KoharuNishioさんの映画レビュー・感想・評価

KoharuNishio

KoharuNishio

ゆるりと鑑賞記録をば。
主に映画館と飛行機にて。

映画(51)
ドラマ(0)

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.0

静かに味わうのに良い作品。

ストーリーを伝えるためにファンタジーにした、という監督のコメントがあったけれど
ファンタジー要素であるその生命体以外は、ものすごく静かな日常を表していているように感じた。
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.8

どの登場人物も人間臭くてよかった。

署長の手紙にすべてが詰まってるとように感じた。

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.5

いい意味で後味悪い系。
最後にに きてまだ疑問を残すのか!

父と母と娘。
繋がるのか、別れるのか。

あしたは最高のはじまり(2016年製作の映画)

3.8

あれほどにも真っ直ぐ
人を大事にできるって
素晴らしいと思う!

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

3.6

ぶっ飛んでてよかった!
設定はパンクだけど、でも親子とは?男女とは?自分らしいとは?というメッセージがしっかりと入ってきた。

主人公は高校生だけど、高校生の男女がどっきどきのデートで観るには絶対にオ
>>続きを読む

嘘を愛する女(2018年製作の映画)

3.0

なんだか物足りないで終わった。

たくさんの人がレビューに書いている、コレジャナイ感は恐らく
予告編でメインのシーンがほぼ見えてしまうからと
予告編で煽ったのと違う方向だったから
ではないかなぁ。矛盾
>>続きを読む

DESTINY 鎌倉ものがたり(2017年製作の映画)

2.8

暗めの人の内面を描く作品ばかり観ていたから、あっさりと感じてしまったけど
年明けにまったり観るのにはいいほのぼの娯楽作品。

ただ途中で飽きてしまったのと伏線パートが長めで盛り込みすぎな印象。
細々と
>>続きを読む

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

3.8

観終わったあとの心地よさ。
ツチダもせいちゃんも、憑き物がとれたように終わる終わり方がよかった。

バック・トゥ・ザ・フューチャー(1985年製作の映画)

3.7

今更だけども。
タイムリープものって色々けれど、こんなにロマンの詰まった作品がこんなに昔からあったのね。

ポリーナ、私を踊る(2016年製作の映画)

3.8

自分を表現するって難しい。
フランスの時の先生の、「あなた」が踊っているのをみたい!
というセリフが印象的。

恋愛も、人生も、仕事も、「その人らしさ」をさらけ出したところに感情が生まれる。

モテキ(2011年製作の映画)

3.0

分かりやすく面白い。
時代を投影している映画は公開されたタイミングで観るのが面白いのかな。

今さら観たのであぁ川村元気節はここから始まったのか、と思った。
Perfumeとか、圧倒的企画力。

パターソン(2016年製作の映画)

3.5

何もない日常が愛おしくなる映画。

最後のthe lineという詩は
特別なことよりもふと思い出すのは何気ない日常、という
彼の生活(=この映画のすべて)を集約しているのかな、と感じた。

美女と野獣(2017年製作の映画)

4.0

アニメの再現性高い!
そしてアニメより心の動きに触れるシーンが多くて深みがありました。

シンデレラ(2015年製作の映画)

3.5

フェアリーゴッドマザーかわいい〜♡
継母も姉妹たちも憎めない感じに描かれててよかった!

3月のライオン 後編(2017年製作の映画)

3.7

観ていて苦しい部分があるぶんだけ、心が揺さぶられる!

それぞれの人が抱える満たされない気持ちを別の登場人物が埋めあう、という全体バランスがよくできたストーリー。

3月のライオン 前編(2017年製作の映画)

3.6

人のあったかさに触れられるいい流れ。
すぐさま後編観たい!

ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣(2016年製作の映画)

4.0

Take me to church から溢れ出る彼のエネルギーがすごかった。
彼の、ものすごく繊細で情が深くて真っ直ぐなところに心打たれました。

ドキュメンタリーとしての作りも良い。
よくこんな彼が
>>続きを読む

ギフト 僕がきみに残せるもの(2016年製作の映画)

4.2

パワフルな実話。
とても観るのにエネルギーが必要で辛い映画だけど、終始明るさと強さを感じた。

奥さん側の立場で観てしまったので、自分はそこまでタフに生きられるのか?と突きつけられたように感じた。

メアリと魔女の花(2017年製作の映画)

2.1

私の心が童心を忘れてしまったのか?と不安になるほど感情移入できなかった。

各キャラクターや設定の説明が少なくて観る人が置いてけぼり感が強かったんじゃないかな。
ゆえに深さが感じられず。

続・深夜食堂(2016年製作の映画)

3.8

好き。
特に焼きうどんが好き。

池松壮亮は歳上好き役が似合う。

(2017年製作の映画)

3.5

ストーリーは良かった。

カメラが動きすぎて私は苦手なのと、広告でいいところ見せすぎてしまってるのではなないかと感じたのが残念。
ああそれ、ここでくるのね、となってしまった。

それでも、中森さんの歩
>>続きを読む

彼らが本気で編むときは、(2017年製作の映画)

3.8

随所に違和感はあるものの、綺麗に描かれているのかなと思いました。

ヒロミのダメだと自覚しながらどうしようもないところも、それはそれで肩入れしてしまって。戻ってきたシーンがとても印象的でした。
登場し
>>続きを読む

ドリーム(2016年製作の映画)

4.5

目線が偏りがちなマイノリティ題材を明るく描いていてよかった。
だからこそ大事なことがきちんと伝わる。
前向きに仕事しなきゃな、って考えさせられた、、、

Hidden figuresって、映画観た後に
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.7

いい映画なんだろうけど
消化するのには時間かかるみたい。

このさらりとしたところが良いのかもしれませんが
もう少し第3部が丁寧に描かれてもよいのでは?と思いました。

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.1

すごく好きな王道ミュージカル!
ストーリーだけじゃなくて音楽もダンスも衣装も全て好み。

終わった後も踊り出したくなるくらい浸れました。
衣装の可愛さとか配色とかもこだわりを感じました。

素晴らしきかな、人生(2016年製作の映画)

3.5

ポスターのビジュアルと邦題で損してる気がする。
単純な御涙頂戴系にとらえられがちだけど、観てみると言葉の紡ぎ方が繊細で良かった。

皆さま書いてますが最後はついていけませんでした。
もう少し丁寧に描い
>>続きを読む

ウォールフラワー(2012年製作の映画)

4.2

ずっと気になっていて、ようやく鑑賞。

高校生特有の甘酸っぱい感だけじゃなくて、いくつになっても人が抱える感情に触れててよかった。

エズラミラーかっこいい。

オデッセイ(2015年製作の映画)

2.5

好きな宇宙モノではあるけど
展開がわりと普通。

最強のふたり(2011年製作の映画)

4.5

今までダントツ好き!
エッジの効いたジョークと人とのコミュニケーションの取り方。


Parce que je veux, aucune pitié
.
かわいそうだって気持ちなんて、いらない。

ズートピア(2016年製作の映画)

4.0

平和な作品!
子どもいないけど子ども連れで家族で観たらいいだろうなぁって映画。

>|