

3.7

そうかこれ「鍵泥棒のメソッド」
のリメイクか!
銭湯で転んですっ飛ぶ
ヘジンさんを見て気付く。
名バイプレーヤー、
ユ・ヘジン堂々の主演作。
とにかくヘジンさんの魅力全開。
キスシーンもあります!
>>続きを読む

男と女(2016年製作の映画)

3.8

釜山行きの列車の中での、
コン・ユの可愛い子ぶりっ子な
甘えっぷりに、
思わずニヤけてしまう
チョン・ドヨン姉さん。
…その気持ち解ります!
可愛い過ぎます。たまらんす。

少年の眼差しを持ちながら、
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

3.7

あぁ面白かった…
息もつかせぬこの展開。
閉ざされた列車の中という状況も、
さらにドキドキ感が増す。
最近コン・ユが気になりますが、
それよりもマ・ドンソク!
頼れるナイスマッチョ!
愛する者を命がけ
>>続きを読む

ロープ/戦場の生命線(2015年製作の映画)

3.7

戦時下の実情を、
ブラックなユーモアで描く。
あからさまな戦闘シーンはないが、
戦争の非情さや無意味さ、
そんなものを強く感じさせる上手さ。

ベニチオ・デル・トロ演じる
リーダーとして頼れるんだが、
>>続きを読む

コンフィデンシャル/共助(2017年製作の映画)

3.8

ユ・ヘジン目当てで観たが、
ヒョンビンのキレキレの
アクションに思わず見惚れる…
タッパはあるし、足は長いし、
イケメンやし…
男前がバリバリのアクションを、
こなす様ほど楽しいことはない♪

もちろ
>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.0

あのヴィゴ・モーテンセンから
ミステリアスさや知性を抜き、
代わりにお腹にたっぷりお肉を付けて、
ガサツで食いしん坊なイタリア系
愛妻家用心棒に仕上げるなんて…
まずその変貌ぶりにびっくり!
でもキュ
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

3.7

かつて「アナザーカントリー」や
「モーリス」を夢中になって観ました。
脚本はかのジェームス・アイヴォリー。
もちろん描かれるのは男同士の愛。
でも過去の作品ほど、
心動かされなかったのは、
アーミー・
>>続きを読む

バスターのバラード(2018年製作の映画)

3.8

コーエン兄弟好きにとっては、
何とも贅沢なオムニバス♪
相変わらずのブラックさと、
鑑賞後にポーンと放り出される
ジワジワくる余韻がたまらない。
どんなに不条理でも、
それでも、人生は続いて行く。
>>続きを読む

ジョン・ウィック(2014年製作の映画)

3.7

若かりし頃、
キアヌ・リーブスが好きでした。
思い返せばウン10年前、
ハートブルーを観て、
めちゃカッコいい!となり、
マイ・プライベート・アイダホに萌え、
スピードにマトリックスetc.
いつしか
>>続きを読む

ドラゴン危機一発'97(1997年製作の映画)

3.7

シャツのボタンを、
ひとつとして閉じもしない、
草原にたたずむドニーさんの、
若々しく眩しい、
まつ毛とうぶ毛とサンゴ色の唇❤︎

かと思えばエゲツない
カンフーアクションが、
怒涛のように繰り広げら
>>続きを読む

ROMA/ローマ(2018年製作の映画)

3.7

地味だし、出演者も無名だし、
モノクロだし、
途中で絶対寝そうだな…
などと思いながら観始めたが、
画面に引き込まれた。
奥行きのある何気ない構図の美しさ。
過ぎ去った時代のノスタルジー。
何よりもキ
>>続きを読む

スパルタンX(1984年製作の映画)

3.7

最近ジャッキーをよく観ます。
酔拳、ポリスストーリー、大福星、
プロジェクトA、サイクロンZ…
その中で一番面白かったのがこれ!
あー楽しかった♪

なぜか舞台はスペインで、
黄色いフードトラック(ス
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.9

