こんぬさんの映画レビュー・感想・評価

こんぬ

こんぬ

映画(27)
ドラマ(0)

さすらいのレコード・コレクター 10セントの宝物(2003年製作の映画)

3.5

ほぼ音楽、残りはおじさんの語り口調で進む。心地よい音楽でレコードいいなって思いながらうとうとしちゃったのもいいかなって思える映画

プリティ・プリンセス(2001年製作の映画)

4.5

アン・ハサウェイがひたすら素敵でボーイフレンドも良い。

見て元気になれる、

否定と肯定(2016年製作の映画)

3.6

大量虐殺は本当にあったのか、肯定派のユダヤ系アメリカ人の女性の研究者と否定派のイギリス人の男性の研究者の対立。政治的信条が強すぎるあまり、歴史解釈を知らないうちに歪曲してしまっているのではないか、とい>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

4.1

高校の時原作を読んで結末知ってるはずなのに、なぜかハラハラしてしまうっていう。法と正義は時に相反するってことかな。人の信条だから仕方ない

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.5

女の子のまつげ長いし、クリスイケメンだし、片目の猫のフレッドもいい!子供のときの約束って破られることのない絶対的なものだったなって思った

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

4.1

初っ端から怖すぎ!ピエロに軽いトラウマを抱くレベル。朝に見る判断が吉とでた。1人で観に行こうとしなくてよかった…

ザ・サークル(2017年製作の映画)

3.6

本当に大切なことはなんなのかを忘れてしまう主人公にイライラしちゃうけど最後は爽快

バリー・シール/アメリカをはめた男(2016年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

最後があっけなく、彼なら最後どうにかなるんじゃないかと思ったけど、そこは史実に基づいてるってことなのかな。この時代の流れをちゃんとしているとますます面白く見れそう

残像(2016年製作の映画)

-

考えさせられる映画。最後まで芸術家として生きたストシェミンスキー。

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.1

2回映画館で鑑賞。
1回目には気にも留めなかったシーンが2回目には不意に好きになるようなそんな感じがありました。