すーさんさんの映画レビュー・感想・評価

すーさん

すーさん

映画(342)
ドラマ(5)

ミッション:インポッシブル3(2006年製作の映画)

3.5

2018-122
何を信じれば良いのか分からない中で奔走するイーサン・ハント!
展開が目まぐるしく、緊迫感が続く。
頭の中の爆弾ってかなりえぐいなぁ。。

RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語(2010年製作の映画)

3.0

2018-121
運転士ってやっぱりかっこいいんだなと、思います。
こういう仕事っていいなア、かっこいいなぁって、思います。
好きなことをしていこうと決意するには遅すぎることはない。
(誰もがそんなに
>>続きを読む

メリー・ポピンズ(1964年製作の映画)

4.0

2018-120(59)
@午前十時
なんて楽しい映画だ!!
冒頭の雲の上のメリー・ポピンズと、バートの愉快な大道芸。
不思議いっぱいの生活と冒険、なんといってもアニメーションとの融合、これはもう見惚
>>続きを読む

ターミネーター(1984年製作の映画)

4.0

2018-119
迫りくるターミネーター、近未来の退廃的な情景、サイボーグの刺激的なビジュアル、さらにはロマンスとタイムトリックも含めて、魅力に尽きない…。
徐々にサイボーグの中身が露わになってゆく展
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル2(2000年製作の映画)

3.5

2018-118
ジョン・ウーアクションたんまり。
美しい…バイクチェイスも楽しいです。かっこよすぎかよ。
監督の個性というのがよくわかる。。。

新婚道中記(1936年製作の映画)

3.5

2018-116
ささいなことから離婚へと発展した二人の、つかずはなれずな、おさえきれない愛情の結末。
そんな二人の様子が軽妙でいて、繊細。後半にかけてどんどん面白くなっていく。半分ドタバタのラブコメ
>>続きを読む

釣りバカ日誌10(1998年製作の映画)

2.5

2018-115
レギュラーシリーズ10作目。
スーさんの社長辞職騒動と、夢を追う青年の若き覚悟の行く末。
原作者のお二人、どこに出ていたんだろう。

未来のミライ(2018年製作の映画)

3.5

2018-114(58)
”細田守の夏”への期待値が相当高い状態で、初日に駆け込んだ未来のミライ。
オープニングからぞわぞわしてました。
くんちゃんとミライちゃんの感情表現とそのデフォルメに促されるが
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド(2015年製作の映画)

3.5

2018-113
迫力満点のスペクタクルに引き付けられまくり。
映画館で観ていたら興奮抑えきれない系でした、悔しい~
第一作目を彷彿とさせ、想起させる演出がある分、名作としての第一作がより際立つ感じも
>>続きを読む

釣りバカ日誌9(1997年製作の映画)

3.5

2018-112
ハマちゃんの仕事っぷりが初めてまともに描かれたかもしれない。
小林稔侍演じる実直な馬場と、自由奔放なハマちゃんのコンビが、これまでにない面白さでした。
実直がゆえ、不器用な父親であり
>>続きを読む

パンク侍、斬られて候(2018年製作の映画)

3.0

2018-110(59)
すごく「わけのわからない」映画だったけど、どこか他人事ではないような気がする。劇薬のよう。
なんというか、「なんで?」と問うことすら愚かかもしれず…。
「分からない」がある世
>>続きを読む

劇場版ポケットモンスター キミにきめた!(2017年製作の映画)

4.0

2018-109
テレビでやってたので観ちゃった!
「キミにきめた!」という言葉のうらにある友情・信頼。
余計なものはとっぱらって、すごくストレートに感動しちゃう。
知らないポケモンもいたけど、我らが
>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

3.5

2018-108(56)
オープニングの掴みが良かったです。
大画面と大音量に引き込まれた!

何を信じたら良いか分からない時代に、その正義を芽吹かせるハン。
ローグワンのような驚きはなかったけれど、
>>続きを読む

OVER DRIVE(2018年製作の映画)

2.0

2018-107(55)
ラリーとかよりも、整備士の格好良さに惹かれたかなぁ。
「すぐ直してやるから」そんなお兄ちゃんかっこいい。

でも物語としてのスリルはあんまりなく、サクセスストーリーとしては平
>>続きを読む

空飛ぶタイヤ(2018年製作の映画)

3.0

2018-106(54)
社会人になって、こういう話が面白くなってきてしまった。
池井戸潤作品が支持を集める理由が分かる気がする。
でも社会人2年目の私は、大企業のマネージャーなんかにはなりたくないな
>>続きを読む

セーラー服と機関銃 卒業(2016年製作の映画)

