Cocoaさんの映画レビュー・感想・評価 - 2ページ目

Cocoa

Cocoa

マジカルバナナ、バナナと言ったら〜?

映画(1337)
ドラマ(20)

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

3.0

ボリショイバレエの花からロシアの諜報部員という設定には無理があるような...だがジェニファー・ローレンスだからいいのか。

ちょっと違和感あったのは、ロシア舞台でロシア語訛りの英語をアメリカ俳優女優が
>>続きを読む

ピーターラビット(2018年製作の映画)

3.0

CGと実写を合わせたのはいいけど、ストーリーはイマイチ。

テッド 2(2015年製作の映画)

3.2

パディントンとは大違いだがテッドの方が好き。相変わらずの下ネタ、ドラッグ、おふさげしまくりのテッド!前作もそうだったが、テディベアなのに顔が既におじさんみたいなのがすごい。

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

3.5

エルファニング相変わらず可愛い。こんな子が側にいたらソワソワするわな。
私はエルより、ちょっと癖のあるフランシス・ハでもおなじみのグレタ姉さんの方が好き。途中から、端役だと思っていた髭さんがAlmos
>>続きを読む

切り裂き魔ゴーレム(2016年製作の映画)

3.0

霧の街ロンドン... 19世紀のビクトリア朝ロンドン、ライムハウスが舞台。ぞわぞわ。
ホラーミステリーというジャンルのこの映画、仄暗かったわ〜。

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.5

国家の政治が一番偉いわけじゃない。報道が政治の真実を伝えられなければ、誰が政治を責任のある立ち場に置き留められるだろうか。政府の嘘をすっぱぬく記事を出すか出さないかで、編集長がIf We Don't >>続きを読む

ゴッホ~最期の手紙~(2017年製作の映画)

3.5

映像が全てゴッホのタッチで動く。制作過程を想像するだけで目が回るような絵的にトンデモナイ映画。ストーリーは置いておいて、嫌な金持ち役の印象があるDouglas BoothとGame of throne>>続きを読む

ラッキー(2017年製作の映画)

3.5

ああRIP Harry Dean Stanton!!
ヨボヨボのおじいちゃんだけど、驚くほど健康体なLucky。見た目や行動はおじいちゃんだけど、心はずっと子供みたい。素敵ないい映画だった。

トレジャーハンター・クミコ(2014年製作の映画)

3.0

全部が全部ほんとじゃないけど、実在した日本人女性を元に作られた映画らしい。と思うと切ないな。

オンリー・ザ・ブレイブ(2017年製作の映画)

3.8

アリゾナの消防団Granite Mountain Hotshotsと、2013年にアリゾナのYarnelという所で実際にあった山火事の話。
強風と乾燥した空気が山火事を押し広げ、大惨事に。アリゾナでは
>>続きを読む

ジャングル・ブック(1967年製作の映画)

3.7

The bare necessitiesの歌が好き。懐かしい。実際の歌詞を聞いて観てほしい。

ブライト(2017年製作の映画)

3.8

Bright!カッコいい!
オーク、エルフ、人間などが共存する世界@ロサンゼルスという設定と、ファンタジーでありながらアーバンクライムなストーリーが新鮮で面白かった。
各種の世間一般によく知られている
>>続きを読む

アイ・キル・ジャイアンツ(原題)(2017年製作の映画)

3.7

ジャイアンツ?巨人?巨人殺し?とI Kill Giantsのタイトル惹かれました。
主人公の女の子が、最初からとても不思議ちゃんで可愛くて魅力的。そして、これはどういうお話なの?と最後まで目が離せない
>>続きを読む

ザ・サークル(2017年製作の映画)

1.0

うわぁ...何これ?のスティーブジョブズ的な?質が悪すぎる。

この映画の言わんとすること、立ち位置がよくわからなかった。皮肉なのか?キャラが誰一人として立ってない。みんな薄っぺらいし、エマ・ワトソ
>>続きを読む

アナイアレイション -全滅領域-(2017年製作の映画)

4.0

意味わからんかったが、なんかすごく印象に残る映画だわ。
途中から、この映画のジャンルはホラーだっけ?としばし震えた。
原題そのまま、Annihilation /ənʌɪɪˈleɪʃ(ə)n/ は消滅、
>>続きを読む

レオン(1994年製作の映画)

