だぶさんの映画レビュー・感想・評価

だぶ

だぶ

☆1 つまらん。
☆2 なんかちょっとねぇ
☆3 普通
☆4 面白い。もう一度見たい
☆5 DVD買っちゃおうかな

映画(1494)
ドラマ(0)

Vision(2017年製作の映画)

1.0

森を感じろ!映画

過去と現在は役者の風貌に変化つけてくんないとわかんないからさ

ジュリエットピノシェは濡れ場が特に何を写してるわけじゃないのに生々しい
夏木マリはいつものエキセントリックな感じ
>>続きを読む

ククイ 伝説のブギーマン(2018年製作の映画)

2.0

子持ちですよね?な風貌の女子高生が子供の神隠しの謎を無謀に探る映画

上から垂れた縄をグイグイ登ってくってどこの海兵隊員だよ

サンダーアーム/龍兄虎弟(1986年製作の映画)

2.5

ジャッキーが神器を巡って飛んだり跳ねたりおっぱい殴ったりする、ちょこちょこ歌が入ってたまにPVみたいになる映画

ジャッキーの映画はスタントマンとエキストラを殺しにかかってんなと見てたらエンディングで
>>続きを読む

彼女が目覚めるその日まで(2016年製作の映画)

3.8

あれ…あーあれ?あれ?あれ??あれあれあれ?あああああああああああああああああああああ……あ………ア……………ア………………………映画

治療とリハビリはしょりすぎ
クロエモレッツがいつキャリー化する
>>続きを読む

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

2.5

レディガガが奇抜路線にしなかったらこんな感じwith悩めるアル中右寄りミュージシャン映画

まぁ!おヌードを!
と思ったけど前からバカバカ脱いでますよね、ガガ。

例の歌を出すの早すぎではないか

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

3.8

queen入門編映画

伝説の“道化が着てそうな柄のキチガイじみた全身タイツ”をキチンと再現
日本びいき、マイクの棒の謎もサラッと。

フレディはまぁ似てる
フレディママは似てる
ブライアン・メイは若
>>続きを読む

モリのいる場所(2018年製作の映画)

3.3

庭の自然を愛す画家の爺と婆と姪の家に来る色んな人との数日間映画

年寄り加減が演技なのかリアルなのかわからなくなってきた2人
そこに三上博史の演技過多

フレンチ・コネクション2(1975年製作の映画)

2.5

捕まえられなかった麻薬製造のドンのしっぽを掴むべくおフランスに飛んだ刑事がイライラムカムカしながら頑張る映画

ロイシャイダー、全然出てこなかった

木村家の人びと(1988年製作の映画)

3.7

金を稼ぐ木村家と悩める長男の映画

勤労、素晴らしいことじゃないのよ
溢れる80's
その湯飲み、その電話、そのベッド周りの置物、その自転車のギア位置、そのファッション、懐かし懐かし

ベルマークを軽
>>続きを読む

フレンチ・コネクション(1971年製作の映画)

3.3

麻薬取締官コンビがヘロイン売買を突き止めるのに張り込みしたり尾行したり頑張る映画

西部警察!と思っちゃう貧相な私の頭

レオン 完全版(1994年製作の映画)

3.9

鼻血だしてても美人な少女が、隣に住んでた牛乳大好きおじさんに無理難題言う映画

マチルダは美人だけど子供でアホ、でも美人。レオンは優しすぎ、このあとドラえもんになるなんて信じられない。
刑事はキチガイ
>>続きを読む

八つ墓村(1996年製作の映画)

2.5

天涯孤独だと思ったらいいとこのボンボンだった青年が生まれ故郷に帰ったら親戚皆気持ち悪いしバタバタ死人が出るのよ映画

フワッとした動機
演技が微妙なトヨエツ、たまに古畑任三郎風

浅野ゆう子のどストレ
>>続きを読む

チャタレイ夫人の娘(1994年製作の映画)

1.0

発情期を迎えたチャタレイ夫人の娘、母の相手だった使用人にちょっかい出す映画

道で、木で、りんごでウフン。
娘、乳首の高さがほとんどない

ボウリング・フォー・コロンバイン(2002年製作の映画)

3.5

アメリカンの銃事情と人々の意識はこんな感じ映画

まぁ、ようは金ですよね…
銃よりカナディアンが家の鍵を閉めないってことのが気になって気になって。
カナダのど田舎あたりなら納得なんだけど。

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話(2018年製作の映画)

3.0

筋ジストロフィーのおじさんをボランティアするカップルの成長映画

バナナ買いにいかされたの初めだけだった

ナッツ!ブリンクリー博士の奇妙な運命(2016年製作の映画)

3.8

ヤギの睾丸でインポ治療をしたり、選挙カー使って選挙に出たり、ラジオ放送局やったりした工夫詐欺師おじさんの一生映画

催眠効果もある映画。
面白い内容なのにふと気がつくと寝てる

ブラック・レイン(1989年製作の映画)

3.5

やくざの親分殺し犯人を護送しに訪日したNY市警の刑事、頭きちゃって日本でドンパチする映画

ロックンロールと帆立のロケンローが出てて驚き。バイクの旗もダサくて良い

「これでパンでも買って」て渡した三
>>続きを読む

片桐はいり4倍速(2009年製作の映画)

