ハリス56号さんの映画レビュー・感想・評価

ハリス56号

ハリス56号

映画(250)
ドラマ(0)

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.8

社会現象にもなってきそうな勢いでその信者を増やし続けている話題作、たしかに面白い。ものすごく面白い。

内容は、「ゴリゴリに面倒くさい性格のワンマン監督が廃屋でゾンビ映画を撮影中に…」という事以外何も
>>続きを読む

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

3.8

予想通り大した話ではないけど、犬可愛いし、みんな何だか幸せになるし、見終わった後こっちも幸せな気分になれるから文句の付けようがない。

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

3.8

生まれつきの障害で人と違う容姿、自宅学習をしていたが小学校5年から学校に通い出すというお話。はっきり言って、どう考えても劇場で見たら落涙するでしょ。

そして、確かに随所に眼から汗が出るシーンはあっ
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.0

前作のジュラシック・ワールドは、「今更誰が見たいのよ?」と思いながら見に行って、「あぁごめん、やっぱり楽しかったわ♡」。肉食恐竜コエー、人間愚かだなー、なんでそこに入るかなー、なんでそこで叫ぶかなー、>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

2.9

最近の『STAR WARS』シリーズ、
「フォースの覚醒」には乗り切れず何だかなぁ、
「ローグ・ワン」ではデススター設計図奪回チームのスカリフの戦いに大興奮、チームは本当に全滅してしまうのか!?とハラ
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

4.0

想像を超えるフザケっぷりが気持ち良かった♪ 良くわからない小ネタも多かったけど、それはそれで全く問題なし。

やっぱり上がるアクションにはAC/DCがよく会うね。

最近流行りのカメオ出演、劇場鑑賞中
>>続きを読む

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(2016年製作の映画)

4.0

退屈するシーンが全くない映画。
切ない内輪揉め、最後のアイアンマンの「盾は置いていけ。」で目から大量の水が出てきた。

万引き家族(2018年製作の映画)

3.9

カンヌ映画祭のなんだかすごい賞を獲得した作品。高名な賞を獲得しようがしまいが、是枝監督に特に思い入れはない。(『海街diary』も別に好きじゃない) がしかし宣伝を見た時に見に行かないとイカンな、と思>>続きを読む

アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン(2015年製作の映画)

4.5

インフィニティ・ウォー鑑賞後にヴィジョン誕生譚を知るために後追いで鑑賞。なんでリアルタイムで劇場鑑賞しなかったのか…激しく後悔。

まあ結局はトニー・スタークが生み出した人工知能の暴走をアベンジャーズ
>>続きを読む

友罪(2017年製作の映画)

3.4

公開初日に鑑賞、平日昼の回だったけど観客4人は寂しすぎ。
テーマが重いからいまいち人気出ないかな…

内容としては実際に重くて苦しい。と言うのも、全篇通じて登場人物みんなが何らかの贖罪抱えて生きてい
>>続きを読む

アントマン(2015年製作の映画)

3.9

面白かった。

MCUを1つずつ見てる途中、時系列に関係なく見てるので知らないキャラクターも出てきたけど問題なし。

アントマンって小さいだけかと思ったら、大量の蟻を意のままに操るのね、チトびっくり。
>>続きを読む

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(2017年製作の映画)

3.6

猿の惑星、プリクエル三部作のラスト。シーザーの表情・佇まい・生き方を讃える映画、そして人間である事が嫌になる。

バーフバリ 伝説誕生(2015年製作の映画)

3.7

何と言うか、「そこまでかなぁ」という感想。
インド映画は嫌いじゃないけどそんなに見ていない。昨年の『PK』と、『きっとうまくいく』そしてだいぶ前に見たのは『ロボットのやつ』。

バーフバリは楽しかった
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.0

見たい見たいと思ってたけど見れてなかった『リメンバー・ミー』に行った。確かに、徹夜明けという最悪のコンデションであったけど、最初のオラフが歌ってる間にウトウトし始めて、ウトウトウトウト…はぅっ! 気が>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.6

ヴァン・ヘイレンの『JUMP』が流れて、主人公らしき人物が恐竜やキングコングが暴れる中をデロリアンでかっ飛ばしながら金田のバイクとレースしてるシーンを見たときからホント楽しみ(映画が楽しみと言うよりは>>続きを読む

映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~(2018年製作の映画)

3.5

毎年恒例に見に行く大人もいるとは思うけど、自分は子供の付き添いで毎年見に行く。今年も行きますか!? という感じで見に行くんだけど「しんちゃんTHE MOVIE」は、なんだかんだで面白い。

今年のメイ
>>続きを読む

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

3.5

【ネタバレあり】
前評判が異常に悪いので少し心配はしてたけど、世間の評価とのシンクロ率は体感60%ぐらいなのでそこまでは心配してない。ちなみに前作は大好き。

感想を一言でいうと、
「まあ面白くなくは
>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

3.7

【ネタバレあり】

まず、本作はリメイクじゃなくて一応前作からの続き、と言う事が嬉しかった。リメイク・リブートって、何だか旧作をなかったものにしてる感じがしてあまり好きじゃなかったから…

