エイジさんの映画レビュー・感想・評価

エイジ

エイジ

映画(917)
ドラマ(0)

エデンより彼方に(2002年製作の映画)

3.5

いつの時代も変わらないと思ってしまった。

性同一性障害じゃない場合
つまり、真性ゲイの場合になると、
なかなか自覚出来ないと思うし
カミングアウトも難しいくなると思う。

それは現代でもあること。
>>続きを読む

リービング・ラスベガス(1995年製作の映画)

3.6

アル中男と娼婦の恋。

いやもうそのまんまな映画なんだけども
なんだろ、底辺にいるけど楽しいみたいな。


先が全く見えない恋。
絶望しか待っていない恋

それでも恋をする。

ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男(2017年製作の映画)

3.8

82年のウインブルドン決勝だったかな。確か深夜にTV中継してたんだよ。その時は全盛期のマッケンローとピークをちょいと過ぎたなって感じのジミー・コナーズの対戦だった。マッケンローは悪童ぶりを発揮してて、>>続きを読む

判決、ふたつの希望(2017年製作の映画)

4.0

パレスチナ問題は、ユダヤ人との話の映画は何本か観たことあったけど、これはレバノンの話。

そのレバノンでのパレスチナ難民問題は、ほとんど知らない話だったよ😅

でも、ここでも描かれているのは、個人個人
>>続きを読む

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

3.7

ベタ好きなんだけど、ここまでのベタは…な〜んていう思いもあってノーマークだったんだけど、何やら評判良くて…。

なるほど、そういう描き方か!


犬って無償の愛なんだよな。
だから、この描き方に納得す
>>続きを読む

柳と風(1999年製作の映画)

4.0

素晴らしい映画でした。

子供は残酷だけど、素直でもあるんだよな。純粋に一生懸命…。

下手なサスペンスものよりハラハラしました。


頑張った。
ホントに頑張りましたよ(T-T)

たったこれだけの
>>続きを読む

親密すぎるうちあけ話(2004年製作の映画)

3.6

いいね〜。ラブコメ?
ちょっとサスペンステイスト入っているかな?
でもね〜いかにもフランスって感じで良いっす👍


謎があって惹きつけられる。
でもシンプルでした!
これはこれで👍

やっぱり粋だよ
>>続きを読む

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

3.5

たまにはこんなんもいいなと思って観たよ(^o^)/

いや〜十分に楽しませて頂きました👍

ここまでのスリル感は久しぶりですね。

静寂と恐怖って組み合わせはやはり鉄板やな(^o^)/


細かいとこ
>>続きを読む

フィッシュストーリー(2009年製作の映画)

3.5

どんな理由でこれをリストに入れたか忘れちゃったんだけど、順番が回ってきた。伊坂幸太郎原作だったんだね。

だから、笑えるシーンとかもセンスいい感じ。


世界が滅亡する話って他にあったかな?伊坂幸太郎
>>続きを読む

アフタースクール(2008年製作の映画)

3.7

たまたま『カメ止め』のより面白いって言っている人を見てね。興味湧いて観てみたよ。

たしかに上手い作りだ。

観ている物をミスリードする仕掛けはなかなかのもの。二転三転として面白い。

役者も個性的な
>>続きを読む

ガスパール/君と過ごした季節(とき)(1990年製作の映画)

4.0

いい映画や…。

ほんまにいい映画。これに尽きる。

ラストシーン、振り向いたら…。


南仏プロヴァンスを舞台に、弱者に目を向けた心温まる作品。


泣き笑いのラストシーン。たまりませんでした。

きみの鳥はうたえる(2018年製作の映画)

3.6

映画館のポイントがたまって、何観ようかな〜ってことで選んだ映画。
.
石橋静河が出てるし、最初の印象から『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』みたいな映画か〜って思ってしまった😅
.
でも、違ったよ
>>続きを読む

キッズ・オールライト(2010年製作の映画)

3.6

面白い設定だけど、でも普通の家族のように描いていた。ただ、親がビアンカップルっていうだけで。
.

しかしマーク・ラファロ、そりゃ騒つくよな(笑)
ちょうどいいちゃんとしたちょいワルオヤジ(死語?)だ
>>続きを読む

輝ける人生(2017年製作の映画)

3.9

いい映画でした。

年取ってから、社交ダンスとか始める老人って、あまりいい印象なかった😅 あくまでも個人的なものだが、あーはなりたくないっていう…😅

でもな、やっぱり外人さんのはカッコいいんだよ。
>>続きを読む

娼年(2018年製作の映画)

3.3

原作読んでるからね、チェックしてみた。

映画の方がエロい。

いろいろ不満は多々あるが、この話をこんなタッチで描くのは合っていると思った。なんか、バードイルド映画のようなノリだったから。

でも、後
>>続きを読む

ガッジョ・ディーロ(1997年製作の映画)

3.8

感情表現がオーバーな民族は嫌いなんだけど、それは自意識過剰だったり、自己中な民族に限ってであって、このロマの人たちは情熱的なだけで、逆に魅力的なのだ。

いまなお続く迫害や差別に負けることなく、自分達
>>続きを読む

ピクニックatハンギング・ロック(1975年製作の映画)

3.5

またまた少女の甘美な魅力が特徴的な映画やった。
でも、その甘美さと不安っていうのは、やっぱりセットなんだな。

幻想的だけど、淡々ともしていたから、実際にあった話的な盛り上がりはある。

ラストのオチ
>>続きを読む

さよなら子供たち(1987年製作の映画)

3.8

淡々としてリアルだった。
それに実体験という重みが加わる。



忘れられない記憶。

そして、みんなで観たチャップリンの映画も…😢

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ(1999年製作の映画)

3.9

立て続けに音楽ドキュメンタリー映画を観てみた。

外国なら、どこにでもいるようなおじさん、またはおじいさんなんだけども、演奏し始めたらめっちゃカッコいい!


