マトさんの映画レビュー・感想・評価

マト

マト

主にWOWOWやスカパーなどで鑑賞しております。溜まっていく一方でぜんぜん観れてないのが悩みの種。
星3つ以上が自分的及第点。
ついついツッコミ目線で映画を観てしまいがち。

2016年は179本のレビューを書きましたが、実際はその倍以上の本数は観てるはず。

アルビノの木(2016年製作の映画)

4.2

すごいところでロケしてるなぁ。絶景。本当に綺麗だ。
害獣駆除猟師のユクは山の神と崇められてる白鹿様を撃てるのか?自然と人間…非常にシンプルなテーマながら観る価値のある作品だった。
終盤のユクと羊市のや
>>続きを読む

十字架(2015年製作の映画)

4.7

ここであえて小出恵介主演作品を鑑賞!
まず冒頭、自殺した男子中学生の葬式という重たい場面そのものよりも、小出恵介と木村文乃がはたして中2に見えるのか?という無理難題が観る者の脳の柔軟さや心の広さを試し
>>続きを読む

ランボー3/怒りのアフガン(1988年製作の映画)

2.6

地下格闘ランボー→人気ランボー→要請ランボー→断りランボー→捕らわれ大佐→志願ランボー→馬ランボー→村ランボー→ミーティングランボー→国技ランボー→敵襲ランボー→潜入ランボー→攻撃ランボー→居残りラン>>続きを読む

ファイナル・デッドブリッジ(2011年製作の映画)

2.3

シリーズで今作だけ初見。その分期待してたんだけど死に方も映像描写もぜんぜん弾けてないやん。体操場面も眼科でのシーンもいいとこ突いてていい具合に煽ってくるんだけどなぁ。最期のところの見せ方がどうにも物足>>続きを読む

ファイナル・デッドサーキット 3D(2009年製作の映画)

3.7

二作目の監督が再登板。描写はより過激に。肉片多め。
やっぱり見どころはオープニングなんだよねぇ。予知夢とはいえみんなが派手に死んでいってテンション上がる。そこからのオープニングタイトルもいい!イケてる
>>続きを読む

ビッグ・リボウスキ(1998年製作の映画)

3.7

ボウリングやってる場合じゃないのにこいつらほんとw
場面展開もポンポンあって次から次へといろんな人が出てきて、主人公よろしく訳のわからない事柄に放り込まれてる気分になる。デュードがかわいいと思えるくら
>>続きを読む

テルマエ・ロマエII(2014年製作の映画)

2.9

二作目にして気づいたけどこの背の高いローマのおっさん、風呂のアイデアそのまんまパクっとるだけやないか!(劇中で本人も言ってたけどw)
与作に浪越先生にラーメン屋の主人と、今回も脇役のじいちゃん俳優たち
>>続きを読む

テルマエ・ロマエ(2012年製作の映画)

3.2

コメディー部分はわりと楽しめた。いか八朗さんとか菅登未男さんとかのおじいちゃん俳優たちがめっちゃいい味出してて可笑しい。後半のシリアスパートはつまらん。
温泉いいよね!

天の茶助(2015年製作の映画)

2.0

ヌルいわー。この中途半端なファンタジーさ。思い切りのよさみたいなもんがまったく感じられない。SABU監督の初期作品は大好きだっただけにこのキレのなさは哀しくなる。
しかも下界よりも天界のほうが前時代的
>>続きを読む

エイリアン2(1986年製作の映画)

3.5

エイリアンの数も増えてよりバトルモードになって娯楽性もアップ。アンドロイドのビショップの活躍っぷり!
嫌な奴だったバークの死に方をしっかり描いてたらすっきりするのになぁ…と思ったら訳あってカットされた
>>続きを読む

ファイナル・デッドコースター(2006年製作の映画)

3.2

シリーズ第三弾。設定はいつもと同じ。
一作目の監督に戻ったけど全体的に過去二作と比べて雑になったような気がする。ピタゴラ感もちょっと薄くなってるしヒロインもこの娘でなきゃって感じがあんまりしない。あと
>>続きを読む

