cinemaさんの映画レビュー・感想・評価

cinema

cinema

映画(276)
ドラマ(2)

マーダー・ミー・モンスター(2018年製作の映画)

3.0

冒頭のシーンで魅せたもののその後は大きな変化が無いので、着いていけるか分かれそう。
最後まで行っても疑問が残って、製作者の話が聞きたいと思った。聞いたらまた観かたが変わるかも。

ジョン・ウィック:パラベラム(2019年製作の映画)

3.7

前作を観た方、

どうやって生き延びるのか・・・

最も気になるのはこれでは?。
逃亡から始まるのはご存知のとおり、前半過去に触れる部分は格闘少な目にしてもう少し掘り下げて欲しかった。

IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。(2019年製作の映画)

3.8

前作から間が空いてしまい、どうだったかなぁと思つつも観直しせず鑑賞スタート。 
皆が過去と対峙しながら 進むストーリーに、自身も前作復習しながらの鑑賞。

大人になっても恐いものは怖い。連絡を受けた時
>>続きを読む

ヘルボーイ(2019年製作の映画)

3.5

前2作が好きなので、観る前から意識しなくても比較してしまう。
観始めたら観始めたで、心配は無用でした。
原作は読んでないので知らなかった出生のことにも触れてた。この物語はこれがキー。
これ観たら前2作
>>続きを読む

アップグレード(2018年製作の映画)

3.8

AIの嫉妬が発端か?、と思ったけど違ってました。
近未来、あっても不思議ではない設定。
格闘シーンは独特、各キャラの武器も個性的。
四肢の利かない主人公の復讐劇、実行の代償はいかに?。

ハッピー・デス・デイ 2U(2019年製作の映画)

3.7

2と続けて観るように勧められました。
いやぁ〜、それで正解!!。
これから観る方、時間とってください!。
想像してたのとはいい感じでズレてたので2本スルッとあっという間でした。

ハッピー・デス・デイ(2017年製作の映画)

3.7

2と続けて観るように勧められました。
いやぁ〜、それで正解!!。
これから観る方、時間とってください!。
想像してたのとはいい感じでズレてたので2本スルッとあっという間でした。

CUBE(1997年製作の映画)

3.8

当時ワクワクしながら観たなぁ。物語の設定、トラップからの脱出に。
今観たら当時とはまた異なった観方ができそう。
話題に上がったのはとても嬉しいです。

少林寺木人拳(1977年製作の映画)

3.8

日本公開バージョンで久しぶりに鑑賞。挿入歌は日本語で、いまこのような公開の映画はほとんどないと思うけど、こちらがおすすめ。
40年も前とは思えないくらいストーリー、アイデアもいいなぁと、改めて感心した
>>続きを読む

ザ・フォーリナー/復讐者(2017年製作の映画)

3.6

過去から今まで家族失う運命を背負った父。自身の至らなさを心に抱え一歩一歩犯人へと近づいていく主人公。
終始悲しげな表情のジャッキー、良かった。

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(2019年製作の映画)

3.4

2014年のゴジラから繋がっているの知らなかった。
怪獣バトル多め、劇場で観るか家ならヘッドホン欲しい。
2014年ゴジラ、キングコングと見直してからまた観たい。

ANIARA アニアーラ(2018年製作の映画)

3.5

町規模の宇宙船が制御不能に。こんな日もいつかの未来にあって不思議じゃない。
乗船者の行動はいかに...。

カンフーリーグ(2018年製作の映画)

3.2

思ったよりもコメディ色が強かった。イップマンが…。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

3.8

俳優とそのスタントマンのある時期の物語。
この監督だからすんなり日常だけで終わらないよな〜って観てました。
年齢を重ねた二人の味が滲む。
当時の社会情勢は別として、役者として二人とも素直にカッコいい。
>>続きを読む

ゴールデン・リバー(2018年製作の映画)

3.7

名の通った殺し屋兄弟はの物語。獲物を先に追った偵察員からの情報を頼りに後を追う。獲物との出会いが兄弟の運命を大きく変えることに。
題名のとおり金がキーになってるんだけど、原題の方がしっくりくるなぁ〜。

ワイルド・スピード SKY MISSION(2015年製作の映画)

3.8

初めっからブライアンばかり気になってしまう。
本当に切ないエンディング。セリフといい、シーンも曲も。

Mr.BOO!ミスター・ブー(1976年製作の映画)

3.8

いまだ色あせないこのセンス。
パワーもらいました。カッコいいなぁ。

ワイルド・スピード/スーパーコンボ(2019年製作の映画)

3.7

過去の作品を観てない方は観てからがいい。この二人なのでおおよその路線は決まっていることはわかっているものの楽しめた。

魔界探偵ゴーゴリIII 蘇りし者たちと最後の戦い(2018年製作の映画)

3.7

三部一気観。
主キャラクターの過去や背景が絡み、より物語が盛り上がる。次があったらぜひ観たい。
探偵??、これだけ違和感あるなぁ。

魔界探偵ゴーゴリII 魔女の呪いと妖怪ヴィーの召喚(2018年製作の映画)

3.7

本編の流れから少しズレ感を感じるものの主人公の過去にも触れ三部作最後に期待。

ジョーカー(2019年製作の映画)

3.8

仕事、夢、社会、家族、友人…好転への行動も叶わず真逆の方向に。行き着いた先に見えた景色がジョーカーの力の源か?。

ご存知の通りで主人公の演技を観て他の出演作も観たくなった。
受賞おめでとうございます
>>続きを読む

魔界探偵ゴーゴリ 暗黒の騎士と生け贄の美女たち(2017年製作の映画)

3.7

舞台は小さな田舎町。若い女性が次々と殺害されるというありがちな設定だけど、詩人の主人公が作り出す世界は幻想的で飽きない。続きが楽しみ。

デヴィッド・リンチ:アートライフ(2016年製作の映画)

3.6

ファンとしては感無量。
フィアデルフィアに行かずに死ねない。

移動都市/モータル・エンジン(2018年製作の映画)

3.3

主人公の復讐とは思っておらずジャケットからの印象と違っていて楽しみました。
途中から○○○城ラ○○○とダブってしま
いどうも抜出せず。
ジヘさんはカッコイかった。

運び屋(2018年製作の映画)

3.8

仕事、家族、戦争、金、いろいろと考えさせられた。
報復を恐れない、奥さんの看病シーンは涙。

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.8

前情報無しで観たので、途中からのストーリー転換に困惑。
いや〜すっかりハマってしまいました。

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

3.3

ファンタジー?、でも主人公は底から這い上がれたようで終わりは良しかな。

SPL 狼たちの処刑台(2017年製作の映画)

3.7

SPLシリーズ3作目。まだ1作目は観れてません。
主人公の気持ちを思うと切ない。
全体的には不満は無し!、前作に続きトニー・ジャーさんも出てます。

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

3.5

続編です。見る前に前の作品を観ましょう。
前作に続き菊池凛子さんもしっかり出ててます。
怪獣襲来の設定は変わって無いけど、個人的には前作の方が好き。

アシュラ(2016年製作の映画)

3.8

主人公に責任はあるものの、物語が進むにつれシガラミの糸に巻き取られ、最後に取った断ち切る方法は壮絶。

操作された都市(2017年製作の映画)

3.8

あらすじ見てなかったので、前半の仮想から現実戻った時ちょっと困惑。
こりゃ思っていたのと違ったなぁって、でもでも話はここからラストまで右肩上がり!。

>|