夏の嘘さんの映画レビュー・感想・評価

夏の嘘

夏の嘘

忘れたくないから記録に残す。

映画 2018年12月1日 〜
ドラマ 2019年10月1日 〜

映画(220)
ドラマ(0)

美人が婚活してみたら(2018年製作の映画)

4.5

女の扱い方が分かっていてときめかせてくれるけれど 危険な香りのする彼。真面目で誠実で大切にしてくれそうだけれど 決めてに欠ける彼。そして それ以外の男の人達。既婚でも独身でも悩みはあるけれど 環境が違>>続きを読む

天気の子(2019年製作の映画)

4.0

建物、広告、看板、食べ物のパッケージ、街並み などなど細かく描かれていてリアルだよなぁ。雨も綺麗。晴れも綺麗。「君の名は。」で登場したキャラクター達が 散りばめられているのも魅力のひとつ。

201

トゥルーマン・ショー(1998年製作の映画)

4.5

「おはよう。会えなかった時のために こんにちは。こんばんは。おやすみなさい。」怖いし、不気味だし、ぞっとするし、可哀想だとも思えてくるけれど この設定はとても面白い!素晴らしい作品 ◎

200

あん(2015年製作の映画)

4.5

重たいテーマだけれど静かに進んでいく物語と出演陣の演技に引き込まれた。映画館で観ていたら きっと涙していたような気がする。映画上映時 話題になっていた清水屋さんの 東村山塩どら 1度食べてみたいな。>>続きを読む

風立ちぬ(2013年製作の映画)

3.5

印象に残る言葉が多かったけれど その中でも「好きな人に美しい姿だけ見てもらいたかったのね」この言葉は1番印象に残った。1日1日を大切に、丁寧に、生きていこうと思える。シベリアって食べた事が無いから1度>>続きを読む

8 Mile(2002年製作の映画)

3.0

どうしようもない母親や良い雰囲気だった女の子の自由さには溜め息が出てしまうけれど 仲間とのわちゃわちゃした感じや妹を大切にする様子は あたたかい気持ちになれる。エミネムやヒップホップが好きな人には た>>続きを読む

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

2.5

「埼玉県民には そこらへんの草でも食わせておけ!」ってかなりパンチのある言葉!埼玉だけじゃなくて他の県や東京のはじっこなんかもディスられていた。確かにくだらないけれど、、、もっともっとくだらなくて笑え>>続きを読む

東京喰種 トーキョーグール(2017年製作の映画)

3.0

窪田 正孝くん がご結婚されたとの事で 綺麗なお顔を拝みたくなり 普段観ないような作品にチャレンジ!始まりと終わりが お顔のアップなのは 見惚れちゃうけれど やっぱりグロい!原作好きな方が どんな感想>>続きを読む

うた魂(たま)♪(2008年製作の映画)

3.5

2回目の鑑賞。内容が分かりやすく作品を通して伝えたい事もはっきりとしている。本気で合唱と向き合う姿はかっこ良くて青春そのもの。ラストは胸が熱くなる展開。それにしても産卵中の鮭は 酷い!笑 心の瞳 懐か>>続きを読む

ティファニーで朝食を(1961年製作の映画)

4.0

オードリーヘプバーンが とにかく美しくて可愛すぎる。心からの好き、という気持ちがあれば 同じ時間を共有できるだけで心躍る事を思い出した。指輪に文字を刻む時 どれだけ心躍るかを思い出した。初心にかえらね>>続きを読む

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002年製作の映画)

4.0

パイロット、医者、弁護士、、、。ただの詐欺師じゃなくて もはや天才!実話を基にしたお話だとは思えない!全て1人でこなしている様子が かっこ良く見えるのに対して ふと見せる寂しさが切ない。2人に芽生えた>>続きを読む

ペーパーマン PaperMan(2009年製作の映画)

3.5

スーパーヒーロー的格好を見て くだらなくて笑えるようなコメディかと思っていたら 結構しっかりとした内容。鳥のフン並み、って表現 好き!後から謝ってはいたけれど「子どもが欲しかった」この一言は ずるいな>>続きを読む

