Kittyさんの映画レビュー・感想・評価

Kitty

Kitty

ただただ自分のための記録。基本のラインは3。4以上になると人に薦めたいレベル。

  • List view
  • Grid view

関ヶ原(2017年製作の映画)

3.4

いろいろと不親切な作りだった。会話が早いし展開がダイジェスト的すぎて、歴史知識がある程度ある、もしくは事前に予習をしていかないとついていけないであろう気がする。
有村架純が女忍感が無い。あと恋愛描写が
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

脚本は深いし役者は上手いし演出も面白い。
「誰を裁くかは誰が決めるのか」
福山の心情の変化の過程の丁寧さ
役所さんのワンシーン毎の緻密さ
最後の二人の顔が重なっていく演出
真実よりも裁判での有利さを取
>>続きを読む

哭声 コクソン(2016年製作の映画)

4.1

ずっと気になってた闇の國村ホラー。そして、ナ・ホンジン監督最新作。
正直、拾えてない部分の方が多いと思う。キリスト的な要素が多々あったと思われ、聖書なんて読んだこともないのでほぼ拾えなかった。しかしそ
>>続きを読む

天空の蜂(2015年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

日本のエンタメ作品にしては頑張ってる。映像技術が海外より劣るのは仕方ないにしても、ヘリは映像として作品の大部分を占めるわけだからもうちょっとなんとかならなかったかと…
役者も大味でわざとらしいような演
>>続きを読む

マッドマックス 怒りのデス・ロード(2015年製作の映画)

4.2

世界観の作り込み、ストーリー、アクション、全てにおいてエンタメ映画として一級品。過去作を見ても、そんなにストーリーが良かったとも思わなかったが、今作は世界観に支えられた解放のストーリーがあった。それぞ>>続きを読む

WXIII 機動警察パトレイバー(2001年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

原作「廃棄物13号」は未読
パトレイバーとしては異色も異色。イングラムも特車2課もほぼ出番無し。
スケールのでかい刑事ドラマwithパトレイバーってな印象。レイバーによって都市、政治的な側面がテーマの
>>続きを読む

リング2(1999年製作の映画)

2.9

一応小中理論の4作目として鑑賞
恐怖演出上手いけど、ストーリーがリアリティと乖離してしまった感が否めない。リアリティを感じさせる力が超能力を全面に押し出したことにより大幅に減少し、それが作品自体のホラ
>>続きを読む

リング(1998年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

小中理論関連作3作目(ほん怖除く)
やはり近代Jホラーの、また小中理論の1種の到達点とも思える作品。
そもそも筋がミステリー要素を多分に含んでいて引き込まれるところに、原因となる幽霊像をほぼ見せず(テ
>>続きを読む

女優霊(1995年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

小中理論を踏まえた上での二度目の視聴。
クライマックスは正直拍子抜けというか、ただただ笑うというのは、異常性はあるが霊として実体がありすぎて冷めてしまった。クライマックス後が不気味な余韻を残す物で非常
>>続きを読む

キングスマン(2015年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

ユジク阿佐ヶ谷の特集で上映してたので鑑賞。
表立ったジャンルはスパイものだが、その実タロン演じるエグジーの成長物語。
所々に往年のスパイ映画へのオマージュが散りばめられていたり、グロ描写や展開でシリア
>>続きを読む

機動警察パトレイバー2 the Movie(1993年製作の映画)

4.1

パトレイバーシリーズを旧OVAから追っていってようやく鑑賞。ここまで長かった…
パトレイバーを題材にした、押井守全開の作品。テイストとしては旧OVAの5,6話が近いかなぁと。映像、演出、ストーリー、傑
>>続きを読む

邪願霊(1988年製作の映画)

3.2

小中理論を知りたくて鑑賞。
映像技術もストーリーの技術も発達した現代だと、かなりちゃちぃ作品。だが、霊の見せ方や演出、テンポ感など小中理論が成立していく過程を追うに当たっては外せない作品だろう。著書を
>>続きを読む

ブレイド3(2004年製作の映画)

3.3

シリーズ最終作。
結末としては予想の範疇。
シリーズを追うごとに映像技術がメキメキ進化していくのは面白い。
2で広がりを見せた物語が終わりに向かって縮まってしまった印象。
ライアンレイノルズは軽口とか
>>続きを読む

ブレイド2(2002年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

ギレルモデルトロ作品に出てくるクリーチャーの凝り方は凄い。解剖シーンは素直に感心してしまった。一作目でストーリーのベースがしっかり出来ていたから、話を存分に広げられたのだろう。第三勢力が出て、一作目の>>続きを読む

着信アリ(2004年製作の映画)

3.3

Jホラーブームに乗っかって多量に発生したリング焼き直し系ホラー。携帯という最も身近な機器を題材にしたというアイデアは画期的だが、それ以外はアメリカンホラー的なジェットコースター感のあるリング。
死まで
>>続きを読む

ブレイド(1998年製作の映画)

3.2

98年の映画と聞いて驚いた。たしかに今と比べて技術はかなり拙いが、98年ってこんなに出来たんだという驚き。。
アクションに力が入っているのがよかった。
ストーリーはアメコミヒーローものの王道っぽい展開
>>続きを読む

