YUCHIさんの映画レビュー・感想・評価 - 4ページ目

YUCHI

YUCHI

ベストムービーは明日出逢うまだ見ぬ作品です。
映画は人生を少しだけ豊かにしてくれます。

どのジャンルも広く見てます。評価は甘めです。
個人用に書きためていたものをここに移してるのでたまに偉そうだったり、意味不明な部分もありますがご了承願えればと思います。
好みはヒューマンドラマ。
どの作品にも良いところは必ずあるはず。
作品から力を貰って日々を生き抜いています。

映画(994)
ドラマ(0)

本能寺ホテル(2017年製作の映画)

3.1

歴史の話としてみると物足りない印象が残った。
都合良すぎる感じも邦画らしい展開。
人の気持ちの成長を感じ取って自分に置き換えたりして
本当に自分のしたいことは?みたいに見ないと退屈しそう。
でも信長が
>>続きを読む

さよなら、僕のマンハッタン(2017年製作の映画)

3.7

自分自身に自問自答してもがきながらも前に進んで行く感じはすごく良かったが少し恵まれ過ぎじゃと思うところも。
雰囲気やテンポはゆったりと心地良いのになんとも想像もつかない展開に急に現実に引き戻される。
>>続きを読む

パティ・ケイク$(2017年製作の映画)

3.8

その歌声に酔いしれた。
スゴいパワーのある作品だと思った。スターであることを信じ抜く強い気持ちは見る人すべてに力を与えると。
そして仲間との絆、愛、良い要素が全部詰まってる作品でした。

ロンドン、人生はじめます(2017年製作の映画)

3.5

これと言って映画らしい驚く展開は起きないが最上級の温かさを感じる作品。
自分が疲れたり、年を取ったと感じた時に何度でも見直したいと思った。
そして女優さんの美しさ、年齢なんて関係ないと認めざるをえない
>>続きを読む

ラッキー(2017年製作の映画)

3.5

演技なのかと疑うほどの自然な感じで、ただこのおじいさんの生活を眺める時間を過ごした。
死に対する考え方や己のこだわり、重いセリフすべてがまだ理解するには何十年も早いなと自覚しました。
この作品を劇場で
>>続きを読む

きみに読む物語(2004年製作の映画)

4.3

とても言葉では言い切れない心を揺さぶる作品。
ただただ眺めるだけでも、何度も好きなセリフを思い出そうとも見る人の自由。
この愛の物語を私は心がすり減ったときに見てまた前を見るきっかけにしたいと思う。
>>続きを読む

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

3.2

もっとロボット感と言うかメカメカしいから前作はカッコいいと思えたのに今回はそれが薄れてたかな・・・
進化したから便利になったと言えば聞こえがいいが。
2人で操作する不便さがある以上輸送や戦い方などもっ
>>続きを読む

女は二度決断する(2017年製作の映画)

3.6

3部に分かれてて斬新な作りだと思った。
それぞれ主人公の心の移り変わりをうまく描いててもし自分ならどうするだろうと考える間もあってとにかく見せ方がうまかった。
テロという行為について考えるきっかけを作
>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.0

ずるい、ファンにはつらい終わり方。もう次回作が気になって仕方がない。。。
そして内容も結構ファンにはつらいものがありましたね。
それでもしっかりシリーズっぽいユーモアがいっぱいあって内容も十分でとにか
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

3.0

衝撃的だった。
で終わらせたいがそれだけではすまないほど良さもあった。
内容は受け入れられるかがまず大事でそしてそのあとの感じを美しいと思えるのか
そのハードルを越えれば良い作品になるのかなと。
私は
>>続きを読む

ザ・ウォール(2017年製作の映画)

2.8

とにかく銃撃戦の緊張感と射撃による音のドキドキでストーリーが進むに連れて気持ちが上がっていく。
でも終盤に気持ちをさらりと交わすようなことが起きる。
ある意味期待を裏切る形で拍子抜けした。
すべては命
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.4

これが世界の作品かと。
その実力を見せつけられた。 
始めから終わりまでのわくわく感。
そして世界観、この監督の頭の中はどうなってるのだろうと。
とにかく脱帽でした。
何度も見る作品とはこういう作品な
>>続きを読む

いぬやしき(2018年製作の映画)

3.4

空中戦の迫力は申し分なくここまでCGがすごくなったのかと驚いた。
原作未読だったが十分楽しめた。
善悪の対比を強く出し過ぎてたのは少し気になったかな。
おそらく原作はその辺の心情がより良くかかれてるの
>>続きを読む

マザー!(2017年製作の映画)

3.2

とにかく胸くそが悪い作品だった。
とそんな簡単に終わらせてはいけないことなんだと思うがそれでも見続けるのがツラいと思う作品だった。
皆様のレビューですごくわかりやすい説明があって読ませてもらったがそん
>>続きを読む

ダンガル きっと、つよくなる(2016年製作の映画)

4.0

さすがの演技力でお約束のダンスも心地良い感じで見ていて幸せな時間を味わえた。
インド映画だからと言わずにもっと色んな人達に観て欲しい作品だった。
物語もわかりやすくて内容も温かい。
もっと早く見に行け
>>続きを読む

オブリビオン(2013年製作の映画)

3.2

映像の綺麗さが凄い。
小道具一つ一つにしてもこだわりがあってこの世界に入り込める。
ただ後半からスケールがデカくなりすぎてあ然とする。
そしてどう解釈するとしっくり来るのかと言うラスト。
これは人それ
>>続きを読む

ReLIFE(2017年製作の映画)

3.2

こういう青春物は苦手と思いこんでたが見てみると中々良いではと驚いた。
設定うんぬん言い始めると成り立たないのでこの環境を一緒に楽しむと言うスタイルは好きだなと。
そして羨ましくそして嫉妬にも似た感情が
>>続きを読む

