すーさんさんの映画レビュー・感想・評価

すーさん

すーさん

8年越しの花嫁 奇跡の実話(2017年製作の映画)

4.0

2017.12.30
予想以上のボロ泣きでした。
お涙頂戴の媚び過ぎない率直な演出と、土屋太鳳と佐藤健含め、その他キャスト陣の適度な演技に、心が動かされました。
特に土屋太鳳の迫真の演技にはびっくり!
>>続きを読む

DESTINY 鎌倉ものがたり(2017年製作の映画)

3.0

2017.12.30
ファミリー映画として安定感のあるクオリティ。大人から子供まで楽しめる良作!
製作陣から脇を固める役者陣まで、主題歌も含め、年末年始のザ・メジャー映画って感じでした。その辺りさすが
>>続きを読む

カンフー・ヨガ(2017年製作の映画)

3.5

2017.12.29
安定のジャッキーチェンとでもいおうか、そのカンフーアクションとコメディがめくるめく披露されるエンターテイメント。しかもその舞台が次々と変化し、飽きのないアクションを見せてくれる。
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.5

2017.12.29
松岡茉優の爆発! これぞ松岡茉優、こんな松岡茉優を見たかった!
彼女の絶妙な間の取り方とか、表情を堪能できる。ヨシカにぴったりじゃないか~!
「絶滅」というワードが引っかかる中、
>>続きを読む

スター・ウォーズ/フォースの覚醒(2015年製作の映画)

3.5

2017.12.28
時を経て、壮大な物語は続いている。それを実感を伴って見せてくれる一作!
にわかファンながら、興奮してしまいました。
旧キャストを登場させる順番、タメがすごい。その分、どうしても盛
>>続きを読む

ゴジラ(1954年製作の映画)

4.5

2017.12.23
ゴジラとは、パニック怪獣映画であると同時に、科学者のヒューマンドラマでもあったんだなぁ。山根と芹沢の葛藤に見応えアリ。
もちろん、特撮は言うに及ばず。
これが、60年以上前なんて
>>続きを読む

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐(2005年製作の映画)

4.5

2017.12.22
「戦争だ!」から始まるオープニングに思わず(いきなり)盛り上がる。
その後のファーストカットから、迫力満点の大宇宙戦が繰り広げられ、それが終わったかと思えばライトセーバーのチャン
>>続きを読む

泥棒役者(2017年製作の映画)

3.5

2017.12.21
巧いなぁ。
今にもバレそうなピンチを絶妙な掛け合いや言葉遊びで乗り切る展開に、あれよあれよと引きこまれました。悪者がいないのも良く、最後までスッキリ、そして暖かい気持ちになる。
>>続きを読む

スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃(2002年製作の映画)

3.5

2017.12.17
クライマックスの大合戦はすごい迫力。
ジェダイ軍団がカッコイイ。てかマスター・ヨーダめっちゃかっこいい。
母親の一件も含めて、大切なものを失う恐怖を増幅させたアナキンの今後やいか
>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

4.0

2017.12.15
ポアロの推理とその葛藤に唸りました!
名前だけは知っていた”オリエント急行殺人事件”。こういう話だったのか~すごい。
その物語もさることながら、特にケネス・ブラナーの苦渋の表情、
>>続きを読む

GODZILLA 怪獣惑星(2017年製作の映画)

3.5

2017.12.14
初めてアニメのゴジラが登場ということになるけど、舞台は近未来("近"ではない?)で圧倒的ファンタジーな世界観。そこも今までとは違うのかな?
主人公たちの心情や狙いはそこそこに、対
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

4.0

2017.12.10
多くを語らずして、その表情は雄弁。
人との交流で、人物像が浮かび上がってくる。人を救うのは、やっぱり人であり、心を交わらせることなんじゃないかと思う。それ故に、シャロンとケヴィン
>>続きを読む

本能寺ホテル(2017年製作の映画)

2.0

2017.12.10
いわゆるタイムスリップもので、設定に新鮮味はないのだけど…
やりたいことをしよう。
歴史は現代と地続きである。
そんなようなことを感じる作品だったけど、個人的にはどうにも面白さに
>>続きを読む

スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス(1999年製作の映画)

4.0

2017.12.9
BD版なので当時から修正があるとはいえ、CG技術の発達を喜ぶかのように、様々な異星人たちがこれまで以上に躍動し、ポッド・レースではダイナミックな映像が存分に見せつけられる。そんな映
>>続きを読む

(2016年製作の映画)

