おまん孝太郎さんの映画レビュー・感想・評価

おまん孝太郎

おまん孝太郎

本当は4000本以上観てるけど、思い出せねえ。
リンクにTwitter登録してるよ。

映画(3172)
ドラマ(196)

身分証明書(1964年製作の映画)

3.5

スコリモフスキ長編デビュー作。
存在が曖昧な男の物語、階段を駆け下り、走行中のバスに走って飛び乗るラストの躍動感。

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

3.5

話はすごい面白いってわけではなかったが、演出がかっちょいい。撮り方かっちょいい。

娼年(2018年製作の映画)

3.5

デイミアン・チャゼル監督のセッションのクライマックスを下品にしたみたいなシーンあって最高だった。

50回目のファーストキス(2018年製作の映画)

3.5

福田雄一の寒い感じがなくて良かった。オリジナル版もいいけどこっちもいい感じで感動。

来る(2018年製作の映画)

4.0

観てるあいだは何か面白いけど上映終了後記憶から抹消される。

ホット・ショット(1991年製作の映画)

2.5

パロディの完成度は高いけど微塵も笑えなかった。笑いが死んでる。

マイ・ルーム(1996年製作の映画)

3.5

家族の再生。ディズニーランドに遊びに行く後半。ギラギラの頃のレオナルド・ディカプリオと美魔女メリル・ストリープ。

七つまでは神のうち(2011年製作の映画)

3.0

チープな上に話がバラついて途中で集中切れる。最後に全部繋がるっていう算段だけどその頃には興味消滅してるからあんま意味なし。

ザ・クラフト(1996年製作の映画)

3.5

前半ダルいけど後半の黒魔術対決で虫と蛇が大量に湧いてうじゃうじゃの中バトってるのがかっちょいい。

ちびまる子ちゃん(1990年製作の映画)

3.5

いつものシュールさを堪能出来るが、仲良しの友だちが転校するが果たして2人の友情は的な展開でじんわり泣ける。
湯浅政明が絡んでるのもミソ。

風と共に去りぬ(1939年製作の映画)

3.5

4時間もあるし引き伸ばしてたけどやっと観たわ。くそ古い映画なのにパワーがやべぇほどある。語り継がれる名作なのも納得。

悲しみの忘れ方 DOCUMENTARY of 乃木坂46(2015年製作の映画)

3.5

かなり良いドキュメンタリー。地味な子がアイドルになって見える世界が変わって自分自身も変化していく姿にただただ感動。
語り部を母親にやらせるなんてズルいっしょ?

マッド・ダディ(2017年製作の映画)

3.5

我が子を愛する気持ちはあっても、時として無性にぶっ殺したくなるだろ?って映画。ミニスカ娘のパンチラがスケベ。

ナッツ!ブリンクリー博士の奇妙な運命(2016年製作の映画)

1.0

勃起不全の男がヤギの睾丸を移植してうんぬんな話。
絶対好きなやつだと思ったけどクソつまんなくて俺が勃起不全になるわ。

ゴーストスクワッド(2017年製作の映画)

3.5

キネマ純情には劣るかなーとは感じつつも、井口昇の伝えたいメッセージはガンガンに響いた。

斉木楠雄のѰ難(2017年製作の映画)

3.0

橋本環奈の推しが強く、それを最後まで突き通した感。

楳図かずお恐怖劇場 まだらの少女(2005年製作の映画)

2.0

井口昇は大好きだけど、これは1時間にも満たないくせにすげぇ眠い。

少年(1969年製作の映画)

3.5

当たり屋で稼ぎ、世界を横断するヤバい犯罪家族、その家族の中の少年目線で物語が描かれる。

>|