ひなむさんの映画レビュー・感想・評価

ひなむ

ひなむ

映画(326)
ドラマ(85)

キャビン(2011年製作の映画)

3.7

最初真面目なホラーかと思いビクビクしてたけど、面白かった!!笑
大麻ボーイ良いよなあ。
研究所のシーンも面白いし美術もいい感じでテンション上がった。
最後は壮大すぎて若干置いてかれた。
あとシガニーウ
>>続きを読む

レッド・ファミリー(2013年製作の映画)

3.4

全体的に惜しい…ハマれなかったなあ…
笑えばいいのか泣いてほしいのかハッキリしてほしい。
色々とリアルに痛そうだった。
北朝鮮モチーフのドラマや映画は何個か見てるけどなんて悲しい国なんだろうといつも思
>>続きを読む

セシボン(2015年製作の映画)

3.4

天使の顔した悪女のハンヒョジュ…ファムファタルだ…可憐で誰もが好きになってしまうのは分かるけど、心が歪んでて心配。
三人衆の青春パートはめっちゃ良かったのに現代パートが微妙すぎる…しかもその中にも90
>>続きを読む

1987、ある闘いの真実(2017年製作の映画)

4.2

日本の政治が大変な事になってる今こそと思い視聴。
日本がバブルで浮かれていた頃に、隣国では命がけで市民が民主主義を掴み取ろうとしていたんだと衝撃を受けた。
2時間の中で主人公がリレーのように変わってい
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.5

舞台挨拶でポンジュノとソンガンホをこの目で見れたのは一生の思い出。
完璧な脚本、カメラ、音楽、演技、、2時間ずっと釘付けだった。すごいものを観たなという記憶。
あのチャイムが鳴ってから最後までずっと震
>>続きを読む

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019年製作の映画)

3.7

時系列がバラバラで混乱したけど、グッとくるシーンが沢山あった。グレタガーヴィグがこの時代にリメイクしてくれて良かったなあ…
ティモシーシャラメってすごい…世界中が彼に恋する理由が分かった。
エマストー
>>続きを読む

キャッツ(2019年製作の映画)

2.7

猫ではない全身タイツの大人が爆踊りしてて怖かったけどだんだん気持ち悪さがクセになって最後まで意味不明ではあ?って言いそうになったけどメモリーは名曲だった。
原作の詩をパラパラと読んで、先輩がキャッツは
>>続きを読む

ゴーストバスターズ(1984年製作の映画)

3.5

図書館のおばさん絶叫からの歌が流れるタイミング、鬼ワクワクした〜!!!!

マザーレス・ブルックリン(2019年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

試写にて
まとまりの良い、残念な所が見当たらない映画。逆にいうと観た後特に何も考えたりはしない映画。
マイナスな意見に感じるかもしれないが、この作品のテンポや雰囲気、キャラクターが私は好きだった。
>>続きを読む

リチャード・ジュエル(2019年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

試写にて
まず、サムロックウェルの気怠いおじさん感が良い。
私が一番好きなシーンは、ジュエルが初めて容疑者にされてしまった事に対して怒りを露わにする場面。
「(FBIやマスコミに怒れない自分の性格や愚
>>続きを読む

ドクター・スリープ(2019年製作の映画)

3.4

予告が一番面白かった説…
高評価が多くて驚いた。
シャイニングを求めると物足りない。

アキラ AKIRA(1988年製作の映画)

4.3

漫画読みます。私はディストピア的世界観が好きだと分かった

ハウス・ジャック・ビルト(2018年製作の映画)

-

低いモチベで観ると後悔します…
主人公が標的を殺すまでのあの微妙な間…途中席を立とうと思ったものの、ラストで主人公が何かしらの報復を受ける事だけを期待して2時間半を過ごした。笑
嫌悪感しかないけど現実
>>続きを読む

極道の妻(おんな)たち 最後の戦い(1990年製作の映画)

3.6

岩下志麻、今回はもはや狂気。見所が多すぎて上映会したい。
津川雅彦のど変態弁護士役は頭おかしすぎて笑うけど良かったです。怪演。
かたせ梨乃の妹役の石田ゆり子の末路もなかなか悲惨ですが哀川翔が一番切ない
>>続きを読む

極道の妻たち II(1987年製作の映画)

3.4

一作目に比べてちょっとパワーダウン。
極道の姐さんの哀愁と度胸よ…
そしてまた体を張るかたせ梨乃…

>|