YUCHIさんの映画レビュー・感想・評価 - 4ページ目

YUCHI

YUCHI

ベストムービーは明日出逢うまだ見ぬ作品です。
映画は人生を少しだけ豊かにしてくれます。

どのジャンルも広く見てます。評価は甘めです。
個人用に書きためていたものをここに移してるのでたまに偉そうだったり、意味不明な部分もありますがご了承願えればと思います。
好みはヒューマンドラマ。
どの作品にも良いところは必ずあるはず。
作品から力を貰って日々を生き抜いています。

映画(937)
ドラマ(0)

ルイの9番目の人生(2015年製作の映画)

3.4

思ってたよりもゾクゾクとした怖さがあって一気に引き込まれた。
そしてまったく思いつかない展開がと思ったが冷静に思い返すとチラホラサインがあったりと見終わっても楽しめる作品。

小野寺の弟・小野寺の姉(2014年製作の映画)

3.6

雰囲気全開の作品。
邦画らしさがあって好きな人は好きと好みがはっきり分かれそう。
細かいところまで気が回っててかつ優しさと厳しさを兼ね備えてる作品。
演技がまた自然なのも好印象の要因。

パディントン 2(2017年製作の映画)

4.5

期待通りの作品だった。
見た人を成長させる作品。
笑って、泣いての繰り返し。
この作品も今年のベストムービーに入ること確定かなと。
親切は必ずかえってくると教えてくれたパディントンには感謝の気持ちしか
>>続きを読む

彼らが本気で編むときは、(2017年製作の映画)

3.4

洋画で似たような作品あったな~っ途中思ったがそれと比較しても負けないくらい暖かな作品だった。
性に対するお話は扱い方がとても難しいし見る方もそれなりの覚悟が必要と思っていたがこの作品はとても軽く見やす
>>続きを読む

ヒメアノ〜ル(2016年製作の映画)

3.1

思ってた以上に森田剛がハマり役だったなと。
その他のキャストもそれぞれ良い雰囲気で演者に助けられた作品かなと。
そしてグロさ満載なのでおすすめしにくいが森田剛ファンなら是非オススメしたい。
それくらい
>>続きを読む

ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!(2017年製作の映画)

3.3

これがアクション映画って言わんばかりの作品。
何も考えず見れば楽しめるかなと。
細かいところだと水の中ではもっとうまく見せようがあったかなと。
そこが残念だったかな。
個人と言うよりシールズのチームが
>>続きを読む

エイミー、エイミー、エイミー! こじらせシングルライフの抜け出し方(2015年製作の映画)

3.2

ユーモアたっぷりで下ネタ満載。
でもなぜか考えさせられる作品。
どうしようもないのに愛らしい主人公。
そして気づくとどっぷりハマってる自分に気づく。
きっとまっすぐな彼女を好きになりはじめてるのかな。
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.4

前作ファンにはたまらないシーンが盛りだくさんで最後まで退屈せずに見れる。
開始すぐからずっと全力で走るような作品。
個人的には前作にも負けてないと思う。
是非オススメ。

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

3.3

人物の感情がうまく描かれてた。
そしてとにかくこの作品は音が重要で
それを意識して最後まで見て欲しい。
最後にきっと驚かされるはず。
結局何だったと言えば終わりだがどの人物に気持ちを重ねてもみんな同じ
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.4

主演のパワーが凄い。
本人を受け入れられたら楽しめるかな。
途中めちゃめちゃ共感できるところがあってそこからは違う見方ができた。
若い世代ならより楽しめる作品かなと思う。

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ(2016年製作の映画)

3.4

雰囲気がすべての作品。
見るタイミングによっては名作になりそうな感じ。
途中の歌を受け入れられるかがカギになるかな。
私は十分雰囲気を楽しんだと思う。

劇場版 Fate/stay night Heaven's Feel I. presage flower(2017年製作の映画)

3.2

予備知識無しでの鑑賞はこの作品を100%楽しむことは出来ないかなと。
私も正直置いてけぼりにされた一人で
多少知ってるくらいでは展開の早さについて行けないと。
ただファンならなの早さが心地良いのかなと
>>続きを読む

王様のためのホログラム(2016年製作の映画)

3.0

異国の文化を見せつつそこで奮闘する人の話。
タイトルは少し誤解を招くかなと。
しかしトムハンクスのおかけで見やすかったなと。
もし違ったら異国を紹介する作品になってたような。
とりあえずどこでもなんと
>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

-

有名な作品なのである程度は結末を知っていたがそれでも余るくらい楽しめた。
映像も綺麗でさすがと思える作品だった。
ただやはり登場人物の紹介が多少早めで前半は意識して見ないと置いて行かれ気味になるので要
>>続きを読む

わたしは、ダニエル・ブレイク(2016年製作の映画)

4.1

第一印象はとても指数で考えさせられる作品。
派手さなど全くなく盛り上がりもない。
でもふと思い出すような感じ。見てどう感じるかを試されてるような。
物語が進むに連れて明らかになる事実。
その中で過ぎて
>>続きを読む

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

3.7

第一印象はとても指数で考えさせられる作品。
派手さなど全くなく盛り上がりもない。
でもふと思い出すような感じ。
見てどう感じるかを試されてるような。
物語が進むに連れて明らかになる事実。
その中で過ぎ
>>続きを読む

DESTINY 鎌倉ものがたり(2017年製作の映画)

3.3

まるでどこかのスタジオの作品を実写化したような雰囲気だった。
確かにCGは凄かった。
そして主演二人の演技も申し分なく純粋なファンタジーを楽しめた。
欲を言うともっと欲しがってしまう自分が居た。
終わ
>>続きを読む

シービスケット(2003年製作の映画)

