マトさんの映画レビュー・感想・評価

マト

マト

主にWOWOWやスカパーなどで鑑賞しております。溜まっていく一方であまり観れてないのが悩みの種。
星3つ以上が自分的及第点。
ついついツッコミ目線で映画を観てしまいがち。

2017年は217本のレビューを書きました。実際はもっと観てます。

映画(784)
ドラマ(0)

ターミネーター:新起動/ジェニシス(2015年製作の映画)

2.5

いやもうこうなったらなんでもありやんか。シュワちゃんがっつり出てるのにまさか4より面白くなくなるとは夢にも思わんかったわ。とりあえずあの人を敵にしちゃいかんだろーて。
でもまだまだいくらでも続きそうな
>>続きを読む

さざなみ(2015年製作の映画)

3.4

奥さんにしてみりゃこの45年てなんだったんだろう…てなるよねきっと。パーティーが余計虚しくなって、あんな感じの表情になっちゃうのもわかる気がする。
珍しく邦題良いっすね。

ロシアン・ルーレット(2010年製作の映画)

2.4

へ?なんやこの終わり方…
ステイサムの役が違和感ありあり。どう見ても彼もプレーヤーのほうやろ。ミッキー・ロークもあれで終わりかいな。

人魚姫(2016年製作の映画)

3.5

3本足でズボン穿いたタコ兄ちゃんのビジュアルがアウトだ。
警官の描く人魚の絵がヤバいw
最後は感動で泣けるのではなく海中旅行の画がチープすぎて泣ける。

アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲(2015年製作の映画)

2.4

・どこか大人の恋やねん。クソ子供っぽく見えたんですが。いい歳こいて…ぐらいにかしか思えなかったけど。異国の地で出逢ったからそんな気分になっただけでしょ、と言いたくなる。
・ちんこ苦行どんなのか見たいや
>>続きを読む

サンマとカタール 女川つながる人々(2016年製作の映画)

2.4

震災復興に向けた前向きな面に焦点をあてたドキュメンタリー。ただ映画のクオリティーとか面白さとしてはちょっとなぁ。
サンマをごく普通に何気なく味わえる日常って大事やね、と今この旬な時期だから余計に思う。

ヒメアノ〜ル(2016年製作の映画)

4.6

・森田剛が気持ちいいくらいに気持ち悪い。すごいインパクトだ。
・ムロはムロらしい微笑ましいキモさ。
・濱田岳はいかにも濱田岳っぽい役。
・佐津川ちゃんえちえちでムフフだ。
・キモメンばかりにモテるユカ
>>続きを読む

クリーピー 偽りの隣人(2016年製作の映画)

3.5

香川照之はさておき、他の人たちもなんかちょっとずつおかしくないか。てかけっきょく川口春奈何なん?そしてあんな都合のいい薬物あるかいな。それにあの家、外観と家の中がマッチしなさすぎて明らかに構造に無理あ>>続きを読む

50回目のファースト・キス(2004年製作の映画)

3.8

短期記憶喪失のルーシーのために芝居打って、来る日も来る日も同じ一日をやり直す父と弟の地獄っぷり。毎日ケーキを食わされて、毎日同じアメフトの試合とシックスセンスのビデオを見せられる苦痛。一歩間違えたらと>>続きを読む

奇跡のリンゴ(2013年製作の映画)

3.4

普段何気なく食べてる食品や使ってる物にも、そこには作ってる人の想いや努力や苦労が詰まってるはずなんだよなぁ。何の気なしに食べたり使ったりできることの素晴らしさ。その裏にあるであろうものを私たちは忘れて>>続きを読む

ゾンビ・サファリパーク(2015年製作の映画)

3.6

邦題見て野生動物がゾンビ化することを期待される方も多いと思うけど、そういうゾンビーバー的なことはまったく皆無です。あくまでもゾンビ版ジュラシックパークと言うべきか。
しかしながら多少安っぽさはあるもの
>>続きを読む

