winさんの映画レビュー・感想・評価

win

win

映画館に行く度に、その世界観に浸れる。最高の娯楽だ。そして人生だ。

映画(501)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

ミスター・ガラス(2019年製作の映画)

3.8

シャマラーン!(笑)
予告でアンブレイカブルのその後っていうから掘り起こしての鑑賞。スピリットは映画館鑑賞してたけど、この世界観が共通とは!相変わらずのどんでんは準備万端だけど、キャストがにくい!ズル
>>続きを読む

マスカレード・ホテル(2019年製作の映画)

3.8

さすだね。きっと王道だしゴールデンコンビだし、あれだけ映画宣伝してるんだからって誰しも思うし、原作ファンだって見てみるかになるし。だからあえて原作未読にて挑んでみた(笑)
さすがだね。東野圭吾ワールド
>>続きを読む

TAXi ダイヤモンド・ミッション(2018年製作の映画)

3.6

懐かしさすら感じるベターな笑いのオンパレード(笑)ドライブものだと大御所ワイルドスピードシリーズのファンとしては、なかなか受け入れがたし(笑)ただ比較するもんじゃないしね。
ヨーロッパユーモアよね。

蜘蛛の巣を払う女(2018年製作の映画)

3.9

毎度のことながらこスリリングなこの展開!次から次へと、とにかくかっこいい。個人的には妹役の女優さんが好き。強いというのが腕力だけとは限らない!
まだまだ新作を期待しちゃうなぁ

クリード 炎の宿敵(2018年製作の映画)

3.9

やっぱりやっぱりだなぁ、不滅の映画やヒーローはいつの時代も人の心を震わすのだなぁ。クリードもドラゴも闘う男のぶつかり合いだ。スタローンはジジィになってもかっけぇー。

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話(2018年製作の映画)

3.8

人に迷惑をかけることをただ悪とするのではなく、不完全な人間だからこそ共に支えあっていく。理想とする生き方が素晴らしいのではなくて、自分が求める生き方をしようと努力すること、助けてもらうことが大切なんだ>>続きを読む

映画 妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS(2018年製作の映画)

3.6

泣いちゃったよ。可愛らしさというか愛らしさというかにやられた(笑)
アニメキャラクターのきめ細かい設定に飽きない展開。子ども作品なんだけど、泣いちゃったよ(笑)

シュガー・ラッシュ:オンライン(2018年製作の映画)

3.7

ここまでやるかディズニーよ!(笑)プリンセスたちも含めてディズニー好きの人にはたまらないのでは?
ざまざまなキャラやネットの世界のキャラのいくつかは見逃している(笑)
でもネットの世界を分かりやすく面
>>続きを読む

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

3.9

圧倒的な歌唱力と王道のストーリーにやっぱり拍手。レディガガだからこそ納得な物語に押し寄せる歌の数々。リアルなガガのイメージがエンターテイメント要素が強い印象があったから、これほどまで歌声に惹きつけられ>>続きを読む

斬、(2018年製作の映画)

4.0

刀同様、少ないセリフの中、鋭く冷たく激しい痛み。切られているのに痛みじゃなく冷たさとねっとりとした混沌。
池松壮亮の最後まで苦悩する若き侍の心に寄り添うように目が離せなかった。
刀の持つ力。それを生み
>>続きを読む

ニセコイ(2018年製作の映画)

3.5

面白くつくってあった(笑)ギャグ、ミュージカル、ラブコメ、そして主人公2人が本当にマンガから飛び出してきたかのよう。キレイな顔とスタイル抜群!ため息。
スクリーンに映える顔だね。

平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER(2018年製作の映画)

3.8

周りからどう思われても観たい!仮面ライダーシリーズ!しかも平成最後を飾るとは!クリスマスより大切(笑)
中々凝った物語に歴史に恥じない総出演。たまりません。
私がハマった仮面ライダー電王。永遠なれ

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

3.9

本当の強さみたいなものが、こんな小さな身体の中に存在するということ。こんな小さな身体の中にもやっぱり弱さが存在するということ。どうやったらいいのかわからない。主人公だけではない人との関わり。
そういう
>>続きを読む

春待つ僕ら(2018年製作の映画)

3.7

正統派の青春ラブストーリー。土屋太鳳ちゃんと北村匠海くんが良い感じ。北村くんはああいう感情を内に秘めた役どころがすごくうまいというかマッチしている。

ドラゴンボール超 ブロリー(2018年製作の映画)

3.8

やはり鳥山明先生はすごい。初期しか観てない私だけど、大人の私が観ても隣の子どもたちと同じくらいワクワクさせてくれた。ただ戦ってるだけに見えるかもしれないけど、違うんだよ(笑)それだけを観たいわけじゃな>>続きを読む

グリンチ(2018年製作の映画)

3.9

イルミネーションが力を入れた作品だけはある!さすが!アニメーションの最高を詰め込んだプレゼントのよう。可愛らしさや愛らしさがたまらない(笑)
吹替しかやってなかったけど大泉洋はグッとでしたよ。

くるみ割り人形と秘密の王国(2018年製作の映画)

3.7

ディズニーらしい裏切らない美しさ。安定のお姫様作品だったと思う。まさかあの気持ち悪いネズミたちが、、、笑
衣装と美術に感嘆。

(2018年製作の映画)

4.0

ガン=銃 というタイトルと村上虹郎主演のみ情報で観たいなと鑑賞。モノクロの世界が主人公の心を反映しているかのよう。虹郎くんの前髪で隠しても隠しきれない強い力目。焦燥感、空虚感。苦しさに目を覆いたくなる>>続きを読む

ポリス・ストーリー/REBORN(2017年製作の映画)

3.6

白髪だけどやっぱりジャッキーはジャッキーだ!今回はポリスストーリーというタイトルが私の心を鷲掴み(笑)
ちょいちょい昭和なユーモアやトムクルーズもどき?なアクションシーンもジャッキーだからいいのだ!