デッドコースター/ファイナル・デスティネーション2(2003年製作の映画)

4.2

ファイナル・デスティネーションシリーズ第二弾。のっけの予知夢からド派手で最高〜!劇中で使われるけどまさにAC/DCのハイウェイ・トゥ・ヘルやなぁ。
前作を踏まえた上で、じゃあ今作以降は登場人物たちがど
>>続きを読む

ファイナル・デスティネーション(2000年製作の映画)

4.0

乗るはずだった飛行機の爆発事故を回避した登場人物たちが、その後順番に無惨な死に見舞われるというお話。
このシリーズほんと好き。忘れた頃に観たくなるやつ。敵が実体のない運命だか死神だかってところがいい。
>>続きを読む

レイジング・ブル(1980年製作の映画)

4.0

冒頭、マスカーニのカヴァレリア・ルスティカーナの間奏曲が流れる中、対戦相手を待つ主人公がリングの上でガウンに身を包みながらシャドーボクシングをするシーンの美しさよ。光と影、野心と不安、自信と畏れ、そし>>続きを読む

八月の鯨(1987年製作の映画)

3.8

そこはかとなく良い映画。品があってアメリカ映画っぽくない。
男として羨ましく思うのは姉妹の距離感っていいなぁってこと。たとえ老姉妹になってもね。ああいう近い距離感の親密さってのは男には到底出せないから
>>続きを読む

不良少女モニカ(1952年製作の映画)

3.4

勝気でイケイケな性格のモニカは家を飛び出し、優しくて実直な少年と駆け落ちするが幸せで自由な生活は長くは続かず…

このモニカには吉川晃司もさすがにThanksとは言わないレベル。彼女はもうほんと売春婦
>>続きを読む

刺さった男(2011年製作の映画)

2.0

矢ガモ状態のおっさん。ピンチをチャンスに変えようとするしたたかさは見事なもんだけどさ、まぁどんな状況下においても人間というのは心の奥底に打算というものが生じてしまうもんなのかねぇ。
息子がドラゴンタト
>>続きを読む

レールズ&タイズ(2007年製作の映画)

3.8

静かに染み入る良質な作品。監督はイーストウッドの娘さんってことで父親ゆずりのいぶし銀の雰囲気が受け継がれていて、しっかりとしたヒューマンドラマになってます。
ベーコンさんの役柄はかなり気が小さくて弱い
>>続きを読む

猛獣大脱走(1983年製作の映画)

3.3

B級感ハンパないけどチーターと車のカーチェイスとか、空港の滑走路にゾウとか発想が面白い。撮影も凝ってる。適度にグロ。そして終盤まさかの展開!
今の時代から見るとアウトだろうなというような撮影も。猛獣た
>>続きを読む

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦(2002年製作の映画)

4.2

なんとビターな。名作とは聞いていたけどいやほんと素晴らしかったです。
タイムスリップした先にも絶対しんちゃんの友達とおんなじ顔した子供たちがいるんだろうなと思ったら、やっぱりいたw

映画 みんな!エスパーだよ!(2015年製作の映画)

3.2

静止画状態にしてじっくり眺めていたくなる映像がたくさん出てくる作品。
観る前は夏帆がいないなんて…と思っていたのだが池田エライザもなかなかのムフフでじつにけしからん。
そして東三河がもし本当にあんな街
>>続きを読む

俺たちサボテン・アミーゴ(2012年製作の映画)

2.5

チャドメタル…いや、ウィル・フェレル主演の俺たち感そんなにない中身スッカスカの安っぽいコメディー。
とりあえずこんなに尻しか映ってない濡れ場シーンを見たのは初めてだわw

ナイトクローラー(2014年製作の映画)

4.2

エスカレートと麻痺。
NHKのnほりんpほりんのスクープカメラマンの回でも言ってたけど、この人たちには良心の呵責の念なんてただの一欠片もありゃしない。ただひたすらゲスいだけ。
しかしそれでも我々はそれ
>>続きを読む

