broccoliさんの映画レビュー・感想・評価

broccoli

broccoli

超大作より小ぶりな佳作派。本命はジェフ・ブリッジス。マイブームは宇宙最強の男ドニーさん。

映画(235)
ドラマ(0)

処刑剣 14 BLADES(2010年製作の映画)

3.6

ウェービーロン毛な
ヒゲのドニーさんは、
いつもよりさらに雄(オス)っぽい❤︎
自分が食べた鶏の骨で
ザコを蹴散らしたり…ワイルド!

見所は何と言っても、
ドニーさんの入浴シーン♪
その刺青入りの厚
>>続きを読む

レジェンド・オブ・フィスト/怒りの鉄拳(2010年製作の映画)

3.6

ドニー・イェンによる
「ブルース・リー=俺」的な
李小龍オマージュ映画。
まず冒頭の市街戦アクションが、
素ん晴らしい!
勇壮な音楽にのって
機関銃をかいくぐり、
電光石火のダッシュ。
空を飛び、あっ
>>続きを読む

SPL/狼よ静かに死ね(2005年製作の映画)

4.4

久しぶりに
痺れる傑作を観た…
息を飲み、
最初から最後まで、
画面に引き付けられた。
大好きなやつです♪
さっそくマイベストに
入れなければ。
「男には貫くべき道がある。
女は黙っとれ!」
と強がる
>>続きを読む

かちこみ! ドラゴン・タイガー・ゲート(2006年製作の映画)

3.6

前髪がファサーッ!
となるドニーさんの、
青いタンクトップから
のぞく美しい
三角筋と上腕二頭筋と、
マンガちっくな
超絶アクション。

水の中でプクプクしてても、
前髪がファサーッ?
…ちょっとおか
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.5

面白かったんですけども…
やっぱり前作の
驚きとワクワク感の方が
勝るかなぁ。
見るからに英国紳士な
コリン・ファースが、
キレキレのアクションで
悪人を倒しまくる
そのギャップに萌えたんです!
ジェ
>>続きを読む

スペシャルID 特殊身分(2013年製作の映画)

3.7

三角筋と上腕二頭筋が
異様に発達した
刺青ゴリラなのに、
何でドニーさんは
こんなにキャワイイんや…
ママが大好きで、
オンナに不器用で、
笑顔とジャンプが
最高にカワイイ…❤︎

そんなカワイイパー
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.2

リアルタイムではないが、
超個性のフレディ・マーキュリー
という存在に惹かれ、
知人に借りたQueenのアルバム。
それを初めて聴いて以来、
何度も何度も、
その歌を聴き続けている。
いわゆるファンで
>>続きを読む

導火線 FLASH POINT(2007年製作の映画)

4.0

ドニーさんがめちゃめちゃ
総合格闘技してる!
飛びつき式の腕ひしぎ逆十字に
三角絞め…寝技の数々。
この人きっと格闘家になっても
名を成しただろうなぁ…
とリアルに思わせる圧倒的な強さ!

前半はヤク
>>続きを読む

イップ・マン 継承(2015年製作の映画)

3.9

あぁイップ・マン師父の
嫁になりたい…
惜しみなく注がれる
その愛に涙。

高潔で穏やかで、
人望厚い人徳者。
だが愛する者を守る為には、
鬼神のような強さを発揮。
まさに理想の男性像。

あぁ密室の
>>続きを読む

トリプルX:再起動(2017年製作の映画)

3.5

ふだんは絶対観ない
ジャンルの映画ですが…
ヴィン・ディーゼルは
タイプじゃない…
だがド兄にドハマり中❤︎
な私としては観ないワケには!

防弾ガラスを粉みじんにしての、
ドニーさんの素敵すぎる登場
>>続きを読む

イップ・マン 葉問(2010年製作の映画)

3.9

イップ・マン師匠は
やっぱり最高♪
もうドニー・イェン、
惚れてまうがな…❤︎

弟子がこなくて
ポツンとしてる師匠や、
稽古代を前払いで
請求する師匠や、
身重の嫁に優しい師匠は、
めっちゃカワユイ
>>続きを読む

イップ・マン 序章(2008年製作の映画)

3.8

イップ・マン師匠!
ドニー・イェン最高♪
私の中で、
ジェット・リーの
ウォン・フェイフォン師匠
と並ぶ二大師匠となりました❤︎

日ごろは穏やかな
人格者だけど、
ひとたび武術を繰り出せば、
鬼のよ
>>続きを読む

パパはわるものチャンピオン(2018年製作の映画)

4.5

プロレスファンであること、
棚橋弘至のファンであることが、
評価のハードルを
大きく下げていることは
否めませんが…
甘々なのはしょーがない!

