hawaianCTさんの映画レビュー・感想・評価

hawaianCT

hawaianCT

映画(155)
ドラマ(1)

奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ(2014年製作の映画)

3.9

高学歴を目指すレールから一度外れると、真面目に授業を受けるという行為は、思っている以上に非常に困難な作業で、

特に高校の場合、何も勉強せずについていけた中学とのギャップに驚き、それこそ早い段階で置い
>>続きを読む

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

4.5

何となく観に行かねば…という使命に駆られて鑑賞。
期待としては、映画鑑賞というより、ディズニーの新アトラクションや、富士急の閉鎖病棟を体験しようとする感覚。

いざ、全編ワンカット風映像を、体験してみ
>>続きを読む

操作された都市(2017年製作の映画)

3.7

内容は良くある陰謀ものですが、とても楽しめました。
120分強があっという間!

主人公は超絶イケメンなのに、それ以外の登場人物が、朝青龍的おじさんだらけで、彼らがアップで唾を撒き散らしながら、喚き散
>>続きを読む

ホイットニー~オールウェイズ・ラヴ・ユー~(2018年製作の映画)

3.8

彼女の凋落は、ある程度予備知識はあったのものの、本作では、生々しい写真やビデオが公開されていて、かなり痛々しいです。

晩年(というには若過ぎる)は、グランドセフトオートでよく見かける、骨と皮の不気味
>>続きを読む

THE GUILTY/ギルティ(2018年製作の映画)

4.0

緊急電話のオペレータの男が、不機嫌な顔で対応している。薬中、酔っ払い、風俗トラブルなどの下らない電話ばかり。程々ウンザリしている。

その男の体は大きく、鋭い眼光を持ち、髪の毛は短く切り揃えられている
>>続きを読む

アルキメデスの大戦(2019年製作の映画)

4.5

テーマからして、当時の軍人や日本をコケにする様な内容かと、思っていましたが、全然違いました。

そういう次元での話では無く、才能に溢れながら、その使い道に迷った男が、自分の生きる道を見つけ、ひたすらに
>>続きを読む

アップグレード(2018年製作の映画)

3.6

AIを身体に入れ込む事による、身体的挙動が、今までに無い感じなので、そこがとても新鮮に感じられます。

AIとのバディ感(ミギィっぽい)も楽しく、展開も早いのでサクサク楽しめました。

でも設定がかな
>>続きを読む

ハッピー・デス・デイ 2U(2019年製作の映画)

4.0

こんなに楽しい映画ってありますか?

1、2と来てますが、1は完全なる前フリ。2がクライマックスですね。

素晴らしい前フリがあってこその、このワクワクの2を泣いたり笑ったり、展開に感心したり、存分に
>>続きを読む

プロメア(2019年製作の映画)

3.7

今石&中島コンビを語るうえで、欠かせない名作は、「グレンラガン」なのですが、長編だし、作画崩壊回もあるし、長い鬱展開もあるので、中々その素晴らしさを共有出来なくて、布教が難しい作品です。

今作は、新
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

5.0

自分にとって不快な人間を叩きのめしたり、殺してしまいたい衝動は、人間の自然な衝動の筈。

ただ、生きていきたいという本能の方が遥かに高く、人間として暮らしていける生活を捨ててまで、その衝動に身を任せる
>>続きを読む

アド・アストラ(2019年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

最初は、リアル未来宇宙的ものかと思い期待していたのだけど、

月に着いたらトータルリコールっぽくなり、

サ◯事件から、いよいよ様子がおかしくなり、

火星に着いたら、なんだかすっかり、ガタカっぽくな
>>続きを読む

ロケットマン(2019年製作の映画)

