えくれあさんの映画レビュー・感想・評価

えくれあ

えくれあ

映画(521)
ドラマ(2)

TENET テネット(2020年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

「どんなに激しい尿意に襲われても、エンドロールが終わるまでは席を立たない。それがわたしの“TENET”。」

全然意味ワカラネットとはならなかったけど、脳がしんどい映画。
一般偏差値の人間が超難関校の
>>続きを読む

ルームロンダリング(2018年製作の映画)

3.7


幽霊が見えちゃう日本版アメリのような
雰囲気を纏った作品
(と思ってたら、監督もやっぱり意識して撮ってたみたい。飛行機捕まえたり、アヒルの置物とかエライザさんの服装とかかなりそうだよね!)

「事故
>>続きを読む

斉木楠雄のѰ難(2017年製作の映画)

2.9


おっふ


山﨑賢人は福田作品のときが一番生き生きしてる気がする
佐藤二朗ムロツヨシ成分控えめ

CLIMAX クライマックス(2018年製作の映画)

-

泥酔状態で初鑑賞
こりゃあすごい
バッドトリップのなにものでもない
中盤までは劇中のダンサーたち同様
すごいテンションぶちあげになるけど
あとはひたすら気持ち悪い
残り時間ひたすら聞こえてくる阿鼻叫喚
>>続きを読む

スケアリーストーリーズ 怖い本(2019年製作の映画)

3.5

あ な た は 赤 い 部 屋
好 き で す か


物語に書かれたら 死ぬ

日本でいえばなんだろう
百物語の世界にぶちこまれて
苦しんで消される感じ
>>続きを読む

台風家族(2019年製作の映画)

3.2

クセの強い四人兄弟が
両親の葬式で久しぶりに会うが
そこで遺産を巡る兄弟喧嘩が発生

エスカレートすればするほどに
家族それぞれの秘密が暴かれていくが
悪い面ではなく、良い面がどんどん明かされていくな
>>続きを読む

ブルーアワーにぶっ飛ばす(2019年製作の映画)

3.5


しばらく寄り付かないうちに
積み重なっていた地元へのマイナスなイメージ
でも、いざ帰ってみれば
イメージからのギャップと
幼い頃から身体に染み付いた安心感。

これが地元だ

そんなエモさもつかの間
>>続きを読む

シライサン(2020年製作の映画)

3.4

B級群に埋もれてしまいそうなパッケージだけどあなどるなかれ、
久しぶりに怖いと思った作品。
小細工不要、正々堂々ストレートパンチを食らわせてくるホラー。
後半から疾走するあまり物語として失速していく
>>続きを読む

パラレルワールド・ラブストーリー(2019年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

映画を見る限り

主人公が親友の○○を
○○○た。

事の顛末までの過程は
彼の自業自得なのでは?

なのでいまひとつ主人公に
共感できなかった。

染谷氏のマッドサイエンティスト感溢れる演技は良かっ
>>続きを読む

ウィーアーリトルゾンビーズ(2019年製作の映画)

3.3

楽曲提供は神聖かまってちゃんかと思いきや全然違った。

中二病に毒された雰囲気も好き
話も好き
リトルゾンビーズたちも好き
だけど
中島哲也のポップな場面だけで
映画作った感じがして後半はかなり食傷気
>>続きを読む

イエスタデイ(2019年製作の映画)

3.6

愛おしき馬鹿、ロッキー

始めは疫病神と疎まれていたけど
なんやかんや最後までジャックの側にいて、彼なりのフォローによって
ジャックを支えてた。

深刻な話の間に他人のポテチを
全部食べたのは笑った

THE POOL ザ・プール(2018年製作の映画)

1.5

不運製造機の主人公と
余計なことしかしない彼女の
プールからの脱出劇

開始すぐにワニが襲ってきたり
ファイナルデスティネーションばりの
連発アクシデントはむしろ面白いところ思ったし、途中くらいから
>>続きを読む

ファイティング・ファミリー(2019年製作の映画)

3.8

フローレンスピューが主演の映画で…
(ミッドサマーだ…)

彼女が外国に行って…
(ミッドサマーだね)

そこで女王になるための物語で…
(ミッドサマー以外ないかな)

“家族”が作品テーマにもなっ
>>続きを読む

タイラー・レイク -命の奪還-(2020年製作の映画)

3.3

ハンマーと雷で攻撃する
イメージが強いクリヘムが
今回は銃と肉弾戦。
ちょっと少年兵の話とか
社会問題っぽいのも入ってる。

途中のロングワンカット風アクションシーンは圧巻。

迅速かつ確実に殺傷して
>>続きを読む

最終絶叫計画5(2013年製作の映画)

3.0

ほんとくだらないけど
安心して観られるくだらなさ

「ほぼ○○」系よりも
絶叫計画シリーズのほうが好きだな

ポイント
・前作までも子どもに容赦なかったがついに赤ん坊にまでてをかけてしまう
・ディカ
>>続きを読む

クロール ー凶暴領域ー(2019年製作の映画)

3.5

ワニいっぱい いんじゃん

階段はすぐそこ
家の地下から一階にあがるだけなのに
あがれない
おうちdeロストバケーション
ワニワニパニック映画

去年の記録的台風が上陸した日が
公開日だったのが印象に
>>続きを読む

クローゼットに閉じこめられた僕の奇想天外な旅(2018年製作の映画)

3.0


サクッと欧州小回り気味に一周して
サクッとインドダンス踊って
サクッと90分でイイ話が楽しめちゃう

そんなサクサク映画

トリプル9 裏切りのコード(2015年製作の映画)