けど、思った以上に
良い作品に仕上がっていて、
ファン
>>続きを読む

わたしは、ダニエル・ブレイク(2016年製作の映画)

3.9

敬愛するケン・ローチ監督。
引退発言を撤回してまで
撮った今作には、
弱者に厳しい
社会の不条理に対する
激しい怒りが満ちている。
その気骨は、
歳を重ねてなお清々しい。

「地位の高い者には媚びない
>>続きを読む

TOMORROW パーマネントライフを探して(2015年製作の映画)

3.9

キーワードは「多様性」
なんじゃないかなと。
今の社会からいちばん
失われつつあるもの。
人類誕生から
何百万年もの長きの内、
現在は6回目の危機を
迎えているらしい。
それほど切羽詰る現状だという事
>>続きを読む

しゃぼん玉(2016年製作の映画)

4.1

ストーリーはいたってシンプル。
だが美しい山奥の村の風景と、
俳優たちの細やかな演技で、
この上もなく素晴らしい
映画に仕上がっている。

当初は荒んだ瞳で怯えながら、
無気力に過ごす林遣都。
しかし
>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

3.8

バーフバリ、ジャイホー!
あー楽しかった♪
母を敬い、妻を愛し、
知性豊かで、武力に長け、
民を守り、情に厚くて力持ち。
バーフバリこそ
男の中の男。
いや、王の中の王!

荒唐無稽なシーンだって、
>>続きを読む

(2017年製作の映画)

3.7

永瀬正敏は年取るごとに、
いい俳優になるなぁ…

かつてカメラマンとして、
視覚を研ぎ澄ましていた自分が、
やがて視力を失うという現実の、
深すぎる絶望と恐怖。
台詞はなくとも表情で、
それが痛いほど
>>続きを読む

お嬢さん(2016年製作の映画)

3.5

変態でエロいなぁこれ…
でも女が、
運命の女を見つけたら、
しょーもないボンクラ男どもは
一切必要ないという事実!
そんな女性賛歌がそこはかとなく
漂うさまは好感度高し。
パク・チャヌク監督、
意外と
>>続きを読む

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

3.6

大胸筋と上腕二頭筋が美しい、
ムッキムキのオレ様神様な
ソーが大好き♪
ツェッペリンの「移民の歌」
にのせて暴れまくるなんて、
プロレスラーかッッ!
て嬉しいツッコミ♪

私はロン毛のソーの方が
>>続きを読む

暗殺(2015年製作の映画)

3.6

ハワイピストル、
名前ダサいけど格好良すぎ!
ハ・ジョンウのヒゲも好みやし、
軍服も男前やし、
日本語もキュートやし、
アクションも格好良いし、
逃げるためじゃなくても、
口づけされたいわ♡

ハ・ジ
>>続きを読む

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

3.9

軍人だけでなく、
かつてこの日本の片隅にいた
すべての人たちが、
戦争というものを
体感させられていた事実。

そんな市井の人々の日常が、
ふんわりした絵柄にくるまれ、
淡々と描かれる。

が、ときに
>>続きを読む

ブルーに生まれついて(2015年製作の映画)

3.8

どうしてあんなに
心を揺さぶる、
美しい音楽を奏でる人たちは、
みな不幸な人生を送るのだろう。
ヘロイン、酒、自殺、夭折…
多くのジャズマンの
暗澹たる末路。

甘い歌声とマスクで
人気を博したトラン
>>続きを読む

ナイスガイズ!(2016年製作の映画)

