hideさんの映画レビュー・感想・評価

hide

hide

映画(189)
ドラマ(0)
  • 189Marks
  • 6Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

桐島、部活やめるってよ(2012年製作の映画)

3.6

全てのいけていない男子のために いけてないなりの一歩。ヒロインがチャラ男と出来ているのを見てショック。世の中の構図わかるなあ。

ONCE ダブリンの街角で(2006年製作の映画)

3.5

恋にならない恋。なんでもない出会いと別れ。音楽は、生きづらさを感じる今の自分をほんの少し前に進める、改めて思う。

エターナル・サンシャイン(2004年製作の映画)

3.2

良さも悪さも全て受け入れて愛が始まる。完璧な相手なんて幻想。お互いがつくっていくもの。OK!

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

3.5

ほろびゆく銭湯が舞台の人間ドラマ
愛だけは、ほろびてはいけないと思う。

許されざる者(1992年製作の映画)

4.0

アメリカ銃社会へのクエスチョン。力には力。それ故のカタルシスもありで、訳が分からなくなる。最後の西部劇!

パージ(2013年製作の映画)

2.7

我が子につられて鑑賞。一年に一回犯罪が許される日。今のところ、この日があればいいと思わない自分にホッとする。今の大統領なら、やりかねないのがシャレにならないなあ。

海よりもまだ深く(2016年製作の映画)

3.5

女は、今を生きる。男は、未来に生きようとする。家族であり続けることもむずかしい。幸せになるってなにかをあきらめること。

時をかける少女(2010年製作の映画)

3.2

仲里依紗かわいい。誰にとっても恋する季節がある。叶う叶わないは、別として。

ひと夏のファンタジア(2014年製作の映画)

3.0

ただ話すだけで、ただ歩くだけで胸が高なる。思い出した!

まほろ駅前狂騒曲(2014年製作の映画)

3.2

ゆるかっこいい。かっこ悪さも引き受けて前に進む話。

レオン/完全版(1994年製作の映画)

4.0

名画と言われるのは、見て納得。叶う思いだけが、人を幸せにするのではない。人を思うこと、それがあるだけで明日が変わる。大人になるってずるくなることでは、ないよね。

きいろいゾウ(2012年製作の映画)

2.8

今愛する人と向き合うこと。なかなかできないね。

最強のふたり(2011年製作の映画)

3.0

介護ではない対等な関係。障害があろうとなかろうと人は、それを求める。

I am Sam アイ・アム・サム(2001年製作の映画)

4.0

とにかく泣いた。オールニードイズラブ
愛こそすべて 映画の通り行かないが、こう
いう未来を夢見たい。

50/50 フィフティ・フィフティ(2011年製作の映画)

3.0

死ぬのが、最近こわくてたまらない。死ぬのが、わかったらどうするか?っていう話

ターミナル(2004年製作の映画)

3.2

人のつながり、生きるためのするべきこと、それだけが前に進める力になる そんな話かな?

セーラー服と機関銃 卒業(2016年製作の映画)

3.0

1作目が光り輝く。相米慎二凄い。女子高生が組長というのを納得させるのには、少し弱かったかな。

愛のむきだし(2008年製作の映画)

4.0

そこらの恋愛映画みんな吹き飛ぶ。愛することは、宗教みたいなものなのかな?ハッピーエンドなのだろうか?運命の人はいるってのを全く違う切り口で作った映画。昨日見た髪結いの亭主とも似てる気がする。4時間退屈>>続きを読む

髪結いの亭主(1990年製作の映画)

3.5

これは、愛の寓話。ありえないけど、説得力あるな。冷めて優しさだけが残る愛ならいらないという結末。気持ちだけは、そうありたいね。

苦役列車(2012年製作の映画)

3.3

冴えない いけてない もてない そこから見える微かな希望

ひるなかの流星(2016年製作の映画)

2.9

好きっていう気持ちだけの関係は、やがて終わる。でも、それがなければ何も始まらない。好きだけが世界を変える。

アメリカン・スナイパー(2014年製作の映画)

3.8

片側から見た戦争。片側の英雄は、片側のヒール。相手側スナイパーもまた英雄。銃で死ぬぐらい無駄な死はない。

short cut(2011年製作の映画)

3.4

鈴木京香がどんどん美人に見えてくる。高校生には、この映画の良さはわからない。年をとることでわかる世界。

君と100回目の恋(2017年製作の映画)

3.2

映画を見ることは、別の人生を生きること
そういう意味では、生き直しても、今しか
変えられないというのが人生。

植物図鑑 運命の恋、ひろいました(2016年製作の映画)

3.3

好きな人がいること 一緒にご飯を食べること それだけが時を進める。

シャイニング(1980年製作の映画)

3.5

ドキドキした。暴力と性。キューブリックは、必ず出てくるな。父性的な生き方の落ち入りやすい結果。そういうものにしばられていない前半は、幸福そうだったのに。幽霊になって夢はかなったのかな?

パーフェクト・ルーム(2014年製作の映画)

3.2

男5人の秘密の部屋
そんなに遊びたいか?
本気な思いにだけハッピーエンド
男の妄想が生むパーフェクトな空間
それは、女もいる世界 崩壊する。

SING/シング(2016年製作の映画)

3.8

ほとんど負けでも わずかな勝利が人生を変える。長澤まさみの声が好き。自由になろう。

ビリギャル(2015年製作の映画)

4.0

家族再生の物語 夢は、自分でつかむもの
多くの夢はつかめない それでも人生は続く

ハッピーエンドが書けるまで(2012年製作の映画)

3.2

家族再生の物語。今あるものを愛すること。意外にできていないな。

ちはやふる 下の句(2016年製作の映画)

4.0

人生は、負けの連続と少しの勝利
だれもが、勝ち続けることは、できない!
負けた後も人生は続く。

ちはやふる 上の句(2016年製作の映画)

3.8

誰かを特別な存在であったことを思い出す。思いが届かないことも引き受けてみんな大人になる。下の句も見ます。好きな子が、何かに秀でてる奴に惹かれるのを見ているのは、切ないね

この胸いっぱいの愛を(2005年製作の映画)

3.2

やり残したことは、ありませんか?
胸いっぱいの愛だけが、苦難に満ちた今を
進める。

>|