Ayumiさんの映画レビュー・感想・評価

Ayumi

Ayumi

ラストナイト・イン・ソーホー(2021年製作の映画)

3.6

目の周り真っ黒なメイク似合うのいいなぁ。
エロイーズあんなにネオンがうるさそうな部屋やのに遮光カーテンつけないんだね。
夏は下水道が匂うから蓋をする。
となりのレストランのニンニク臭の伏線。
ホラーっ
>>続きを読む

転々(2007年製作の映画)

3.0

ゆるっと気楽に、ちょっぴり切ない。
本当にカッとして殺したのかなー。
岸辺一徳探しに行きたくなる。

マグノリア(1999年製作の映画)

-

ちょっと一回では飲み込めへん。
登場人物多くて追っかけるの大変やった。
もう一回丁寧に見たい。
過去の浮気懺悔はマジでどうでもいい。
3時間きっちり使ってみんなの人生を撮してたんやけど、ラストの気持ち
>>続きを読む

プロミシング・ヤング・ウーマン(2020年製作の映画)

3.7

気持ちのいい終わり方ではない勧善懲悪。
世の中本当にずっーと優しい男の人もいるでしょうけど。一括りにしちゃダメでしょうけど。でもこういう「男ども全員死ね!」って思う感情は女の人一度は持ったことあるだろ
>>続きを読む

劇場版SPEC~結~ 爻ノ篇(2013年製作の映画)

3.3

久しぶりに全部見返した。
これはドラマから劇場版シリーズ全体の評価。
ドラマだけなら星4は軽く超えるくらい好き。
バディものだと当麻と瀬文のコンビが1番好き。
みやびちゃんも超かわ。この頃の有村架純め
>>続きを読む

死刑にいたる病(2022年製作の映画)

3.5

恐ろしい。全ては彼のゲームでしかない。
爪を磨いて歯も白いサダヲ。涙袋もあれ描いてるよね?コミュニケーションお化けのサイコパス。人との上手な付き合い方教えますみたいな仕事始めたらパン屋さんよりボロ儲け
>>続きを読む

間宮兄弟(2006年製作の映画)

3.0

ゆるーい雰囲気。
ギャルな北川景子が見れます。パカパカ携帯とMDウォークマン懐かしい。あんなに親友みたいな兄弟関係なら一緒に暮らしてて楽しいだろうなー。お互いを思い合って毎日を楽しんでる。カレー食べに
>>続きを読む

8番目の男(2018年製作の映画)

3.5

面白かった!映画っていうか2時間ドラマな感じ。シリーズものにしてもっと見たい。裁判官て孤独だよね。捜査情報をもとに話聞くだけで人様の人生左右させる判決下さないといけないなんて。恨みも買うし怖い仕事。日>>続きを読む

恐竜が教えてくれたこと(2019年製作の映画)

3.0

愉快で包容力のある理想的なパパ。
私も思い出を出来るだけ集めようと思う。
いろんな人に会いたいし大切な人とは一緒の時間を過ごしたい。
最後まで絶対人違いやと思ってた。
バカンス行きた〜!

冷めるのを、待っている(2021年製作の映画)

3.0

演技をなんかちょっとわざとらしく感じるのってなんなんやろ。下手やとは思わへんけど、あーカメラ意識してるなーとかセリフを言ってるなーって感じる。初々しくもありそっちの方がリアルな感じもするけど違和感。>>続きを読む

佐々木、イン、マイマイン(2020年製作の映画)

3.8

できないからやるんだよ!って言ってたのに
自分の可能性を1番信じてなかった佐々木。
好きなことちゃんとあったのに。
生き方が下手な人達。

彼女が好きなものは(2021年製作の映画)

3.9

いやー、よかった!
LGBT系のお話ちょっともういいかなぁって飽きてきてたけどこれは見て良かった。とにかく山田杏奈ちゃんかわいいね。こんな良い子と付き合ってみたい。クラスで1番の美女じゃないけど常に2
>>続きを読む

しあわせはどこにある(2014年製作の映画)

3.0

しあわせとは?
恋人に幸せってなんだろうって言われたら辛いよね。私は幸せ要素じゃないんだって傷つく。幸せだと思えば幸せだし、まだ足りないって思えば不幸。コメディタッチで私にはちょっとファンタジーに見え
>>続きを読む

愛しのアイリーン(2018年製作の映画)

3.6

クソ野郎ばっかり。日常の中の狂気。
子供が1番、それが親ってもんだって力説しながら人の子供を自分の都合のいいように使おうとするババア。甲斐性のないマザコン男。下品なデブ。おっさん達で遊んで自己肯定感を
>>続きを読む

女は女である(1961年製作の映画)

2.6

これは、、、コントなのか?
この時代に新しい映画を生み出した天才の作品と言うことでみんなかなり評価高めですが、私はその辺よくわからないので正直に。
前半会話がちぃちゃい声やのに効果音とBGMがバカでか
>>続きを読む

あの頃、君を追いかけた(2011年製作の映画)

3.3

エクボの女の子憧れる。やっぱりかわいい。
青春のキラキラと甘酸っぱさとすれ違い。
日本のリメイクよりヒロイン気強め。
女の子がちょっとずるいなって感じしたけど、手堅く若くてきれいなうちに歳上のおそらく
>>続きを読む

小説家を見つけたら(2000年製作の映画)

3.6

いい理解者やお手本になるような大人が周りにいないと才能は潰されちゃうって話。もったいないよね。自分が周りより上のステージに行くようで今まで連んでた友達と距離が出来ることに罪悪感感じたり、お兄さんにも気>>続きを読む

