hinakoさんの映画レビュー・感想・評価

hinako

hinako

映画(508)
ドラマ(0)

ハッピー・デス・デイ(2017年製作の映画)

4.2

すごい新しい感じのホラーで、ハラハラはするんだけど終始ワクワクが止まらなかった。予想通り過ぎる展開ではあったけど、それも含めて面白い。
主人公がだんだん憎めないキャラになっていって可愛かった。

フッテージ デス・スパイラル(2015年製作の映画)

2.8

前作の正当な続編との事だけど、何だかまるで違ったイメージだった。
悪魔の手下みたいになった幽霊の様な子供達が、がっつり出て来て会話なんか始めちゃうと、ちょっと冷めちゃう。
やっぱり“ 見えない恐ろしい
>>続きを読む

フッテージ(2012年製作の映画)

3.2

8ミリフィルムの映像って、どうしてこんなに不安を煽るのだろう。。
妻からしてみれば主人公の行動は本当に許せないけど、イーサン・ホーク自体はとても魅力的でかっこよかった。

ドーン・オブ・ザ・デッド(2004年製作の映画)

3.8

逃げ込む場所がショッピングモールで、そのシチュエーションだけでもワクワクものでした。更にゾンビめちゃ速いし鳴き声みたいなの怖い。エンドロールも面白かった。

人生スイッチ(2014年製作の映画)

3.0

オムニバスというだけでも独特なのに、内容は更に色んな意味で奇天烈で、消化不良の後味の悪さが気味悪いんだけど、結末が何だか気になっちゃうやつです。

悪魔の棲む家(2005年製作の映画)

3.4

悪魔ががっつり出てくるというよりも、精神的に侵されていく様子がリアルで怖かった。
そして小さなクロエちゃんが可愛すぎた。。。

セッションズ(2012年製作の映画)

3.8

ハンデがあっても無くても、人間としての本能は変わらないのに、そこにはかなり大きな壁があって、例えそれが壊されたとしても、本当は心の拠り所、愛情が欲しいのだと気付く。主人公だけでなく、周囲の人間も、感情>>続きを読む

死霊のはらわた(2012年製作の映画)

3.7

悪魔系はあんまり怖いと思った事が無かったけど、これはなかなかグロテスクだけども怖くて面白かった。
悪魔が憑依する条件がちょっと分かりづらかったけども...
オリジナルも観てみたい。

レザーフェイス―悪魔のいけにえ(2017年製作の映画)

3.5

オリジナルを観た後に観てみたら、世界観の違いにやや戸惑う。。
容姿が違い過ぎて、登場人物の中で最後までレザーフェイスを見破れず、そっちだったのか...と。違う意味で驚愕です。

悪魔のいけにえ(1974年製作の映画)

3.8

今の時代みたいに画像の鮮明さが無い分、何だかより一層不気味で怖かった。
これが、よくジェイソンと混同されるというあのチェーンソーのレザーフェイスかぁ!としみじみ。
あの一家も気味悪過ぎだけど、女の人の
>>続きを読む

ファイナル・ガールズ 惨劇のシナリオ(2015年製作の映画)

3.8

映画として、めっちゃ面白おかしかったです。
13日の金曜日シリーズを割と最近一気見したのもあり、あの“ 音”が実際に聞こえてくるとか最高だった。
リアルな映画あるあるが面白い。
ジャケット写真はホラー
>>続きを読む

ハイテンション(2003年製作の映画)

4.0

追い掛けられる系のハラハラヒヤヒヤのスプラッター映画は怖すぎるけどやっぱり面白いなぁと思って観ていたら、さらにその上を行く面白さがある映画でした。。。

グレタ GRETA(2018年製作の映画)

3.8

映画『 エル』での印象的な妖しいイザベルユペールと、クロエグレースモレッツとのサスペンス。
期待以上に怖くて面白かった。
人に親切にすると巡り巡って自分にも返ってくるって言うけど、そんな言葉が信じられ
>>続きを読む

ラ・ヨローナ~泣く女~(2019年製作の映画)

3.2

呪われたラ・ヨローナの口ずさむスペイン語?の歌がゾワゾワ怖かった。
死霊館シリーズと繋がりがあるのは面白かった!
モンスター感が強かったので、怖さはそこまで...。

ラブ・アゲイン(2011年製作の映画)

4.2

すごく笑えるし、ほっこりハートフルで最高な映画でした。
予想外の関係性や繋がりが本当に面白いのに、分かりやすくて観やすい所も良い。

美しい絵の崩壊(2013年製作の映画)

4.0

とんでもない恋愛関係だけど、切なくも不思議と美しく感じてしまった。
そう感じるのも全て、あんなにも綺麗な海と、海沿いの小高い家からの素晴らしい景色があったからだろうなぁ。

世界の果てまでヒャッハー!(2015年製作の映画)

3.8

面白いのとか、クスッと笑えるのって世界共通なのだなと。
ハッピーな映画でした。

17歳(2013年製作の映画)

