えくれあさんの映画レビュー・感想・評価

えくれあ

えくれあ

映画観たあとの帰り道のようなレビューを書きます。

うーん←(3点:標準:飽きずに観られる)→面白い

映画(437)
ドラマ(0)

Diner ダイナー(2019年製作の映画)

3.4


殺し屋の多い料理店
むせかえるほどの極彩色と
胸焼けしそうな美意識の塊を
召し上がれ
キンキンに冷えて殺人的なうまさの
飲み物は出てきません


評価がかなり別れる作品だと感じますな、この世界観に
>>続きを読む

来る(2018年製作の映画)

3.7

画面に目がくっついたかのように最後まで映画から離れなかった

来る。精神的に大いにくる

保険のCMのような前半戦と
現代の都心部で行われるオカルト儀式が気味悪い後半戦


しっかりとホラー映画なんだ
>>続きを読む

ホテル・エルロワイヤル(2018年製作の映画)

3.3

二つの州にまたがるホテルエルロワイヤル(豪華なモーテル?)
かつては盛況であったホテルも今は閑古鳥が鳴くような雰囲気である。

そこに四人の客がやってくる。
神父、セールスマン、わけあり黒人女性、柄悪
>>続きを読む

マスク(1994年製作の映画)

3.6

アラジン吹替→山寺宏一さんの陽気な吹替が観たい→ということで十数年ぶりにマスク再視聴キメたぜ!!

小さい頃に観てるからなのか、
こう両手離しで安心して観れる映画って良い!
大人になっても最初から最後
>>続きを読む

サマー・ヴェンデッタ/ボドム(2016年製作の映画)

2.9

冒頭
アッテ「女の子に水着を着せてあの事件の再現をさせる」

前半
これはアッテが怪しいぞ…

中盤
あれアッテ…いや、これはアッテの演技か?

終盤
新キャラ出て来たけど…いや、これはアッテが裏で操
>>続きを読む

女王陛下のお気に入り(2018年製作の映画)

3.5

「気づいたころには、あとのまつり」

これは
下克上を狙う召し使いの物語であり、
女王の愛を取り戻そうとする幼馴染の物語であり、
女王が本当に大事なものに気づく物語

女王の寵愛を受けるまでの過程より
>>続きを読む

グリンチ(2018年製作の映画)

3.3

これはクリスマスの時期に見たい映画

児童書が原作なので子供から楽しめる王道ハッピーストーリー!基本的に悪人がいない優しい世界!

映像はさすがイルミネーション!!!といった感じで違和感のないCGと、
>>続きを読む

メン・イン・ブラック:インターナショナル(2019年製作の映画)

3.1

このレビューはネタバレを含みます

みんなが知ってる大人気シリーズの新作で、
今ホットなクリヘムとテッサトンプソンに加えて、
リーアム親父が共演でサポート。

こんなに素晴らしい御膳立てをされた映画なのに、見終わったときに
「あー」って
>>続きを読む

BACK STREET GIRLS -ゴクドルズ-(2019年製作の映画)

3.1

アニメ視聴済みのうえで
そんなに期待もしてなかったけど
結構良かった作品

前半は飛ばしまくるギャグ展開、
後半はシリアス展開でうーんってなったけど意外にも面白くて最後まで観てしまった。
しかし、作り
>>続きを読む

アンロック/陰謀のコード(2017年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

個人的に初めて、強いノオミさんを観た!
ラプチャーでは拉致監禁拷問され、
チャイルドコールでは育児ストレスでメンヘラ状態だったりで見てるのが辛かったんだけど(ドラゴンタトゥーでも強いには強いけど父
>>続きを読む

蜘蛛の巣を払う女(2018年製作の映画)

3.1

ミステリー要素が消し飛んだけど
これはこれでいいんじゃない?映画

「ミレニアム」第四作期待の映画化!!
なんだけど原作や今までの設定だけもらって完全なスパイアクションへとかなりアレンジのされた本作。
>>続きを読む

怪怪怪怪物!(2017年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

不快快快快快物!!!!

先生も容認するいじめ、学級崩壊寸前の学校に人喰い怪物が解き放たれて…?

なんて、そんな簡単なサバイバルホラーでは全然なくて、結局誰が一番 「悪」なのか?みたいな映画でもなく
>>続きを読む

アラジン(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

吹替で鑑賞
青スミス目当てで観に行ったけどそれ以上に
ダンス良し
笑い良し
歌良しで
作品自体の出来がとっても良くて
大満足でした。今さらハリウッドのCGの凄さに圧倒してしまいました

序盤のアラジン
>>続きを読む

くるみ割り人形と秘密の王国(2018年製作の映画)

3.0

映像美、マッケンジー美、バレエ美が
とても良い作品

まどろっこしそうなシーンはダイジェストなんかで簡潔に済ませてるのが逆に
(ファンタジーが苦手な人とかだと)見易いなと思った。

賢くて機械いじりが
>>続きを読む

思いやりのススメ(2016年製作の映画)

3.4

冴えない新人介護士(中年)と
口の悪い 筋ジストロフィーの青年の
ほっとするロードムービー

「介護士は介護される者に過剰な干渉はしてはならない」
始めは喧嘩ばかりしてた二人がそんな掟を無視して一週間
>>続きを読む

亜人(2017年製作の映画)

3.3

アクションに全フリした亜人

原作は未読だけど、登場人物からして全体的に改変してるんだなあと感じた。

原作ファンには面白くないのかもしれないけど見応えあるアクション映画としては良かったと思います。
>>続きを読む

キングダム(2019年製作の映画)

3.4

漫画の実写化としてはあまり不満のない出来。しかしなんだか物足りない感。
アクションかな?
原作も王弟反乱編以降の物語もかなり熱い展開になるので次回作があれば期待!