3.3

ミッドサマーの音楽を務めた
ボビークルリックさんがこっちも担当しているということで視聴

こんな動機でもなかったら見なかったかも笑

トリプル9なんて、数字を題名に使ってくる作品ってたいがいB級にあり
>>続きを読む

サラブレッド(2017年製作の映画)

3.3


利用するされるの関係かもしれないけど

これで成り立つ友情もある

と思う


思春期少女二人で親を殺そうと画策する話としてはピータージャクソンの「乙女の祈り」が思い浮かんだけど、それとはまた違う展
>>続きを読む

Munchausen(原題)(2013年製作の映画)

3.3

大学へ旅立つ準備をする息子の背中に
子どもの将来を想像する母
彼女がとった行動は承認欲求によるものでは済まされない息子への依存的な愛情
か…


17分で気分が悪くなる作品
刺繍でできたカラフルなタイ
>>続きを読む

ライリー・ノース 復讐の女神(2018年製作の映画)

3.0

遊びのない真面目なママの復讐
ムカつくママ友も許さない😠


「96時間」の監督なのもあって
強さはまさに女性版リアームニーソン。
家族が不条理に殺されてしまう展開もリアーム爺の映画でもよくありそう。
>>続きを読む

チャイルド・プレイ(2019年製作の映画)

-

愛故にAI崩壊

ひたすらにアンディの命を狙うオリジナルに対し、アンディを傷つけるもの全てを排除しようとするヤンデレチャッキー。
人工知能というのも相まってなに考えてるのかわからない怖さがある。
そし
>>続きを読む

リトル・モンスターズ(2019年製作の映画)

3.1

ゾンビがいる世界線のなかでは
優しい世界
だけど
どの
世界線の
保育士さんも
みんな大変!!!

隠しきれないチープさも有れど
最後はみんな笑ってエンドで 良きでした。

フォードvsフェラーリ(2019年製作の映画)

4.0


実質フォードvsフォード

池井戸潤が書いたロッキーのような実話


ふたりの友情が熱い!涙!
滾る興奮!スピード!
一瞬の気も抜けないレースシーンは
もはや怖い


帰り道はアクセル踏み込みすぎな
>>続きを読む

ドアロック(2018年製作の映画)

3.1

容疑者が多すぎる王道サスペンススリラー

意味がわかると怖い話
【監視カメラ】


主人公が若い娘じゃなくて少しくたびれた感のあるコンヒョジンなのが良い

物語は決して退屈ではないし、面白かったんだけ
>>続きを読む

ヲタクに恋は難しい(2020年製作の映画)

3.3

作品というより、ナナニジ目当てで観賞。ちらっとかと思いきや、一曲分がっつり出て驚き。

個人的には良い意味で原作を壊した感があって楽しめた。
もはや原作が一要素でしかなく、ほとんどラララランドをかなり
>>続きを読む

イソップの思うツボ(2019年製作の映画)

3.0

「ウサギと亀」には
犬は登場しないからなあ


このカット必要なのかな?って思うシーンが多々あった気がするけど、「カメ止め」に従えばそれも伏線なのかと思ったけど考えすぎだった

ミッドサマー(2019年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます


祝祭が始まる前からだいぶ具合が悪い

何ヵ月前から上がり続けていた気持ち悪いハードルを余裕で越えてくるミッドサマー

視覚と聴覚に訴えてくる系ラブストーリー「ダメ男と九日間で別れる方法」

気持ち悪
>>続きを読む

アップグレード(2018年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

夢のような幸せな生活が送れているとき、自分の身体はいったいどうなっているんだろう。





主人公が薄くしたトムハに似てるからか
どうしてもヴェノムを連想してバディアクションを期待してしまうよね、違
>>続きを読む

ザ・ファブル(2019年製作の映画)

3.5

8本目

絶対に殺してはいけない365日

超凄腕級殺し屋ファブルが
一年間、普通の人間として過ごせ(殺しはno)との指令を受け、プロの「普通」を極める映画。
普通という言葉に敏感すぎて「普通なら◯◯
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます


この作品は象徴的だ!(言ってみたかっただけ)

貧乏家族が裕福な家族の中に溶け込んでいくテクニックがほんとにスピーディーで手際がグッド、ものの30分くらいで制圧するシーンはワンダフル!
詐欺師系クラ
>>続きを読む

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます


お前…ワイティティなのか…?

もっとシュールでバカバカしいお気楽ハッピーな映画だと思ったよ!違ったよ!
ビートルズ流れ始めた頃はナチスを小馬鹿にしたようなブラックコメディかと思ったよ!でも後半違う
>>続きを読む

アド・アストラ(2019年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

五本目

他の惑星の住人に興味津々の地球人ジョーンズを、何事にも動じない鉄の心を持つ息子ブラピが探しに行く宇宙冒険もの

月面での逃亡劇や、宇宙猿との遭遇なんてのは緊迫感もあって目を見張るものもあるけ
>>続きを読む

モンスター・ホテル2(2015年製作の映画)

3.3

四本目

1では子離れできなかったドラじいが
本作品では孫を積極的に自分の思うままに育てようとしてくるうざさが遺憾なく発揮されてる

モンスター・ホテル(2012年製作の映画)

3.5

三本目

思わぬ掘り出し物!
ピクサーとドリームワークスだけが面白いわけではない!

レディ・ガイ(2016年製作の映画)

3.0

二本目

男の時点からミシェルロドリゲスが演じてるせいか体つきがどうしてもなよっちぃ感じが隠しきれない。
むしろ女になってからのほうが強そうなオーラが出ている

>|