特にパーカッション系がたまらなくカッコい
>>続きを読む

ジプシー・キャラバン(2006年製作の映画)

3.6

映画『トランシルヴァ二ア 』のジプシー(ロマ)音楽に触れて、魂を揺さぶられてしまったので、この映画を観てみた。

インドからスペインまで、ロマの音楽も多種多様なのがわかった。その中でも俺はやはりスペイ
>>続きを読む

アスファルト(2015年製作の映画)

3.8

それぞれが、
足りないものを補うかのような出会い。
.
ジワジワ来ました。
.
.
.
語らないし、主張もしない。
.
でも、伝わる。
.
.
そんな映画が好きです👍

マイ・ファミリー/遠い絆(2006年製作の映画)

5.0

リオレ監督のベストです。

素晴らしかった。


この両親の判断…

この判断はあり得るよな。
実際はこんな事出来ないと思うが
でも、あり得る。そう感じる映画。

あり得ない話が
さらりと描くことで
>>続きを読む

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア(2017年製作の映画)

3.7

やっぱりこの監督只者ではないな。

このカメラワークはいい!
ちゃんと間があるから浮いてないし
緊張感を煽ってくれる👍


ほんまにこんな感じの怖さは好物です。

バリー・コーガンがいいね
あの何考え
>>続きを読む

ワンダーストラック(2017年製作の映画)

3.5

『キャロル 』の監督の最新作だからね
チェックしてみた(^o^)/

映し方はやはり綺麗だね。
この感じは好きです。
物語に深みを与えてくれる。

とは言え、スートリー自体は普通。

もう一盛り欲しい
>>続きを読む

はなればなれに(1964年製作の映画)

3.7

観ましたよ。(^o^)/

あのダンスシーンの印象が強くて
犯罪映画とは知らなんだ😅

でも、ゴダールにしては分かりやすいよな(^o^)/

若者の無鉄砲さとテキトーさと
ゴダールの遊び心がピタっとハ
>>続きを読む

デ・パルマ(2015年製作の映画)

3.6

デ・パルマ好きだからね。
待ち遠しかったよ(^o^)/

実際、デ・ニーロメインの頃のは観てない。
だから、めっちゃ観たくなった。

過去のない男(2002年製作の映画)

3.9

やはり、良い人が多い(^o^)/

こういう映画はやっぱりいいね👍

貧しくても心が豊か。
.
日本的だよな。
監督はかなりの日本愛なんだろう。

『生きているんだ、それでいいんだ。』
玉置浩二の歌を
>>続きを読む

おにいちゃんのハナビ(2010年製作の映画)

3.6

花火の季節だな〜って事で
見てみましたよ(^o^)/

予備知識をほとんど入れないから、こんな話とは知らなんだ。

しかし、谷村美月の魅力に尽きるな。天真爛漫というか、彼女を見ていると朗らかな気持ちに
>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

3.7

実はジム・ジャームッシュってイマイチだったんだよ😅 『ストレンジャーザンパラダイス』がダメで…。

ダラダラグタグタのオフビートがカッコいいって言うのに拒否反応を示すきっかけになった映画。

空っぽの
>>続きを読む

悪魔祓い、聖なる儀式(2016年製作の映画)

3.5

世界初の悪魔祓いの儀式を撮影。

やっぱり俺はホラーとかスプラッターより
オカルト的な奴が好きなんだな。

ドキュやから事実なんだよ。
ある意味めっちゃ怖!😅

要は思い込みの激しい人達だからかなって
>>続きを読む

ロング・グッドバイ(1973年製作の映画)

3.8

ロバートアルトマン はほんまに鬼才やな。
ハードボイルド小説をこんな風に描くとは。そしてコレが定着してる。

なんだかカッコいい。

カッコ悪そうでいてカッコいいが
究極のカッコいいなのかもしれない。
>>続きを読む

希望のかなた(2017年製作の映画)

3.8

映画はこうあるべきって感じてしまった。

しっかりと伝わるメッセージと
飽きさせない見せ方。

良かったよ。


大筋はわりとオーソドックスだけど
つなぎのシーンとかはシュールだったり
そのバランスが
>>続きを読む

2重螺旋の恋人(2017年製作の映画)

3.7

サスペンス色強しだな。

俺はやっぱり、ホラーより精神的にくる今作のような作品にゾクゾクする。

この怖さが好きだ(^o^)/


美しく変態を描いている。
異常心理に変態はつき物。

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

5.0

このジャンルで、しかも6作目でここまで持ってこられたら、満点あげましょう(^o^)/

大丈夫とわかっちゃいるけど
思わず声が出るヒヤヒヤ感。

スゲェよ!


ボンドより、ボーンより、人間的でめっち
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.9

いや〜笑ったね。
純粋な笑いだった(^o^)/

こういう設定とはな。
なるほどです👍

最初は、ん?こんなもんかと思わせて
後半から一気に持っていかれたね。


イチバンいい笑いだよ(^o^)/
>>続きを読む

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)

2.5

観る気は無かったんだけど、何気に評価が良かったから…

でも、やっぱり俺はこの手の映画はあかんな😅


わざわざこの手の映画を作る意味が分からない。不快感しかないんだよね…。


この手のショッキング
>>続きを読む

>|