3.5

2017.12.9
井浦新、瑛太、長谷川京子、橋本マナミ、の演技のぶつかり合い。いや、大人たちのみならず、少年少女もすごく良い。
欲の暴走が見せる残酷さにまみれる。暗闇の中の光ほど、欲するものはない。
>>続きを読む

リュミエール!(2016年製作の映画)

4.5

2017.12.9
あまりに感激し、映画の力を改めて知った。そして、映画をもっと好きになった。
映画は、映像はやっぱりスゴい。その魅力に改めて虜にされました…。

当時の人々の感覚を追体験できるように
>>続きを読む

駅 STATION(1981年製作の映画)

4.5

2017.12.4
北海道を舞台にした叙情的風景と、そこで生きる人間たちの様子に、どんどん引きこまれてゆく。
北海道の自然(豪雪や吹雪、荒れた海…)の中で、高倉健の分厚い演技が光る(普通に立ってるだけ
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

4.0

2017.12.1
面白い!
ピエロが良いキャラしてる(敵という意味で)。ジェイソンやブギーマンのような凶悪性も兼ねつつ、ピエロというキャッチ―(?)なビジュアル。登場すると思わず「待ってました」感を
>>続きを読む

駅馬車(1939年製作の映画)

4.5

2017.11.26
ハリウッド黄金期の大傑作は、今なお魅力的である…
アパッチ族の襲撃を恐れながらも、それぞれの事情を抱えて次の街を目指す駅馬車。乗り合わせた乗客たちが繰り広げる人間ドラマ、ロマンス
>>続きを読む

スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還(1983年製作の映画)

4.0

2017.11.26
はじまりは奪還作戦!
ジャバ一味の奇怪な宇宙人たちから早く救ってくれ~とヤキモキする冒頭。始めから盛り上がる。
後半は、ルークvs.ダースベイダー+皇帝、エンドアの地上戦、宇宙空
>>続きを読む

キングスマン(2015年製作の映画)

4.0

2017.11.25
爆音映画祭にて。
いくつもの起伏があるシナリオに、息もつかせぬアクションが融合したブリティッシュ・スパイアクション。
スーツ姿で戦う格好の良さは勿論、エグジー青年の成長物語として
>>続きを読む

チチを撮りに(2012年製作の映画)

3.5

2017.11.24
ラストシーンに胸が暖かくなった。自分なりの納得の仕方って、すごく大事だ。自分のために思い切るって、時には大事なことだと思う。
女一人で姉妹を育て上げた母親を、格好よく映す。お母さ
>>続きを読む

逆光の頃(2017年製作の映画)

2.0

2017.11.24
思春期少年の見つめる夏の一時は、彼の成長の一時。
がんばって目に焼き付けた友の夢や、恋や、男としての決意も、目を開けると消えてしまう。そして今見えているものと重ね合わせる。そうし
>>続きを読む

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

3.0

2017.11.24
人は見た目じゃないですね。白石監督にすっかり誘導されてしまいました。
伏線はいくつもあって、佐野(阿部サダヲ)の行動の意味を理解した時、これも愛の形なのかなぁと…。一方で、主人公
>>続きを読む

関ヶ原(2017年製作の映画)

3.0

2017.11.24
上映終了間際、滑り込みで観られた!
天下分け目の大戦に到る様子がめまぐるしく描写されるが、これでも最低限の情報量なんだろうなと思う。合戦シーンは迫力があり、それだけに、小早川軍が
>>続きを読む

打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?(1993年製作の映画)

4.5

2017.11.23
なずなの感情がじわじわ伝わってくる。それでいて、少しだけ大人になった少女を見る少年の眼差しも映像で語られていて…、少年側の心も繊細に伝わってくる。
夜のプールでのなずなは、まるで
>>続きを読む

スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲(1980年製作の映画)

4.0

2017.11.23
前作から一転して、追われる側に。
いかに帝国の逆襲から逃れるかというところで、さらに宇宙世界が広がりを見せる。
ヨーダの登場や、衝撃の事実など、次作への期待がますます高まる!

釣りバカ日誌(1988年製作の映画)

3.5

2017.11.23
気楽なファミリーコメディ!
浜ちゃんとスーさんの出会いが描かれます。平社員と社長の2人が交わってゆく微妙な空気感が、笑いを誘う。
山田洋次脚本の安定感とでもいいますか…

最近話
>>続きを読む

渇き。(2013年製作の映画)

3.5

2017.11.21
画面から目が離せない。
頭をかき乱すほどに目まぐるしい映像の展開。夢と現実と過去が入り混じり、カメラも引いたり寄ったり、照明や画面の配色含め、刺激的な映像が続く。
小松菜奈があく
>>続きを読む

>|