よぬさんの映画レビュー・感想・評価

よぬ

よぬ

なんでもみます。
フォローもコメントも気軽にお願いします。

映画(999)
ドラマ(0)

28日後...(2002年製作の映画)

3.0

ありがちなゾンビ映画と違い感染力が強くすぐに症状が出るところがこわい…!そして人間の意地汚さというか、本性のような部分もこわいです。ドキュメンタリーっぽい撮り方もリアルな感じかして良かったです。

ランボー 最後の戦場(2008年製作の映画)

3.0

ひっそりと暮らしていたランボーが再び戦場に戻ります。戦場の生々しさが強くて驚きました。平和の考え方もなかなか難しいですね…。ラストが良かったです。

コンテイジョン(2011年製作の映画)

3.5

正体不明のウィルスが世界に拡散していく世界でウィルス拡散を防ぐために動く人々、ウィルスの正体を明かそうと奔走する人々のお話。ワクチンが出来てもどこから流通するのかなどは良い視点というか、考えたことがな>>続きを読む

ロッキー・ホラー・ショー(1975年製作の映画)

2.5

怪しい城で行われている怪しい博士の人造人間お披露目パーティーに巻き込まれるカップルの話。博士のインパクトが強烈すぎて…歌より博士の方が印象に残っています(笑)

メアリと魔女の花(2017年製作の映画)

3.5

偶然見つけた花がきっかけで一夜だけ魔女になった女の子のお話。テレビでやってたのであんまり期待せずに見ましたが結構面白かったです。メアリの子供らしい嘘が招いて大きなことになっていく、ありがちな流れですが>>続きを読む

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

4.0

一目惚れした女の子の気を引くためにバンドをしていると嘘をついてしまったが為に本当にバンドを結成します。家族のこと、学校のこと、色々とある年頃の子が書く曲って沁みます。お兄さんもロックで素敵!

JUNO/ジュノ(2007年製作の映画)

3.0

妊娠してしまった16歳のジュノが生まれてくる赤ちゃんの里親を探します。ジュノのさっぱりした性格が好感が持てて良かったです!16歳なりの責任の取り方、赤ちゃんの愛し方を貫くのがすごいなぁと思いました。

アウトロー(2012年製作の映画)

3.0

銃乱射事件で5人の被害者が出る。尋問中元兵士だった犯人がジャックリーチャーを呼べと頼みます。結末はうっすら分かってしまう感じでしたが、トムクルーズを満喫できるアクション満載で面白かったです!

映画 ひみつのアッコちゃん(2012年製作の映画)

3.0

不思議なコンパクトで大人の姿になる小学生の女の子のお話。ストーリーはありえない事ばっかりでしたが、綾瀬はるかがとっても可愛い!魔法のコンパクトがあったら何になるか、一緒に見てた母は安室ちゃんになりたい>>続きを読む

ビューティフル・マインド(2001年製作の映画)

3.5

天才数学者の苦悩。仕事柄統合失調症の方と接することは多いのですが、症状は聞けても体感する事ってできないのでこんな感じなのか…と思いながら鑑賞しました。

IT/イット(1990年製作の映画)

2.5

「それ」の恐怖を知る七人。子供の怪死事件をきっかけに、再び戻ってきた「それ」を倒すべく七人が集まります。大人には物足りない怖さですが、7人の友情が素敵だなと思いました。後半どうしてそうなっちゃったんで>>続きを読む

バッドボーイズ(1995年製作の映画)

3.0

警察署の管理庫から無くなった大麻。犯人を麻薬課の警官コンビが探します。2人の掛け合いが軽快で面白いです!ウィルスミスが若い…!

セブンティーン・アゲイン(2009年製作の映画)

3.5

ザック目当てに鑑賞。おじさんが17歳に戻り学生生活をやり直します。ベタな展開ですが面白い!(笑)おじさんになったザックはもう少しかっこいいと思いますが…サクッと見れて楽しめました。

運命のボタン(2009年製作の映画)

2.0

ボタンを押せば100万ドル、しかしどこかで一人誰かが死ぬ。設定は面白いんですが、それを活かせてない感じがちょっと残念…。

バレンタインデー(2010年製作の映画)

3.5

ロスに住む人々のバレンタインデーのストーリー。キャストがとっても豪華ですね〜!この手の作品だとラブアクチュアリーの方が個人的には好きですが、バレンタインにもう一度見直したくなりました。

シン・シティ(2005年製作の映画)

3.0

ハードボイルドアクション。男の無骨さと女のために全力を尽くす単純さが良い!娼婦もカッコよかったです。アメコミだったとは知らなかったですが、原作も見てみたいなと思いました。

シェルブールの雨傘(1963年製作の映画)

3.5

フランスの港町での男女の恋。どんな事でもそうですが、タイミングって大事だな…と。ファッションがとてもカラフルで可愛いです。

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー(2018年製作の映画)