3.6

曲や絵画などを、より深く理解する為には、作られた経緯を知る事は、大事な事なので、こういった映画が多く作られる事は非常に嬉しいです。

エルトン・ジョンといえば、人類史に残る名曲your songを造っ
>>続きを読む

ハッピー・デス・デイ(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

アイデア・ホラーでしたね。

パッケージのおどろおどろしい感じとは、180°違うポップな作りで、ホラーの嫌いな方でも楽しくドキドキ出来るでしょう。

内容は映画内でも会話に出ていましたが、「恋はデジャ
>>続きを読む

映画 賭ケグルイ(2019年製作の映画)

3.8

浜辺美波の美しさを堪能しつつ、カケグルイ独特の面白博打と、気持ちがスカッとする展開の約束された作品です。

浜辺美波は物凄い美人ですが、あまり現実味が持てないお顔の様で、MVなどのワンショットなら良い
>>続きを読む

Diner ダイナー(2019年製作の映画)

3.8

玉城ティナが、超々絶的に可愛いウェイトレスになって登場したシーンで、ほぼ、この映画を作った蜷川監督の目的は達成したのでは?

不可思議なストーリー(でもまあ少女漫画)も、いつもの蜷川美術も、その他の素
>>続きを読む

ザ・ファブル(2019年製作の映画)

3.6

南勝久先生の漫画を読まれた方ならわかる筈ですが、日本最悪都市&お笑い聖地の岸和田でヤンキーを、楽しくやられていたお方なので、非常に自然な悪の感覚を持ち、お笑い偏差値も高い漫画です。

特にそのお笑い部
>>続きを読む

居眠り磐音(2019年製作の映画)

3.3

通常観ない時代劇ですが、非常にライトな勧善懲悪もので、チャンバラ要素高く、恋愛要素もあり、娯楽を目的としているのが分かります。サクサクっと楽しめます。

ただあまりにも、TV時代劇レベルの作品のため、
>>続きを読む

スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け(2019年製作の映画)

4.0

スターウォーズを好きになったのは、友達にあるホビー誌の別冊本を借り、その世界観が非常にホビー心をくすぐるものだった為です。

なので映画もその本のシーンの確認の様なもので、ルーク、アナキンの性格が残念
>>続きを読む

キングダム(2019年製作の映画)

3.8

凛(吉沢亮)がフラッシュバックするたびに、その美しさに寒気すら覚えて、男ながら心がぐらつくところに、やたら熱い信(山崎賢人)の気持ちがどっとなだれ込む。

信の敵は最初からヤバいヤツらばかり。常にギリ
>>続きを読む

パラレルワールド・ラブストーリー(2019年製作の映画)

3.3

絶対に期待外れに違いないと、思いながらも何故か観たくて気になっていました。

予想通り、SF設定はいい加減な思いつきレベル。主人公も友達もヒロインも、めちゃくちゃな人たちです。誰にも同情できません。
>>続きを読む

青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない(2019年製作の映画)

4.0

思春期と呼ばれる時期に受ける心の傷が、物理学的事象となって現れる思春期症候群。
その被害者であるが故に疎外され、高校生の割に人生を達観してしまった感のある主人公が、同じ様に症候群に悩む女の子達を手助け
>>続きを読む

町田くんの世界(2019年製作の映画)

3.5

作品のテーマからして、ペイ・フォワード的作品かと思いきや、本人は気づいてないが、「親切ジゴロ」な町田くんが、無双してゆく、稀に見る突き抜けた作品。

観ると、ハッピーになります。

バイス(2018年製作の映画)

3.8

最近この手の作品は、偏向や虚構が多いのですが、概ね真実ありのままに作られていて、非常に勉強になります。

9.11をきっかけに、イラク戦争を引き起こした、影の首謀者の正体とは?
物語は彼が若かりし頃か
>>続きを読む

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)

3.9

黒人警官ロンがKKKに潜入捜査するお話。とは言っても、ロンは電話のみ。実際に潜入するのはユダヤ白人警官フィリップに、自分の代役をさせるという…いささか、ややこしい設定。