5.0

全部片桐はいり

4話目のファミコンビーーでニヤリとし、石油ストーブガタガタで爆笑

セブン・イヤーズ・イン・チベット(1997年製作の映画)

3.3

生まれる子供と嫁をほっといて登山にいそしむ登山家、ああしてこうしてダライ・ラマと友好深めました&中国のチベット侵略はこんな感じだったのよ映画

この人、戦争無くてもすぐ帰らなかった気がするよ

ミニミニ大作戦(2003年製作の映画)

3.3

パソオタ、爆弾好き、イケメン、普通、美人鍵師がローバーミニを使って復讐する映画

産毛ステイサム、ハゲ散らかしてるともれなく色気がないのは何故なの

取って付けたような落ちもイラッとしちゃう
けどセロ
>>続きを読む

ツイン・ドラゴン(1992年製作の映画)

3.0

生き別れた双子、香港で再開してドタバタする映画

サリーはロッキーのどこが良くてお付き合いしてたのかわけんからん
 

THAT/ザット(2016年製作の映画)

2.0

インストールしたら弄ばれて死ぬアプリで老けてる高校生が怖がる映画

顔がパンパンな女子の水色一色の内装が一番怖い。どんだけ水色好きなのよ
婆ちゃんの動きは笑うやつ

サイクロンZ(1988年製作の映画)

3.3

ナンパ弁護士ジャッキーとその仲間達がイチャイチャ(除ユンピョウ)しながらバッタバッタと闘う映画

アイライナーおじさん強い
注射、リアルに刺してませんか

蜘蛛の巣を払う女(2018年製作の映画)

3.8

核兵器ボタンをちょいちょいっと出来るソフトを巡って姉妹喧嘩再勃発映画

新リスベット、表情出しすぎだけどちょいブスが引き継がれててまぁ良し
カミラは美人設定なのに眉なしちょいブスだけどまぁまぁ良し
>>続きを読む

黒い箱のアリス(2017年製作の映画)

3.0

“完成!ドリームハウス”に出てきそうな家に住んでる、ズボンを履き忘れてるぽい片腕の女子がタイムリープで幸せを掴もうとしてるんだかなんだかよくわからん映画

セキュリティは安心!て父は言うけどガラス割っ
>>続きを読む

ローサは密告された(2016年製作の映画)

4.0

ドラッグ細々と売ってたらチクられて捕まって賄賂要求されて金策に走るフィリピンのリアル映画

母ちゃんのKISSTシャツ、輝いてる

怖いよフィリピン

メカニック(2011年製作の映画)

3.3

殺し屋ステイサム、恩師殺害の依頼を実行したあと恩師の息子を弟子にしてドタバタする映画

顔隠さないし素手で指紋残しまくりだし
オナニー中に窒息死装うのにパンツ脱がせないの?
2同様ねーちゃんに手を出す
>>続きを読む

地中海殺人事件(1982年製作の映画)

3.0

セレブっぽい人々が集まるホテルで起きた婦人殺人事件をたまたまいた探偵のおじさんが「犯人は貴方ですな」てやる映画

攻撃的になると服もかわる奥さん
肩、何入ってるの?ベジータなの?

スターリングラード 史上最大の市街戦(2013年製作の映画)

2.8

僕の母は5人の父とこうして出会ったんですよ映画

3.11いる?九月場所だしさ

レザボア・ドッグス(1992年製作の映画)

3.6

チンピラ集団が強盗に失敗して裏切り者は誰かワーワーする映画

ティム・ロス若い。ツルツルしてる
タランティーノも若い。ツルツルしてる

バンク・ジョブ(2008年製作の映画)

4.0

女友達から持ち込まれた貸金庫強盗やったステイサム、国やヤクザの秘密を見つけちゃってそりゃもう大騒ぎさ映画

1人頭4億いかない位の儲けらしくて、今なら微妙
今さら映画のネタにまでされてとばっちりアン王
>>続きを読む

くるみ割り人形と秘密の王国(2018年製作の映画)

3.0

母が死んで父に何故か怒ってる女子、母の作った異世界でドタバタした後父を許す映画

エンディングのバレエとイラストが可愛くていいな

プロジェクトA(1984年製作の映画)

3.3

皆で海賊をやっつけよう!エイエイオー映画

女優さんのめくれるスカートを直しつつ滑るジャッキー。
この映画、死人出てない?凄いんですけど。

スパルタンX(1984年製作の映画)

3.3

病院で見かけた美人を助けたら変なおっさんらに狙われててんやわんやになる映画

スパニッシュの流暢な広東語

ブルース・リー/死亡遊戯(1978年製作の映画)

5.0

悪徳エージェンシーに唾つけられたけど断ったら狙われちゃってホワタァー映画

話はクソつまんないんですよ
代役の動きがブルース・リーに比べ鈍いけど許容範囲、フィルム切り貼りもまぁいい。
でも代役の顔にブ
>>続きを読む

ドラゴンへの道(1972年製作の映画)

3.3

用心棒ブルース、ローマの中華屋で地上げ外国人をバッタバッタとホワタァー映画

ブルース・リー、股間は攻撃するし、胸毛はむしるし容赦ない。脇から見える背中の筋肉凄すぎて寝たら水貯められそう。
チャック・
>>続きを読む

>|