検非違使さんの映画レビュー・感想・評価

検非違使

検非違使

映画(2560)
ドラマ(31)
アニメ(0)
  • List view
  • Grid view

アインシュタインと原爆(2024年製作の映画)

-

なんとなく内容が薄い感じがした。

既存の記録フィルムに、ドラマ部をプラスしたという感じか。

SHADOW/影武者(2018年製作の映画)

-

チャンイーモー監督の作品なので観る。
こういうのは不得意。
でも白黒で纏めた映像は悪くない。

冬の旅(1985年製作の映画)

-

「死ぬまでに観たい映画1001本」954+213本目
ヴェネチア国際映画祭金獅子賞受賞

こういう話があまり得意ではないなぁ。

ブロンドの殺人者(1943年製作の映画)

4.5

「死ぬまでに観たい映画1001本」953+213本目
やっぱりハードボイルド映画がいいね。

ザ・スクエア 思いやりの聖域(2017年製作の映画)

2.5

カンヌ国際映画祭パルムドール受賞
スマートなスウェーデン映画なのだが、何かしっくり来ない。自分のテイストとは違う。
なんで2時間半も必要なんだろう?
申し訳ないが途中でギブアップした。

雪の轍(2014年製作の映画)

3.5

カンヌ国際映画祭パルムドール受賞
カッパドキアだ。
他のトルコ映画と雰囲気が違う。

風景や画質はとても素晴らしい。
でもストーリーは自分にはよく理解できなかった。

かくも長き不在(1960年製作の映画)

3.5

カンヌ国際映画祭パルムドール受賞。
普通に面白かった。

ナチュラルウーマン(2017年製作の映画)

-

アカデミー賞国際長編映画賞受賞。
ベルリン映画祭最優秀脚本賞受賞。

残念ながら好きではない分野の映画だ。
申し訳ないが途中でギブアップした。

さよなら、人類(2014年製作の映画)

2.5

ベネチア国際映画祭金獅子賞受賞
不得意分野の映画だなぁ。
流してみた。

ゼロ・ダーク・サーティ(2012年製作の映画)

3.0

アカデミー賞音響編集賞受賞

この作品を高く、評価している人もいるようだが、いまひとつ面白くない。

さらば冬のかもめ(1973年製作の映画)

4.0

カンヌ国際映画祭男優賞

アメリカンニューシネマの傑作らしい。
確かに面白い。

死の嵐(1940年製作の映画)

2.0

「死ぬまでに観たい映画1001本」952+213本目

アメリカのプロパガンダ映画なんだろうけども、どうしてこれが1000本に入るのかよくわからない。

ミラノの奇蹟(1951年製作の映画)

-

カンヌ映画祭パルムドール受賞。
1951年頃のミラノはこんな殺伐とした雰囲気か。
自転車泥棒の世界を思い出す。
貧しすぎて、左派側にも行くリスクがあったということか。

<あらすじ>
捨て子だったトト
>>続きを読む

スケアクロウ(1973年製作の映画)

-

カンヌ映画祭パルムドール受賞

アメリカンニューシネマが続くなぁ。

黒猫(1934年製作の映画)

-

「死ぬまでに観たい映画1001本」951+213本目

最初に出演者が出てくる。
ブダペスト初のオリエント急行。
いかにも1934年の映画という感じでした。
アメリカ映画なので、アメリカ人の目から見た
>>続きを読む

インディ・ジョーンズと運命のダイヤル(2023年製作の映画)

-

インディージョーンズは大好きだけど、今回はあまり感動しなかったなぁ。

ベロニカ・フォスのあこがれ(1982年製作の映画)

-

ベルリン国際映画祭金熊賞受賞

想像してたのより面白い。
モノクロはやっぱりいいなぁ。
まだ見れていないマリアブラウンの結婚の監督か。

裁きは終りぬ(1950年製作の映画)

-

ベルリン国際映画祭金熊賞
ジェニス国際映画祭金獅子賞

薬学研究所の所長代理であるエルザ・ルンデンシュタイン(クロード・ノリエ)は、所長であり彼女の情人であったヴォードレモンが喉頭癌に苦しむのをみて毒
>>続きを読む

立ち去った女(2016年製作の映画)

4.0

ベネチア国際映画祭金獅子賞受賞

映画『立ち去った女』のあらすじ【起】

1997年フィリピン。この国の誘拐事件の件数は、1996年に比べて3倍にも増加していた。国中が不穏な空気に晒されている中で元小
>>続きを読む

隠し砦の三悪人(1958年製作の映画)

-

ベルリン国際映画祭銀熊賞受賞。
キネマ旬報邦画オールタイムベスト100。

酔いどれ天使(1948年製作の映画)

-

キネマ旬報の日本映画オールタイムベスト100に入っていたので鑑賞する。

戦後の絶望的な感じが伝わってくる。

ラヴ・ハッピー(1949年製作の映画)

-

マルクス兄弟は全部見たいと思っているので、Amazon Primeで無料だったので鑑賞する。

30年代のシンプルな面白さがなくなってしまっている感じですよね。
もともとストーリーがないところが面白か
>>続きを読む

ルーム・サービス(1938年製作の映画)

-

マルクスブラザーズの作品は一通り見ようと思い鑑賞した。

代表作は面白いと思ったが、続けて、他も見るとだんだん飽きてくる。

愛情萬歳(1994年製作の映画)

-

ベネチア国際映画祭金獅子賞
台北金馬映画祭が2010年8月より前の中国語映画を対象に、大半が台湾の映画人ですが、香港や中国本土や海外の中国語映画専門家たちも加えて、投票により選んだ史上最高の中国語映画
>>続きを読む

愛の果てへの旅(2004年製作の映画)

-

「死ぬまでに観たい映画1001本」950+213本目

やむなくニコニコ動画で鑑賞する。


キャリーケースを持ったスーツ姿の中年男性がムービングウォークに乗って近づいてくる。歩く歩幅も、スピードも判
>>続きを読む

青春神話(1992年製作の映画)

-

香港映画賞協会(Hong Kong Film Awards Association: HKFAA)が最初の中国映画とされる1905年の"The Battle of Dingjunshan"から100年>>続きを読む

青春の殺人者(1976年製作の映画)

3.0

キネマ旬報の方がオールタイムベスト100。
1976年の気分がいっぱいだなぁ。
あの頃見たいと思っていて、見る機会がなかった映画だが、今見るとさほど面白いと思えない。
最近の水谷豊を見てしまっているの
>>続きを読む

>|