だいさんの映画レビュー・感想・評価

だい

だい

自己満記録垢
19サイ大学生/2019.8.31〜

映画(115)
ドラマ(0)

ダークナイト(2008年製作の映画)

3.5

映画観る前は『ダークナイト』の意味を暗い夜って意味だと思ってたけと、闇の騎士って意味だったんですね〜

とりあえずジョーカーの登場はアツアツでしたわ
あの独特の動きた喋り、無慈悲だけど紳士的な一面もあ
>>続きを読む

バットマン ビギンズ(2005年製作の映画)

3.9

人はなぜ落ちると?
這い上がるためだ―

期待値を大きくうわまって面白かった
悪とはなにか、正義とはなにか、復讐は正義なのかただの自己満足なのか、、、
色々なメッセージが映画の中に散りばめられていて面
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

3.9

ジョーカーを描いた映画というより、一人の弱い人間を描いた映画と思いました。

たまたまジョーカーなだけで、誰にでも有り得る出来事。
善?悪?結局はその人の主観で決められること、狂っているのは自分なのか
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.1

好きぃぃぃいぃぃいい!!!ってなった
ラブロマンス、ミュージカルともに得意じゃなくて、食わず嫌いしてた作品だったけど、もっと早く観るべきだったと後悔、、

色々と語りたいけど、まずはやっぱりオチ!!!
>>続きを読む

ヘイトフル・エイト(2015年製作の映画)

3.7

大笑いしました
愉快なシーンや笑かしにくるシーンじゃなく、どちらかといったらシリアスで血が流れるシーンなのに大笑いしました
自分が狂っているのか、作品に引きつけるものがあるのか、どちらかはわからないけ
>>続きを読む

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

3.2

今作もアクションだけの映画ですね

前作と同様に一匹狼のジョンウィック
ブギーマンとして生まれてきたのかって思うほど鮮やかかつ迅速な殺人は前作より際立ってました

前作もそうだけど、、
アクションが止
>>続きを読む

ジョン・ウィック(2014年製作の映画)

3.0

犬を殺されたからロシアンマフィアを崩壊させました

ジョンウィック可哀想なんだけど、犬の仕返しでそこまでするかぁ?って思いました。もう少し犬との絆と愛を描いてくれたら、感情移入できたかなと

アクショ
>>続きを読む

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002年製作の映画)

4.1

犯罪物のどんでん返し系かと思いきや、意外とヒューマンドラマよりの作品だった

レオ様とトム・ハンクスの掛け合いはただ詐欺師とFBIじゃなくて、お互いに敬意と愛があるのがすごくいいなぁって

最初のだま
>>続きを読む

セブン(1995年製作の映画)

3.9

最後のオチはやはり衝撃的でした、、

定年間際のベテラン刑事(サマセット)と新米刑事(ミルズ)がタッグを組む。彼らの生活は真反対。劇中でのこの二人のやり取りには、色々なメッセージが含まれて、「無関心で
>>続きを読む

ソーセージ・パーティー(2016年製作の映画)

2.9

ひたすらくだらない
だから面白いです
下ネタ意外とゴリゴリな強めのだったので、子どもたちには良くないですね笑

まあ薄っぺらい映画だけど、笑う分には楽しめます

マトリックス レボリューションズ(2003年製作の映画)

3.0

今作は前作の伏線や謎を回収してるだけの印象でした

ほとんどの戦闘シーンがザイオンでの人間vs機械だったのでマトリックスらしい超次元的な戦闘をたくさん見たかったので残念でした

最後のスミスとの戦闘シ
>>続きを読む

マトリックス リローデッド(2003年製作の映画)

3.5

1回で話を理解するのはなかなか難しいかと、、

ザイオンに機械が総攻撃をしかける予言を信じたネオ一行は、敵に直接攻撃するためにマトリックスへといきます、、、

色々と哲学的なはなしやらが盛りだくさんで
>>続きを読む

グレムリン(1984年製作の映画)

2.9

色々ツッコミどころ満載だけど、とりあえずギズモが可愛かった

意外とグロかったというかグレムリンの死に方が残酷でちょっと可哀想だなって

パブのシーンのグレムリンの感じは、どこで覚えたんだろうやら色々
>>続きを読む

ターミネーター(1984年製作の映画)

3.3

ターミネーターが怖いし強すぎる

あまりにも伏線の張り方が下手だから、先読みが簡単で、展開がわかってしまったので面白くなかったです

アクションシーンも微妙で、迫力もなくなにをしているのかよくわからな
>>続きを読む

インクレディブル・ハルク(2008年製作の映画)

3.2

2作目ー!

初めてハルクの映画見たんだけど普通に好きになった
怒りくるった脳筋ハルクが彼女の影響をうけ徐々に自我を取り戻していく
ストーリーとかはまあ捻りもなく普通のアクションって感じよね

将軍が
>>続きを読む

アイアンマン(2008年製作の映画)

3.5

アベンジャーズシリーズをしっかり見ようと決意しました

昔見た事あったけどほとんど内容忘れてました
いつの時代を舞台にしてつくられたかはわからないけど、今なんかよりはちょっと未来の話だなと感じました
>>続きを読む

ブラック・スワン(2010年製作の映画)

3.5

ナタリーポートマンの演技が素晴らしい

白鳥が少しずつ少しずつ黒鳥になっていく様は、美しく儚く、また狂気的で惹かれるものがあります
物語的には答えがはっきりせず、ニナの行動や見てきたモノがどこまでが本
>>続きを読む

ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日(2012年製作の映画)

