nanaさんの映画レビュー・感想・評価

nana

nana

映画(131)
ドラマ(0)
  • 131Marks
  • 124Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

4.3

最初から最後までわくわくドキドキが止まらない!本当に「楽しい」の一言に尽きる演出、ストーリーでした。
ハラハラさせる場面の魅せ方もうまい!
個人的には火山が噴火したところのシーンが1番好きです。登場人
>>続きを読む

許されざる者(1992年製作の映画)

3.4

主人公をはじめネッドやキッドの煮え切らない行動、言動から、私たち鑑賞者は過去と現在を強烈に感じさせられます。タイトルがしっくりきました。果たして主人公達は報われるのか、否か。
人を殺す罪の重みを終始考
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.6

痛烈な風刺映画かと思ったら別にそんなことも無かった。一家が黒人をターゲットにした理由もなんかざっくばらんでかわいい。
後半のクリスの強さが面白かったです。倒し方が斬新で面白すぎる。
エスターといい、ス
>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

4.5

設定からビジュアルから演出から、何から何まで“面白い”の一言に尽きます。
ウェス・アンダーソン、実は日本人なんじゃない?と思うほど日本という国を上手〜く映画の世界観にセンス良く落とし込んでいます。
>>続きを読む

ディパーテッド(2006年製作の映画)

3.5

実際長めの映画ではありますが、真実に行き着くまで丁寧に描きすぎている感があってちょっとテンポが悪く感じました。
でもラスト15分で一気にどんでん返しがあるので、それまでのスピードの遅さはしょうがないか
>>続きを読む

シングルマン(2009年製作の映画)

4.0

静謐で美しい雰囲気の映画。
タイトルの通りひとりきりの寂しさを上質な演出で見せており、湿っぽさがなく、清々しさすら感じます。
特に主人公の心情によって画面全体の色が明るく暖かくなる演出が素敵でした。
>>続きを読む

ディアボロス 悪魔の扉(1997年製作の映画)

2.7

結構オカルトファンタジーものでした。
終盤炎のCGなどがちゃっちくて微妙な気持ちに…

アル・パチーノ目当てで鑑賞しましたが、安定の演技力と存在感でそこは満足。

シャーリーズ・セロンが若くてあどけな
>>続きを読む

ファーゴ(1996年製作の映画)

3.7

裏切りに裏切りを重ねて、ついには鑑賞者である我々をも裏切られるという。
全体的に皮肉っぽくて、ブラックジョークがあって、真っ白な画面も相まって結構静かな流れなのに適度に滑稽で面白かったです。
ラストの
>>続きを読む

ティファニーで朝食を(1961年製作の映画)

3.6

オードリー・ヘプバーンがあまりにも魅力的で、彼女がルラメイを演じるからこそ、この映画の良さがより際立つのだと思います。それくらいオードリーが素敵。
ムーン・リバーの曲とともに、オードリーがティファニー
>>続きを読む

シティ・オブ・ゴッド(2002年製作の映画)

3.7

ほぼ全員素人とは思えないクオリティ。
事実に基づく内容でもあり、社会情勢についても考えさせられるシビアなストーリーですが全体的にとてもテンポが良いです。
重すぎない。
なかなか挑戦的なカメラワーク多数
>>続きを読む

ボーダー(2008年製作の映画)

3.5

大好きな俳優2人が共演するので観ました。とりあえず2人の演技は素晴らしいの一言です。
でも同じ共演作品で言ったらヒートの方が好きだったかな。

なんとなくどんでん返しの展開は予想がついたのでそこまで驚
>>続きを読む

オーシャンズ11(2001年製作の映画)

3.6

アンディガルシアが終始クールでカッコいい!あの冷静な眼差しが好き。彼目当てでこの映画を観ました。

もうちょっとそれぞれの個性や強みが掘り下げられてても良かったかなと思いました。

L.A.ギャングストーリー(2012年製作の映画)

4.0

主人公サイドの警官たちがもはや警官なのかギャングなのかただの暴徒なのかわからないくらいに暴れていてめちゃくちゃ楽しくなりました。

エマストーンとライアンゴズリングの、恋人役としての共演に思わずラララ
>>続きを読む

The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ(2017年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

この映画がサブタイトルに忠実に、女性たちの嫉妬の炎が渦巻く昼ドラ展開で、女性同士で傷つけあうストーリーだったらめちゃくちゃつまんないですけど、実際には終盤突然流れが変わり、最終的に匿っていた男を毒殺す>>続きを読む

ターミナル(2004年製作の映画)

4.5

小学生の時に観て以来、久しぶりに鑑賞。
いい映画だなあとしみじみ。

空港で待ちながら、イキイキと生活しているトムハンクスの姿に、終始生きる希望が湧いてきます。観ていると勇気づけられる映画です。

>>続きを読む

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

3.3

ダンケルクがちょうどこの映画の前に上映されていたので、それと合わせて観ていたら時代背景もっとよくわかったかな…

チャーチルは政治家らしいというか、人を惹きつける性格ですね。

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.4

冷戦時代、出世や勝利といった成功・発展ばかりを求める人間の男たちと、絵画や異種族との親交といった文化・文明を尊重する主人公たちとの、時代背景を含めた対比からくるラブストーリーが良かったです。
でも全体
>>続きを読む

ジャッキー・ブラウン(1997年製作の映画)

4.0

この映画は「登場人物たちが55万ドルを巡って騙し合う」という本編のあらすじそのままより、主人公ジャッキーと保釈業者のマックスの大人の恋のゆくえに着眼点を置くほうが観ていて楽しいと感じる。
それによって
>>続きを読む

ミッドナイト・ガイズ(2012年製作の映画)

