検非違使さんの映画レビュー・感想・評価

検非違使

検非違使

映画(2029)
ドラマ(30)
アニメ(0)
  • List view
  • Grid view

狼男アメリカン(1981年製作の映画)

3.5

「死ぬまでに観たい映画1001本」762+162本目
アカデミー賞メイク・ヘアスタイリング賞賞

オープニングシーン素敵。

でもその後は、基本ずっと不得意な映画。

最後のピカデリーサーカスの景色は
>>続きを読む

ダーティハリー4(1983年製作の映画)

4.5

クリントイーストウッド作品制覇したい。

ラストシーン痺れた。

ラベンダー・ヒル・モブ(1951年製作の映画)

3.5

「死ぬまでに観たい映画1001本」761+162本目
アカデミー賞脚本賞受賞

51年の映画だが、とても古臭く感じる。

でもオードリーヘップバーンが、端役で一瞬出ると画面が輝く。

女王陛下の戦士(1977年製作の映画)

2.5

「死ぬまでに観たい映画1001本」760+162本目

元々なのかもしれないが、画面がめちゃくちゃ滲んでいて不鮮明。

この監督の作品は、どうも好きになれない。

戦争映画でもなく、青春映画でもない、
>>続きを読む

17歳の瞳に映る世界(2020年製作の映画)

3.5

「死ぬまでに観たい映画1001本」759+161本目

ありそうな、なさそうな感じのストーリーが良い。
原題と日本語題名が違うが、ギリギリ許せるか。

HERO(2002年製作の映画)

3.5

「死ぬまでに観たい映画1001本」759+160本目

時代考証等は、めちゃくちゃだが、面白い映画だと思う。

走り来る人々(1958年製作の映画)

3.5

「死ぬまでに観たい映画1001本」759+159本目

始まりと終わりのシーンは、とても良い。
途中は、ややありきたりだが、悪くない。

でもシナトラの映画って、同じような感じの映画が多い。

ルトガー・ハウアー/危険な愛(1973年製作の映画)

3.0

「死ぬまでに観たい映画1001本」758+159本目

同じ監督の四番目の男もよりマシだが、やはり面白いと思えなかった。

ユナイテッド93(2006年製作の映画)

4.0

「死ぬまでに観たい映画1001本」757+159本目

すごい迫力。
ひさしぶりに興奮した。

修羅雪姫(1973年製作の映画)

3.5

キルビル観て気になっていた。

やっと観た。

いいねえ。荒唐無稽なのは、劇画漫画が原作だからなんだ。

サイドウェイ(2004年製作の映画)

3.5

「死ぬまでに観たい映画1001本」757+158本目

アカデミー脚色賞受賞
ロードムービーは好き。

アメリカ人って、独身最後の馬鹿騒ぎ旅行の話大好きだな。

この種の映画は不得意分野だが、思ったよ
>>続きを読む

ル・ミリオン(1931年製作の映画)

3.0

「死ぬまでに観たい映画1001本」757+157本目

ノルマで観る。

手の込んだセットと最初思ったが、絵で描いただけだったりして結構チープ。
ミュージカルぽくなったりする。

魔人ドラキュラ(1931年製作の映画)

3.5

「死ぬまでに観たい映画1001本」757+156本目

舞台劇のような、歌舞伎のような感じ。
ものすごい様式美。

祇園の姉妹(1936年製作の映画)

4.0

溝口健治が監督で、山田五十鈴が主演。

なんて贅沢だ。

ヒッチコック(2012年製作の映画)

3.0

ヒッチコックの映画なので鑑賞。

ホプキンズが、主演なんだ。

秋日和(1960年製作の映画)

4.0

小津安二郎は、いいよね。

佐田啓二も出てるし。

阪急電車 片道15分の奇跡(2011年製作の映画)

4.0

今回は、最初から最後まで全部観た。

何気に面白かった。

魔球シンカー: 王建民物語(2018年製作の映画)

3.0

Netflixで見つけて観る。

王建民って良くわかってなかったが、理解出来た。

一度故障したら、復活はほぼ不可能だということがわかった。

ダーティハリー2(1973年製作の映画)

3.5

クリントイーストウッド作品制覇したい。

ストーリーがシンプルで面白い。

紐育の波止場(1928年製作の映画)

3.0

「死ぬまでに観たい映画1001本」756+156本目

古い映画だが画像はきれい。

夫婦善哉(1955年製作の映画)

4.5

大阪の昔が題材の映画が観たくなり鑑賞。

戦前の大阪の雰囲気がたまらない。
大阪駅のセットもgood。
大阪が日本の商業の中心だった時代。

淡島千景が、かわいい。
森繁久彌は、大阪枚方の生まれ。
>>続きを読む

ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ(2018年製作の映画)

3.0

カイリブルースに続けて観る。

こっちは中国フランスの合作なんだ。

私好みのオープニング。

カイリブルースほど面白くなかった。

凱里ブルース(2015年製作の映画)

4.5

Netflix にあったのに、先送りしていた。
今月末が期限なので観たが傑作だった。

蛇の穴(1948年製作の映画)

3.5

「死ぬまでに観たい映画1001本」755+156本目
アカデミー賞音響賞受賞

アメリカ人って精神病院の話好きだな。

ハッピーエンドで良かった。

裸の拍車(1953年製作の映画)

3.0

「死ぬまでに観たい映画1001本」754+156本目

お約束のジェームススチュアート。

白い肌の異常な夜(1971年製作の映画)

3.5

クリントイーストウッド作品制覇したい。

前から気になっていた本作をやっと鑑賞。

白い肌の異常な夜なんて、英語の原題と全く違う。
そこまでやるかという感じ。

恐怖のメロディ(1971年製作の映画)

3.5

クリントイーストウッド作品制覇したい。

初監督作品。
タイトルとかオシャレ。

なかなか面白かった。
ストーリーをひねっていないのが良い。

地獄の英雄(1951年製作の映画)

4.0

「死ぬまでに観たい映画1001本」753+156本目

この映画の邦題が、なぜ地獄の英雄になるのか全く理解できない。

このモノクロ映画の画像や画質は、とても良い。
カークダグラスも素敵だ。

チャップリンの殺人狂時代(1947年製作の映画)

3.0

「死ぬまでに観たい映画1001本」752+156本目
チャップリン作品制覇したい。

>|