ワンダーストラック(2017年製作の映画)

3.3

気軽に鑑賞する条件としてわかりやすく入りやすいことがあるが
この作品はそこの強みがなく前半はかなり集中しないと混乱しそうになる。
そしてサイレント部分やモノクロ部分など静かで暗めの雰囲気が続くのでじっ
>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

3.8

面白い、楽しく見れる。
という感想が一番あう作品。
だからと言ってふざけ過ぎてるわけでもなくしっかりと物語も出来てて細部までこだわりが見える。
伏線も回収してて、かつところどころにくる強めのセリフにも
>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.5

前半はかなりついて行くのが大変だった。
登場人物の印象が中々残らず苦労したが後半からの勢いはさすがと思わせる。
そして主演二人の演技力には脱帽した。
日本だと報道に対してあまり良いイメージがないがこの
>>続きを読む

PK(2014年製作の映画)

3.8

かなり攻めてる内容なのに楽しく見れる。
かけ間違いとはうまく言ったものだと。
インド映画特有のダンスシーンも気にならない。
とにかく暖かい作品。当たり前と思ってることが実はってことが私達にもあるかもね
>>続きを読む

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

3.8

続く緊張感の中見てる側も集中力を切らせては行けない。
とにかく複雑な心理戦で途中一つでもおいて行かれたら後はセクシー場面待ちのようになってしまう。
スパイものと言うより一人の女優を見続ける140分のよ
>>続きを読む

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017年製作の映画)

3.4

これぞSFという感じでひとつひとつの小物まで良い雰囲気でこだわりを感じた。
内容も難しくなく単純でわかりやすい。
ただその分全体的に軽く感じた。
それも良さなのだが結局それじゃん。
みたいな展開になる
>>続きを読む

種まく旅人~夢のつぎ木~(2015年製作の映画)

3.1

これといって強みがあるわけではないが日常をじっくり眺めるような作品。
良い話だなぁ~って感想が一番あうのかなと。

美しい星(2017年製作の映画)

3.0

見終わってからのふわっとした感じ。
これはしっかりと考えて見る作品なんだと。
アクション映画のように眺めてすげぇ~って見るのではないと。
どこまで考えるべきか。
とりあえず見終わって色んな方の考察を見
>>続きを読む

マンマ・ミーア!(2008年製作の映画)

3.5

とにかく明るくて元気な作品。
流行りのミュージカルで誰もが知ってるあの音楽。
そして有名なキャスト。
これなら人に自信持っておすすめできる作品。

銀魂(2017年製作の映画)

3.4

お笑い漫画といえども原作ファンは厳しい評価をするかなと
でもヨシヒコファンならとにかく笑えるはず。
内容に関しても難しくないから見やすい。
原作を見てないならより楽しめるかな。でも一回見れば十分かなと
>>続きを読む

ボス・ベイビー(2017年製作の映画)

3.4

すごく親切に丁寧に作られてるから子供も楽しめる作品になってる。
そしてアニメーションもすごく違和感が一切ないのも驚いた。
色もカラフルで見ていて飽きないかなと。
ただ万人向けの作品なだけあって凄い盛り
>>続きを読む

ちはやふる ー結びー(2018年製作の映画)

3.8

最終章というだけあって結構詰め込まれてる感じはあった。
各章メインのキャストが居るが今回はあの子だったと。
出来ればここも2作分くらいかけてそれぞれ個性的なキャラにもスポットを当てて欲しかった。
ちは
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

3.8

とにかく絵が綺麗。
世界を表す色の使い方としては過去に類を見ないのではと思うほど。
死をテーマにしてるのにそこまで重くなくストーリーもダラダラせず進むので終わりまで退屈せずに見れる。
歌に泣かされたと
>>続きを読む

ハドソン川の奇跡(2016年製作の映画)

3.7

凄く丁寧に作られてて見やすい。
そして見事なまでにラストも気持ち良い
この手の作品は難しくなりがちだがそんなことはなくしっかり説明もされてて驚いた。
さすがは巨匠イーストウッドだと。
本当の英雄に会い
>>続きを読む

ちはやふる 下の句(2016年製作の映画)

3.3

3部作の中と言うことで盛り上がりの波は穏やかだったかなと。
ラストに繋がる圧倒的なライバルの登場。思い続けた思いは叶うのか。
などラストへの布石をたくさん残しての終わり。
単体としてもそこそこ面白かっ
>>続きを読む

ちはやふる 上の句(2016年製作の映画)

3.8

とにかく広瀬すずがかわいい。
ずっとかわいい。
作品の感想を忘れるくらい。
作品はスポコン青春作品で好きな人は好きとはっきり好みが分かれそう。
普通に私は感動しましたけど。
それぞれのキャラクターもす
>>続きを読む

さよならの朝に約束の花をかざろう(2018年製作の映画)

3.7

ネタバレなしで感想を言うのが難しいが
愛情の形、想いの形をうまく表現してる作品だと思う。
極端な設定背景を受け入れられれば確実に心に何か残す作品だと。
そしてアニメーションも綺麗で美しい。
劇場で鑑賞
>>続きを読む

100歳の少年と12通の手紙(2009年製作の映画)

4.0

とにかく優しい作品。セリフが持つ暖かさ。
こういう作品がまさに映画入る人生を少しだけ豊かにしてくれるって思う作品だった。
心が暖まりました。

坂道のアポロン(2017年製作の映画)

3.0

音楽の作品は基本的に見やすく良い感想になりかち。
とある誰かの演技力が残念だった。
ただそれを除けば全体的に良くできていたなと。
そして本人達が演奏してるってのも評価できます。