SAFE セイフ(2012年製作の映画)

3.7

ハゲ(つよい)&少女(中国人)。けどレオンとかマイ・ボディガードとかそういう系じゃなくてもっと薄っぺらい感じ。
無双。一般市民いてもおかまいなしに銃撃戦で、もうテロレベルとしか。
中国マフィア、ロシア
>>続きを読む

ヒーローマニア 生活(2016年製作の映画)

1.7

なんでこんなに薄っぺらくて安っぽい作品が作れるのか。そこそこお金かかってそうなのにね。もう出だしからアレなオーラ出ちゃってるしなぁ。早々にコマツナちゃん鑑賞に切り替えましたよ。決めポーズかわいい。
>>続きを読む

ネオン・デーモン(2016年製作の映画)

3.7

食べちゃいたくなるほど美しいってことですかい。美しすぎるものは人を惹きつけるだけでなく狂わせる。
スタイリッシュで妖しい映像の連続。

TSUKIJI WONDERLAND(築地ワンダーランド)(2016年製作の映画)

3.8

いろいろとすったもんだとあったけれどいよいよ移転ということで、あらためて築地市場とはどういったところだったのか。日々何が行われどんな人たちが出入りしてるのか。日本の食文化においてどんな役割を担ってるの>>続きを読む

ユナイテッド93(2006年製作の映画)

3.8

ただならぬ緊張感と混乱っぷり。あの日半ば呆然としてニュース映像に釘付けになっていたときの信じられない驚きと胸騒ぎが蘇る。
終盤は地獄絵図のようだ。しかしながら最後まで勇気を持って必死に抵抗した乗客たち
>>続きを読む

モスキートマン(2012年製作の映画)

2.5

B級ダークヒーロー。モスキートマンの見てくれにもっと工夫がほしい。インパクトも明瞭さもないルックス。
風呂場にて裸でギターを弾くヒロイン。なぜなのか。
吸血されてただ死ぬだけじゃなくて痒みで悶絶死させ
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.7

超久しぶりの劇場鑑賞。まぁお見事としか言いようがない。驚かされて可笑しくて感心させられてスッキリして感動すら覚えた。とにかく熱量がすごい。
まさしく主役はカメラだった。そしてエンドロールでの映像がこれ
>>続きを読む

ターミネーター4(2009年製作の映画)

3.1

初見。いちおう続編なんだろうけどシュワちゃんアレだし外伝っぽい感じに。
キャストはまぁまぁなのに全体的になんか地味になっちゃったなぁ。観たばかりなのにもう忘れかけてきてるもんw
劇中でT2のガンズのあ
>>続きを読む

ターミネーター3(2003年製作の映画)

3.8

実は初見。1と2は何度も観てるのにねぇ。
アクション的にはけっこう面白かった。ただ話の中身はスカスカ。終始追われてシュワちゃんがそれを助けるだけの話。
クレーン車でのカーチェイスがド派手すぎて度肝抜か
>>続きを読む

追憶(2017年製作の映画)

3.6

・数奇な運命系の話。言うほど悪くなかったけどね。でもなんか2時間ドラマっぽいっちゃ、ぽい。
・啓ちゃんいいヤツすぎるわー。けどなんで嫁を好きになったのか、そこらへんも少しは描いてほしかったかな。
・岡
>>続きを読む

サボテンの花(1969年製作の映画)

2.7

町山氏推薦作だが、残念、ハマらなかった。登場人物の誰も好きになれず…
ゴールディ・ホーンのルックスはたしかにキュート。目が大きすぎて怖可愛い。彼女が勤めるレコード店イケてる。

ダウン・バイ・ロー(1986年製作の映画)

3.8

オフビートな脱獄ロードムービー。相変わらずどこを切り取っても絵になるクールなモノクロ映像。かっこいいなぁ。
役者としてのトム・ウェイツも注目に値するが、イタリア人のロベルトも憎めないキャラでかなりいい
>>続きを読む

バッシング(2005年製作の映画)

