フリーザさんの映画レビュー・感想・評価

フリーザ

フリーザ

映画(1005)
ドラマ(0)

噂のモーガン夫妻(2009年製作の映画)

3.3

設定こそ若干サスペンス風ですが、中身はコテコテのラブコメディ。

不仲の夫婦があれこれやってるうちにお互いの良い所を再確認し寄りを戻す、的な王道の話なので安心して楽しめます。
かと言って特筆すべき所が
>>続きを読む

ファンキーランド(2012年製作の映画)

2.5

ジェシー・アイゼンバーグ目当てで観ましたがこれは微妙…。
タイトルとパッケージと設定を見てもっとバカバカしい話かと思いきや、妙にハイテンションな掛け合いの割に笑えない感じがキツかったです。

ニンフォマニアック Vol.2(2013年製作の映画)

3.5

vol.1から続けて鑑賞。

1と同じくジョーとセリグマンの対話とジョーの回想という構成は変わらず。
しかし、1のOPとEDで流れたハードロックは今作では使われず、それと同様に1と比べて大人しく押し殺
>>続きを読む

ニンフォマニアック Vol.1(2013年製作の映画)

3.6

ラース・フォン・トリアー監督作は初鑑賞。

雨の日に傷だらけの女と出会った男が、少女のこれまでの生い立ちを聞かされる。現在の2人の対話のシーンと、少女の回想シーンが交互に綴られる構成。

セックスに溺
>>続きを読む

ローマの休日(1953年製作の映画)

4.0

ラブコメの名作。
設定が王道で今観ても楽しめました。
もっと真面目な感じかと思いきや良い意味で軽くてのんびり観るには丁度良いです。

アン王女がめちゃくちゃかわいい。
髪切ってもらうところが特に好きで
>>続きを読む

タイタニック(1997年製作の映画)

4.3

祝1000本目!笑

言わずと知れた名作ですが何気に観たことがなかったのでこの節目に鑑賞。

前半はジャックとローズの身分を超えたラブロマンスで、見ていて恥ずかしくなる位王道。後半はパニックディザスタ
>>続きを読む

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ(2001年製作の映画)

4.3

内容以前に『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』ってタイトルがめちゃくちゃかっこいいですよね笑
そのタイトルの意味が分かるシーンも熱い。

現在の時間軸とヘドウィグの生い立ちを綴る過去の話とが交互に
>>続きを読む

フィッシャー・キング(1991年製作の映画)

4.3

自分的にはテリー・ギリアムってSFのイメージが強いんですが本作はSFではなく都会のファンタジーと人間ドラマ。
けど色合いやカメラワークやら現実と妄想入り乱れるカオスな映像や独特の毒気がある感じはテリー
>>続きを読む

ビッグ(1988年製作の映画)

4.1

13歳の少年が起きたらトム・ハンクスになる話。

トム・ハンクスが若い笑

まさに80年代という感じのハートフルでほっこりするコメディ。
友達のビリーが妙に大人びてて可愛くて好きです笑

社長とのピア
>>続きを読む

ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア(1997年製作の映画)

4.3

余命僅かな男同士の友情、銃撃戦あり、カーチェイスあり、コメディあり、クライムあり、ロードムービーあり、と色んな要素がてんこ盛りで1時間半ブッ飛ばしてます。

BGMで流れる曲とそのタイミングがどれも最
>>続きを読む

牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件 デジタル・リマスター版(1991年製作の映画)

4.3

暗い青春映画であり切ない恋愛物であり、タイトルの通りの事件に至るまでのドラマが4時間かけて描かれておりその密度に圧倒されます。

専門知識がないので上手く語れないのですがとにかく映像がどれも美しく絵に
>>続きを読む

アダム・サンドラーの100%フレッシュ(2018年製作の映画)

-

アダム・サンドラーファンなら観て損はないです。

下ネタだらけでふざけまくりつつ最後は友情や家族愛を感じさせ感動、とアダム・サンドラー主演映画と同じ流れですね笑

それにしてもアダム・サンドラーは歌や
>>続きを読む

ジュマンジ/ネクスト・レベル(2019年製作の映画)