記憶にございません!(2019年製作の映画)

3.5

笑わせてもらったなぁ。チョコバナナと3万円の値切りはツボ!エンドロールを見て びっくり!ROLLYだと気がつかなかった!今 総理大臣になりたい、っていう子どもは果たしてどれくらい居るんだろうか。

>>続きを読む

イエスマン “YES”は人生のパスワード(2008年製作の映画)

4.5

怪しいセミナーや全ての出来事にYESと言うだなんて 奇妙だなぁ、なんて思っていたけれど 最後には自然なYESが大切だと気付かせてくれる。NOよりもYESを少し増やすだけで 新しい発見があったり経験が出>>続きを読む

素敵なウソの恋まじない(2014年製作の映画)

3.0

語りがご近所さん なのは面白かった。お花で溢れたベランダが綺麗で素敵。好きになった人と映画の好みが一緒だったら さぞかし嬉しいし楽しいんだろうなぁ。でも 亀が可哀想だと思ってしまったのと 私ならこの嘘>>続きを読む

5時から7時の恋人カンケイ(2014年製作の映画)

5.0

恋と愛の違いが描かれていたり 思い出ベンチ(外国でも こう呼ぶのかな?)と絡めた物語の進み方だったり 初めて観た時から 好きだなぁ、この映画。ラストは最高すぎて毎回 泣いてしまう。まぁ、簡単にまとめて>>続きを読む

バジュランギおじさんと、小さな迷子(2015年製作の映画)

4.8

素敵なダンスと歌がたっぷりで やっぱりインド映画好きだなぁ。とくに チキンの曲はお気に入り ◎ パキスタン人かインド人かって ぱっと見 分からない、、、。子役の女の子が可愛いすぎる。嘘をつかないで正直>>続きを読む

ビューティフル・ボーイ(2018年製作の映画)

3.5

観ていて辛くなるくらい ティモシーシャラメの演技が胸をえぐる。父親の愛が あたたかくて素晴らしい。全てを崩壊してしまう薬物って恐ろしいなぁ。これが実話かぁ。鑑賞後 ずどーん、と重たい気持ちになった。>>続きを読む

リアル鬼ごっこ(2015年製作の映画)

2.5

園 子温があえて原作を読まずにつくった、という今作。これは、、、リアル鬼ごっこ、とは別物。女子高生のパンチラと斎藤 工の白ブリーフ姿が印象に残りすぎた!笑 女しか居ない世界、男しか居ない世界、奇妙。メ>>続きを読む

ザ・アウトロー(2018年製作の映画)

3.5

銀行強盗が多い ロサンゼルスでの刑事VS銀行強盗のお話。内容は王道だけれど銃撃戦がド派手で見応えあり。ラストの展開には驚いた。伏線がまったく無かったから うわぁ、やられた、って感じ。

183

マスカレード・ホテル(2019年製作の映画)

4.0

1人ずつスポットを当てて話が進んでいくから分かりやすい。キャストが豪華で ロビーのセットと音楽で更に厚みが出ていた。さんまさん さり気なさすぎて気がつかなかったなぁ。

182

透明人間(2018年製作の映画)

4.0

何で消火器を ぶら下げているんだろう、と思っていたら そういう事か!目で見た事だけじゃなくて心で感じる事の大切さについて考えさせられる。短いけれど 感性に訴える作品で人によって色々な解釈がありそう。>>続きを読む

千と千尋の神隠し(2001年製作の映画)

4.0

千と千尋 = お父さん、お母さん が豚になる怖い映画、という印象が頭にこびりついていたけれど 大人になった今 冷静に観てみると 怖いけれど この世界観は素晴らしい。坊の声が神木くん だったとは知らなか>>続きを読む

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

4.8

2回目の鑑賞。演奏も歌も衣装も最初は垢抜けないけれど だんだんと変化や成長していく様子に心を掴まれる。やりたいと思った事を実際 行動に移す大切さを教えてくれる大好きな作品。お兄ちゃん がね、いい奴なん>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

