まめこさんの映画レビュー・感想・評価

まめこ

まめこ

じわじわくる映画が好き。

空海 KU-KAI 美しき王妃の謎(2017年製作の映画)

3.5

豪華絢爛。壮大なスケールで送る猫映画。せっかく染谷くんが中国しゃべってるんだから字幕で見たかった…

ルーム(2015年製作の映画)

4.0

こんなことあってはならないことなんだってわかってはいるけど、何が普通で何が幸せなのか一瞬わからなくなった。ママと2人きりで過ごしてた時の方がよかったんじゃないかって。でもジャックにとっては「room」>>続きを読む

ぼくの名前はズッキーニ(2016年製作の映画)

4.5

世の中のは人より早く大人にならなきゃいけない子どもたちがいる。そのコたちのしんどいけど優しい物語。かわいらしいフランス語で語られる言葉も一つの見どころだからぜひ字幕をお勧めしたい。

悪女/AKUJO(2017年製作の映画)

4.5

だだのアクション映画じゃない美しくて愛がある。最近の韓国映画には華がある。

ジオストーム(2017年製作の映画)

4.5

あんまり期待せずに観にいったんだけどいい意味で期待を裏切る面白さだった。迫力もありちょっとしたサスペンス要素もありクスッと笑える場面もあり、さらにうっすら涙ぐめる。なかなかのエンタテイメントでした。サ>>続きを読む

キャロル(2015年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

ため息が出るほど美しい映画。テレーズとキャロル。ふたりの関係には名前が付けられない。依存しあう恋の季節と離れていても自立して尊重しあう愛の季節。どちらもいい。エンドロールの先に2人の幸せが続いていると>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.0

大人の本気の厨二病を見た。清々しい。しかしそんなにブッとんでるとも思えず案外「あーあるよねわかる」が割とあったので自分が心配になった。とにかく松岡茉優が相当かわいい。かわいすぎて観終わった後の機嫌がす>>続きを読む

センセイの鞄(2003年製作の映画)

4.0

歳を重ねるっていうのもなかなかいいなってしみじみ思える映画。こんなふうにまわりと付き合って行けたらいいなぁとも。その人がいなくなってもいただいたものは自分の中に残るのだなぁ...とか。そんなことを考え>>続きを読む

絶対の愛(2006年製作の映画)

3.5

いっや。怖。愛と狂気って同じベクトルなんだなってじわじわきた。

つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語(2012年製作の映画)

3.0

旬の女優さんたちが贅沢に登場するオムニバス。ひとりのひとを中心にこんな風に関係が繋がってるってなんか不思議。答えをあっさり提示しない作りかたが味わい深くてよい。

さいはてにて やさしい香りと待ちながら(2014年製作の映画)

4.0

ちいさなエピソードを重ねていくていねいにいれるコーヒーをゆっくり味わうような映画。派手さはないけれど爪などを塗りながら冬の長い夜を過ごすのにはなかなかよかった。

新世紀、パリ・オペラ座(2017年製作の映画)

4.0

華やかな世界のすみっこではこんな世界があるんだなぁとか。考えてみれば当然だけどスポットライトを浴びてる人の笑顔はたくさんの仕事に支えられてる。観客を魅了する舞台の裏側では上演中だって誰一人休んでなくて>>続きを読む

小さいおうち(2013年製作の映画)

4.2

松たか子が原作のイメージ通りの奔放な奥様をかわいらしく演じていてよかった。黒木華はこーゆーのうまいな。

リップヴァンウィンクルの花嫁(2016年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

嫌いじゃない。むしろ好きなんだけど最後の全裸酒盛りだけはどうにかならなかったものか。黒木華の透明感はとてもよかった。

阪急電車 片道15分の奇跡(2011年製作の映画)

4.5

中谷美紀の凛とした美しさを堪能。短編のオムニバスだけどちょびっとずつうまーく話がリンクしてて全体に統一感があってよかった。

ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期(2016年製作の映画)

4.4

おかえり!ブリジット!な。年を重ねてもはちゃめちゃぶりがハンパなくてコレよ!コレ!な痛快さ。

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

4.5

今後も必ず名作として観継がれるであろう作品を劇場で観られてよかったと思う。この映画からまたのんさんがメディアに帰ってきてそれもよかったと思う。とにかくすべてを吹き飛ばすほど素晴らしくかわいらしいすずさ>>続きを読む

聖の青春(2016年製作の映画)

4.1

松ケンの役作りがすごい。指が相当きれい。東出羽生名人。似過ぎか。

幸せなひとりぼっち(2015年製作の映画)

5.0

2017年映画始め作品。偏屈だけど筋の通ったじーさんに明るくてステキな妻。みーんな愛おしい。泣いた。

SUPER FOLK SONG ピアノが愛した女。 2017デジタル・リマスター版(1992年製作の映画)

5.0

最後のprayersの弾き語り。心が震えるってこういうことなのか!と。自然に涙が。

島々清しゃ(2016年製作の映画)

4.3

安藤サクラと渋川清彦とか。自然な演技させたらグッとくるコンビで沖縄のゆるさと哀しさがうまく醸し出されてた。

彼らが本気で編むときは、(2017年製作の映画)

4.4

荻上作品らしくほっこりだけどシュールもあってゆったり見れた。編みぐるみがシネマート新宿に展示されてて「あぁあのときの!」と笑った。

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

4.2

どーしちゃったのっていうくらいエロいしグロいしエグい。だけどそこがいい。普通なんてクソ食らえだーーー!なんて気が大きくなっちゃう映画。

3月のライオン 後編(2017年製作の映画)

5.0

前後編通してとても良かった。女の子たちがそれぞれいい演技で入魂っぷりに泣けた。

3月のライオン 前編(2017年製作の映画)

-

佐々木蔵之介の島田八段が激似で笑った。登場人物がそれぞれ原作のイメージを損なわないキャスティングでわかってるなーって感じ。

スウィート17モンスター(2016年製作の映画)

4.5

ヘイリーたん。相当ファニーでキュート。アメリカのハイスクールとかホントいい。いいなぁ。

ムーンライト(2016年製作の映画)

4.0

前評判ほどは…な感じが否めなかった。それでも全編を通して流れるブルーの空気。すぐそこにある日常かと錯覚するほどのリアリティはさすが。

マスタード・チョコレート(2016年製作の映画)

4.3

テレ東深夜枠のようなゆるーっと観られる映画。山田菜々がかわいい。偏屈バンザイ。

追憶(2017年製作の映画)

3.5

内容は月並み。日本を代表する名優さん揃いで演技を見る映画。

美女と野獣(2017年製作の映画)

4.4

エマ・ワトソン尊い。ディズニー映画は夢がいっぱい詰まってる。IMAX3Dで音と映像を堪能した。

ラプチャー 破裂(2016年製作の映画)

4.0

とにかくグロい。クモーーー!周りに男性ばかりで確かに女の人にはキツイかもって思った。でもなかなか好き。

花戦さ(2017年製作の映画)

4.0

これぞ時代劇映画!な豪華なお祭りみたいな映画。

昼顔(2017年製作の映画)

2.5

主人公に1mmも共感できないムラムラ感が逆に新しくて清々しかった。斎藤工の無駄使い感ハンパない。

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

5.0

完全に途中まで騙されてた。最後の最後でおこる大どんでん返しもまたよかった。伊藤英明が相当かっこよくてしびれた。

>|