RIEさんの映画レビュー・感想・評価

RIE

RIE

映画(132)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

ホーム・アローン(1990年製作の映画)

5.0

クリスマスの憧れの家
いつもは字幕だけどホームアローンは吹替えを見てしまう
家族が帰ってきた時泥棒のこと話さなかったのは大人
協会の隣のおじいちゃんのシーンが好き

ピクセル(2015年製作の映画)

5.0

少しばかり将来こうなる可能性もあるんじゃないかと不安にもなってしまった泣

サクサクしててテンポは良かった!

二ツ星の料理人(2015年製作の映画)

3.0

何か重大なことに直面したとき、「いつも通りやろう」と落ち着くことが大事。

一貫性がだめなんだ。ゴールが同じでもそこへ行くまでに工夫しないと。

ホリデイ(2006年製作の映画)

4.0

みんな頑張れと応援したくもなり、もどかしくもなった映画!
アーサーとの出会いがほんとに素晴らしかった😭

世界から猫が消えたなら(2015年製作の映画)

3.0

世界から自分が消えたなら、何が変わるのかなと一瞬考えさせられた。
ごくわずか、小さいかもしれないけど何か変わるのかな。

最高の人生の見つけ方(2007年製作の映画)

5.0

皮肉に言われたこともポジティブに返せる
余裕さ

涙が出るほど笑う

サウスポー(2015年製作の映画)

5.0

コーチとの絆に感動した。
怒りは何かを失うきっかけになる

ラスト・べガス(2013年製作の映画)

4.0

幼馴染はやっぱりステキ

誠意と愛より深いものはない

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002年製作の映画)

4.0

何か一つのことに長けているって素晴らしい、たとえそれが悪のことであっても

ターミナル(2004年製作の映画)

5.0

クラコウジア
ヴィクターの人間性にみんなは惹かれていった
グプタとアメリアが本当に最高だった
大好きな映画になった

グッド・ライ いちばん優しい嘘(2014年製作の映画)

5.0

優しい嘘。
仲間や絆に泣いた。
5本の指に入るくらいいい映画

ヘンゼル&グレーテル(2013年製作の映画)

4.6

世界観がおもしろかった。
描写がもう少しどうかなれば、、

ダイ・ハード(1988年製作の映画)

3.0

昔ながらのアクション映画で、スリルがありハラハラドキドキだった

カンフー・パンダ3(2016年製作の映画)

5.0

自分たちのことを知る、家族のことを知るって大切だと思った

働くわたしたちも同じことだと思った

>|