4.5

ドナの過去と、ソフィの未来のお話。前作も好きでしたが、前作以上に元気になって前を向けるいい作品でした!パパトリオが可愛い!

at Home アットホーム(2015年製作の映画)

3.0

犯罪で生計を立てている家族のお話。万引き家族はまだ見てないのですが、設定とかは似てるんでしょうか?複雑な環境の割にあっさりストーリーが進むのでちょっともったいないような感じがしました。

トランスフォーマー/リベンジ(2009年製作の映画)

3.0

トランスフォーマー2作目。前作よりもスケールアップして個人的にはこちらの方が面白かったです!派手派手作品はスクリーンで見たくなりますね。

トランスフォーマー(2007年製作の映画)

3.0

車がロボットに変形!地球外の生命体と戦います。男の子のロマンが詰まった感じですね(笑)映像の迫力も申し分なく、目で楽しむ作品としては満足です!

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

4.5

ダニーの妹、デビーとその仲間でメットガラに潜入しダイヤを盗む作戦を立てます。オーシャンズ11が大好きで今作も楽しみにしてましたが、女性特有の美しさやカッコよさが存分に出ててすごく良かったです!特にケイ>>続きを読む

ゼロの未来(2013年製作の映画)

1.5

ゼロの定理を解くために日夜協会に引きこもり働くコンピュータ技術。1人の女性に会い人生の意味を知っていきます。世界観が独特すぎて私はちょっと受け付けませんでした…。

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.0

強盗の逃がし屋として借金返済のため働く青年、好きな女性に出会い足を洗うことを決めます。序盤のノリノリカーチェイスは映画館で見るべきだったな〜と後悔しました。車で音楽が聴きたくなります!

砂漠でサーモン・フィッシング(2011年製作の映画)

3.0

砂漠で鮭を釣るプロジェクトに携わる男女のお話。とんでもない計画ですが関わる人間が徐々に本気になっていきます。突拍子も無い選択肢に飛び込むか飛び込まないか、何かに挑戦する勇気を貰えそうな作品でした!

哭声 コクソン(2016年製作の映画)

3.5

田舎町で起きる怪事件、山奥に住む日本人が何らかの関わりがあると刑事が調べていきますが…。後半からはもう誰が何なのかが本当に分からなくて引き込まれます。國村さんはじめ、娘役の女の子など役者さんの演技も良>>続きを読む

ラッシュ/プライドと友情(2013年製作の映画)

3.0

2人の天才レーサーのお話。正反対の2人ですがライバルとしてぶつかっていきます。男同士の友情って熱くていいですね〜。俳優さんもキャラ的に合ってる気がして良かったです!

神様メール(2015年製作の映画)

3.5

神様の娘が人間に余命のメールを送ります。思っていたよりも静かに話が進んでいきますが、設定が斬新で面白いです。生きることをもっと大事にしたいな、と思わせてくれる作品です。

ジュラシック・パーク III(2001年製作の映画)

3.0

グラント博士が再び恐竜の島へ。作品としてはロストワールドより好きなのですが、アマンダにイライラしてしまいどうにも…(笑)

シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア(2014年製作の映画)

2.5

シェアハウスをするヴァンパイアのお話。ドキュメンタリーちっくな感じは苦手なつもりでしたが、シュールな感じが地味に良かったです(笑)

ASSASSIN アサシン(1992年製作の映画)

2.5

2つの組織に雇われた殺し屋同士の争い。ストーリーうんぬんは置いといて、ドルフを思う存分楽しめる作品です。アロハシャツがとっても似合っていました(笑)

日本で一番悪い奴ら(2016年製作の映画)

3.5

北海道県警で実際に起こった警官の不祥事。真面目な警官が正義と悪の境が曖昧になっていくのを綾野剛が上手く演じられていたと思います。

昼顔(2017年製作の映画)

3.0

ドラマは見てませんが内容は理解できました。見てた方がドロドロ感が増したのでしょうか?ラストは何とも…うーん…。やるせないです。洋画の不倫ものの方がロマンチックで好きかもしれない…。

恋におちて(1984年製作の映画)

3.5

浮気ものですが、何故だか綺麗な印象が残る作品。奥さんの気持ちを考えるといたたまれないところはありましたが…名優2人の恋は見応えがありますね。出会い方がロマンチックで好きです。

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.5

ジュラシックワールド2作目。今度はクレアとオーウェンが噴火の危機に陥った島から恐竜たちを救い出すべくジュラシックワールドの跡地に向かいます。前作ほどの盛り上がりは無かったですが、ブルーとオーウェンの絆>>続きを読む

ちはやふる 下の句(2016年製作の映画)

2.5

クイーンの登場。ちはや逹かるた部は全国大会に進みます。仕方がないところもあるのかもしれませんがサクッと全国大会まで来ちゃった感がもったいないような…。もう少し山あり谷ありあったらよかった気がします。

>|