5.0

すでに何回、いや、何十回も観ているのに冒頭のシーンから わくわくが止まらない!初めて映画館で観た時は鑑賞後 鼻歌を歌いながらスキップをしてサントラを買いに行ったなぁ。ミュージカル、カラフルな衣装、内容>>続きを読む

ダンスウィズミー(2019年製作の映画)

3.0

誰もが聴いた事がある曲ばかり。その中でも ウエディング・ベルが流れた時には テンションが上がった。好き、この曲!私も含め ミュージカル映画が好きな人には少し物足りなく感じてしまうような気がする。

>>続きを読む

ゴースト/ニューヨークの幻(1990年製作の映画)

4.5

リメイク版のゴースト もういちど抱きしめたい、を随分前に先に観てしまった自分が本当に残念。久しぶりに心があたたかくなる純愛映画。2人で陶芸をするシーン 観ているこっちが にやにやしちゃう。霊媒師のキャ>>続きを読む

ポセイドン・アドベンチャー2(1979年製作の映画)

2.5

金品目的で転覆した船に侵入するだなんて 私の好きなポセイドン・アドベンチャーは どこにいってしまったのか、、、。続編だと期待していただけに ちっぽけな作品になっていて がっかり。セレステのキャラが濃す>>続きを読む

マスク2(2005年製作の映画)

3.5

前作を観ていなくても これはこれで楽しめるけれど マスクの続編というよりかは こってこてのコメディ。お腹の中で踊る様子がエコー時に写ったり、歌って跳ね回ったり、はちゃめちゃで やり過ぎだけれど笑わせて>>続きを読む

メメント(2000年製作の映画)

4.5

2回目の鑑賞。前回も頭フル回転だったけれど 結末を知った今回も頭フル回転。普通に観たら何て事ない内容だけれど この構成が素晴らしい。きっと また観たくなるし、その時には更に新しい発見があると思っている>>続きを読む

WIN WIN ダメ男とダメ少年の最高の日々(2011年製作の映画)

3.5

男と少年のお話。大人の現実味たっぷりの汚さを見て 仕方がないのかもしれないけれど悲しかった。でも 私も もう大人な訳で、、、。引け目を感じる事なく生きる大人になりたい。

172

バタフライ・エフェクト(2004年製作の映画)

4.5

目を背けたくなるようなシーンもあったけれど 前半の伏線が後半で しっかりと回収されていて 見応えがある。あの時の選択が少しでも変わっていたら今の自分とは違ったかもしれないだなんて考え深いよなぁ。切ない>>続きを読む

ONE PIECE STAMPEDE(2019年製作の映画)

3.0

キャラクターが大集合で めちゃくちゃ豪華!20周年だからこそ詰め込みました、みたいな。そして パンダマン 登場しすぎ!ワンピース、って結局何なんだろう。いつか分かる日が来るのが楽しみ。

170

ストンプ・ザ・ヤード2(2010年製作の映画)

3.0

テータ(蛇)VSガンマ(狼)なのは前作と変わらずだけれど キャストが一新。大学を卒業したDJの登場は嬉しかった。話の流れが前作と ほぼ同じで新鮮味に欠ける。1の方が断然良かった。

169

ストンプ・ザ・ヤード(2006年製作の映画)

4.5

ストンプ ものすごい かっこいい。とくに最後の大会シーンは最高!未公開シーンの掃除道具を使ってのストンプも本編で観たかったなぁ。さらっと恋をしていて 略奪愛もありなんじゃないか、と思えてくる。笑 自分>>続きを読む

ダンボ(2019年製作の映画)

3.5

さすがディズニー映画。安心して観る事ができる。ダンボ 可愛いかったなぁ。とくにシャボン玉に見とれているシーン、こちらまで胸躍った。でも やっぱりね、サーカスは映像でも苦手で気持ちが ざわざわした。>>続きを読む

>|