Kさんの映画レビュー・感想・評価

K

K

映画(853)
ドラマ(0)

モンスターズ 悪魔の復讐(2018年製作の映画)

3.2

わりと静かに淡々と話が進み、俳優達の演技も良く、退屈せずに最後まで観られた。

負け犬の美学(2017年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

強さって何なのか。

もちろんチャンピオンは強い。

でも、何度試合で負けても立ち上がり、才能の無さを馬鹿にされ、そのことを自覚した上で逃げださずに闘い続ける。

普段はスポットライトの当たらない強さ
>>続きを読む

真夜中のパリでヒャッハー!(2014年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

テンポがよく最後まで退屈せずに楽しめた。

レミが最初は生意気で憎たらしかったけど、こっそり動画でお礼を言うところが可愛いかった。


夜の遊園地が楽しそうで行ってみたくなった。

火口のふたり(2019年製作の映画)

2.9

つゆだくネギだけの牛丼は牛丼と呼べるのか。

それに近い疑問を感じた。

見えない目撃者(2019年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

犯人が少し分かりやすいのと、終盤のリアリティのない行動が気になったけど、なつめを演じる吉岡里帆の目の見えない演技も良かったし、そのなつめと盲導犬のパルと春馬で、猟奇的な犯人を追う物語として楽しめた。

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

かつての友達よりも仕事を優先したいクリストファー・ロビンを見つめるプーの視線が悲しげにも、何も理解していないようにも見え、切なくなった。

自分自身、会社から当然のように効率化や利益を求められ、それに
>>続きを読む

チェリーボーイズ(2018年製作の映画)

3.1

安易に犯罪に走ろうとしたり、せっかく訪れたチャンスを妙な拘りで不意にしたりで、若干引きつつも笑ってしまう部分もあった。

ガリーボーイ(2018年製作の映画)

3.5

ムラドの凄さや魅力がいまいち分からなかったけど、彼女のサフィナが可愛く、MCシェールも良い男でストーリーも楽しめた。

映画版 ふたりエッチ ~ラブ・アゲイン~(2019年製作の映画)

1.9

シリーズで作られたているようだったので、何かしら面白いのだろうと思って観てみたけど・・・

2019年製作?!

ロケットマン(2019年製作の映画)

3.2

Your Songしか知らなかったからか、あまり響くことはなかったけど最後まで退屈せずに観られた。

A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

3.9

序盤はたっぷりとした間にうんざりし、ゴーストの目元のくり抜きを鼻で笑う感じだったけど、最後まで観て良かった。

少年時代、友達と夜更まで幽霊とは・・・宇宙とは・・・と空想を語り、そこに秘められた可能性
>>続きを読む

ゼット 見えない友達(2019年製作の映画)

2.6

序盤は楽しめたけど、なにかと雑に感じてしまって集中力が途切れた。

最後もよく分からなかった。

ドラゴンクエスト ユア・ストーリー(2019年製作の映画)

3.5

思っていたよりCGがキレイで、アニメや小説の映画化とも一味違う、妙に懐かしい気持ちになりながら楽しめた。

かなり足早な展開だったので10話くらいのドラマとして観たくなった。

また鑑賞中に想像が膨ら
>>続きを読む

狙撃兵(2018年製作の映画)

2.5

最後まで観られたけど、目新しさを何も感じられなかったせいか内容をすぐに忘れてしまいそう。

メタモルフォーゼ 変身(2019年製作の映画)

3.0

リアリティをあまり感じられなかったせいか怖くはなかったけど、最後まで退屈せずに観られた。

カット/オフ(2018年製作の映画)

3.5

猟奇的な犯行の謎が過去の事件から明らかにされていくストーリーを楽しめた。

ただ、画面を見てられないようなグロいシーンが多く、やや苦手。

狂人ドクター(2017年製作の映画)

2.9

序盤はわりと引き込まれて観ていたけど、ケイルン医師の目的が不明瞭なまま話が進み、いつの間にか冷めてしまった。

ドッグマン(2018年製作の映画)