来る(2018年製作の映画)

3.9

格好いい。とにかく理解が追いつかないほどにかっこいい(笑)アレが来る、来た、また来る、来た。またアレが来る、来た。
いわゆるホラーの概念とは違う、いや違わないのか?人間そのものがホラーなのかもしれない
>>続きを読む

かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発―(2018年製作の映画)

3.7

こちらのシリーズは感動するに決まってる。から鑑賞後の目の腫れをごまかせず困っている訳です。子役の子や有村架純ちゃんが愛おしく愛おしく感じる。出来事や台詞以上に二人の表情にやられたわい。

ビブリア古書堂の事件手帖(2018年製作の映画)

3.7

派手ではない前提として、黒木華、野村周平キャストは納得な中にあって、最近の注目俳優・成田凌とあれば鑑賞の楽しみが増えた。過去の純愛回顧シーンとのバランスが良かった

人魚の眠る家(2018年製作の映画)

3.8

かなりハイレベルなテーマだし、堤監督と東野圭吾原作のタッグだし、参ったなぁ。ただ原作を読んでないから堤監督のフィルターを通した作品として見た時、ヒカリや闇、青さ、白さ、緑の爽やかさ、春の桜、そして雨な>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

3.7

えーそっかぁ、あーなんとまぁ。というのが直後の感想。相変わらずちょいちょいユーモラスだし、魔法はすごいし可愛らしさとかっこよさが詰まった作品だ!

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.7

ダーク過ぎるビジュアルに慄いていたけど、マーベルらしくユーモアが絶妙で、デッドプールグループな感じかな(笑)
ヴェノムとの会話が面白い。

寝ても覚めても(2018年製作の映画)

3.7

TAMA映画祭で鑑賞。テーマはさておきテンポや音楽が派手さはないのに心地よく。台詞は少ないからこそのグサリ感。
好き嫌いあるかもだけど、私は好きだ。

スマホを落としただけなのに(2018年製作の映画)

3.7

物語全体も主役はだれなのか?乗っ取られ感がハンパない。成田凌の怪演と千葉雄大がいい感じ。身近なテーマなだけに面白く鑑賞。

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.1

最高の愛の物語だぁー!愛してるぞー!叫びたくなるカッコよさ。フレディがフレディだからこそ、クィーンだからこそのパワーがそこにはある。こんなにもこんなにも愛が溢れている。

この道(2018年製作の映画)

3.7

知る人ぞ知る 童謡「この道」の北原白秋と山田耕筰、そして寄り添う与謝野晶子。
自由で子どものような白秋と生真面目で大人な耕作の戦争という時代を通し、人生が温かく描かれていた。改めて知る驚きとほのぼの感
>>続きを読む

GODZILLA 星を喰う者(2018年製作の映画)

3.8

櫻井孝宏の語りに、ついつい槙島聖護を重ねてしまうわたしは、ゴジラも人間もギドラの存在もすべてが現実で矛盾していて己の中にもあり、あるいは、、、。どんな崇高な理想や希望も我々の頭の中にあるのみ。シュビラ>>続きを読む

旅猫リポート(2018年製作の映画)

3.6

動物モノはあまり見ない方だけど、福士蒼汰くんの可愛らしさスマイルに癒されるべく(笑)鑑賞。良くも悪くもこういう作品になりますよね。

オズランド 笑顔の魔法おしえます。(2018年製作の映画)

3.7

優しく温かく、そして笑顔になる作品。そして自然と笑顔になるキャスト陣。どんな仕事でも気持ち次第で違ってくる気がした。そんなヒントが作品中にたくさんあった気がする。

あいあい傘(2018年製作の映画)

3.7

タイトルから優しい気持ちにある作品よね。わかっていたけど、やっぱりあの再会シーンには涙しますよ。どんな立場でもどんな事情があっても、誰かを思う気持ちは誰にも否定できない。
市原隼人の熱い熱い演技が優し
>>続きを読む

あの頃、君を追いかけた(2018年製作の映画)

3.6

見慣れた信州の風景と青春のひとときが丁寧に優しく描かれていた。
ひとときかもしれないけど、ひどく長い時間のようにも感じられる。
下手な小細工ないあたりが清々しい

億男(2018年製作の映画)

3.7

悔しいかな、おもしろかった(笑)ヒットメーカー川村元気原作作品なだけに。高橋一生含めた4人を通して主人公の佐藤健の物語構成になってるお金の話。実に見せ方がうまい。痒い所に手が届いた感じ…
悔しい(笑)
>>続きを読む

デス・ウィッシュ(2017年製作の映画)

3.6

久しぶりのブルース!登場人物がそこそこ絡んでる割には、大したことない(笑)感じでなぜ絡ませた?感はあるけど、久しぶりの銃を構えたブルースがカッコいいからよし!だけどあのグロさは異常(笑)

>|