マリコさんの映画レビュー・感想・評価

マリコ

マリコ

ハローグッバイ(2016年製作の映画)

4.0

ものすごくヒリヒリするあの上滑りした女子特有の空気感を久しぶりに目の当たりにして、少々苦々しい気分になってしまいました。女子怖いわ…
一人になるのが怖いはづきと、一人でいるのが辛いあおいを、えつこさん
>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

4.0

毎日判を押したような日常にちょこっと潜む小さなエピソードの積み重ね。パターソンの一週間を一緒に過ごした感覚でした。ブルドックが最後にやってくれたけども…朝のシーンはとても良いです。

ドリーム(2016年製作の映画)

4.0

とてもアメリカ的な映画でした。三人の黒人女性が人種差別や性差別に直面しながら、少ないチャンスを物にしてそれぞれの立場で成功をおさめる過程が丁寧に描かれていて良かったです。NASAにこんな歴史があったこ>>続きを読む

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

4.2

とてもやりきれない…昔の幸せな家族だったころの映像が所々に流れてより切なくなります。どう足掻いても乗り越えられないことはあるのだと、厳しい現実を見せられたような気持ちです。けっこうビターエンドだったな>>続きを読む

最高殊勲夫人(1959年製作の映画)

3.8

オープニングのセンスは秀逸。主役二人が可愛い。

浮草(1959年製作の映画)

4.2

京マチ子と中村鴈治郎が軒下で喧嘩するシーンが秀逸。何とも色っぽい。

わたしは、ダニエル・ブレイク(2016年製作の映画)

4.2

安定のケンローチ。とりあえず今年観た劇場作品の中でナンバーワン。しかも自分が福祉関係の仕事で、ダニエルやケイティのようなケースをけっこう見ているから、本当に胸が痛い…ダニエルと出会ったケイティはすごく>>続きを読む

サイレント・ランニング(1972年製作の映画)

3.5

ドローンが庭を世話するラストシーンが切ない…ドローンの動きの可愛さに悶絶します。

ムーンライト(2016年製作の映画)

4.0

ラストに拍子抜けした方はたぶんたくさんいらっしゃると思いますが、私は良い着地だと思いました。きっと二人の関係をそれ以上描いてしまったら、グダグダになってしまうんじゃないかな…再会して想いを共有しただけ>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

4.2

空から楕円形の何かが降りてきて世界中がパニックに陥り、言語学者ルイーズと科学者イアンがその何かとコミュニケーションを取ろうと試行錯誤します。物語はルイーズ自身のエピソードを交えながら進んで行きますが、>>続きを読む

近松物語(1954年製作の映画)

4.2

面白い!ラストはハッピーエンドかバットエンドか意見が別れるところだと思いますが、個人的にはハッピーエンドだと思います。あっぱれな最期でした。

麦秋(1951年製作の映画)

4.0

昔の女優の上品なこと!自分の言葉遣いや所作が恥ずかしくなります。
紀子を思う家族の気持ちが静かに伝わって、淡々した中にも温かさがある作品でした。日本の家族とはこういうものかも…

ゴースト・イン・ザ・シェル(2017年製作の映画)

2.8

スカーレット・ヨハンソンはすごく良かった!素子に限りなく近かったけど、荒巻含むサブキャラがどうしても個人的に受け付けませんでした…
アニメの主要シーンが満載で観ながら感動したけど、序盤の展開が割りとゆ
>>続きを読む

>|