4.1

競馬映画と言うくくりではなく再起をかけた男達のドラマ
としても楽しめる。そしてレースの映像の迫力も凄い。
劇中に出てくるセリフの強さが際立っている。
何度も観たい作品と言うのはこのような作品を言うのか
>>続きを読む

ノー・エスケープ 自由への国境(2015年製作の映画)

2.5

緊迫感は伝わったがそれぞれの人達の説明などが少ない分ただ残酷な状況を淡々と見させられてるようにも思える。
確かに酷く辛い状況が見てわかったがそれでといった感じ。
あと一つ何か欲しかった。

ローガン・ラッキー(2017年製作の映画)

3.4

期待してなかった分楽しめた。
ちょっと失礼だがめちゃくちゃ期待すると案外だったりするのでこれぐらい緩い感じがちょうど良い。
しっかり伏線も回収してかつ少し含みを持たせる。
ぴったり平均点の作品。

火花(2017年製作の映画)

3.5

白熱の演技に魅了されるはず。
ネタで笑おうと思って観に行くのはオススメしません。
先入観無しで素直な気持ちで観て欲しい。
しかし菅田将暉は色んな役が出来るなぁと。
さすがですの一言。

探偵はBARにいる3(2017年製作の映画)

3.8

非常にバランス良く万人受けする作品。
良くできてると言うのが一番合う感じ。
キャストもぴったりでありふれた感想だが面白いがしっくりくるかな。
とりあえず何か観ようってことなら是非オススメです。

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

3.0

邦題で期待するとびっくりするはずあまりにも内容がぶっ飛んでて終始驚きっぱなし。
怖いもの見たさで興味ある方は是非オススメです。
責任は取れませんので。

鋼の錬金術師(2017年製作の映画)

2.5

やりたいことがわかるだけに残念。
原作を意識して観るとただのコスプレイヤー達の集まりだが1作品として観れば多少は許せるのかな。
あれこれ詰め込まないのは良かったが逆に鋼の世界観を伝えられないのは残念と
>>続きを読む

ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜(2017年製作の映画)

2.9

とにかく色々詰め込み過ぎで忙しい感じがした。
雰囲気が良いだけにもったいない。
あと夢と現実の境目をもっと明確にしたほうが初見でももっと楽しめるのにと思った。

イエスマン “YES”は人生のパスワード(2008年製作の映画)

3.9

仕事を始めた時にイエスと言い続けてた時を思い出した。
実際良いこと悪いこと含め確かにイエスと言えば何かが変わる。
ノーと言えば変わらない。
最近はノーと言い続けてるようにも思えた。
結局はイエスと言え
>>続きを読む

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

4.0

主人公の気持ちをどう受け取るかで作品の良し悪しが非常に変わってくる作品。
自分的には共感とまでも行かないが理解というより受け入れられたので見ていく度に気持ちが動かされた。
本人の行動は心に対しての行動
>>続きを読む

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

4.2

これが超人達の力だ!
期待したことが次々に起こる
1秒も目を離せない超大作。

さすがのヒーロー達。
期待と不安で煽り続けそして会心の一発。
観てて飽きさせない。
そしてテンポもよく複数のヒーロー達を
>>続きを読む

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生(2016年製作の映画)

3.3

少し色々詰め込みすぎて難しく感じることがあった。
そして相変わらずスーパーマンが強過ぎる。
圧倒的な力はヒーローとして良いが他者とのバランスも必要かなと。
そしてタイトルの割には対立してる感じが弱いか
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.0

世が決めたルールがすべて正しい訳じゃない。
天才であるための葛藤や純粋に娘愛する気持ちをキレイな映像を観ながら考える作品。
思いのほか良い作品に出会えました。
教育、子育てとは何かを改めて考えさせられ
>>続きを読む

泥棒役者(2017年製作の映画)

3.3

良く出来た作品。
すべての伏線を回収していく様は
見事としか言えない。
そして必ずホッコリ出来るところ。
演技も素晴らしく長回しで上手く入れ替わったり会話の間など良い緊張感で観てる側を引き込んでくれる
>>続きを読む

くちづけ(2013年製作の映画)

3.4

とても複雑で繊細な内容。
気軽に意見を言って良いものか悩むところ。
実際に作中に出てきた良い意見、悪い意見の両方が現実にも存在すると思う。
そして自分はどうするのか。 
考えさせられる作品。
演じてる
>>続きを読む

GODZILLA 怪獣惑星(2017年製作の映画)

3.0

とにかく迫力にこだわった作品。
確かにCGを含め激しさは伝わった。
話の内容はアニメ作品よくある都合良く進行していく感じで細かいところを気にすると楽しめなくなるが、圧倒的な絶望感はスゴくわかった。
>>続きを読む

セントラル・インテリジェンス(2016年製作の映画)

3.5

とにかく主演の二人から溢れ出る良い人感。
このおかげで始終ホッコリと観ていられた。
コメディも満載で普通に楽しそうに演じてるからこっちも良い気持ちになる。
そしてかつ、友情、信頼、人は見た目ではない。
>>続きを読む

先生! 、、、好きになってもいいですか?(2017年製作の映画)

3.2

恥ずかしくて直視出来ないくらいまっすぐな気持ち。
改めて自分はおとなになってしまったなと。
もう味わえないような気持ちを作品を通じて疑似体験させてくれるのは映画の良いところ。
そして広瀬すずの可愛さは
>>続きを読む

THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY リミット・オブ・スリーピング ビューティ(2017年製作の映画)

3.3

内容が無いって悪く言うのは簡単だけど悔しいくらい全てのカットがカッコ良く、綺麗でエロい。
人が憧れる非現実的なもの全てを入れ込んだような作品。
たくさん映画観てきたけどこれは芸術作品だなと。
自分に持
>>続きを読む