bbaaさんの映画レビュー・感想・評価 - 2ページ目

bbaa

bbaa

映画(61)
ドラマ(0)

ミッション:インポッシブル3(2006年製作の映画)

4.5

4より前は内容忘れたが3が一番すきという記憶だけ残り、5と6に上書きされた

ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション(2015年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

ざまあああみろこのインテリハゲ!!同じ手食らわしてやったわ!!!ってなる

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

4.8

会社で初めてのプレゼンを終えた時のような、異様に長く感じた部活の引退試合のような、フルマラソン走り切ったような、圧倒的な達成感。

WOOD JOB!(ウッジョブ)神去なあなあ日常(2014年製作の映画)

4.2

田舎で働くのほんっっっとに甘くないし、あんな可愛い子いてたまるかとは思うし、でもなんだかんだ愛着が半端ない

千年女優(2001年製作の映画)

4.8

女ってすげえ。最後のあのセリフを自分で口に出せるって、この人の人生が演技というか女優そのものだったのかと愕然とした。作品内史実をなぞりつつ現在思い出話として解説する独特の回想シーンの数々が見どころ。

リズと青い鳥(2018年製作の映画)

4.5

感情表現がいちいち凝りまくってて最高。あとみぞれはむかつく

TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ(2015年製作の映画)

4.1

中盤までのドタバタで終わっても楽しかったけどラストのバンド対決がかっこよくて痺れる。マーティフリードマン、シシドカフカがうますぎて変な笑い出る

愛の渦(2013年製作の映画)

3.8

黙ってやればいいのに集合部屋でグチグチ言う場面、外ではできない非日常を求めてやってきたのに結局同じもの(マウンティングとかネガティブコミュニケーション)を持ち込んで全員気落ちする流れが、社会の縮図っぽ>>続きを読む

レヴェナント:蘇えりし者(2015年製作の映画)

4.1

序盤エマニュエル・ルベツキの長回しが100点でした。宿敵を見つけるときも派手な演出はなく、淡々に煮えたぎらせている雰囲気が伝わり楽しいです。

横道世之介(2013年製作の映画)

3.9

知り合いに一人はいる不思議キャラ、なんだかんだ愛されるの人生です。高良くん通常営業でした

我は神なり(2013年製作の映画)

4.6

このレビューはネタバレを含みます

心が痛んだのは娘の受験代がないところまで、あとはもうどうやっても無理だこれはというところまでとことん墜ちてくれます。救いがない人ばかりで最高です。

ハイ・ライフ(2018年製作の映画)

-

時系列がバラバラで断片的、途切れない不気味なBGM、ボックスのシーンが官能と呼ぶにはホラー過ぎました。

百円の恋(2014年製作の映画)

3.6

最初のダサい喧嘩と最後のリングでの戦い、結果は変わりますが戦い方が全く違うのが良いです。

スウィート17モンスター(2016年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ブリジットジョーンズの日記の主人公が10代だったらこんな感じなのでは、、、映画の雰囲気や感想も近いものがあります。
幸か不幸か、最後まで処女を守り通します。
可愛いのになぜモテないのかという重く解決し
>>続きを読む

帰ってきたヒトラー(2015年製作の映画)

4.3

シニカルな笑いが笑えなくなってきて恐怖に変わる瞬間が肝です。

トゥルーマン・ショー(1998年製作の映画)

4.8

小さい頃ずっとこんな風に自分対周りだと思っていた時期を思い出させます。あの最後の一言で観る度に元気出ます。元気100倍トゥルーマン

恋の渦(2013年製作の映画)

3.9

チャラい友達、既婚者、童貞、映画好き、色んな人に感想聞きたい。「桐島、部~」観たときの気持ちに近い

|<