crさんの映画レビュー・感想・評価

cr

cr

映画(118)
ドラマ(20)

彼の見つめる先に(2014年製作の映画)

4.4

盲目と同性愛という設定にしてはさらっとしていて、友情や恋愛、この年頃ならではの悩みがメインなのが見やすかった。思い出すのは最後のほうの自転車の二人乗りシーン。爽やかにキュンとなるシーンが多くて心が晴れ>>続きを読む

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

4.1

カセットテープを封入する前のおまじないとか、マルコが何気ない愛を知っていく様子に心あたたまった。正義がどうとかいう前に、日常の身近な差別や偏見を少しでもなくすために、色んな人にみてほしいと思った。ルデ>>続きを読む

セブン(1995年製作の映画)

3.8

終わりかたに賛否両論あるのがわかる。最後の2択がシンプルだからこそ、もしもあっちの結末だったら…ってすごい考えさせられる。どちらにしてもやるせない。犯人は誰だ?っていうより、犯人が分かってからがおもし>>続きを読む

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

4.3

ナチスが舞台なのに、レトロポップでひたすらかわいい〜と思いながら観てた。ジョジョとヨーキーがハグするたびに愛おしさが増す。あと、マリッジストーリーでも思ったけど、靴ひもを結んであげるってまさに愛だなぁ>>続きを読む

転々(2007年製作の映画)

4.0

オダギリジョーがぽつりぽつりと語るセリフがよかった。サザエさんのエンディングから月曜日の朝までの地獄の時間、わかる。マヨネーズ食べて何となく大げさにしたかった気持ち、わかる。
幸せは気づかないうちにじ
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

裕福な家族と半地下に住む家族と更にあの夫婦、両極端が同じ時間を過ごすことでみえてくる、格差社会の残酷さ。この結末は誰が悪いとかじゃなく、分かりあえなくて当然と思えてしまったのがまた残酷。
このじめっと
>>続きを読む

希望のかなた(2017年製作の映画)

4.0

難民問題を独特の空気感でコミカルに、そのセンスが素晴らしい。レストランの色彩がフィンランドっぽくて素敵。スシのシーンは日本人なら思わず笑ってしまうでしょう。
セリフが少なくて表情暗め、全体的に静かで重
>>続きを読む

愛がなんだ(2018年製作の映画)

3.5

主人公2人より、私の中では脇役の存在が大きかったなぁ。
仲原の存在感がすごくよかった。発するセリフ全部沁みてくる感じ、特に「諦めることくらい好きにさせて」みたいなところ、セリフから表情から喋り方から伝
>>続きを読む

Every Day(2016年製作の映画)

3.7

苦手な雰囲気だな〜と思いながら見てたのに、おにぎりじゃなくておむすび🍙がある日常、ただいまとおかえりがある日常の愛おしさがじわじわ伝わってきて、いつの間にかポロポロ泣いてた。

フランシス・ハ(2012年製作の映画)

3.8

年齢が近いこともあってグサグサきた。将来が見えなくても親友を遠くに感じても非モテでも、ハンパなわたしで生きていく、フランシスはいつでも等身大でたくましくてタフだなと思った。
モノクロのアダム・ドライバ
>>続きを読む

マスカレード・ホテル(2019年製作の映画)

3.6

ホテルを訪れる色んな人の怪しい行動に、あくまでホテルマンとしてお客様第一の姿勢を崩さず、謎解きをしていくのがおもしろかった。ホテルマンってすごい。。誰が犯人でもおかしくないキャスト陣だった。

イエスタデイ(2019年製作の映画)

3.7

身近な愛の大切さを表現するのがうまい。今までのリリー・ジェームズの中でまちがいなく一番可愛い!顔はもちろん髪型がツボすぎる〜。
設定が斬新でおもしろいんだけど、ビートルズの曲は4人が奏でるからこそ心揺
>>続きを読む

