hyantaroさんの映画レビュー・感想・評価

hyantaro

hyantaro

映画観て笑うのも泣くのも怒るのも好き

映画(75)
ドラマ(2)

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

5.0

Queen の歌を聴いて初めて泣いた。

Rami Malek が、ゲーム「Until Dawn 」のジョッシュにしか見えないとやだなと思ったけど、途中からフレディだった。

そして、Queen のメ
>>続きを読む

もういない(2012年製作の映画)

4.2

がっつりサスペンスかと思ったけど、家族の心の動きも描かれていて、考えさせられる社会派でもある。
個人的には好ましい映画です。

日本語字幕はなかなかすごいですが(^_^;)お話には入り込めました。
>>続きを読む

スウィッチ/素敵な彼女?(1991年製作の映画)

4.0

Amazon の星5つに誘われて鑑賞。
個人的にとっても面白く観ましたが、星5つじゃないな〜(^_^;)
役者さんがみんな魅力的な佳作という感じ。

何年経っても差別問題は無くならないんだなぁと改めて
>>続きを読む

グッド・ライ いちばん優しい嘘(2014年製作の映画)

4.6

過酷な状況でも家族や仲間を思う強い気持ちを持ち続けている人とそれに共鳴した人たちの温かいお話。
「サルバドル/遥かなる日々」や「ホテル ルワンダ」のような、悲惨でやりきれないお話が進むのかと思いきや、
>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

4.7

ストリーズ含むスターウォーズ全作品を映画館できっちり観ている自分としては、久しぶりにスターウォーズを観た‼︎感じ。
悲惨すぎず、見せどころ満載の楽しい冒険モノでした。
エピソード4、5、6につながるネ
>>続きを読む

人生スイッチ(2014年製作の映画)

4.0

短編6本で構成された怒りの映画。
それぞれの怒りには時々共感できるし、それぞれの結末は笑える。
スペイン語が似合うお話。
Amazon Prime Video ありがとう (*^^*)

蛇のひと(2010年製作の映画)

4.1

2時間ほど予定が空いたので、以前から気になっていた作品を鑑賞。

2時間ドラマっぽい(失礼)のかなぁと思いながら観てたら、意外な展開で心理サスペンスのよう。

ちょっと、宮部みゆきの「火車」「ペテロの
>>続きを読む

神様メール(2015年製作の映画)

4.9

原題が “THE BRAND NEW TESTAMENT” というだけあって、宗教色はあるけど、新しい(ポップなw)世界の始まりに立ち会う感覚。
難解と言われてる”Mother!” を神様側から(ポッ
>>続きを読む

友罪(2017年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

犯罪を起こした / 巻き込まれた人たちの、救いのない人生。
様々な立場の視点を詰め込みすぎた感はあるけど。
むしろ、瑛太と生田斗真演じる主人公2人は共鳴することで救いを見出せたようにも感じた。
それに
>>続きを読む

四月は君の嘘(2016年製作の映画)

3.9

原作読んだので、キャラクターのイメージが…と思うし、ピアノのライバルたちがスパッと省略されてるのもさみしいのだけれど、映画単体としてはまとまってるかな。
原作に忠実にするには制約が多いから致し方ないか
>>続きを読む

フローズン・タイム(2006年製作の映画)

4.5

ちょっとサスペンスちっくかと思って見始めたら、おバカエロ映画かと油断させられて、最後の5分にやられてしまう良作。

「バッファロー'66」「イエスタデイ」「スウィート17モンスター」あたりの青春挫折モ
>>続きを読む

映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~(2018年製作の映画)

4.2

鬼に金棒、かすかべ防衛隊にぷにぷに拳。
劇場版のしんちゃんは初めて観たけど、大人でもほっこり楽しめる良作でした。

だれかの木琴(2016年製作の映画)

4.5

もやもやしたまま終わる映画。
「サード」「もうほうづえをつかない」等、けっこう昔の東陽一監督作品のファンなら納得できると思いますが、最近のわかりやすい映画に慣らされてるともやもやが不快かも。
エンドロ
>>続きを読む

リアル鬼ごっこ(2015年製作の映画)

3.0

メッセージの無いパンチラ映画(*^^*)
走る走る死ぬ死ぬ
でも、原作より面白かったかも。

愛のむきだし(2008年製作の映画)

4.5

強いメッセージが込められているパンチラ映画。
園子温作品中で、一番ストレートにパワーとメッセージを受け取れました。
中学生?の松岡茉優が田舎くさくてかわいいのも見どころ。

ガール・オン・ザ・トレイン(2016年製作の映画)

4.6

予備知識全く無しで観ました。
サスペンスとしてすごく面白い。
映画館で観るべきだったなと思わせる面白さ。
出演者が何気に豪華なのもいい。

マザー!(2017年製作の映画)

4.2

サイコスリラーと紹介している記事がありますが、そうではないですよ(*^^*)
最初から最後まである種の緊張感があって、意味を考えてしまうシーンも多いので、途中からちょっと疲れてきましたが、映画としてと
>>続きを読む

素敵なダイナマイトスキャンダル(2017年製作の映画)