3.1

このレビューはネタバレを含みます

登場人物達にリアリティがありつつもマルチェロとシモーネが想像の1.5倍くらいの行動をとるからか退屈はしなかった。

だけど終盤は流石に『腹をくくれよ』とマルチェロにイライラしてしまった。

アメイジング・スパイダーマン2(2014年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

ストーリーが面白く、やっぱりアクションシーンが楽しい。

特にエレクトロとの戦闘シーンの格好良さには、こどものように見惚れるしかなかった。

また、終盤のグウェンを救えないシーンは映画史に残っても良い
>>続きを読む

アメイジング・スパイダーマン(2012年製作の映画)

3.6

前シリーズに比べてCGの進歩もあってか、アクションシーンの気持ち良さがグレードアップしていて楽しい。

でもピーター・パーカーのキャラクターは、もう少し変わり者な感じが好み。

ガール・イン・ザ・ミラー(2018年製作の映画)

3.3

何はともあれ父親は大嫌いだけど、二重人格とも超常現象とも取れそうなストーリーを楽しめた。

ジョナサン ふたつの顔の男(2018年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

どちらの人格も社会的にさほど問題ない人格だと思うので、もっと周りの人に打ち明けてしまった方が、理解や協力を得られそうに思えたけど退屈はしなかった。

終盤、昼間にブラックアウトし、その間にジョンが行動
>>続きを読む

バーニング 劇場版(2018年製作の映画)

3.5

気になるシーンや意味深な台詞が多く、退屈せずに最後まで観られたけど、観賞後のモヤモヤが止まらなかった。

スパイダーマン3(2007年製作の映画)

3.5

ひとつの映画の中に偶然が重なり過ぎている気もするけど、アクションシーンの楽しさは味わえた。

スパイダーマン(2002年製作の映画)

3.6

アクションも分かりやすく今観ても面白かった。

キャラクター的にはこのシリーズのスパイダーマンが1番変わりものぽくて好き。

スナッチ(2000年製作の映画)

4.0

冒頭の人物紹介からスタイリッシュで、86カラットのダイヤモンドをめぐって裏社会で展開されるドタバタしたストーリーも面白い。

登場人物達がそれぞれ個性的で、音楽や音の使われ方も楽しい。好きな映画。

異人たちとの夏(1988年製作の映画)

3.3

歳を重ねると、人から頼られたり甘えられることが増えていく。

気遣いが当たり前になり、今では気をつかおうとせずに気遣える。

たまには、何も考えずに甘えられる相手が欲しい・・・

そんな大人達へのファ
>>続きを読む

スタンド・バイ・ミー(1986年製作の映画)

4.0

神さま

走馬灯の件ですが、とりあえず少年期のBGMはStand By Meでお願いします

アルキメデスの大戦(2019年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

終盤まで天才が活躍する物語として楽しめた。

だけど、ラストの平山中将が櫂少佐に打ち明ける戦艦大和の設計思想が、どうも腑に落ちない。

日本が負けると確信していたのなら、何故、戦争を止めようとする行動
>>続きを読む

シンドラーのリスト(1993年製作の映画)

3.9

人類が犯した負の歴史を分かりやすく知れる。

劇中で繰り広げられる、その残虐な行為を観ていると、怒りと悲しみが混ざった絶望的な気持ちになる。

特にSS将校アーモン・ゲート少尉の冷酷さには言葉を失って
>>続きを読む

ショーシャンクの空に(1994年製作の映画)

3.9

3回目の鑑賞。

劇中のレッドではないけど、やはり主役のアンディのことを人として好きなんだと思う。

物静かで冷静だけど誰よりも熱く。頭が良く真面目だけど、どこか不器用で。自分に厳しく人に優しい。
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

この映画を観る前に「ハリウッド1969 シャロン・テートの亡霊」と「チャーリー・セズ/マンソンの女たち」を予備知識のために鑑賞。

まず、レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットの初共演に魅せられた
>>続きを読む

チャーリー・セズ / マンソンの女たち(2018年製作の映画)

3.5

チャールズ・マンソンの人物像やマンソン・ファミリーの生活、洗脳の怖さを垣間見た。

ハリウッド 1969 シャロン・テートの亡霊(2019年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

実際に起きた事件だと思うと、やはりカルト信者に怖さを感じた。

悪夢が現実になってしまう脚色や、その現実と悪夢の境界が曖昧になっていくストーリーも興味深く観られた。

>|