4.5

ナタリーポートマンの泣き顔はこの頃から変わらないなあ。

ロンドン、人生はじめます(2017年製作の映画)

3.0

原題はHampsteadで、ロンドンの中でも超高級住宅街ということを念頭において観るべし。
そして観た後に最初に思ったのは、ロンドンのHampsteadに住む金持ちの夢がこれですと言われたら信じれる。

30年後の同窓会(2017年製作の映画)

3.5

何十年も会っていなかった旧友との再会。しかし過去に共有したものは変わらない。旅を共にするその目的はびっくするぐらい重いし悲しいのに、旧友だからこそこうなれる。という救いがあってよかった。

モリーズ・ゲーム(2017年製作の映画)

3.7

Based on true story.
オリンピッククラスのスキー選手だった美しいMolly Bloomが、ハイクラスのポーカーゲームホストに...!! 一夜に動く金の額が半端ないぜ!そしてその後の
>>続きを読む

メイズ・ランナー:最期の迷宮(2018年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

2を途中で観るのやめてしまってからまさかの3との出会い。頭の中は???のまま、なんとなく思い出せる1の記憶を頼りに観ていましたが、もう観終わった後の結論を述べるしかないんだが、この映画の意味はなかった>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.0

歌って踊れるヒュージャックマン。
ここでも歌うんかい!っていうぐらい、まぁ歌って踊ってばかりいた。ミュージカル映画の雰囲気にはあまりノれないのでこの評価。しかしまあよく歌って踊れたこと!拍手!

ゼロ・ダーク・サーティ(2012年製作の映画)

3.0

9.11後のアメリカ。10年にも及ぶ、"the greatest manhunt in history" を描いた映画。観ていて苦しくなる映画。

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

5.0

大好きな森見登美彦の夜は短し歩けよ乙女が、大好きな湯浅監督によって映画化!
MIND GAMEはマスターピースです。
ほんとよかった!

メアリと魔女の花(2017年製作の映画)

4.0

ようやく観た!魔女というテーマからして大好物でした。

ファントム・スレッド(2017年製作の映画)

3.8

Woodcockって、名前?......え、ファッ、ファッションデザイナー...!?しかもクチュールドレス界ですってぇええ、、!
ちょっとハイファッション界のことなんで、わたしの人知の及ばない範囲で、
>>続きを読む

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

3.5

ダンケルク観てたのがよかった。別々の映画なのに、タイムライン繋がってまった。あとたまたまダンケルク前に観てた、人生はシネマティック!もダンケルクにタイムライン繋がって、歴史の勉強をしているようだ。>>続きを読む

この世に私の居場所なんてない(2017年製作の映画)

4.0

私もイライジャ・ウッドの顔したトニーのような友達が欲しい。主人公のよなっとした感じが親近感わくし可愛いし。日常っぽいのにドラマ!ドタバタ!

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.8

オリエント急行ですか?
いいえ、アガサ・クリスティです。
お髭が立派なDetective Hercule Poirot. 寝るときのケアも忘れない。
仕草、なにからなにまで洗練されていて、常にdete
>>続きを読む

ゲティ家の身代金(2017年製作の映画)

3.5

1966年に、ギネスブックで世界一のお金持ちと記録されている男、J. Paul Getty!の孫がイタリアで誘拐された実際の事件を映画化したもの。石油王、大富豪の割にはマメでケチ。こんな人が旦那の父親>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.5

いいな〜女の友情!
かわゆい。こういう感じの女の子が成長していく過程を描いた映画、結構好きかも。

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

5.0

1994年、アメリカのフィギュアスケーターTonya Hardingと彼女のライバルNancy Kerriganの間に起こったある事件を映画化したもの。
Tonya Hardingは1991年に、アメ
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.0

こういう愛と結末は特に珍しくもない気がするが、タイトルと、水にまつわる話というのがユニークでよかったのかも。これはギャグなのか?と自問自答してしまうシーンもありましたが、そう思わせてくれるお茶目なとこ>>続きを読む

いつだってやめられる 名誉学位(2017年製作の映画)

4.0

3部作のラスト!ローマが舞台のコメディで、1部2部ともかなりツボだったけれど、3部作も期待を裏切らない出来だった。英語字幕で観ましたが、イタリア語で激しく相手を罵っている言葉はわかりました。ほんとその>>続きを読む