こういう人間の本質を
深く描き出す作品に出会うと、
これぞ映画の醍醐味!
と歓喜する。

娘を殺された母親の復讐劇…
かと思っていたら予想外の展開。
とことん肩透かしされ、
思いもよらない方向に話は進
>>続きを読む

隣人は静かに笑う(1998年製作の映画)

3.8

はぁ、怖かった…
オープニングからしてショッキング。
始終ビクビクしながら、
異様に汗ばむジェフ・ブリッジスの
劣勢にこちらも手に汗握る。
だって隣人はティム・ロビンス!
絶対に一筋縄ではいかない。
>>続きを読む

捜査官X(2011年製作の映画)

3.8

カンフー・ミーツ・サスペンス!
何だかとても異色な映画。
そしてとても面白い。
ドニーさん一家が暮らす家の造形や、
(2階で牛を飼ってたり!)
山奥の村の美しい風景に目を見張る。

大体ドニーさんが
>>続きを読む

孫文の義士団(2009年製作の映画)

3.7

革命の理想に燃えて、
孫文のもとに集った、
義士たちの熱い闘い…
そんなものが描かれているのかと
思ったらちょっと違う。

中国版ローグ・ワンだなこれ。
市井の名もなき人々による、
自分の身近な大切な
>>続きを読む

ソード・オブ・デスティニー(2016年製作の映画)

3.6

「グリーン・ディスティニー」
の続編ということで。
?どんな内容やったっけ?
ミシェル・ヨーが出てたのは覚えてる…
チョウ・ユンファも?
とうろ覚えで観始める。

ドニーさん!
サイレントウルフ♪
>>続きを読む

最後の追跡(2016年製作の映画)

3.8

どこまでも続く荒涼とした
テキサスの大自然と対照的な、
もはや気力を失った荒廃した街並み。

親から繋がる負の連鎖を、
断ち切ろうともがく兄と弟。
仕事に誇りを持つ、
老いたレンジャーとその相棒。
>>続きを読む

フィスト・オブ・レジェンド/怒りの鉄拳(1994年製作の映画)

3.6

フィスト・オブ・レジェンド
→りんちぇい。
レジェンド・オブ・フィスト
→ドニーさん。
ええい、邦題がややこしい!
で両方元ネタはブルース・リーの
「ドラゴン怒りの鉄拳」で同じ。

リー・リンチェイフ
>>続きを読む

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016年製作の映画)

3.7

実は一回観たのだが、
途中で寝てしまい…
スターウォーズ大好きなんですよ!
なぜか乗れなかったが、
「そういえばドニーさん出てたやん!」
ということで再挑戦。

戦争と名のつくものは、
市井の名もなき
>>続きを読む

処刑剣 14 BLADES(2010年製作の映画)

3.6

ウェービーロン毛な
ヒゲのドニーさんは、
いつもよりさらに雄(オス)っぽい❤︎
自分が食べた鶏の骨で
ザコを蹴散らしたり…ワイルド!

見所は何と言っても、
ドニーさんの入浴シーン♪
その刺青入りの厚
>>続きを読む

レジェンド・オブ・フィスト/怒りの鉄拳(2010年製作の映画)

3.6

ドニー・イェンによる
「ブルース・リー=俺」的な
李小龍オマージュ映画。
まず冒頭の市街戦アクションが、
素ん晴らしい!
勇壮な音楽にのって
機関銃をかいくぐり、
電光石火のダッシュ。
空を飛び、あっ
>>続きを読む

SPL/狼よ静かに死ね(2005年製作の映画)

4.4

久しぶりに
痺れる傑作を観た…
息を飲み、
最初から最後まで、
画面に引き付けられた。
大好きなやつです♪
さっそくマイベストに
入れなければ。
「男には貫くべき道がある。
女は黙っとれ!」
と強がる
>>続きを読む

かちこみ! ドラゴン・タイガー・ゲート(2006年製作の映画)

3.6

前髪がファサーッ!
となるドニーさんの、
青いタンクトップから
のぞく美しい
三角筋と上腕二頭筋と、
マンガちっくな
超絶アクション。

水の中でプクプクしてても、
前髪がファサーッ?
…ちょっとおか
>>続きを読む

>|