青鬼 THE ANIMATION(2017年製作の映画)

2.8

一応、実写2作は鑑賞済み。実写に比べるとストーリーは我孫子さんだからちゃんとホラーしてたし、謎解き要素も多少ある。土台の組み立てに時間かかりすぎてダレていた感じはあるし、伏線を張るとか説明台詞に時間を>>続きを読む

シャイニング(1980年製作の映画)

3.6

キューブリック作品の特徴でもある一点透視図法を使った画に生理的な違和感を感じるのでキューブリック作品自体あまり好きではないので敬遠してたが、ようやっと思いきりがつき鑑賞。ジャックニコルソンの最初から割>>続きを読む

デッドプール(2016年製作の映画)

4.0

アメコミヒーロー異色作。客に話しかける、王道のヒーローストーリーにキャストの過去作ネタ、映画ネタ、アメコミあるあるなどのメタネタをふんだんに盛り込んだ一作。寒くなりがちなこのメタをデッドプールの軽快な>>続きを読む

ジェーン・ドウの解剖(2016年製作の映画)

4.0

ここ1、2年のホラーではベスト3に入る出来の良さ。物語の構成的にはオーソドックスな謎解きホラーではあるけど、設定と描写のこだわりで何倍も面白くなる好例。そもそも脚本自体が良いテンポでこまめに真相を出す>>続きを読む

チェイサー(2008年製作の映画)

4.5

Twitterで面白いと見掛けたことと、闇の國村ホラー「コクソン」の監督作ということで鑑賞。初の韓国映画ということで若干期待していなかったが、大いに裏切られた。とてもよかった。正直なとこ、このジャンル>>続きを読む

悪魔のいけにえ(1974年製作の映画)

4.4

怖かった。殺人鬼に追いかけられる悪夢を観たあとのような恐怖感と、ラスト逃げ切れた安心感を非常に強く感じた。個人的に、こんなに体感として感じる恐怖は映画では味わったことがなかった。レザーフェイス登場シー>>続きを読む

マグニフィセント・セブン(2016年製作の映画)

3.7

七人の侍、荒野の七人は未視聴。キャラを立たせる要素はしっかり入っていたが、時間の都合上、登場人物の掘り下げが甘く最後の戦いで物語に乗りきれなかった。ただ、登場人物がクールでユーモアがあってかっこいいの>>続きを読む

GANTZ:O(2016年製作の映画)

3.8

ようやく鑑賞。
CG製作のインタビューとかメイキング的な情報は仕入れてたけど、観たのは初だった。現実的なリアルに近づけるのではなく、人が想像したリアルに近づけつつアニメと現実の境をどこまで攻めるか的な
>>続きを読む

ナショナル・シアター・ライヴ 2017 「ハングメン」(2016年製作の映画)

4.5

今年一本目のNTL
エッジの効いたブラックジョークがガンガン飛び出る作品。映画館であんなに吹き出したのは初めて。
絞首刑が廃止され、元死刑執行人でパブを営む主人公を中心に展開される物語。
役者の演技
>>続きを読む

ゴースト・イン・ザ・シェル(2017年製作の映画)

3.1

アニメ映画2作をのみ観た状態での鑑賞。
映像技術と特殊メイク?とかはさすがハリウッド。リアルって言うと変だけど現実感のあるよう現代的な改変も加えて良い出来だった。タイツは何とかならなかったかと思うけど
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014年製作の映画)

4.2

続編の予告を見て気になったので鑑賞。
結果、アメコミ物の中ではベスト3に入るくらい好きだった。
ストーリーは親しみやすく、キャラも立ってる。洋楽の名曲が印象的。深く考えずに、でもしっかり作ってある、王
>>続きを読む

サウスポー(2015年製作の映画)

4.2

スポーツ物が観たくなって鑑賞。
感動した。泣いた。絶頂からどん底へ堕ちて、そこから這い上がるボクサーをジェイクギレンホールが見事に演じきっていた。妻を失った悲しみ、娘との関係、ボクサー人生、それらを徐
>>続きを読む

コマンドー(1985年製作の映画)

3.1

玄田哲章吹替版を視聴。
語録がゴロゴロ。アクションはもっさり。
吹替だから面白かったってのはあるなぁ

アンフレンデッド(2015年製作の映画)

3.2

アイデアが光る一本。終始パソコンの画面上、主にSkype画面で物語が進む。Facebookの異常とか処理落ちを上手い具合に挟んで緊張感は良い感じ。けど何か物足りない…
仲が良いと思ってた友人が実は…か
>>続きを読む

リリーのすべて(2015年製作の映画)

3.6

性別適合手術を世界で初めて受けた女性の実話をもとにしたフィクション作品。主演のエディレッドメインがトランスジェンダーの男性を演じており、その妻をアリシアヴィキャンデルが演じている。エディの肉体と内面の>>続きを読む

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016年製作の映画)

4.2

ジェダイとシスの戦いの陰に隠れた、名も無き兵士の戦いの物語。軍の戦争だから当然このような工作があって然るべきだし、その一人一人に思いがあってドラマがある。ちゃんとそれが伝わるような脚本であり役者であっ>>続きを読む