前作のボー
>>続きを読む

リビング ザ ゲーム(2016年製作の映画)

4.5

「よく知らないけどプロゲーマーという職業があるらしい。」ぐらいの予備知識しかない状態で鑑賞。いや、めちゃくちゃ面白かった。

「ゲームが仕事?」という偏見は完全にひっくり返る。
確かに世の中にはプロと
>>続きを読む

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017年製作の映画)

3.6

大好きな『フィフス・エレメント』によく似た雰囲気のSF作品。リュック・ベッソン関連作品としては久しぶりに上映前から楽しみにしてた。

感想を一言で言うと「いたってふつうだった」
仮想世界と実世界でのリ
>>続きを読む

カーズ/クロスロード(2017年製作の映画)

4.4

前情報無しで見始めて、途中から「ああ、これは涙腺がやばいやつだ…」と気が付き、案の定『ロッキー・ザ・ファイナル』からの『クリード』へ。

先に映画館で見てた嫁子どもたちは「全く面白くなかったよ。」って
>>続きを読む

ちはやふる ー結びー(2018年製作の映画)

4.8

原作未読、『上の句』も『下の句』も一人で鑑賞、今回も結局一人で鑑賞。見終わった後、興奮冷めやらずにあーだこーだと言ってたら、映画に興味ない嫁が「そもそもおじさん一人でちはやふる見て泣いてるなんてキモッ>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.7

前半から中盤までかけて延々と3人の少年時代やなかなかうまくいかない現在の状況、3人でイチャイチャしながらのヨーロッパ旅行が続く。何にも起こらないしウトウトしてくる。ようやく、ほんとにようやく電車で事件>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.6

99%予想通りの内容だが、何ヶ所かはかなり上がる。
楽しかった。

KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016年製作の映画)

3.5

スタジオライカ作品と言えば、『 コララインとボタンの魔女 』『パラノーマン ブライス・ホローの謎』を見た。どちらも初見時はピンと来なかったけど妙に琴線に触れて、2回め以降でじんわり感じてきて今ではどち>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

4.1

アメリカでは記録的ヒット、安定のMCUブランド、ライアン・クーグラー監督、といえば映画館で見なくてどうするの?

不安要素は、ライアン・クーグラー監督が今まで作ってきたのは「フルートベール駅で」と「
>>続きを読む

悪女/AKUJO(2017年製作の映画)

3.5

凄いすごい、特に映像がスゴイとは聞いていた
韓国映画は好んで見るジャンルでは無く、たくさん見てきた訳ではない。昨年見た韓国映画は『コクソン』のみだったぐらいなので。ただ、画に漂う嫌〜な感じとか汚〜い感
>>続きを読む

ダークタワー(2017年製作の映画)

3.7

原作は10冊以上の超長編で10年ぐらい前に読んだ。内容はほとんど覚えてないけど、確か、ガンスリンガーは腕が不自由で、動物とかチンピラとか旅の仲間が何人かいた様な記憶がある。まあ流石に映画ではバッサリカ>>続きを読む

ナイトクローラー(2014年製作の映画)

3.5

ジェイク・ギレン・ホールが狂気のパパラッチ、異様にギラギラしてて恐ろしい。でも何でそんなに自分に自信があるのか?何でそんなに金が必要なのかははっきりしない。

狂気のパパラッチの行動としては予想の範囲
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.4

深い悲しみから深い怒りへと変貌した後の話。
深い悲しみは娘がレイプされ殺害されたこと、深い怒りは犯人への怒り・無能な警察への怒り・他人事な住民への怒り。この怒りが3枚の広告板(ビルボード)へ込められる
>>続きを読む

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

まず、フランスの大学の新歓文化がエグい。あんなにペンキをブッかけたり窓から荷物をぶん投げたりする事ってあるのかな?文化が違いすぎる…飛び級してきた主人公を先生も妙にチクチクいびるし…

海外では上映中
>>続きを読む

SR サイタマノラッパー(2008年製作の映画)

3.2

閉塞した地方都市でもがく群像劇系。
サヴダージやビジランテと雰囲気は似てるのでこれらが好きな人にはオススメ。

私には全くハマらない。

嘘を愛する女(2018年製作の映画)

3.7

予告を観るかぎり、とんでもない犯罪者で逃亡中の高橋一生に騙されてた長澤まさみ、その復讐か?追い詰めていくのか?と言った印象だったけど全然違った。




【ネタバレあり】

序盤で、5年も同棲していた
>>続きを読む

パディントン(2014年製作の映画)

3.8

以前公開されたときに見に行きたかったけどタイミングが合わず行けなかった。今回、パディントン2公開、いつ行ってもいいようにAmazonで鑑賞。

内容は想像通り。
しゃべる熊が街にやってきて迷惑をかけて
>>続きを読む

>|