winさんの映画レビュー・感想・評価

win

win

映画館に行く度に、その世界観に浸れる。最高の娯楽だ。そして人生だ。

映画(426)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

未来のミライ(2018年製作の映画)

3.7

久しぶりに愛がいっぱいいっぱいいっぱいいっぱいつまった作品。
ファンタジーさを存分に味わい、笑い、愛に包まれる。
何も言えない笑

BLEACH(2018年製作の映画)

3.6

もっとアクション観たかったなぁ!漫画原作モノは、るろうに剣心で衝撃を受けただけに期待が膨らむ作品だったので、早乙女くんの盾シーンに震えます。
キャラが濃い作品なので、これからも期待して待ちたい。

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

3.7

スターウォーズファンにはたまらない!と共感できる作品。いちいちおもしろい。
やはり皆が楽しめて長く愛されるには訳がある。
だっていつしか、あのけむくじゃら、好きになっておる。

パンク侍、斬られて候(2018年製作の映画)

3.8

クドカンらしい作品!いやはやさらにパワーアップしてますよ。油絵のようでパステルでホログラムのようなまやかし感。役者が旨味たっぷり。最高だ。綾野剛のまた色が増えた。

アメリカン・アサシン(2017年製作の映画)

3.7

とりあえずストーリーというよりは久しぶりに硬派なアクションCIAもの?がきたなって感じで楽しみにしていた作品。期待を裏切らずテンポよい展開にご満悦。拷問シーンも目をつむりたくなる感じ、最高です。

羊と鋼の森(2018年製作の映画)

3.8

きっと原作で膨らませるイメージが映画化で実写化されることで清々しい感じがストレートだ。山崎賢人の清々しさが作品の主人公にマッチ。

メイズ・ランナー:最期の迷宮(2018年製作の映画)

3.8

エイリアン版バイオハザード的なこの作品は、結構好きなジャンルである。ゾンビ物や血みどろや気持ち悪い作品は嫌いなのに何故かみたいと思ってしまう作品。しかもシリーズ最終作と言うこともあって、救いのラストに>>続きを読む

OVER DRIVE(2018年製作の映画)

3.8

とにかく、かっけー。カーレースシーンも主役2人の掛け合いも。スリリングさもチームワークも胸キュンも切なさも。私の身の回りには絶対に存在しない世界だ(笑)
かっけー。

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

3.8

ラストまでさわやかな風を感じる作品。雨のシーンが多いのに。小松菜奈の目力が、短距離ランナーのエースらしさにとてもマッチ!まっすぐに気持ちいい。

50回目のファーストキス(2018年製作の映画)

3.8

オリジナルはオリジナル。福田組の今作は今作で鑑賞すると、オリジナルとは違うエッセンスがふんだん盛り込まれていると思う。山田孝之、ムロツヨシ、佐藤二郎。並んだだけで(笑)
テーマの哀しみがハワイの素晴ら
>>続きを読む

空飛ぶタイヤ(2018年製作の映画)

3.8

原作未読だけど他の池井戸作品はシンプルに好きなので、男臭さムンムンな期待で鑑賞(笑)主役の長瀬智也がバラエティでみせる長瀬らしく、でも主人公赤松運送の若手社長らしく。
巨大な組織と中小企業との戦いでは
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.3

素晴らしいキャスト陣と子役の演技力。そして絆という誰もが持っている道徳心というか愛のカタチ。
華やかなというか、当たり前にみえる幸福論は金かココロの見えないカタチないモノか。
ラストシーンも私は唸る。
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

3.8

もうコイツは、計算されているのかただの(笑)やりたい放題がここまで来ると素晴らしい!
なんだろ。これ、何を褒めていいかわからないです。

友罪(2017年製作の映画)

3.8

難しい作品だ。久しぶりにエンドロールが頭に入ってこなかった。うーん、と唸ってしまう。予告では瑛太と生田斗真の2人を取り巻くものかと思っていたけど、様々な罪とそれに関わる周りの人間たちが描かれていて、よ>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

3.9

いわゆる過激な作品の匂いがプンプンしたけど、役所広司と松坂桃李!見てみたいとと素直に感じる。確かに過激だし、無茶苦茶だけど、エンターテイメントな仕上がりにバランスが良くて印象的。
キャストの布陣はさす
>>続きを読む

ホース・ソルジャー(2018年製作の映画)

3.8

事実を元にした話なだけあって、物語が進むにつれて、ズシズシくる感じ。そして迫力の映像に足が竦む。
背景は、事実ということ。
だから、見終わった後に残る、重み。見て良かったと思う作品だ。

ピーターラビット(2018年製作の映画)

3.8

そんなに期待していなかったけれど、可愛かった。とにかくとにかく可愛かった。動物ものは、かわいいに決まっている!と帰って嫌煙していたけど、うーむ、可愛い!

