りえさんの映画レビュー・感想・評価

りえ

りえ

マルモイ ことばあつめ(2018年製作の映画)

3.6

日本人にとってはしんどい内容。
言葉を奪われるということがどれだけ辛いことなのか、これまでは考えたこともなかった。
暴力による統治は負しか生まない…
どこまでが本当なのかわからないけど。

スキャンダル(2019年製作の映画)

3.9

セクハラって敵は男性だけだと思いがちだけど同じ女も敵になりうるのよね。
セクハラをセクハラと思わない人もいるから。対価交換みたいな感じでね。
でもそれを正当化するのは間違ってるとこの映画を見てあらため
>>続きを読む

365日のシンプルライフ(2013年製作の映画)

3.3

人生はモノでできていない

映画としては単調で眠くなるけどところどころ印象に残る言葉がある

メランコリック(2018年製作の映画)

4.0

面白かった!!
銭湯が実は殺人に使われてるって設定がまずいい。
現実と非現実がシュールに組み合わさっていて笑える。特に最後の食卓のシーン最高!
知ってる俳優さん1人もいなかったけどこういう映画をもっと
>>続きを読む

仁義なき戦い 広島死闘篇(1973年製作の映画)

3.8

ラストシーンがとても悲しい。誰も信じられなくなった男の最後。でもヤクザってそんな世界。

仁義なき戦い(1973年製作の映画)

3.7

最後の銃打つシーンが最高にかっこいい。
話はわたしには分かりづらくwikiで補完しながら見た。

クワイエットルームにようこそ(2007年製作の映画)

3.9

基本コミカルだけど時々シリアスでグッと引き込まれる。面白かった。
普通って何なんだろうね。
自分では普通って思っていても周りから見たらそうじゃないのかも。逆も然り。
そんなことを思いながら見てた。
>>続きを読む

ハニーランド 永遠の谷(2019年製作の映画)

3.3

本当にドキュメンタリー?
ああいう生き方が本当の自然との共存なんだろうけど自分にはできない。
学校の教材みたいなドキュメンタリー。

映画 ギヴン(2020年製作の映画)

4.4

BLだとは思わずWOWOWにて鑑賞。

始まってすぐ雨月が好きになった。ああいう天才キャラが好きだ。
だから展開が本当に切なくてしんどくてたまらなかった。雨月の涙に心臓鷲掴みにされた。強いね雨月は。だ
>>続きを読む

ザ・ファブル(2019年製作の映画)

2.5

面白くない。ありきたりな設定、展開に思わずつまんねーと呟いちゃった。
岡田くんは頑張ってたよ。

ユリゴコロ(2017年製作の映画)

2.0

こういう厨二病みたいな設定、嫌い。ノートの最初の一文で見る気失せた。
何人も人殺しといて幸せ感じてるのも胸糞だった。捕まらないのも謎。

ポカホンタス(1995年製作の映画)

2.0

心が汚れているので全く面白くなかった。
子供向き。
ネットでよくポカホンタスというワードを悪い意味で見るので気になって鑑賞。

世界でいちばん貧しい大統領 愛と闘争の男、ホセ・ムヒカ(2018年製作の映画)

3.0

こういう誰にでも愛されそうな人でも批判はあるのだよな。100%支持されるなんて無理だもんな。なんてことを思いながら見た。途中眠かった。

サイドウェイ(2004年製作の映画)

3.0

おっさんのロードムービーで地味。自分には全く響かなかった。
ああいう男友達の関係は羨ましい。

どうにかなる日々(2020年製作の映画)

3.0

1作品目が一番よかった。後半は気持ち悪い。滑ってる。

TIME/タイム(2011年製作の映画)

3.0

設定面白いのに生かせてなかった。
永遠の命を持ってる人間が死にたがるか?っていやいや死にたい人もいるでしょうや。この世界の価値観がよくわからず入り込めず。

長いお別れ(2019年製作の映画)

