hideさんの映画レビュー・感想・評価

hide

hide

映画(207)
ドラマ(0)
  • 207Marks
  • 6Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.2

心理ドラマとして見応えあり、真相は闇の中で、もやっとする。いい父親ってなかなかなれない。

春を背負って(2014年製作の映画)

2.8

山好きでないと辛い。何も起きない物語。エンディングもなんだかなあ。いい人しか出て来ない。山が辛いことからの逃避に見える。

バレンタインデー(2010年製作の映画)

3.5

誰もが愛に気づく一日を描く。あざやかな回収。愛する営みが日常。日本文化とは、いや自分とは感覚ちがうかな?😅

ミッション:インポッシブル3(2006年製作の映画)

3.8

ずっとハラハラドキドキ 結末は、予想できますが、それでも見せるのは流石。どんどん死んでいく人にも愛する人はいるんだよね?

サバイバルファミリー(2017年製作の映画)

3.8

災害を経験して、家族の関係が少し変わる物語。田舎の暮らしのしぶとさが際立つ。彼氏いるのに、地味目の男子にかかわろうとする女の子いるよね。

シングルマン(2009年製作の映画)

3.2

きれいな映像。生きることの意味。水の中は、生きてあがくことの象徴かな?異性愛者には、共感しづらいな。

王様のためのホログラム(2016年製作の映画)

3.2

びっくりした!異国の恋の物語。人生再生のキッカケは、恋なのか!

ロボコン(2003年製作の映画)

3.5

マイナーな世界をメジャーであるかのように見せた。恋愛の一歩手前。

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

4.0

ずっとドキドキしてた。愛するものが奪われる。張り裂けそうな思いになる。送られた小説は、愛を切り裂くものへの警告。それでも、ぼくは今だに君を愛しているなのかな?

モールス(2010年製作の映画)

3.0

ホラー仕立てな恋の物語。画面が暗い!いじめ方が陰湿!

青天の霹靂(2013年製作の映画)

4.2

映画は、あり得ない話をあり得るようにするということなら成功している。劇団ひとり天才。大泣きした。造花でもめいっぱい咲きたい。そう思える。

銀魂(2017年製作の映画)

3.9

漫画の世界観よくまとめている!
漫画も見たくなる。映画は、登場人物のキャラの表現という意味では、成功しているな。

縞模様のパジャマの少年(2008年製作の映画)

3.2

全ての命の救済が当たり前なはずなのに、ブルーノの救済を願わせる構成。一つの命に焦点を当てることでホロコーストの無残を描く。

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.5

不気味な雰囲気から鮮やかな回収。ほのかに人権問題。

遊星からの物体X(1982年製作の映画)

3.8

SFホラーとバカにしてはいけない。教訓はないが、ただ種族の存続を競う物語。人類にとっても切実な話。

オール・ユー・ニード・イズ・キル(2014年製作の映画)

3.2

これでもかって言うぐらい死ぬ。ハラハラドキドキの展開。時間を操る生命体。

14の夜(2016年製作の映画)

3.3

生きていくうえでのかっこよさってなんだ。少なくとも悪ぶることでは、ないはず。カッコ悪さ感が、よく描けてます。自分にとってのかっこよさを追いかけて生きたいね。

ユー・ガット・メール(1998年製作の映画)

3.4

言葉で繋がる2人 恋の寓話。メグライアンかわいい。メールに気持ちこめてた頃を思い出す。

桐島、部活やめるってよ(2012年製作の映画)

3.6

全てのいけていない男子のために いけてないなりの一歩。ヒロインがチャラ男と出来ているのを見てショック。世の中の構図わかるなあ。

ONCE ダブリンの街角で(2006年製作の映画)

3.5

恋にならない恋。なんでもない出会いと別れ。音楽は、生きづらさを感じる今の自分をほんの少し前に進める、改めて思う。

エターナル・サンシャイン(2004年製作の映画)

3.2

良さも悪さも全て受け入れて愛が始まる。完璧な相手なんて幻想。お互いがつくっていくもの。OK!

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

3.5

ほろびゆく銭湯が舞台の人間ドラマ
愛だけは、ほろびてはいけないと思う。

許されざる者(1992年製作の映画)

4.0

アメリカ銃社会へのクエスチョン。力には力。それ故のカタルシスもありで、訳が分からなくなる。最後の西部劇!

パージ(2013年製作の映画)

2.7

我が子につられて鑑賞。一年に一回犯罪が許される日。今のところ、この日があればいいと思わない自分にホッとする。今の大統領なら、やりかねないのがシャレにならないなあ。

海よりもまだ深く(2016年製作の映画)

3.5

女は、今を生きる。男は、未来に生きようとする。家族であり続けることもむずかしい。幸せになるってなにかをあきらめること。

時をかける少女(2010年製作の映画)

3.2

仲里依紗かわいい。誰にとっても恋する季節がある。叶う叶わないは、別として。

ひと夏のファンタジア(2014年製作の映画)

3.0

ただ話すだけで、ただ歩くだけで胸が高なる。思い出した!

まほろ駅前狂騒曲(2014年製作の映画)

3.2

ゆるかっこいい。かっこ悪さも引き受けて前に進む話。

レオン/完全版(1994年製作の映画)

4.0

名画と言われるのは、見て納得。叶う思いだけが、人を幸せにするのではない。人を思うこと、それがあるだけで明日が変わる。大人になるってずるくなることでは、ないよね。

きいろいゾウ(2012年製作の映画)

2.8

今愛する人と向き合うこと。なかなかできないね。

最強のふたり(2011年製作の映画)

3.0

介護ではない対等な関係。障害があろうとなかろうと人は、それを求める。

I am Sam アイ・アム・サム(2001年製作の映画)

4.0

とにかく泣いた。オールニードイズラブ
愛こそすべて 映画の通り行かないが、こう
いう未来を夢見たい。

50/50 フィフティ・フィフティ(2011年製作の映画)

3.0

死ぬのが、最近こわくてたまらない。死ぬのが、わかったらどうするか?っていう話

ターミナル(2004年製作の映画)

3.2

人のつながり、生きるためのするべきこと、それだけが前に進める力になる そんな話かな?

>|