スマホを落としただけなのに(2018年製作の映画)

3.0

「スマホを落としただけなのに…」
なんて自分の親に言おうものなら
「オマエは物を大事に扱えないやつ」
なんてひたすらに説教されたことを
思い出しました。



緩めのテンポから始まって
そのあと(人
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.5


「おんなのこきらい」のキリコにしても、本作のヨシカにしても、拗らせに拗らせすぎた女性が主人公の映画はなぜだか好きだし、そのヨシカを演じる松岡茉優の演技力が凄い。性別は違えどもヨシカの自虐悦に入ってる
>>続きを読む

映画 賭ケグルイ(2019年製作の映画)

3.7


内容はTVドラマ二時間拡大版sp!! て感じですが、
(自分がそのタイプなのですが、)ドラマ版賭ケグルイを好きで見てたなら
むしろホーム感があって安心して
楽しめる作品だと思います!

冒頭の数分で
>>続きを読む

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

5.0

この映画および今までのMCUに関わってこられた皆様お疲れ様でした!ありがとうございました!

……楽しかった!

次の世代のMCUも期待しながら
まずはファーフロム🕷️を楽しみにしたいと思います

ヘレディタリー/継承(2018年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます


理解できないものの恐怖

怖いと評判のヘレディタリー
不信感が漂う序盤から中盤の衝撃的な出来事に開いた口が閉まらなかった。
物語の終盤までは「なにかがおかしい」という不快感こそあってもそんなにたいし
>>続きを読む

さよならの朝に約束の花をかざろう(2018年製作の映画)

3.8

好きな作品が多いPAと
ちょくちょく泣かされる脚本の岡田麿里さんのタッグ再び!

そして石見さんの声は卑怯…こんなの泣くじゃないですか

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

3.2

どこも かしこも みんな埼玉

自虐的自画自賛埼玉映画
そしてちょいちょいディスられる関東圏の他県。

格付けチェックするGackt
上杉謙信を彷彿させるGackt
ピーナッツで喘ぐGackt…
主人
>>続きを読む

学校の怪談(1995年製作の映画)

3.0

小さい頃にみた気がするけど全然覚えてなかったのでほぼ初見として観賞

冒頭のスイカのメリーさんがあまりにもちゃっちくて、やっぱり子ども向けのホラー映画だったかと思いきや、びっくりさせられるし地味に怖い
>>続きを読む

スパイダーマン:スパイダーバース(2018年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

個人的感想メモ

・この世界のピーターはキャップ
・オマエがスパイディになるんじゃろがーーいボケェー
・俺はスパイダーマンだけど異世界ワープしたらスパイダーマンだった件
・あふれでるスマブラ感
・コ
>>続きを読む

ポーラー 狙われた暗殺者​(2019年製作の映画)

3.4


引退間近の最強暗殺者の命を
A級暗殺者チームが狙う!
120%マッツミケルセンの魅力を全力で伝える映画!
作業服もスーツも似合うマッツ、
老眼鏡に、眼帯と…なんだこれ…
老け専じゃなくてもマッツに惚
>>続きを読む

七つの会議(2018年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます


昼寝の時間だィーッヒヒヒヒヒ

------------------

物語は、営業会議からはじまる。
物音ひとつ立てられない緊迫感、
…鬼が来る。
定刻通りに入ってくる営業部長と同時に起立し挨拶
>>続きを読む

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

3.1


いいから、早く釘を抜いてくれ

あらかじめSFホラーサバイバルだということもわかっててそんなに期待してみていなかったのもあって結構びっくりさせられるポイントが多め。
静寂からの音によるびびらせ。
>>続きを読む

スカイスクレイパー(2018年製作の映画)

3.3

ハンデを武器にする
という言葉がありますが、
ロック様は文字通り
ハンデ(義足)を武器にして
タワーに占拠したテロリストたちに立ち向かいます。

義足がなくても片足で敵をやっつけてしまうし、もはやハン
>>続きを読む

センセイ君主(2018年製作の映画)

3.8

JKと高校教師のティーン向け恋愛映画…またありがちなパターンのやつか…
と思いきや、ベタな展開を逆手にとってベッタベタにしてハイテンションで最後まで突っ走る「よくできました」コメディ映画!
ここまでギ
>>続きを読む

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年製作の映画)

3.4

巨獣さえも霞んでしまうほど
パワフルなロック様の映画!

身柄を押さえる拘束とは?
(いざとなれば簡単脱却)
セキュリティドアとは?
(いざとなれば簡単取り外し)
現代の安全管理に警鐘を鳴らす作品。
>>続きを読む

>|