ぺあのさんの映画レビュー・感想・評価

ぺあの

ぺあの

  • List view
  • Grid view

OUT(2023年製作の映画)

3.0

要は半グレ同士の喧嘩。
現実味も迫力も少なかった

Ribbon(2021年製作の映画)

3.0

コロナ禍ての自粛の背景が描ききれていない気がする。そこそこ自由で「のん」達が我儘に見えるかも

かがみの孤城(2022年製作の映画)

4.0

原作既読。
ちゃんと原作を映像化していて良かった。

スケバン刑事(1987年製作の映画)

3.5

ストーリーもアクションもツッコミどころ満載だけど、懐かしい。
初代(斉藤由貴)編はなく、劇場版は本作が最初らしい。
長門裕之・蟹江敬三など今は亡き俳優陣もなんか豪華

Dr.コトー診療所(2022年製作の映画)

3.0

相変わらず騒々しかった。
大型台風で次から次に怪我人が発生って、島民はどんな勝手な行動してるんだ!? という疑問大

フォーエバー・パージ(2021年製作の映画)

3.0

第一作は富裕層とか異なる層に対する私怨だったのが、人種差別的な要素になった後味が悪い。

パージ(2013年製作の映画)

3.0

リアル鬼ごっこの悪趣味版
5作も続編があるとは!?

シャドー・オブ・ナイト(2018年製作の映画)

4.0

とにかくグロい。最後の肉弾戦は目を背けたくなる凄絶さ。R18+はかなり妥当
ストーリーは微妙で潔い!

流転の地球/さまよえる地球(2019年製作の映画)

3.5

スケールがでかすぎて、どこで何をしているか場所を見失う

マイ・ブロークン・マリコ(2022年製作の映画)

3.5

永野芽郁の跳んでいるところと奈緒の人を食ったような演技を、はじめ窪田正孝の朴念仁テイな感じもよかった。

ブラック企業は日があるうちに帰宅はできないかもなぁ・・

孤狼の血 LEVEL2(2021年製作の映画)

3.5

グロい。
西野七瀬さんの演技は残念だった。それ以上に毎熊さんの持つ違和感さは健在

ジョン・ウィック:コンセクエンス(2023年製作の映画)

3.5

銃撃戦や肉弾戦の迫力はすごいけど、ちょっと長過ぎ。賞金稼ぎがノイズかな

室伏広治似の用心棒はじめ、防弾スーツの能力がすごすぎて皆不死身。

忌怪島/きかいじま(2023年製作の映画)

3.0

謎が残ったまま終わってしまった。
そもそも、パソコンで何ができたんだろうか?
最初の島ををスキャンも何?

鳥居がマッチで燃えて、鳥居が復活。 當真あみは一体だれ?

ラストナイト・イン・ソーホー(2021年製作の映画)

2.6

なんか残念。
ストーリーは破綻してるし、ケバケバしさもノイジー

でもソーホー(SOHO)がSmallOffice HomeOfficeではなく、ロンドンの歌舞伎町みたいなところということを知れてよか
>>続きを読む

イチケイのカラス(2023年製作の映画)

3.5

ドラマは未視聴(途中で挫折)
複数の事件が関連する流れは毎度お馴染みだけど、映画サイズが丁度よい。

クローバーフィールド・パラドックス(2018年製作の映画)

3.0

クローバーフィールドの前日譚
概ね宇宙ステーション内のシチュエーション

でも、次元、パラレルワールドとか意味不明な要素満載

Lift/リフト(2024年製作の映画)

3.0

キャストは豪華なのに、なんとなく盛り上がらないまま終わってしまった

ドリームキャッチャー(2003年製作の映画)

3.0

気色悪いエイリアンという印象

モーガン・フリーマンの使い方、なんか勿体ない

劇場版 ルパンの娘(2021年製作の映画)

2.5

ドラマは未鑑賞。まあ、予想通りだったけど、俳優陣営は豪華なのに驚くほどつまらないというか、滑っている。
脚本なのか監督なのか、自分には合わないだけなのか?

REBEL MOON ー パート1: 炎の子(2023年製作の映画)

4.0

ザック・スナイダーらしくないと言うか少しこじんまりしている。でも、惑星、衛星への移動があって、土地勘的に解りにくいかな。

でも、パート2が楽しみ

とんび(2022年製作の映画)

3.0

原作既読。まあ、昭和っぽい父親、備後の人達。

ドラマ版だとこれが10話続くと思うとくどいけど、映画枠位がちょうど良いかも。
とはいえ、旭の結婚以降が端折り過ぎで物足りないかな。

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 新編 叛逆の物語(2013年製作の映画)

3.0

本編とは別世界、別時間の出来事。魔女になったり神になったり、時系列も戻ったり、なかなか理解不能

ダンジョンズ&ドラゴンズ/アウトローたちの誇り(2023年製作の映画)

3.5

冒険活劇って感じ。
魔女がなんとなく弱すぎだけど、コメディタッチなので楽しめた

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 後編 永遠の物語(2012年製作の映画)

3.0

まどかと魔法少女は主人公だけど、魔法少女まどかは主人公ではないかも

もともとタイムループものということで見始めたけど後半で漸くわかった

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 前編 始まりの物語(2012年製作の映画)

3.0

NETFLIXで新編の配信期間が終わりそうなので、前編から鑑賞。
心の闇をテーマにしている感じで、なかなか重い。
登場人物は極少数。でも、同じ顔に見える。

アンビュランス(2022年製作の映画)

3.0

カーチェイスは迫力満点なんだけど、如何せん、いい加減にしてくれというくらい、長過ぎ!

シャザム!~神々の怒り〜(2023年製作の映画)

3.5

やっぱり子供向け感はあるけど、それなりに楽しい。
最後の半神登場は如何なものかなぁ

クロニクル(2012年製作の映画)

2.5

自分には合わず、終始不愉快で残念。
力を持つまえからDV親父はいるし、絡んでくる輩は多いし、みんな奇声を発するし、危険そうな洞窟にライトもなく飛び込む神経もわからないし、力を得てから悪のりしすぎ。
>>続きを読む

線は、僕を描く(2022年製作の映画)

3.5

原作既読。
原作ほどの迫力はないけど、しっかりと線を描いていると思える

デイ・シフト(2022年製作の映画)

3.5

もっとコメディ要素強めと思っていたけど、全然マジなバンパイヤものだった。

戦闘シーンは楽しい

BLAME!(ブラム)(2017年製作の映画)

3.0

ビミョーかな。
未来で人間が都市操る遺伝子を有していたなんて想像しづらい

モービウス(2022年製作の映画)

3.5

オープニングでマーベルであることに気づいたが、最後でスパイダーマンと関係するとしって、wikipediaで再確認。
ヴェノムと同じ世界観(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)らしい。
正義のヒーロー
>>続きを読む

>|