暗めになりそうな題材ですが、
>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

2.9

米国における黒人に対する差別・虐待・殺戮が、現代において些かにマシに見えるのは、黒人たちが戦って獲得してきたものであり、

決して支配者側の白人のお慈悲で解決してきたわけでは無いはずです。

その戦い
>>続きを読む

ストレンジャー・ザン・パラダイス(1984年製作の映画)

3.8

ドラマ性が意図的に排除されたシンプルな内容と、何処を切り取っても絵になる構図が非常に受けて、過去にミニシアターブームの先駆けとなったオシャレ映画です。

久々に観たくなって再鑑賞。

内容は、ニューヨ
>>続きを読む

九月の恋と出会うまで(2019年製作の映画)

3.3

SFの設定が必要だったのか、わからないんですが、それがないと興行が成り立たないレベルの普通の恋愛映画です。
作り手の力の入れ具合もソコソコ。

でも高橋一生さんと、川口春奈さんはとても素敵な人達ですし
>>続きを読む

インヴィンシブル 栄光へのタッチダウン(2006年製作の映画)

3.4

NFLを題材とした映画は、ハズレが少ないんですけど、今回もそうでした。

しかし、30才でNFLデビューした方がいるとは知りませんでした。

NFLの引退年齢はとても早く、平均27才で、プレー年月も平
>>続きを読む

フォルトゥナの瞳(2019年製作の映画)

3.3

この映画の最大の焦点は、キャリア携帯ショップで働く美しい女性を、草食が、どの様に、自然に、カフェまで誘うか?でした。

その点において、この映画はある程度の及第点をあげたいと思うのですが、いかがでしょ
>>続きを読む

マイル22(2018年製作の映画)

2.9

ドンパチは楽しいです。

ただアメリカで最も優秀な戦術部隊と、自画自賛している割には…最初っから、ドタバタ💦

リーダーのシルバ君もゴムパチパチで、天才っぽいのですが、てんやわんや中に何か天才性は見れ
>>続きを読む

七つの会議(2018年製作の映画)

3.5

一度でもノルマのキツイ営業職に就いたことがあれば、見ていられられない、営業報告会から始まる本作です。

でも直ぐに、始まる野村萬斎ショー。
池井戸作品でもお変わりありません。

彼がアウトローになった
>>続きを読む

ハンターキラー 潜航せよ(2018年製作の映画)

4.5

潜水艦ものに名作多しなのですが、新たなる金字塔かもしれません。

戦闘は深海と地上戦が、交互に展開されるのですが、どちらも丁寧に無駄なく作られていて、一級品レベルの目の離せないアクションです。

話の
>>続きを読む

ハードコア(2015年製作の映画)

3.3

全編FPS視点、内容もほぼFPSのゲームの様な作品。あまり意味はない。着想としては誰でも考えられそう。

ただゲームと違うのは、人間が生身で恐ろしく危険なワンカット撮影をしているらしく、メイキングも是
>>続きを読む

劇場版 幼女戦記(2019年製作の映画)

4.0

所謂異世界転生ものなんですが、現実世界と違うのは時代と魔法が使える事。ただ魔法とは、軍事的利用のみ有効な部類でファンタジー感は非常に薄い。

その内容は、戦記と名がつくだけに、泥臭い局地戦を永遠とやる
>>続きを読む

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

前作の大絶望感からの、今作のタイムトラベルの意外な、のほほん♪とした楽しさは、バックトゥーザフューチャー3を思い出します。

やはり、アベンジャーズは、ヒーロー祭りなんだよね。ヒーローが集まって戦うだ
>>続きを読む

劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん(2019年製作の映画)

4.0

不思議な雰囲気の映画でした。

主人公を取り巻く全てが「ポジティブ」な空気に包まれていて、心がフワフワになる。

そんな状態になると人間というものは、不思議なもので、面白い所は全て笑いが止められず、辛
>>続きを読む