ericさんの映画レビュー・感想・評価

eric

eric

愛のコリーダ(1976年製作の映画)

3.6

ゆで卵産んだシーンがほんとうにトラウマ(笑)

親密さ(2012年製作の映画)

4.7

255分があっという間。
こんなにも言葉が綺麗に落ちてくることってあったかな。迷える言葉がこんなにも想像力を与えてくれるとは。

そして何より長回しの夜明けのシーンが素晴らしすぎて。時に言葉は暴力で時
>>続きを読む

アメリカン・ユートピア(2020年製作の映画)

4.6

超楽しい〜〜〜!2回も観た最高〜〜〜!
こんな塞ぎきった世の中にポジティブで心地良い風を吹かせてくれたデヴィッド・バーンとスパイク・リーに感謝感謝。
このタイミングで観たことが何よりも意味があった。
>>続きを読む

逃げた女(2019年製作の映画)

3.9

ホン・サンス作品苦手だったんだけど、あの変なズームに何故だか取り憑かれてしまった自分がいる。

ベル・エポックでもう一度(2019年製作の映画)

3.9


愛されるためには相手や自分の否定的なところばかりを見るんじゃなくて、相手の本質をきちんと見て受け止めて、自分は今できる事をポジティブに進み続けることが大切なのですね。

古き良き時代にもう一度。
>>続きを読む

青葉家のテーブル(2021年製作の映画)

3.9

あんなに毎日タコス出てきたら流石に飽きそうなんだけど、タコス食べたくなったからタコス作ってくれる人募集してます。

ご飯が美味しいのが一番幸せ。こんなお家が家族が良い。

1秒先の彼女(2020年製作の映画)

4.0


大切な人とゆる〜く観てください笑
笑えるしちょっと泣けるしハッピーになれる。

プロミシング・ヤング・ウーマン(2020年製作の映画)

4.0


アナタが忘れてもワタシたちは覚えていますから。
加害者にとっては「ただのお遊び」でも受けた側からしたら一生残る傷なのです。そしてニーナは死を選んだ。

昨日もそんなことを考えさせられてしまう許し難い
>>続きを読む

悲情城市(1989年製作の映画)

4.2


35mmフィルムで劇場で観た。
ケイズシネマ一生感謝する。5月2.3日に1回通ってた席取り合戦だったな笑

今の時代スマホで映え〜とか言いながら写真撮れちゃう時代になったけど、そういうんじゃない、家
>>続きを読む

童年往事/時の流れ(1985年製作の映画)

4.7

生と死。抗いようのない時の流れに身を任せるしかなくて。

豊かでなくても、後に暗い時代と伝えられたとしても、そこを生きた自分にとってはたくさんの美しい思い出の生き続ける場所。
そんなあの時代に戻れたら
>>続きを読む

恋恋風塵(れんれんふうじん)(1987年製作の映画)

4.3


私は大人になってしまったのだなあ。
甘酸っぱい初恋。
全てがカラフルに見えたあの瞬間。
貰ったTシャツ着て帰っちゃうとこなんか胸がギュッと、ギュッとした。

この前初恋の人と久々に会って清々しい気持
>>続きを読む

Mr.ノーバディ(2021年製作の映画)

3.8


なんか思ってたのと違った笑

沸点笑。喉切り裂くシーン、うげえ、、ってなります。笑

めまい 窓越しの想い(2019年製作の映画)

3.6

チョンウヒ様が大好きなので観ました。

映像のぐわんぐわんで私がめまいした。笑

たゆたえども沈まず(2021年製作の映画)

4.3


震災前日に妊娠がわかって、震災後に生まれた双子の赤ちゃんが、成長して自転車の練習をしている場面。
バランスが取れなくて転んで泣いて、それでもまた強く立ち上がる姿に、涙が出ました。

茜色に焼かれる(2021年製作の映画)

4.6

頑張りましょう。

田中良子さんの、この一言にこんなに救われるとは。ただただありがとう。頑張りましょう。

あみこ(2017年製作の映画)

3.5

スパゲッティのフォークキーキーやるやつ、その日1日完全に耳に残ってトラウマになりました。笑

くれなずめ(2021年製作の映画)

3.7


学生を終えてもこうやって全力でバカできる友達がいるのっていいなって思った。

学生終えて2年目(人によっては4年目)の歳になったけど、もう疲れちゃうから集まっても結局昔ほどワイワイはできない。
ちょ
>>続きを読む

街の上で(2019年製作の映画)

4.3


ああ日常ってこんな感じだよね、わかる。うんうん。とその心地良い間と空気感に、優しい気持ちになりながら観ていました。


日常の中には、たくさんの出会いがあって、ご縁があって、でもその分大切にしていた
>>続きを読む

>|