4.2

たった一夜の出来事も、友人たちとならこれだけ輝いて充実させることができるんだと思わせる密度の濃いステキな作品。
元気なおじいちゃん達が昔と同じように街で暴れまわっているのは観てるこっちも楽しい。まさし
>>続きを読む

マラヴィータ(2013年製作の映画)

3.5

強くて自由な愛溢れる一家。
ラスト直前まではパリでの生活は上手くいっていたのに、やっぱり馴染めなかった!みたいな、吹っ切れた感じが最後までコメディっぽくて良かったです。
タイトルかペットの犬の名前なの
>>続きを読む

ヘイトフル・エイト(2015年製作の映画)

4.5

終始タランティーノ節が効いてて、本作も文句なしの面白さ。
各章ごとの視点から徐々に見えてくる物語の全体像、最後の打ち合いとその緊張感もこの監督ならではの、いい意味で「定番」感があってずっとワクワクしな
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

出だしからかっこいい!!
一気にこの映画に引き込まれていきます。
自分も実際にこのショーの場にいるよう。
パフォーマンスも歌唱力も素晴らしく、特にキャストの歌声には、訴えかけるような凄みがあって、思わ
>>続きを読む

戦略大作戦(1970年製作の映画)

3.7

敵が包囲する地域の銀行に隠された金塊のために主人公たちが小部隊で乗り込むというトンデモ設定だが、セットも小道具も割としっかり施され、キャストも豪華。
あらすじはものすごくB級映画感満載なのに、コメディ
>>続きを読む

ROOM237(2012年製作の映画)

4.2

えぇ〜それはこじつけすぎだよ〜とか
えぇ!?ほんとだ!!こわい!!とか
やいやい言いながらシャイニング好きな友達2人と観たので楽しかったです。

好きな人たちは色んなことを考えるものだなぁ…

宮崎駿
>>続きを読む

バトルフォース 米軍第一特殊部隊(2011年製作の映画)

2.5

ホームビデオのようなカメラワーク、
謎の選曲、謎の演出、

全体的にもんやりとしていて、
画面も戦争映画を撮るには狭苦しく、
アァ低予算で頑張ったんだなあ…ということに、映画の内容よりも先についつい目
>>続きを読む

ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!(2017年製作の映画)

3.3

ポスターや予告CMなどのド派手っぷりを期待していったのに、それを下回る実際の展開・演出の盛り上がらなさにガッカリ…

唯一予告のイメージが一致してそうな部分は冒頭のシーンだけでした。
メインの金塊奪還
>>続きを読む

フェイク(1997年製作の映画)

3.7

この映画が実話を元にしているなんて…
ジョニデが演じる捜査官に感服。

レフティとドニーの間の信頼関係に心がじんわりとします。
アルパチーノがあまり芽の出ないギャングの役なのは個人的にあまり良いとは思
>>続きを読む

スカーフェイス(1983年製作の映画)

3.6

終始チンピラで荒削りで命知らずなアルパチーノがかわいかったです。
今まで観たギャング役のアルパチーノの中で一番青くさくてかわいかった。
でも年を重ねて成り上がるたびに、そういった命知らずな面は、次第に
>>続きを読む

カリートの道(1993年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ギャングアクションかと思ったら、切ないラブストーリーだったな、という映画。
前者を期待していたので少し残念ではありましたが、決して悪い印象ではなく、ラブストーリーを主軸に据えたことでむしろギャングの話
>>続きを読む

ロード・オブ・ウォー(2005年製作の映画)

4.2

テンポが良くて観やすかったです。
演出にコミカルだったりユーモアがある場面もちらほら有り、重くなりすぎず良かった。
特にオープニングの、銃弾が作られて実際に人を打つ瞬間までの「いち銃弾の人生」から映画
>>続きを読む

バタフライ・エフェクト(2004年製作の映画)

3.3

もし自分が主人公と同じ立場になっても、これほど東奔西走できないだろう…と尊敬の念は感じつつも、タイムリープする先々でわりかし攻撃的な、あまり穏便に物事を済ませようとしない主人公のやり方にあまり共感でき>>続きを読む

地獄の黙示録(1979年製作の映画)

4.0

前編通して、これが本当にセットなのかと疑うくらいのクオリティ。
戦闘シーンはどれも本物みたいに迫力満点で面白かったです。この映画を作り上げたことに感服。

カーツ大佐を暗殺するため、ウィラード大尉一行
>>続きを読む

シャイニング(1980年製作の映画)

4.5

キューブリックならではの画面構成、演出が光っていて、なんとなく先の見える話の展開だけど何度でも見返したくなる映画です。観る側に解釈を委ねる場面もたくさんあって、飽きることがありません。

ジャック・ニ
>>続きを読む

ショーシャンクの空に(1994年製作の映画)

4.5

希望を持ち続け、信念を貫く気持ちを与えてくれる良い作品。
膨大な時間を描いた作品なだけに、ラストの演出はあまりにも気持ちの良い、素晴らしいものでした。

アンドリューは天才なだけに、割と服役中はマイペ
>>続きを読む

レザボア・ドッグス(1991年製作の映画)

4.0

パルプフィクション同様、いくら派手なドンパチがあろうと、呆気なさを感じさせる演出がクセになります。

みんながみんなあんまり思うように動けてないのも、客観視した、突き放したような雰囲気も感じて面白い。
>>続きを読む

センター・オブ・ジ・アース(2008年製作の映画)

3.5

冒険中どんなハプニングに見舞われても、主人公達3人が暗くなりすぎないのが良い。やばい!って場面でも大体面白い。

イタリアの田舎のおじいちゃん、自分の畑ぼろぼろにされたのを、よく謎の石渡されただけで許
>>続きを読む

>|