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年製作の映画)

3.8

わーわーわー!すごい!でかい!でかい!でかい!
それにしても、なぜあの三種にしたんだろう(笑)ゴリラが一番だったから私は嬉しい。

のみとり侍(2018年製作の映画)

3.6

昼間から観る作品としては、目のやり場に困る(笑)ほどに美しく艶めかしい。阿部さんのテルマエ以来の肉体美はさておき、豊悦もそうだけど男も女も年齢いくほどに増す、艶めかしさなり。

blank13(2017年製作の映画)

3.8

淡々としているのに、個性的なキャストが強烈なインパクト(笑)
斎藤工監督作品の味を堪能した気がした。最近、事実を元にした作品が多く見られるなぁ

サニー/32(2018年製作の映画)

3.5

うわぁ久しぶりに破茶滅茶な作品に遭遇した(笑)でもリリーフランキーにピエール瀧に門脇麦キャストって!
笑ってイタイ作品だった。残る…(笑)

GODZILLA 決戦機動増殖都市(2018年製作の映画)

3.7

前作の終わりが「❗️」だったから、楽しみにしていたが、やっぱりゴジラはカッコイイ。もうはじまりからジワリジワリ、スピードアップしてくる感じにワクワク興奮!

ボストン ストロング ダメな僕だから英雄になれた(2017年製作の映画)

3.9

今日は一日2本、実話に基づく作品を観た。理由はひとつ。主演の俳優が好きだからだ。ジェイクギレンホール。ブロークバックマウンテンからのファン。彼が演じる人は、ノンフィクションであれフィクションであれ、そ>>続きを読む

ラプラスの魔女(2018年製作の映画)

3.6

東野圭吾原作で、このキャスト。誰が観ても凄そう、と期待する作品だ。だからこそかもしれないが、あまりに魅力的なタイトルに妄想が膨らみまくり。それが仇になってしまいました。三池監督だし(笑)評価は許して

モリーズ・ゲーム(2017年製作の映画)

3.8

女優ジェシカのファンになってからというもの、出演作品に注目してしまう。今回も強い女性像の主演だが、やはり周囲が評価する強さではなく、真の強さを感じる。生き方は切なくて。寂しさが華やかなファッションと対>>続きを読む

となりの怪物くん(2018年製作の映画)

3.6

菅田将暉と土屋太鳳、演技力に評価ありの2人が主演はなかなか○。原作漫画は未読だけど、漫画らしいコミカルな展開が楽しく、透明感たっぷりでした。

名探偵コナン ゼロの執行人(2018年製作の映画)

3.7

不動のオモシロさがあるね。しかし今回も破茶滅茶アクションシーンには度肝を抜かれました(笑)アムロさん、カッコいい(笑)

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.2

最高に豪華でジョークに溢れていて、クールでメチャクチャ派手で、興奮しっぱなしじゃないか!(笑)もう一度アベンジャーズシリーズのみならず、登場するすべてのキャラの作品を観たくなっちゃう。マーベルスタジオ>>続きを読む

アンロック/陰謀のコード(2017年製作の映画)

3.6

私以外の人たちが鑑賞後に、どっかで見た事があるような…という感想を聞いて、私も心の中で頷いていた。
しかも、マイケルダグラスが登場して更に(笑)的な。ただ、ドラゴンタトゥーの女でかなり注目している女優
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.9

これぞアトラクション的映画!日本人には特に大人たちにこそたまらないキャラたちや音楽、映画が詰まっている!
4DMXで鑑賞、いやはや体感(^^)見逃してしまったキャラがいたんじゃないかと、もう一度見たく
>>続きを読む

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

3.9

もともとゲーリーオールドマンの大ファンの私は今年のアカデミー主演男優賞は拍手喝采だ。オマケに日本人も同時受賞!
その作品だもの!やっぱり彼は目力や話し方や佇まいで演じてしまえる役者さんだ。それ以外の部
>>続きを読む

いぬやしき(2018年製作の映画)

3.7

予告からキャスティングおもしろいと思っていたが、鑑賞した後も良かったと思った!佐藤健が扮する獅子神の哀しみの連鎖が痛々しく、ナイフのようで、美しくさえあった。木梨憲武が扮する犬屋敷は、なんて情けないの>>続きを読む

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

3.7

ただの、ただのロボット映画じゃない迫力と子どもの頃に遊んだマジンガーZのおもちゃやマンガのような懐かしさがある(^^)
ドデカなロボットを俯瞰的に、人間目線で、と楽しい!そしてかっこいい!

クソ野郎と美しき世界(2018年製作の映画)

3.6

なんというか(笑)おもちゃ箱をひっくり返したような作品だった。稲垣吾郎、香取慎吾、草彅剛。いい意味でらしい役どころだし、私の年代にはどこか懐かしさもあったりして。

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

3.7

面白い🤣笑いました笑いました。だってそういう作品だもの。ツボはマッチョになったオタク君とデブおやじになった自撮りギャルかな(笑)
楽しいことにお金をかける!素敵だ(笑)

犬猿(2017年製作の映画)

3.8

難しい役どころだと思う姉役のニーチェ江上さんの演技がうまい!新井さん扮する兄役に負けない演技で、この作品がビシッとビシッと伝わってきた。
犬猿の仲ってもんだ。ホント、なんでだろなんでだろって。
苦しい
>>続きを読む

>|