3.6

ナイスなバディもの♪
とにかくゴスりんが
いっちいちカワユイのぉ…

ラッセルおじさんに
腕をヘシ折られて
キャーキャー言うし、
トイレをのぞかれてアタフタするし、
人魚を追いかけて泳いじゃうし、
>>続きを読む

人生フルーツ(2016年製作の映画)

4.4

90歳と87歳の夫婦の日常。
できるものから、小さく、コツコツ。
ときをためて、ゆっくり。
その何事もない毎日に、
涙があふれて止まらない。

夫修一さんは
無念の人なのだろう。
台湾の旅で見せた戦争
>>続きを読む

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

4.0

まさにヴィゴ・モーテンセンの為に
あるような映画だった。
ヴィゴそのもののような父親が
とても魅力的。
子どもたちもそれぞれがいい。
きっとヴィゴも森の中で
ナイフ一本で生きられるし、
焚き火で読書を
>>続きを読む

火宅の人(1986年製作の映画)

3.4

最低な浮気男の
都合のいいファンタジーやん…
はい、ざっくばらんな感想です。

子だくさんな中
後妻に来てくれた嫁を
置いてけぼりにし、
若い新劇女優と同棲して、
そのネタを私小説にする。

作家檀一
>>続きを読む

団地(2015年製作の映画)

3.6

何やこれ、面白ろ〜♪
観終わって率直な感想。
あれこれ言うとネタバレしますからね。
何と言っても藤山直美×岸部一徳コンビが最高。
2人の関西弁の長年連れ添ったような掛け合いの絶妙さ。
好きやわぁ、この
>>続きを読む

華麗なるリベンジ(2015年製作の映画)

3.5

ファン・ジョンミン×カン・ドンウォンのバディムービー。
ふたりの組み合わせは相性バッチリだが、
今回のジョンミンさんはほぼムショに入れられているので、
「ベテラン」のような疾走感がないのが残念…
その
>>続きを読む

ときめきに死す(1984年製作の映画)

3.9

何だ?これは!
夏なのに涼しくて、
ときめきなのに無機質な。
とても不思議な映画。
またしても、
沢田研二の主演映画は
一筋縄ではいかない。

印象に残るのが、
ガラス瓶からキャンディを、
取ろうとす
>>続きを読む

男はつらいよ 花も嵐も寅次郎(1982年製作の映画)

3.5

あまり観ない「寅さん」を。
今作はマドンナが
ジュリーということで…
(いや違いますね!)

小気味良い寅さんの台詞まわしと、
自由気ままな風来坊の粋とユーモア。
それからおなじみとらやの面々の、
>>続きを読む

太陽を盗んだ男(1979年製作の映画)

3.9

何ちゅうきわどい映画なのだろう。
平成の世じゃ実現不可能な、
エッジの効きすぎというか…
だが比類なき傑作!

中学教師が原子爆弾を作ってしまうという荒唐無稽な話なのだが、
沢田研二の危うさが何でもア
>>続きを読む

ラスト・タンゴ(2015年製作の映画)

3.8

マリア・ニエベスと
フアン・カルロス・コペス。
アルゼンチンタンゴの伝説的カップル。
その二人の50年に及ぶ愛憎を追ったドキュメンタリー。
現代のダンサーによる、
二人を表現するタンゴの
軽やかさとな
>>続きを読む

リトルプリンス 星の王子さまと私(2014年製作の映画)

3.7

名作「星の王子さま」の後日譚。
現代パートはフルCGアニメだが、
「星の王子さま」のパートは、
アナログなストップモーションアニメ。

これがとても素晴らしいのだ。
儚げでもの悲しい、
原作の雰囲気を
>>続きを読む

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

3.5

冒頭に現れる謎の巨大不明生物。
ぬらぬらしてエラから赤い液体を出し非常に気持ち悪い…

なにこれ、ゴジラの敵なんか?
と訝しげに観ていたら、
何とこれがゴジラの第一形態だったとは!やられた!

滑舌良
>>続きを読む

ズートピア(2016年製作の映画)

3.7

お子様向けのディズニー映画かと思ったら、
人種差別の根本的問題に斬り込んだ深〜い内容だった。

先入観、ステレオタイプ、マイノリティ。
そんなものに私たちは大いに惑わされる。
多様性を認めようとしない
>>続きを読む

>|