3.3

終始儚げで哀しくて暗く、抑揚の無さが逆に神秘的で。。
この監督はよく知らなかったけど、スイミングプールはかなり印象に残っている映画で、納得。
最後に出てきたシャーロットランプリンに全てを持ってかれた。
>>続きを読む

グリーン・インフェルノ(2013年製作の映画)

3.5

こわかった.....そしてグロかった。
人食い族のリアルさ、俳優陣の演技の上手さでもう恐怖のドキュメンタリーみたいでハラハラでした。

ゾンビランド(2009年製作の映画)

3.4

深刻なゾンビ世界なのに、主人公達の人間味のおかげで楽しく朗らかさもあり、またふざけすぎでもなく、 こんなゾンビ映画も面白い。
エマストーンがワイルドでかっこいい。

ゾンビーワールドへようこそ(2015年製作の映画)

4.0

ものすごいB級映画かと思ったけど、
想像以上に面白過ぎてびっくり。
ゾンビは速いし怖いけどコミカルだし、男の子達はそれぞれ個性強くて、登場人物少ないから分かりやすい。
グロい感じはピラニア3Dっぽい。

ネオン・デーモン(2016年製作の映画)

3.8

かなりの衝撃でした。
絶対に何かの意味があるはずだけど、とても理解しづらい妖しい演出の数々と、ひたすら美しい映像。
そんな感じだったのに、ラストに掛けてまぁびっくり。まさにデーモン。

JUNO/ジュノ(2007年製作の映画)

3.6

重い話だけれど、ジュノの小生意気だけどブレない、前しか見ない、明るいキャラクターだから成り立った。
家族や友達も最高で。

28週後...(2007年製作の映画)

3.8

前作の28日後...とはまた違うテイストだし、人物達も皆違って、自分的にこっちのストーリーの方が面白い。
怖いし切ないけど。

28日後...(2002年製作の映画)

3.5

ゾンビとは違うかもしれないけど、ウォーキングデッドの、ゆっくり歩くウォーカーを見慣れすぎている為か、走るの速っ!こんなの来たらこわすぎ..という第一印象。なかなか面白かった。

クロール ー凶暴領域ー(2019年製作の映画)

3.8

ものすごい迫力でワニから追われる緊迫感が伝わってきた。
突っ込み所はかなり多いけれど、それをも覆す様な映像だった。
ワニは勿論怖いけれど、自然の猛威をリアルに感じた。

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

5.0

涙腺が弱すぎな為、動物ものが一番苦手で、観るのを躊躇した。
結果やはりワンちゃんの悲しいシーンばかり自分の中で残って後悔。
でもワンちゃん達の頑張りはすごくて感動です。

13日の金曜日PART8/ジェイソンN.Y.へ(1989年製作の映画)

3.0

今回はクリスタルレイクを飛び出してNYまで若者達を追い掛けて来ており、なんでそこまで執着するのか疑問な所。
ジェイソンシリーズ、時折かなりチープな死体とか演出があるけど、逆にそこが段々と良くなってくる
>>続きを読む

13日の金曜日PART7/新しい恐怖(1988年製作の映画)

3.0

新しい恐怖という名そのもので、まるで斬新な展開だった。
そんなのもアリなのって、見た人もジェイソン自身もびっくりなはず。

13日の金曜日PART6/ジェイソンは生きていた!(1986年製作の映画)

3.0

一作目とは、まるで別物の様な映画になってきた。
トミーの容姿もキャラも前、前作と変わりすぎて...あの何か隠し持っている様な不思議なトミーは何処へ。
でもやっぱり面白い。

新・13日の金曜日(1985年製作の映画)

3.0

新だけあって、今までと展開が全く違い、サスペンス的な流れも加わってた。
今までのクリスタル湖での抗争にややマンネリ化してたので良かった。

13日の金曜日・完結編(1984年製作の映画)

3.0

ジェイソン、無敵そうなのに時折弱くて人間味がある。と思いきややっぱり最強。
ラストの少年の表情がめちゃくちゃ気になる...

13日の金曜日PART3(1982年製作の映画)

3.0

冒頭のシーンは、またしても前作の振り返りが5分位あり、かなり長く感じた。。
殺され方とか、何だか急にチープになった感じで、展開もマンネリ気味。
でもやっぱり続きが気になるのでパート4が楽しみ。

13日の金曜日PART2(1981年製作の映画)

3.0

ジェイソンの存在が、徐々に浮き彫りになってきたパート2です。
そしてホラーなんだけど、この時代の車とか服装とか、お洒落だなぁとか、関係無い事ばかり気になってしまう。

13日の金曜日(1980年製作の映画)

3.5

huluでシリーズ一挙配信に喜んだものの、この一作目だけあらずレンタルで。そしてこんなにシリーズがあるのにもびっくり。
BD版の特典映像ではメイキングや監督の秘話等があり、なかなか面白かった。
やっぱ
>>続きを読む

バイバイマン(2016年製作の映画)

2.9

怖いというよりも、人間の深層心理が見えて興味深い。あと、この世の者じゃないのががっつり登場してくると、何だか作り物感を感じてしまい、ちょっと冷めちゃう。。 ラストにかけての展開は面白かった。

>|