3.6

前半はスピード感もあり、おおらかな時代を感じさせるエピソードがてんこ盛りでめちゃめちゃ面白く観ました。
時間が進みお話が現在に近くなると、いろいろな方々への配慮?なのか、お話にキレがなくなってくるよう
>>続きを読む

去年の冬、きみと別れ(2018年製作の映画)

4.0

タイトルにはストーリー上の意味があるのですが、世間では恋愛映画のように誤解されているのかも。
この映画、純粋にサスペンスとして面白いです。
騙されたことに気づいた時になぜか心地よいので、観るチャンスが
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

公開前は観る予定はなかったけど、みなさんのレビューの高評価を見てあわてて鑑賞。
ストーリーがわかりやすい分、強く感情移入してしまうのか、泣けました。
おじさんが現世で忘れられてしまって2度目の死が訪れ
>>続きを読む

セッション(2014年製作の映画)

4.2

女子要素の少ないジャズヲタ映画だけど尺もちょうどよく楽しめた。
演奏シーンで鳥肌が立った。
LA LA LAND の前に観ておけばよかったな〜

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

評判通りとてもいい映画なんだけど、ネコを殺したから -1.0 (/ _ ; )
ネコを殺しちゃダメ
それ以外はとってもいい

シュガー・ラッシュ(2012年製作の映画)

4.8

自分的ディズニーアニメランキングベスト3に入る大好きな作品。
もちろんラルフは魅力あるキャラクターなんだけど、ヴァネロペに隠されているストーリーの鍵となる秘密や、その見せ方がハマっていてちょうどいい。
>>続きを読む

サクラダリセット 後篇(2017年製作の映画)

4.0

悪役ミッチーさんがメインディッシュ(*^^*)
平祐奈は、役にハマったりハズレたりを繰り返すように見えるけど、屋上のシーンは好きです。
お話が収まって良かったけど、重要な伏線が回収されてないように思う
>>続きを読む

サクラダリセット 前篇(2017年製作の映画)

3.0

原作を読んでないけど、設定が中2病的でストーリーも説明っぽかったり、やや矛盾してるような流れがあったり。
正直言うと、後編を観たいがために観ました(*^^*)

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.5

キャリーに出てたアンセル・エルゴートがかっこいい(*^^*)
ドクとの関わりについてもう少しだけエピソードを見たかった。
blu-ray の特典映像がけっこう楽しかった。

キャリー(2013年製作の映画)

4.0

クロエが可愛すぎて、なぜいじめの対象になっているのかわかりにくいけど、キャリーのツボは押さえているリメイク。
ブライアン・デ・パルマ版を踏襲しなくて良かったんじゃないかな?と思うシーンもあり、もっと自
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.8

突然歌うよ〜的なはっきりしたミュージカルで、全編楽しくあっという間に観終わってしまった。
歌とダンスに力が入っている分、物語の掘り下げ方に不満はあるけど、劇中のショーと同様、笑顔になって帰れるのでOK
>>続きを読む

嘘を愛する女(2018年製作の映画)

4.0

自分の好みのお話なので楽しく観ました。
長澤まさみが周囲を振り回す様がとてもいい。
本線の謎解きとは別に、川栄李奈演じるメイドさんの背景を掘り下げてもらえたらもっと面白く観れたかも。

祈りの幕が下りる時(2017年製作の映画)

4.2

シリーズの他のお話は全く知らず、この作品で初めて観ましたが、この1本だけで完結していて楽しめました。
シリーズ通して観ているともっと楽しめたんでしょうね。
子役だった桜田ひよりが大人と子供の間くらいの
>>続きを読む

ゴースト・イン・ザ・シェル(2017年製作の映画)

4.6

アニメのイメージで観てるといろいろ文句を言いたくなるけど、これは別物と思い始めるとすごく面白くなる。
そして、スカーレット・ヨハンソンがいい感じに見えてくる。
桃井かおりがとてもいい。

ニキータ(1990年製作の映画)

4.8

記録
冒頭の青い光の画面から映画に酔える感覚。
好きな映画。

レオン/完全版(1994年製作の映画)

4.8

記録
ナタリー・ポートマンが可愛すぎて、ジャン・レノになりたかった。
リュック・ベッソン作品では、ニキータと同じくらい好き。

ミート・ザ・ペアレンツ2(2004年製作の映画)

3.8

1作目が面白かったので続編を。
大御所のコミカルな演技には好感を持ったけど、下ネタとちょっと強引な展開に、1作目ほど笑えなかったかな。
猫のジンクスは相変わらず元気(*^^*)

ミート・ザ・ペアレンツ(2000年製作の映画)

4.0

「猫映画」の評判に惹かれ鑑賞。
確かに芸達者な猫がかわいい。
お話はベタだけど、テンポと雰囲気がいい。
最近の日本のテレビドラマの作り手が参考にしている映画の1本なんだろうなと思いました。

鬼畜(1978年製作の映画)

4.6

テレビドラマ版も良かったのですが、納得いかないところがあったので、古い映画版を鑑賞。
映画版の方が、説明が少ないのに話の流れがスムーズに思えます。
そして、鬼畜というタイトルと裏腹に主人公夫婦の人間的
>>続きを読む

>|