4.0

前作『ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル』も面白かったですが、『ジュマンジ』の続編としてはどうなの?って感じでしたが今作はウェルカム~の続編としてはバッチリだったと思います。

笑いあり感動あり
>>続きを読む

オトトキ(2017年製作の映画)

4.1

THE YELLOW MONKEYのドキュメンタリー映画。

最高でした。
本編は勿論、ファンの方々のインタビュー等からも愛が伝わってきて始まった時から泣きそうでした笑
そしてプライマル。が始まった時
>>続きを読む

双生児 GEMINI(1999年製作の映画)

3.8

和製ホラー×サイコサスペンス

以前夜中に観ようとしてオープニングの(というか全編で流れまくる)曲と登場人物の眉なしのビジュアルが怖すぎて5分でギブアップした作品…笑

ふと思い出してリベンジしました
>>続きを読む

バーニング 劇場版(2018年製作の映画)

4.7

村上春樹原作のミステリー。
原作は未読です。

2時間半と長尺ながらストーリー自体は結構シンプルで、主な登場人物はパッケージにいる3人と少なめ。
ですが設定やアイテムが何かしらのメタファーになっており
>>続きを読む

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2016年製作の映画)

4.4

韓国の光州事件を元にした社会派映画。

タイトルとパッケージだけ観て軽めのヒューマンドラマかと思ってました。
序盤はそこそこコミカルな部分もありますが中盤以降はもうめちゃくちゃ重いです。笑

社会派映
>>続きを読む

ビューティー・インサイド(2015年製作の映画)

3.2

寝ると顔が変わる男が恋する話。

コメディにもシリアスにも転がせそうな設定ですが、序盤こそ若干コミカルではありつつも全体的にかなり真面目な作品。
設定がぶっ飛んでるんだからもっと色々と大袈裟にコミカル
>>続きを読む

私の頭の中の消しゴム(2004年製作の映画)

3.6

タイトルから予想できる通り難病ものの恋愛映画。
この手の作品はリアル路線かファンタジー路線に分かれますがこの作品はリアル路線。

予想通りっちゃ予想通りにことが進むんですけどなんだかんだで切なくなりま
>>続きを読む

SUNNY 強い気持ち・強い愛(2018年製作の映画)

3.6

昨日『サニー 永遠の仲間たち』を観たので続けて日本版リメイクのこちらを鑑賞。
こっちの方が好みでした。

■良かったところ
『サニー 永遠の仲間たち』の方の感想でも触れた、7人分のストーリーを掘り下げ
>>続きを読む

サニー 永遠の仲間たち(2011年製作の映画)

3.5

どストレートでベタな青春もの。
良いか悪いかは置いといて登場人物やセリフやストーリーが殆どどこかで見たことあるようなコテコテものばかり。
韓国社会に馴染みがないせいか所々新鮮ではありましたが。

大人
>>続きを読む

ペパーミント・キャンディー(1999年製作の映画)

4.3

『オアシス』が素晴らしかったのでこちらも鑑賞。
特に調べずに観たのですが『オアシス』と同じく主人公はソル・ギョングでムン・ソリが恋人役でした。

冒頭、発狂し「過去に帰りたい」と叫ぶ中年の男が描かれ、
>>続きを読む

ウォーターボーイ(1998年製作の映画)

3.3

アダム・サンドラー主演のスポーツコメディ。アダム・サンドラーの髪がちょっと長い。あといつもの吹き替えの人じゃないので最初は違和感。

そこそこ笑えてテンポよく短い作品なのどサクッと気軽に観れます。
>>続きを読む

オアシス(2002年製作の映画)

4.5

観たい!と思ってclipした翌日にU-NEXTで観れるようになり即鑑賞しました笑

発達障害(と思われる)で前科持ちの主人公の男と脳性麻痺で体が自由に動かない女の話。
とにかく主演2人の演技が凄まじい
>>続きを読む

ミッドナイト・ランナー(2017年製作の映画)