3.6

少年が虎と漂流して、どうこうって話では無い
本質は「人間とは」ってところ
宗教や信念や倫理観やら様々な観点から考えさせられました
最後のオチのための映画

映像は驚くべきほど綺麗
CGもすごいし、ほと
>>続きを読む

ファンタスティック・プラネット(1973年製作の映画)

2.0

絵と音楽が独特すぎて好きになれなかったわ
途中からは頭おかしくなりそうだった
ストーリーも薄っぺらいし、3.7がついている意味もよくわからなかった

たしかに芸術的と言われればそうかもしれないけど、そ
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.5

アクションは相変わらずのド派手

キングスマンで大事なのは「紳士」であること、それが感じられなかったのは残念
あと、あまりにも仲間たちがあっさり死にすぎていて、「チームワーク」が大切と前作でわうるさく
>>続きを読む

キングスマン(2015年製作の映画)

3.8

休む間もないアクションで見ていて時間を忘れさせてくれる映画でした

頭が爆発のシーンを花火で描いたり、アクションシーンの一人称視点や銃にGoPro付けたようなカメラワークは、新鮮でよかったですね

>>続きを読む

ウエスト・サイド物語(1961年製作の映画)

3.2

小学生の時には歌と恋しか理解できなかったけど、今見ると人種や当時の背景など色々な要素が入ってて好き。

ミュージカル映画は好きじゃないけど、最近何本か見るようになって少しづつよさに気づき始めた感笑
>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

4.0

賛否が別れた映画だけど、SWファンからするとやっぱり面白いですね

キーラの正体やダースモールの生きている理由など色々な謎を残した映画でもあるし、なんといってもハン・ソロの生き方とチューイとの絆はかっ
>>続きを読む

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016年製作の映画)

4.0

ep3とep4の間に位置する。
細かく言えばep4の直前。

レイア姫の「この設計図を手に入れるのに、名もなき人々の犠牲が払われました」の一言から作られた物語。

ライトセーバーがあるわけでもないし、
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

4.0

おもろいっすねー

SWはバコバコと人が死んでく作品。
今では犠牲とかなんやらってシーンは無かったけど、今作は犠牲とか死に少し重きを置こうとし意思が感じられた
ポー・ダメロンが叱られたり、ホルド帝国軍
>>続きを読む

スター・ウォーズ/フォースの覚醒(2015年製作の映画)

4.0

公開当時は駄作やらボロくそ言われてたけど、なんだかんだで面白いですねスターウォーズやっぱり笑

今までのスターウォーズとはガラッと変わります。
登場人物はもちろん時代もだいぶあとを描いているので、なに
>>続きを読む

スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還(1983年製作の映画)

4.0

子と父の物語です。
やはりルークを守るために、皇帝を突き落としたシーンは胸が熱くなるものがあります。

ボバ・フェットの死に方があっさりしすぎていて悲しかったです。
どうにかならなかったのかなあれ、、
>>続きを読む

スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲(1980年製作の映画)

4.0

ヨーダの初登場とルークが修行、、、
あの名台詞も飛び出します笑

ルークが修行中に弱音を吐いたり、暗黒面に誘われるのを見てると、若い頃のアナキンを思い出した笑

ルークは仲間をたすけにクラウドシティに
>>続きを読む

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望(1977年製作の映画)

4.0

原点にしてSWシリーズの中でも頂点。

ダースベイダーの初登場シーンは衝撃的でした。
全身真っ黒で、禍々しい仮面に大きなマント。いっきに彼のファンになったのを覚えてます。

R2D2とC3POの掛け合
>>続きを読む

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐(2005年製作の映画)

4.0

シスの復讐はファントム・メナスに次に好きな作品です。

なんといってもシスの圧倒的強さ。
アナキンを手に入れたダース・シディアス。
彼の前にはあのメイス・ウィンドゥも倒れます。
そしてオーダー66、、
>>続きを読む

スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃(2002年製作の映画)

4.0

アナキンがパドメに恋をし、それを利用して漬け込むパルパティーン。
スターウォーズ作品の中では地味だし、1と3の繋ぎに見れますが、ここは物語の大きな転換点。
禁じられた恋とシスの地盤固め。
個人的に大好
>>続きを読む

スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス(1999年製作の映画)

4.0

スターウォーズシリーズの中でも一番好きな作品。
アナキンの可愛さはもちろん、奥に秘めた力に驚かされました。
全てがここから始まったと思うとワクワクが止まらないです。
ポッドレースのシーンも大好きだし、
>>続きを読む

ローマの休日(1953年製作の映画)

3.5

オードリーヘップバーンがひたすらに美しい映画、、、

はしゃぐすがたもめっちゃ可愛い、、、
自分が生まれるずっとずっと前の映画なのに、オードリーヘップバーンの魅力に取りつかれました
びしょ濡れになりな
>>続きを読む

最後の猿の惑星(1973年製作の映画)

2.5

人間と猿の戦いがメインの映画なのに、村vs村みたいなちっぽけな戦いしかしないから、迫力ないし、危機感もない。

最後のオチは未来は変わってハッピーエンドにしたかったんだろうけど、伝わりにくかった。
>>続きを読む

猿の惑星・征服(1972年製作の映画)

2.4

猿が人間を征服するため、革命を起こす。
面白そうな響きだし、人間への風刺も効いてて、凄くいい発想なのに、、、

猿が人間の奴隷とかして虐待やらを受けてるのが、見てて凄い可哀想だった。
だから同情もでき
>>続きを読む

新・猿の惑星(1971年製作の映画)

3.4

面白い。
今までの2作とは違って、猿が人間の世界にくる。
喋って人間らしく振る舞う猿に、驚く人間の描写がたまらなく好き。

未来の地球から来た設定もSF感満載だし、チープな宇宙船も、タイムトラベルの設
>>続きを読む

>|