ONCE ダブリンの街角で(2007年製作の映画)

4.0

じわじわと良い、後味残る好きな終わり方だ〜。曲のメロディはすごくシンプルなのに音の重なりとコーラスでこんなに感情揺さぶられる音楽に変わるんだなって。MV観てるような感じで、冬に布団の中でぬくぬくと小さ>>続きを読む

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

3.7

ゲイリー・オールドマン目当て。いつ登場するのかな〜〜〜ん?この目はもしや…ゲイリー・オールドマン?!?ってなった。特殊メイクの技もあるんだろうけど、それにしても、すごい徹底ぶり。地下鉄に乗るシーン、感>>続きを読む

ラブ・アクチュアリー(2003年製作の映画)

3.7

キャストが豪華すぎる問題。パイレーツとハリポタのキャストはそのイメージが強すぎて離れない、何だか英国映画界のすごさを感じた…
一つ一つのエピソードは軽いけど、小さな愛がたくさん集まる最後の空港のシーン
>>続きを読む

クロース(2019年製作の映画)

3.8

サンタさんへ手紙を書く理由にはじまり、語り継がれるサンタクロースの噂の起源となるアイデアがおもしろい。終わり方に夢があってほっこり。プレゼントが木のおもちゃっていうのも温もりがあっていいな。クリスマス>>続きを読む

宮本から君へ(2019年製作の映画)

3.3

熱量がほんとにすごい、、圧倒されまくりでどっと疲れた、、思い出すのがしんどい。やっぱり苦手なものは苦手だ…どこまでもぶっ飛んでれば逆に気にならないんだけど、リアルに近い暴力シーンに、どうしても嫌な気持>>続きを読む

サウンド・オブ・ミュージック(1964年製作の映画)

4.6

午前10時の映画祭にて。途中休憩がある映画ははじめて。3時間がこんなにあっという間だった映画もはじめて!
オーストリアの大自然の風景がきれいで子ども達がかわいすぎる。末っ子ちゃんかわいすぎる。。
雷の
>>続きを読む

マリッジ・ストーリー(2019年製作の映画)

4.6

地元の映画館でもやる予定はあるけど待ちきれず…!
冒頭からこれはいい映画に違いないと思った。離婚相手の良いところを挙げるのにこんなに愛があるなんて。
細かい気持ちの描写がほんとうに丁寧で、二人の複雑な
>>続きを読む

ドライヴ(2011年製作の映画)

3.0

グロめ苦手なのに前情報なしで探すが故に、気づいた時にはもう遅いパターン。ここまできたからにはみなきゃという思いだけで最後までみた。笑
ライアン・ゴズリングは寡黙な役が本当に似合うと思う。愛する人へのほ
>>続きを読む

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密(2014年製作の映画)

3.9

ジョーンの「あなたが普通じゃないから世界はこんなに素晴らしい」って台詞、鳥肌たつほど素晴らしすぎませんか。。
ラストが悔しくて仕方ない。でも、50年経って機密が明かされアランの功績が称えられ、こうして
>>続きを読む

マチネの終わりに(2019年製作の映画)

4.1

ロマンチックな気分になれる、大人のラブストーリー。
石田ゆり子が美しすぎて見惚れる〜青のシャツに緑のスカート、歩き方も素敵だしパリがよく似合う。
桜井ユキも存在感のあるいい演技で、特に夫を送り出すとき
>>続きを読む

ナイスガイズ!(2016年製作の映画)

3.3

ライアン・ゴズリング憎めない感じが絶妙…映画というつくられた世界の中で観るとおっちょこちょいでダサめだけど、戦いに挑む普通のパパってあんな感じなのでは。
レビュー書くの遅くなったけど、エブリデイからた
>>続きを読む

パディントン 2(2017年製作の映画)