3.7

韓国のアクションコメディ。
警察学校の学生2人が主人公のバディもの。知的なメガネとちょっとバカな熱血漢というベタすぎて逆に新鮮にすら思える組み合わせ。

良くも悪くもストレートで暑苦しく今どき珍しい位
>>続きを読む

10日間で男を上手にフル方法(2003年製作の映画)

3.6

10日の間にフラれなくちゃいけないので最悪な女を演じるアンディ(ケイト・ハドソン) VS 10日の間に相手を本気で惚れさせなくちゃいけないので何があっても寛大な態度を取り彼女の為に尽くすベン(マシュー>>続きを読む

ゾンビランド:ダブルタップ(2019年製作の映画)

3.8

エマ・ストーン出演の映画は結構観てるのですが、中でも『ゾンビランド』の時が一番可愛いと思ってます。
続編である今作もエマ・ストーンが最高のヒロインでした。それだけでもう満足。

オープニングがメタリカ
>>続きを読む

アンカット・ダイヤモンド(2019年製作の映画)

3.7

アダム・サンドラー主演映画の鑑賞はこれで30本目。
1番観てる役者かもしれない笑

アダム・サンドラーってかなりNetflixオリジナル出てますね。
今作はコメディではなく(笑えるっちゃ笑えるけど)2
>>続きを読む

チャックとラリー おかしな偽装結婚!?(2007年製作の映画)

3.8

アダム・サンドラー×ケヴィン・ジェームズによる偽装ゲイカップルのラブコメ(?)

同性愛者をネタにしたコメディかー今観たら古臭く感じそうだなー…とか思っていたら、ゲイをバカにしていたアダム・サンドラー
>>続きを読む

ほえる犬は噛まない(2000年製作の映画)

4.1

『パラサイト』で大盛り上がりのポン・ジュノ監督の初期作。
笑いと緊張のバランス感覚はこの時から既に確立されてますね。
双眼鏡のシーンが特に好きです。

全編においてBGMがジャズで、それが本編でのキャ
>>続きを読む

A.I.(2001年製作の映画)

3.8

SF版ピノキオ。
ロボットが人間になろうとする話と言うと『アンドリューNDR114』にも似ています。
漫画ですが手塚治虫の「火の鳥」っぽくもあり。

SFだけでなくホラーやサスペンス的な演出もありまし
>>続きを読む

ズーランダー NO.2(2016年製作の映画)

3.5

こちらも久しぶりに再鑑賞。
始まりと終わりの方はかなり笑えましたが中盤はツボにハマらないシーンも多く総合的に1の方が好きでした。

1同様無駄に豪華なキャストを惜しげも無く起用しての悪ふざけは人を選び
>>続きを読む

ズーランダー(2001年製作の映画)

3.6

久しぶりに観ましたがほんとしょうもない(良い意味で)
コメディはこれくらいバカバカしい方が好きです笑

デヴィッド・ボウイの無駄使いやトランプの出演、その他にもツッコミ所満載ですが、ベン・スティラーと
>>続きを読む

東京ゴッドファーザーズ(2003年製作の映画)

3.9

今敏監督の映画は『パプリカ』と『千年女優』しか観ていませんが(『パーフェクトブルー』は未視聴)、その2作と比べると本作はかなりコミカルで観やすいです。

クリスマス~年越し辺りのせわしない雰囲気が映画
>>続きを読む

ゼロ・グラビティ(2013年製作の映画)

3.7

作品自体はともかく怒りを覚えるレベルのダメ邦題。
本編最後まで観てたら間違っても『ゼロ・グラビティ』とは名付けないでしょうよ…

本編はほぼサンドラ・ブロックの一人芝居で、90分中75分位彼女一人でも
>>続きを読む

アス(2019年製作の映画)

3.5

前作『ゲットアウト』のコメディとホラーの調和具合がツボだったので期待していたのですが、やはり『ゲットアウト』には及ばず。

様々な小ネタや隠喩が込められていることは観ていて分かりますし、聖書やらアメリ
>>続きを読む

>|