オーロラの彼方へ(2000年製作の映画)

3.9

噂通り面白かった!
前情報はあまり入れずに見てほしい。
ほのぼのヒューマンドラマなのかと思ってたらハラハラドキドキ刑事ものだった。バタフライエフェクトの悲しみが待ち受けてると覚悟してたら裏切られる。鼻
>>続きを読む

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結(2021年製作の映画)

3.3

頭空っぽでみるべき。血飛沫がいっぱい。
ハーレイだけじゃなくどんどんナナウエに愛着が湧いていく。

リリイ・シュシュのすべて(2001年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

この映画多感な時期に見せるの怖いな。
むしろイジメしてるような奴らに見せた方がいいのか?
人の田んぼや畑に入って踏み荒らしてはいけない。クラスで2人も死んでるのに態度が全く変わってない先生は逆にすごい
>>続きを読む

バースデーカード(2016年製作の映画)

3.3

高橋愛はいつ見ても美しいな。
横顔が彫刻のよう。
めっちゃ仲良し家族でした。
宮崎あおいの優しい感がすごい。
こんなに薄ピンクが似合う人いる⁉︎

旅のおわり世界のはじまり(2019年製作の映画)

3.0

ミステリーハンターや世界ウルルン滞在記にとっても憧れていたのであんな仕事めっちゃ楽しそうやん!って思ったけど、ずーっと不機嫌そうなあっちゃん。仕事は一生懸命やってるんだけどモヤモヤが止まらない。不安で>>続きを読む

滝を見にいく(2014年製作の映画)

3.3

なんやかんやめっちゃ楽しそう。
40超えたら同い年だしいくつになっても少女なんだな。おばちゃんとかおじさんが元気に楽しそうにしてるとなんか元気もらえるよね。
でもやっぱりみんな人生山あり谷ありそれぞれ
>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

2.9

平和な毎日に満足してるパターソンと毎日刺激を求めてる奥さんて相性いいのかな。白黒のアート作品で家の中が埋め尽くされるのはやだなぁ。とりあえずなんか買おうとしてる時は2週間待ってそれでも欲しかったら買っ>>続きを読む

タレンタイム〜優しい歌(2009年製作の映画)

3.7

美しいお話。
みんながいろんな言語と訛りで話すもんだから今何語で話してるのかわからんくなる。仲良くいろんな宗教が共存してるわけじゃないから、恨みがあったり隣の人と揉めて殺人沙汰になったり。まぁ、これは
>>続きを読む

子供はわかってあげない(2020年製作の映画)

3.8

なにこれめっちゃいいやん。
クスッと笑えて懐かしくなって心がホッとしてキュンキュンする。

カランコエの花(2016年製作の映画)

3.5

彼はさくらちゃんのことが好きだったんだと思う。
恋する若者はかわいいね。

クルエラ(2021年製作の映画)

3.9

最高にスタイリッシュでおしゃれなヴィラン。音楽もファッションも演出もカッコ良すぎる。最後のポンゴとパディータの回収も素敵。子供の頃何十回も見た101匹わんちゃんのクルエラは容赦なく毛皮剥ぎそうだっけど>>続きを読む

くちづけ(2013年製作の映画)

3.6

辛い。オープニングでネタバレされるからなんとなく予測はつくんやけど、そうなって欲しくないと祈ることしか出来ず。知的障害を持つ親御さんを何人か知ってるけどみんな口を揃えてこの子より長く生きることが目標っ>>続きを読む

花束みたいな恋をした(2021年製作の映画)

3.7

終電逃してから朝になるまで長すぎやしないか。
自分とそっくりな人間てどうなんだろう。すごく一緒にいて楽しいけど、価値観一緒すぎて落ちてく時も一緒なんだろうな。古い家をあんなオシャレにできるのすごい。私
>>続きを読む

バブル(2022年製作の映画)

2.7

ウルトラバブルマーメイドストーリー。
あんなに視界の悪そうなマスクして危ないよね。ひびきはなにゆえヘソだしルック?
泡とウタと爆発の理由は全く語られず、よくわかんないまま終わる。ファンタジーだからしょ
>>続きを読む

音楽(2019年製作の映画)

3.0

この独特の間に面白みを感じるかめんど!って思うかで分かれそう。私は正直めんどかったので途中から1.2倍速で見てしまった。ちょうどよかった。
ギターを初めてアンプに繋いで音出した時のワクワク感を思い出し
>>続きを読む

流浪の月(2022年製作の映画)

3.7

空の移り変わりが印象的。昼間の月、夕方の月、夜の月。全部欠けてるんだよなぁ。
2時間半の長さが全く気にならなかったのは役者さんの凄さなんだろうな。
傷物にされた過去があったとしても大手エリートサラリー
>>続きを読む

薬の神じゃない!(2018年製作の映画)

3.8

めっちゃええ話やん。
社会を変える影響力ってすごい。
世の中お金が9割やなって実感する。
ただお金目的やった主人公がだんだん患者の為に必死になっていくのが伝わって引き込まれた。輸出してくれるインド人の
>>続きを読む

私をくいとめて(2020年製作の映画)

3.7

可愛いなぁ。好きな人のためにご飯作るの楽しいよね。いつもより気合い入れちゃうし、玄関にフレグランス置いちゃうよね!
分かるよ、土日の上野公園は肩身が狭いし臼田あさ美が先輩だったら大好きだわ。おひとり様
>>続きを読む

>|