バスキア(1996年製作の映画)

3.2

彼のことは名前ぐらいしか知らなかったけど、この映画を観るかぎりでは彼がどういう人物だったかはもうひとつ伝わってこなかった。芸術家のわりにはあまりパッションを持ってないような描かれ方をしてるというか。何>>続きを読む

明烏 あけがらす(2015年製作の映画)

3.0

古典落語をベースにしてアレンジしたってふれ込みだったけど、これ内容は「明烏」じゃなくて「芝浜」ってことなのかな。途中のシーンでは「お見立て」をパロったところもあったような。
劇中のデコ広ブサイクとジャ
>>続きを読む

ソムニア 悪夢の少年(2016年製作の映画)

3.7

出来の良いファンタジックホラーでした。設定も演者も良かったです。
自分が眠るとキャンカーマンが現れてみんなに怖い思いをさせるため、子供なのにカフェイン摂取して寝ないようにしてるコーディくんがなんとも健
>>続きを読む

歓待(2010年製作の映画)

4.0

めちゃくちゃなんだけどありえない話じゃなさそうなところがちょっと怖いよね。いつの間にか人ん家入り込んでコントロールするっていう。現実でもたまに事件化したりするもんねぇ。
アナベルはガキ使の板尾の嫁が登
>>続きを読む

ディア・ハンター(1978年製作の映画)

2.7

ウォーケンさん素晴らしかったけど作品としてはやっぱり冗長で苦手だ。いちいち尺たっぷりなんでとにかくダレる。戦争部分との落差を出すためとはいえ序盤の結婚式のシーン長すぎ。

ガンシャイ(2000年製作の映画)

1.5

スマホで「がんしゃい」って入力したら「顔射」とか「ガン社員」とか「顔射位」「顔射医」「顔射委」「癌シャイ」などの予測変換が出てきてわろたw
てゆーか映画と関係ないそんなことしか書くことないほどつまんな
>>続きを読む

THE WAVE ザ・ウェイブ(2015年製作の映画)

2.6

ノルウェー産のディザスタームービー!?いったいどんなだろう?と思ったけどフィヨルドが関係してるのか。そりゃノルウェー産で納得だわ。しかもフィヨルドの岩盤崩落で津波が起きることがあり得るなんてまったく知>>続きを読む

ハングマン(2015年製作の映画)

3.2

家に侵入した異常者の視点で撮られたPOVもの。なるほど、幽霊よりも侵入犯のほうがリアリティーも出て気持ち悪くて恐怖感あるかも。不穏なインダストリアルミュージックにのったエンドロールも雰囲気を醸し出して>>続きを読む

オードリー・ローズ(1977年製作の映画)

2.6

輪廻転生を題材にした作品。オカルト色かなり薄め。
いやちょっと、この人たちほんとアイビーちゃんを救うにはどうしたらいいのかもう少し真剣に考えなさいって(苦笑)
んーでもまぁこれって輪廻っていうほど大層
>>続きを読む

バウンド(1996年製作の映画)

3.4

・ウォシャウスキー兄弟が姉妹になる前に撮った百合ものクライムサスペンス。(ややこしい)
・コーキーが男物の白ブリーフ穿いてることに衝撃。その姿でびよ〜んて口琴弾いてる画がシュールすぎるんだがw
・ルッ
>>続きを読む

ナイト・ビフォア 俺たちのメリーハングオーバー(2015年製作の映画)

3.7

・ナットロッカーズがどんなぶっ飛んだパーティーかと思ったら意外と普通のパーティーな件。
・マイリー・サイラスが関西のドツキ漫才やってる昭和の女芸人みたいだ。
・「年を取ると友達でいるのも難しくなる」「
>>続きを読む

大病人(1993年製作の映画)

3.8

末期患者の三國連太郎と医師の津川雅彦のやりとりが見応えある。
オーケストラと般若心経のコラボがなんかもう無意味に壮大で力技で押し切られた感じ。いい意味で。
臨死体験の安っぽいイメージもよかった。夢みた
>>続きを読む

>|