3.5

長いお別れって考え方は素敵。
でも映画に出てくる人たちみんな聖人君子で違和感があった。いやもっとどろどろしてるでしょ、みたいな。
認知症介護の素晴らしいところだけ集めましたって感じ。
あと音楽がところ
>>続きを読む

パッション(2004年製作の映画)

3.0

物理的に痛い。記憶に残る映画ではある。
こんな心の広さを私は絶対に持てない。

言の葉の庭(2013年製作の映画)

2.5

苦手な作品。先生がどうしてもメンヘラにしか思えなくって。あとショタコン?気持ち悪かったー。
公園の感じとかは好きなのにな〜美しいです。

ザ・プレイス 運命の交差点(2017年製作の映画)

3.0

撮影場所はカフェだけなのに飽きさせない。けどスッキリしないことが多くて不満。人死んでるし。なんだかな。

氷上の王、ジョン・カリー(2018年製作の映画)

3.2

天才ならではの苦痛。
フィギュアファンなのにこの映画で初めて知りました。
フィギュアにバレエ要素を取り入れてくれてありがとう。

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話(2018年製作の映画)

4.0

めちゃめちゃ泣いた…
大泉洋がはまり役。きっとご本人も愛される能力を持った方だったんだろうな…
障害者目線の台詞に気付かされることが多かった。自分は常に誰かに見られながら生活してるとか…
障害者だから
>>続きを読む

怒りの葡萄(1940年製作の映画)

3.6

救いが少なく見るのが辛くなってくる。ただ最後の母の台詞は素晴らしいので最後まで見てほしい。
どんな状況においても希望をなくさず前を向いて生きていこうとする母の強さに心打たれる。美しく強い精神力。

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

3.4

せいちゃんの最後の歌うシーンよかった。吹っ切れた表情も。
ツチダの空回りはあーあるある人生ってそんなもんよねって思いながらみてた。
もっと自分に刺さるかなと思ったけどイマイチだったなあ。ハギオへの心移
>>続きを読む

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

3.8

愛は勝つ!ってシーンが陳腐に感じちゃったけど面白かったよ。
事件が起きてすぐ捜査本部がテキパキ作られるシーンがアメリカすごいとおもった。それだけ犯罪多いってことだろうけど…
向こうの警官ってほんと覚悟
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

3.9

賛否両論あるのもわかる。
語られないことが多すぎてエンタメとして成り立っていないという意見よくわかる。
しかし家族とは何かを考えさせる映画としては素晴らしいと思った。
血のつながりがなくても家族にはな
>>続きを読む

サンセット大通り(1950年製作の映画)

3.5

結末から始まるのに面白い。
ノーマ役の痛々しい演技が素晴らしい。
ジョーが離れたいのに離れられない葛藤を上手く描いていて引き込まれた。

サバイバルファミリー(2017年製作の映画)

3.4

停電怖すぎる…防災グッズ揃えなきゃ!と思わせる映画。勉強になります。でもちゃんとエンタメもしてるよ。家族でみたらいいね。
なんでみんな同じところに逃げていくのかが疑問だったけど。

ダイアナ(2013年製作の映画)

3.2

ハスナット医師との関係がメインで描かれている。あれだけ毎日注目されてプライベートなかったら本人も恋人も辛いよな。でもダイアナ自身も痛々しい行動があって…まそこも一人の生身の女性として魅力的に映ってたの>>続きを読む

ブルー・ストーリー(2019年製作の映画)

3.4

しょーもないことで殺し合い。全く理解できない。そんなことが現実起きてることに恐怖を覚える。負の連鎖を断ち切るためには何が必要なのだろうか…
イギリスでこんなことが起きてるのにも驚き…。

鈴木家の嘘(2018年製作の映画)

3.9

とてもいい映画だった。
自死で息子を亡くした遺族をリアルに描いていると思う。
残された家族の辛さがひしひしと伝わってきて何回か泣いた。妹が新体操の練習中に叫ぶシーンが特にグッときた。

時折コメディぽ
>>続きを読む

>|