4.3

まっすぐ誠実でどんな人にも分け隔てなく親切でモフモフかわいいパディントン。飛び出す絵本の中を旅するシーン、マーマレード作るシーン🍊、ごみ箱になりきるシーン、りんご飴そうやって使うの!っていうシーン、ち>>続きを読む

シャッター アイランド(2009年製作の映画)

4.0

頭をフル回転させるミステリーが観たくて鑑賞。最後の最後まで真相が分からなくてドキドキしたー!コロコロ変わる展開と最後の畳みかけにただ圧倒。たったの一セリフの重みがすごい。観てる側を試すような仕掛けもあ>>続きを読む

エブリデイ(2018年製作の映画)

3.8

人は内面が大事だってことがストレートに伝わってくるお話。あり得ないんだけど、どんな見た目でも2人は変わらずいつもの2人だったのが素敵。ふつうに、こういうカップルいいなって思いながら観れちゃうから不思議>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.6

レディバードの葛藤の中にはいつも芯があって、反抗しながらも素直で優しい部分は決して消えなくて、魅力ある女の子だった。私は共感というより、喜怒哀楽優しさ苦しさ温かさ悔しさ、感情の小さな動きがすっと流れ込>>続きを読む

スクール・オブ・ロック(2003年製作の映画)

4.5

これぞロック!楽しかったしめちゃくちゃ元気でたー!こういう子供たちが大人たちを振りまわす系映画はスカッとするのでかなり好きだな〜。授業してるフリしたり病気のフリしたり、悪戯にいちいちニヤけてしまう。ロ>>続きを読む

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

3.7

これはパリに行きたくなる〜街並み、芸術、蚤の市のようなお店、私の夢みるパリが存分に楽しめた。
どの時代でも、現実は退屈なもので昔を夢みるんだろうね。いつかは自分の生きている時代がどこかの未来の時代にと
>>続きを読む

つみきのいえ(2008年製作の映画)

-

数年前に深夜の野外上映で観たのを思い出した。映画なの?というくらいすごく短いし観たのも数年前なのに、絵の雰囲気からあふれる優しい印象が今でものこってる。

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.6

ストーリーは無理やり感があって好みではなかったけど、音楽とカーチェイスの組み合わせは楽しめた。音ハメが最高!さくっと見るには◎
気持ちよさそうに音楽を自分のものにしてるベイビーがとにかくイケメン。デボ
>>続きを読む

リップヴァンウィンクルの花嫁(2016年製作の映画)

4.0

考察の余地を残してくれていて見終わった後にいろいろ考えた。
結局全部安室に繋がってるのが謎でこわい。ミステリー映画じゃないので解決してくれなくて余計に気になるーーー!
安室は最後まで不思議な存在だし心
>>続きを読む

ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります(2014年製作の映画)

3.6

穏やかな気持ちになった。
40年経ってもお互いを尊重し合っていて仲良しでとてもとても素敵な夫婦!ところどころ出てくる昔のエピソードもじんわりいい話だった。犬のプレゼント素敵〜。屋上いいな〜。

タクシードライバー(1976年製作の映画)

3.0

後半理解できずお手上げ状態…ネオンの街なみと黄色いタクシー🚕はレトロでとっても良かったんだけど…
ロバートデニーロ若すぎて気づかなかった!

ジョーカー(2019年製作の映画)

3.9

悲しい笑いが見てて苦しすぎる。これに限らずだけど、ジョーカーを演じる現実の彼らが心配になる…相当な覚悟がないと演じられないしこんなに観た人に響かないよなぁ。本当に心からの拍手👏ホアキンジョーカーは表情>>続きを読む

ストレンジャー・ザン・パラダイス(1984年製作の映画)

3.3

だらだらしたな〜〜ニューヨーク、クリーヴランド、フロリダ…冷静に移動距離すごいけど気を遣わず気ままな3人旅がちょっとうらやましくもある。
靴ひもの話の続きが気になる。
エヴァが帽子買って(?)店から出
>>続きを読む

>|