鹿野さんの映画レビュー・感想・評価

鹿野

鹿野

映画(50)
ドラマ(0)

鉄男 II BODY HAMMER(1992年製作の映画)

3.7

音楽は好きだけど効果音がうるさかった。最後のほう好き。

俺たちは天使じゃない(1989年製作の映画)

3.6

終盤までは特別盛り上がらないしすごい笑えるわけでもないが、神はメチャメチャ寛大である。
誰かと別れるならこんな風に別れるのが良い。

遊星からの物体X ファーストコンタクト(2011年製作の映画)

3.5

この女優好きだ~と思ったら前に見たときもそう思った女優だった。

養鬼(悪魔の胎児)(1980年製作の映画)

3.0

謎が謎を呼ぶクソホラー映画
主人公はいったい誰なんだ

イット・フォローズ(2014年製作の映画)

3.0

テンポが悪い気がする
屋根上全裸待機おじさんと最後のプールは良かった
まとわりつく感じが怖いというより嫌になる

新・幽幻道士(キョンシーズ) 立体奇兵(1989年製作の映画)

3.0

終盤まで子供向けだと気づかなかった...
なぜか急にシリアスになる

連合艦隊(1981年製作の映画)

3.0

全く詳しくないが特撮のレベルが高い気がする
虚しすぎる

10 クローバーフィールド・レーン(2016年製作の映画)

3.5

このシリーズは観た気がするのにぜんぜん覚えてない。
やばい奴と強可愛い奴とバスに乗らなかった奴とが気が狂いそうな密室で生活する。そんな防護服で大丈夫か?

クローバーフィールド/HAKAISHA(2008年製作の映画)

3.7

一般人だったらこんなかんじになるんだろうな~
とはいえ主人公たちと怪物のタフさが尋常ではない気もする。

シャイニング(1980年製作の映画)

4.3

素面でやってんのかとは思えない表情。
気がふれたジャックのふるまいは質の悪い酔っぱらいのそれ。

ザ・リング(2002年製作の映画)

3.2

吹き替えで見たら息子(ガキ)の声で笑っちゃった。元夫の部屋は住んでて落ち着かなそう。

降霊 KOUREI(1999年製作の映画)

3.0

ひっそりとした怖さがずっとある。
子供がなんで死んだのかわからんし夫婦への罰が重すぎる気はする。
役所広司はこのあと死ぬのか?
あと警察いけ

来る(2018年製作の映画)

5.0

いちばんキツイのは間違いなく前半の結婚式と家族生活だと思う。
中盤からの流れは2ちゃんの怖い話のノリ。よくわからんやつらがワラワラ出てきてコクソン状態。こんな怒濤の展開になるとは思ってなかった。楽しい
>>続きを読む

ヘレディタリー/継承(2018年製作の映画)

3.7

また地獄の王が復活してしまったのか...。
子役の表情と母親が怖い。パーティーのくだりからすごい悲しくなった。全部ババァが悪い。

ゴジラ(1954年製作の映画)

4.5

ただの怪獣面白映画だと思ってた。この虚しさよ。

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.5

ブルーがヒロイン
映像が良かったけどストーリーはつまらん
恐竜がガシガシ動くので満足した

13回の新月のある年に(1978年製作の映画)

2.5

主人公に全然感情移入できずイライラした、あとクソ悲しくなったし怖くなった。
牛のシーンとダンスのシーンは良かった。
首吊りのとき自殺は肯定的だと言ってたけど、主人公の自殺?は違う気がするから余計に惨め
>>続きを読む

第三世代(1979年製作の映画)

-

観る前から寝るんだろうなと思ってたらやっぱり寝た。
フランツ?は死にに行ったようなもんだと思うけど、何かを為すっていう行動の流れの中で死にたかったのかと感じた。
尾行してたやつは狂ってるのか?

戦慄病棟(2015年製作の映画)

3.0

最後まとまってないけど中盤までのコメディ好き。
なんとなく誰が黒幕なのか察しがつくけど楽しめた。

スケア・キャンペーン(2016年製作の映画)

2.5

二転三転するのは良かった。
覆面野郎Aチームが出てきたのがなあ...。

ベルリン・天使の詩(1987年製作の映画)

4.7

感動した。
飛び降り自殺の場面と主人公が人間になる場面が良かった。

暗殺の森(1970年製作の映画)

2.0

ストーリーも何が起こってるのかも分かった(と思う)が何が良いのか分からなかった。主人公はカッコ悪かった。
なんで教授を殺すときわざわざナイフを使ったのか気になった。

悪魔のいけにえ(1974年製作の映画)

4.7

初めて観たときより怖い。
リアル。
カークが死ぬとこがすごい好き。

>|