Gakさんのドラマレビュー・感想・評価

  • Filmarks
  • Gakさんの鑑賞したドラマ
Gak

Gak

透明なゆりかご(2018年製作のドラマ)

4.9

安達奈緒子は、もう、天才としか言いようがない
一つ一つの描写が、それに対する言葉が、突き刺さってくる

0

ケイゾク(1999年製作のドラマ)

4.9

マジで昨今の刑事モノ、推理モノの元ネタ、サンプリング元が山ほど隠れている

日本ドラマに与えた影響は計り知れない

0

白い巨塔(2003年製作のドラマ)

4.5

医療モノには、出世競争とその欲による嘘と不誠実が、医者の本来の資質である正義と誠実さとぶつかり合うというギミックが必須だとわかる

裁判モノとして、証人の葛藤も描かれている

なぜか憎めないヒーロー
>>続きを読む

0

時効警察(2006年製作のドラマ)

4.4

思ったよりつまらなかったので途中でやめた


20210725
3.3→4.4
最後まで観た
普通におもしろかった

ケイゾクと同じ仕組み
昔警察が解決できなかったり事件を解決するって仕組み

なんで
>>続きを読む

0

流星の絆(2008年製作のドラマ)

4.6

20210725
3.9→4.6
ものすごいバランス感覚だわ
推理モノを始める前にコレでもかというほどにキャラクターを好きにさせてくる

これ、メインの話は覚えてだんだけど、
それだけで10話も何で繋
>>続きを読む

0

#家族募集します(2021年製作のドラマ)

3.5

ホームドラマのこの展開の遅さを受け入れないとなあ

笑って泣けるって、マジでハマらなくなってきてる、手札としては捨てたくない
笑いながら泣く演技も厳しくなってきた

0

外事警察(2009年製作のドラマ)

4.6

こんな素晴らしい原作の下訓練してたらそりゃ脚本うまくなるよ…古沢良太…

情報の出し方、
物語の進行パートと調べ上げた内容をバババーッと説明しちゃうメリハリ、
スパイ的な人物配置、
狡猾な主人公、
>>続きを読む

0

東京女子図鑑(2017年製作のドラマ)

3.7

微妙
物語に使いたいパーツになる前の取材記録という感じ

こういう取り止めもないどうでもいい悩みや葛藤は必然的にナレーション多めになるという学び


後半の子ども作らない女たちの悪口はめちゃくちゃおも
>>続きを読む

0

宇宙の仕事(2016年製作のドラマ)

3.7

菅田将暉が浮いてるのがいいよね
笑い苦手っぽい

福田雄一の特徴は美少女を笑いのまな板の上に乗せるのが異様にうまいこと

0

アオイホノオ(2014年製作のドラマ)

4.8

くそおもろいやんけ
腹抱えて笑うし
オープニング映像最高やな

0

だから私は推しました(2019年製作のドラマ)

4.6

多少序盤は記号的過ぎかもと思ったが、

初めてハナちゃんが前髪切って出てきたところ、主人公と同じく応援してええって思ったもんなあ、


いやー、うめえわ
この、捕まってるところから回想の形式でやる情報
>>続きを読む

0

お母さん、娘をやめていいですか?(2017年製作のドラマ)

3.8

母子を、ある種の友情として描くことによって依存を表現する、という手法ね
サスペンスに仕立て上げられるのも勉強になる

0

吾輩は主婦である(2006年製作のドラマ)

3.7

夫が会社辞めて大変というの、ともすれば悲劇にも描けるものを、コメディにする力

シナリオで読んでる、ここまで軽くていいのかっていう学び

0

ハラスメントゲーム(2018年製作のドラマ)

3.8

パワハラとかの時事問題というか、流行りものを、会社の出世争いとか、犯人探しという謎のひっぱりとか、まあ基本技でまとめ上げていくスキル

あと普通にアイデアの宝庫

0

半径5メートル(2021年製作のドラマ)

4.5

ベラボーにおもろい

さっさと展開させて、挫折させて、その流れ中でキャラクターは十分伝わる、

三話の実家のテーブル捨てちゃう母の話とか、マジで突いてくるポイントが好みすぎるぜ…

0

最高の離婚(2013年製作のドラマ)

4.6

誰と誰が鉢合わせたらこわいのか、というのがめちゃうま
人はどんな時嘘をつき、
どんな時に、知ってることを相手に伝えないのか、どこまで伝えるのか

人が怒るタイミング
人が許し合うタイミング

0

表参道高校合唱部!(2015年製作のドラマ)

4.0

ド王道
自分はこのタイプ選ぶかわからないけど、ここまで王道、特に主人公がマジで目標に向かってまっすぐな型は珍しいので貴重なサンプリング元

0

あなたのことはそれほど(2017年製作のドラマ)

4.2

途中まで。
不倫で悩んでるだけ一本じゃ連ドラの長さはきついのかな


20210610
不倫を、サスペンスとか他の要素なしで、マジで生活感だけで描き切るのすごい勉強になるな

0

僕のヤバイ妻(2016年製作のドラマ)

4.8

べらおもれえ
すべてが勉強になる
特に一話

0

僕の生きる道(2003年製作のドラマ)

3.9

さすがに淡々としすぎてる感はあるけど、余命モノのなかではずば抜けて丁寧
丁寧が故に遅さがあるんだけど
丁寧さを学べる

0

リコカツ(2021年製作のドラマ)

3.9

おもしろくなさの因果応報というか、
企画として、離婚活動から始めたいが故に、雑に結婚しちゃう2人ってのが必要不可欠な設定になる
そうなると、雑な理由が必要で、
その理由に展開的な、見た目で判断する、っ
>>続きを読む

0

ラスト・フレンズ(2008年製作のドラマ)

4.8

マジで、人と人がわかりえない原因が、言えない、ということであり
この言えない、バレたくない、ってのが物語を駆動する原因にうまく乗っかりすぎてこわい、うますぎる



けっこう長いこと同性愛であることを
>>続きを読む

0

腐女子、うっかりゲイに告る。(2019年製作のドラマ)

4.5

これねえ、勉強になるのは、ゲイという問題は物語を駆動しにくいってやつだよねえ

結局ゲイを隠した状態で、普通のラブストーリー、三角関係を基本とした物語を進めるしかない

いやあ、よくできてるなあ

0

不機嫌なジーン(2005年製作のドラマ)

4.5

真面目に聞くけどさ、俺とてんとう虫どっちが大事なわけ!!
大天才だ…
話が転がっていくテンポ感が独特すぎて、なぜおもしろいのか全く説明できない

ここ以外にもムツゴロウはいる
ここ以外でも生きていける
>>続きを読む

0

ボク、運命の人です。(2017年製作のドラマ)

3.7

こういう、コテいもののなかに基本がある
クラシック聴いて運命を思い出すやつ
こじんまりした営業所という場選びと展開のさせ方

相撲が出てくるのがよい

0

GTO(1998年製作のドラマ)

3.6

たしかにかっけえし松嶋菜々子が可愛すぎるけど、キャラのゴリ押しと展開が多すぎてドラマの密度が低すぎるよな、遊川脚本は

0

お見合い結婚(2000年製作のドラマ)

3.7

少しだけ観た
旅館に複数カップルの恋愛偶像劇の作り方

0
>|