Kubonocinemaさんの映画レビュー・感想・評価

Kubonocinema

Kubonocinema

映画(239)
ドラマ(0)

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

4.1

消えない匂いがいろんな犬生の中で繋がっていく。
イーサンもずっと忘れられなかったんだろうな。
ハートフル度が非常に高い。

"I am ready."

アス(2019年製作の映画)

3.7

怖いというより、終始不気味。
内容はあまり書けないけど、誰かと共有したい欲が凄い。

"They are us"

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(2019年製作の映画)

4.1

終始ハラハラしながら、かなりスッキリオチる映画。
2時間の中でキレイにハマっていく感じ。

"My house."

スキン~あなたに触らせて~(2017年製作の映画)

2.2

強烈過ぎて、僕にはしんどかった。
本当に色彩によってギリギリ見れる作品になってる。

"外見は無意味よ"

カン・フューリー(2015年製作の映画)

4.1

過去最高にひどい。
ひどすぎて笑い止まらんかった。
B級映画の良さに気づいてしまったかもしれない。

"My job."

ハニーボーイ(2019年製作の映画)

3.7

ロバートダウニーJrが絶賛したと言う映画。
自伝映画というのもあって、面白いというより考えさせられる作品。


親子の関係ってとても複雑なんだな、と。
子供の、父親と一緒にいたいと願う純粋な気持ちがか
>>続きを読む

イコライザー2(2018年製作の映画)

4.5

今まで見てきたアクションの中でも頭一つ二つ飛び抜けてる。
馬鹿みたいに緊張感あるし、馬鹿みたいに爽快感がある。
よりリアルを感じるアクションだった。

"Same mud. Same blood."

イコライザー(2014年製作の映画)

4.4

想像の数十倍面白い。
癖にドハマリした。
最高にクレバーなのがたまらん。

"Body, Mind, Spirit"

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

3.7

2時間ずっと緊張感あった。
現在のコロナを具現化したような映画。
力を合わせて、いつか笑えるように。

"スクラップ&ビルド"

コードネーム U.N.C.L.E.(2014年製作の映画)

3.8

バディ系のスパイ映画はもれなく面白い。
ガンアクションもっと見たかった。

"Same as mine was."

WAVES/ウェイブス(2019年製作の映画)

3.9

想像を遥かに超えた、深くて重い話。
これまでに無い程、音楽と色彩がスタイリッシュ。
何があっても、どんなに憎くても、愛が待ってくれている。

"The love covers all faults."

わたしはロランス(2012年製作の映画)

3.6

恐ろしいセンス。
LGBTへの考え方がものすごい勢いで変化する世の中。
ただ彼らには、僕らの見えない部分で大きな壁が存在するんだろうな。
重いのは良い、ただ長すぎる。

"二人ともはみ出しもの"

ONE PIECE FILM GOLD(2016年製作の映画)

3.8

普通に映画としておもろい。
知略による騙し合い。
映画館だから映える作画、特別感あっていいよね。

"自由"

ONE PIECE FILM Z ワンピース フィルム ゼット(2012年製作の映画)

3.4

篠原涼子の声がなー。
漫画全部読み直したくなるなー。

"正義のヒーロー・Z"

バリー・シール/アメリカをはめた男(2016年製作の映画)

3.2

えげつなく大きい規模の話だけど、そんなに面白くない。
あり過ぎるお金に困る人生、送ってみたいなー。

ユージュアル・サスペクツ(1995年製作の映画)

3.8

最後かなりゾッとした。
2回目見たら、違う面白さがあると思う。

ピエロがお前を嘲笑う(2014年製作の映画)

3.4

怒涛の勢いのどんでん返し。
もっとハラハラしたかったかな。

"大胆が勝ちだ。"

メン・イン・ブラック3(2012年製作の映画)

4.0

いつも通り、気軽に見てたら。
最後何なん、最高なんだけど。
一家に一人、グリフィン欲しい。

"Your daddy is a hero."

セブン(1995年製作の映画)

4.2

メッチャクチャ面白い。
何が罪なのか、わからなくなってくる。

"We see a deadly sin on every street corner in every home, and we to
>>続きを読む

マスク(1994年製作の映画)

3.4

ものすごく懐かしかったー。
キャメロン・ディアスがエロい。

"It's party time."

天使のくれた時間(2000年製作の映画)

3.8

愛が一番大切な世界があれば、
金が一番大切な世界もある。
でもジャックは愛の方が何倍も大切って気づくんよな。

"I chose us."

ノッティングヒルの恋人(1999年製作の映画)

3.9

ずっと奥手だったウィリアムだからこそ、最後がかっこよすぎる。
スパイク、君がヒーローです。

"I’m also just a girl, standing in front of a boy, as
>>続きを読む

レ・ミゼラブル(2012年製作の映画)

3.6

時代背景とかを理解してたらさらに面白いのかも。
ものすごく壮大な映画。
てか、キャストすごいな。

"Who am I ?"

親愛なるきみへ(2010年製作の映画)

3.9

短い2週間が、最後の最後まで導いてくれる。
Johnの決意がものすごく泣けた。

"I'll see you soon."

(500)日のサマー(2009年製作の映画)

4.0

サマーが非常にエッチ。
確かに最低だけど、それがあってこそのラスト。
人によってこの映画の感想はだいぶ違うと思う、僕はかなり好き。

"Summer effect."

博士と彼女のセオリー(2014年製作の映画)

3.7

別れてしまったのが悲しすぎる。
別れたことがベストだと思っちゃうことにも悲しくなる。

"However bad life may seen, where there is life, there i
>>続きを読む

フルートベール駅で(2013年製作の映画)

3.6

こんな今だからこそ見るべき映画。
命がどれほど尊いものなのか。

"Pull you back before you wake up"

最強のふたり(2011年製作の映画)

4.1

同情しない、そのスタンスがいいんだろうな。
タイトルの「最強」の意味が素晴らしい。

パプリカ(2006年製作の映画)

3.3

気持ち悪いわー。
インセプションをもっとカオスにした感じ。
でも将来的に起こりそうだよね、現実とVRの混同。

"敦子があたしの分身だって発想はないわけ?"

きみに読む物語(2004年製作の映画)

4.3

めちゃくちゃに良い。
忘れても根深く残る愛の物語。

"What do you want?"

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

4.0

辛い日にも幸せはあるんやなー。
毎日をしっかり生きなくては。

"Lots and lots of types of days."

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.6

なんだ、この映画。最高すぎる。
音楽と映像。音楽と車の音。音楽と銃の音。
音楽と共にストーリーが進んでいく。

"Just me, my music and the road."

SKIN 短編(2018年製作の映画)

3.3

激重。
胸糞悪いわー。
ただ知らなければいけない事実だと思う。

ダークナイト ライジング(2012年製作の映画)

4.2

1作目、2作目が相まって、グッとくる3作目。
一番好き。
幸せというか希望というか、ラストにどっと来た。
やっとマスク外せたね。

"A hero can be anyone."

>|