BUZZさんの映画レビュー・感想・評価

BUZZ

BUZZ

映画(289)
ドラマ(0)

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.6

ついに観に行きました
とにかく辛かった。心が痛かった
なんて書こう
この自分の心の中にある感情をどう言葉にしてレビューしたらいいか難しい

とにかく
「俺が間違っているのか、世間が間違っているのか」
>>続きを読む

ドクター・スリープ(2019年製作の映画)

3.8

映画後の率直な感想
「なんだこれ」
しかし自分が間違っていた。頭の中で理解し切れていなかった。

時間が経つにつれて
「そういうことか」
前作とのいろいろなこと繋がっていった。前作あってこその今作。改
>>続きを読む

永遠の門 ゴッホの見た未来(2018年製作の映画)

3.5

「芸術」というものに触れれた気がする。
自分には持ってない何かを110分の間感じ続けた

監督自体がアーティストというところも面白い

トランスフォーマー/ロストエイジ(2014年製作の映画)

3.7

マークのせいで真面目なシーンも少し面白く感じてしまった(テッドの印象強すぎたかな)

まあ少し立て直した感じ

トランスフォーマー(2007年製作の映画)

4.0

いいねいいねいいね!
かっこいいね!
男心をとにかくくすぐる作品だね👍

黄色のカマロに乗りたい(バンブルビー欲しい)

マリアンヌ(2016年製作の映画)

4.7

"諜報員同士の恋"
仕事柄、嘘か真か
1番信頼する相手さえも疑い嘘をついてしまう
切ない

最後のシーンは涙なしには見れない

シェフ 三ツ星フードトラック始めました(2014年製作の映画)

4.5

料理人の心を描いた作品
私事ですが、某高級焼肉店の厨房でアルバイトしています。そこの社員さんたちはもちろんのこと、とても料理への意識が高いので囚われたままではなく、この映画を見て外の世界に羽ばたいてほ
>>続きを読む

マスカレード・ホテル(2019年製作の映画)

4.2

邦画はあまり見ない自分だけれども、手を叩きたくなるくらい面白かった。

キムタクはキムタクだな

東野圭吾作品を一通り見てみようか

ニキータ(1990年製作の映画)

3.6

作品としては面白い
最後のシーンは映画以上のものを膨らませられる

バッド・ティーチャー(2011年製作の映画)

3.6

少しおもしろかって
いい意味で期待を裏切られた感はあった

her/世界でひとつの彼女(2013年製作の映画)

3.3

率直な感想でいうと
いずれこの作品のような時代が来るのかと思うと怖かった
実体のないものに愛は宿るのか
愛とは?

マンマ・ミーア!(2008年製作の映画)

3.8

自分の中でのミュージカル映画の原点であるかのような作品

コリンファースは今の方が味が出てるな

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002年製作の映画)

4.6

両親の離婚
それにより壊れそうな心
誰かに認めて欲しくて、相手して欲しくて、とにかく寂しい
愛情の偏りによって間違った行動に出てしまった少年
トムハンクス演じるカールがいなければ、彼はどうなっていただ
>>続きを読む

プリティ・ウーマン(1990年製作の映画)

4.2

リチャードギアかっけえ
ペントハウス住みてぇ

いいシンデレラストーリー

名探偵コナン ゼロの執行人(2018年製作の映画)

3.5

初めてしっかりとコナンの映画観た気がする。

まあおもしろかった

ヘアスプレー(2007年製作の映画)

3.7

明るい楽しい映画。

この原作が1980年代に作られたと思うとすごい力のある作品だっただろう

セブンティーン・アゲイン(2009年製作の映画)

4.0

普通に面白かった
「初心忘れるべからず」

マークがマギーに伝えた
「若い時は辛いことがあると人生が終わったように感じるけど、実際はそうじゃないんだよ。」的なことを言ってたところ1番よかった

生まれ
>>続きを読む

リリーのすべて(2015年製作の映画)

4.4

素晴らしい演技
しかしなんとも言えない気持ちをぶつけてくる作品
人とは、性とは、愛とは、心とは
考えさせられた
最後はツラかった

ジュラシック・パーク(1993年製作の映画)

4.3

この時の技術がいま現在リアルになってることに驚き。
世界中の恐竜イメージはこの映画から始まったとも言える作品
名作

シンデレラ(2015年製作の映画)

3.6

主人公が自分の好みではないなあああ
もっと行動的になれるのに、ああいう内気な感じは好きではない

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.0

音響MAXの空間で見たかった
また新しい視点のアクション映画だと思う

ホリデイ(2006年製作の映画)

3.3

女性にとっては面白くてワクワクする話に見えるかもしれないが、私的には少し複雑だった
一つ言えることは私の性格には合わない話

セブン(1995年製作の映画)

3.7

七つの大罪になぞらえられた殺人事件を追いかけるサスペンス映画
サイコサスペンスか。
人の欲とは恐ろしいものですね
ただただ胸糞悪い

フォーカス(2015年製作の映画)

3.7

最後命はりすぎやろw

何が本当で何が嘘で
いま裏では何が起こってるかわからない
しかしそこまで深い内容ではなかった印象

人のフォーカスを集めてその間に...っていう技は身につけたい

>|