3.4

タイトルから考えるにバッシングする側を皮肉る映画かと思ったけど案外そんなでもなかった。むしろどちら側からも考えられるように作ってある。
もちろん主人公は世間から理不尽な目に遭わされるわけなんだけれども
>>続きを読む

レヴェナント:蘇えりし者(2015年製作の映画)

4.4

クマー!!
ディカプリオさんの鬼気迫る演技やトムハの憎々しい演技もさる事ながら、やっぱり冒頭のクマーに襲われるシーンのインパクトといったら。もともとはクマーのせいで主役がああなったんだから、あのクマー
>>続きを読む

やくたたず(2010年製作の映画)

3.2

三宅ショームッシュ。雰囲気だけでじゅうぶん観れる作品。
あんだけ雪あってよくチャリンコ乗れるなぁ。しかもニケツとか。
車めっちゃレトロでちょっとかわいい。あんなん盗まれてもすぐわかるやろ。
地元の先輩
>>続きを読む

メアリと魔女の花(2017年製作の映画)

2.6

〜のようなもの、って感じでドキワク感に欠ける。力量のある監督さんだと思うのでもうちょい深みのあるものを期待したいですね。杉咲花は悪くなかったと思います。佐藤二朗も意外とハマってた。

秒速5センチメートル(2007年製作の映画)

4.1

ものすごいリアリティーと美しさですね。もはやこれは芸術だなと思ったら金沢21世紀美術館で新海誠展やるのね。なんでローカル地上波で放送してんだろうと思ったらそういうことか。
しかし山崎まさよしの曲残るわ
>>続きを読む

デンジャラス・ビューティー2(2005年製作の映画)

3.6

バディものっぽくなったけど2もじゅうぶん楽しめる。空港での女同士の醜いケンカや、ショーパブの衣装のまま事件現場に行くところなど、今作も笑わせてもらいました。もちろん鼻フガもね🐽

デンジャラス・ビューティー(2001年製作の映画)

3.8

潜入捜査しつつサンドラ・ブロックがだんだんキュートで魅力的な女性に変貌していくのが見てて楽しい。女性は日々いろいろお手入れしなきゃいけないから大変やね。
そして鼻フガ可笑しい🐽でも自分の彼女があの笑い
>>続きを読む

ムーンライト下落合(2017年製作の映画)

2.6

すべて月のせい。テレビがつかないのも、変な空気なのも。ぜんぶ月のせいなのだ。

こちらのムーンライトも負けじとホモ臭かったです。

キャビン(2012年製作の映画)

3.0

世に蔓延るホラー映画のからくりってこういうことだったのねw
たしかに設定やアイデアは素晴らしいけど視覚的な面白みに欠けるのが難点。そして日本支部のほうが断然面白そうな件。

シミラー バット ディファレント(2013年製作の映画)

2.3

煙草臭そうなカップル。仮に今も付き合ってるなら加熱式や電子タバコにとって変わってるのだろうか。でもそれじゃ画にならない。

サウルの息子(2015年製作の映画)

2.7

とにかく近い、カメラが。
動きはあるのに画が変わり映えしないから集中力保つのが難しい。すごく疲れる。深いところまで考えるとたしかにこれってなかなかすごい演出だなと思いつつも、やっぱこの撮り方はあんまり
>>続きを読む

ちはやふる 上の句(2016年製作の映画)

3.8

トントン拍子感半端ない。机くん、肉まんくんっていうあだ名が好き。んで机くん物語的にいい仕事してる。どんでん返しで机くんと千早付き合っちゃえばいいのにと思ったもん。
試合のあの決着のつき方はなかなかよか
>>続きを読む

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

3.5

力ずくとも言える終盤のクソ展開。たしかに伏線はあったけどもだな…それやったら膵臓関係ないやんけ。苦笑
浜辺美波ちゃんとても可愛い。可愛くて可愛くてもう。(けど地元の子なのでぺろぺろとかはしない)
世の
>>続きを読む

>|