3.5

2018-105
”前作”との比較を免れないものの、換骨奪胎を試みて現代版にアップデートした、という感じでしょうか。それが個人的にハマったのか、面白かった。流行りとかもあるし、やっぱり最近の映画は最近
>>続きを読む

友罪(2017年製作の映画)

3.0

2018-104(53)
重いなーーー重い、でも、それは向き合わざるを得ないこと、向き合わざるを得ない人たちがたくさんいる。逃げられない人がいる。
群像劇的に描かれる加害者と被害者と、その周りの者たち
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

4.0

2018-103(52)
「警察がそんなことしてええんか!」と繰り返されるのに対し、大上が「警察じゃけ何してもええんじゃ」と返すのは、彼の格好だったのかもしれない。
映し出されているのはシビアな世界で
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル(1996年製作の映画)

4.0

2018-102
かっけ~!
新作公開に向けて再観賞、でもだいぶ前に見たっきりだったので、ストーリー忘れてて純粋に楽しめた。
カメラワークと音響・編集が素晴らしい!(テーマ曲ももちろん!)
ストーリー
>>続きを読む

釣りバカ日誌8(1996年製作の映画)

2.5

2018-101
経費削減、これも時代の一幕なんでしょうか。
今回は柄本明と室井滋がゲスト。だったけど、そっちの話は結構あっさりで、むしろあっさり過ぎて勿体ないな(笑)
後半はハマちゃんスーさんの遭難
>>続きを読む

セーラー服と機関銃(1981年製作の映画)

4.0

2018-100
女子高生が暴力団組長というのはなかなかぶっとんだ設定だなぁと、今更ながらしみじみ思った。
それが良い意味でファンタジー要素になって、ヤクザ映画がアイドル映画(青春映画)で中和された面
>>続きを読む

カサブランカ(1942年製作の映画)

4.0

2018-99
このロマンスは…まさに映画、これぞ映画!!
物語の背景の知識があれば、もっと感情移入できた気がするけど
女性たちの美しさも際立つ、名台詞揃いのロマンス傑作ですね。

シェルブールの雨傘(1963年製作の映画)

3.5

2018-98
全編ミュージカル。映画を観ているというより、音楽を聴いているかのよう。
「出発」シーンの呼び掛け合いが、美しくも悲しい…
そこから始まる「不在」というものの大きさ。
カラフルな画面も、
>>続きを読む

燃えよドラゴン(1973年製作の映画)

3.5

2018-97
鏡の間での戦いは秀逸…
映像的な遊びとカンフーの動きを増幅させるような見せ方。
「考えるな、感じろ」。

ブルース・リーの肉体からほとばしる"気"のようなものが凄まじい…負ける気がしな
>>続きを読む

七人の侍(1954年製作の映画)

4.5

2018-96(51)
@午前十時の映画祭
スクリーンで観るのは二回目だったけど、前より面白く感じた。
もう言うことなし!!

GODZILLA 決戦機動増殖都市(2018年製作の映画)

3.5

2018-95(50)
前作は勢いで押し切られた感で、それはそれで十分楽しんでたけど、今回も面白かった!
主人公の葛藤が結構分かりやすく出てきていたのと、地球人・ビルサルド・エクシフの3つの種族の掛け
>>続きを読む

妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ(2018年製作の映画)

3.5

2018-94(49)
三作目にして面白さは高まるばかり。今年もこの家族の様子を垣間見ることができるのが嬉しい。
「今年は姉さんが家出しちゃってさー」って庄太の話を聞いてるみたい。
終わり方も良くて、
>>続きを読む

ラプラスの魔女(2018年製作の映画)

1.5

2018-93(48)
やっぱり三池監督の作品はハマらないなぁ…。

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016年製作の映画)

4.0

2018-92
このスピンオフの在り方はずるいなぁ、素晴らしい、映画館で観たかった。
物語の裏には物語がある。物語は連なっている。こんな裏話があったんだ…。
切なくも興奮のラスト。

釣りバカ日誌7(1994年製作の映画)

3.0

2018-91
ハマちゃんとスーさんの仲違いが辞職騒動に発展して… これまでの釣りバカで一番泣ける。
みちこさんが交代しちゃった!

万引き家族(2018年製作の映画)

4.5

2018-90(47)
この”家族”に、惹きつけられて止みません…。
吸い寄せられるような画面、彼らの生きる世界に引き寄せられ続けた2時間でした。
1回観ただけじゃ受け止めきれなくて、観終った後はこの
>>続きを読む

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

4.0

2018-89(46)
ただの恋愛モノだと思っていたら、かなり爽やかな青春映画ですごく良い意味で裏切られた。めっちゃ良かった。
あきらと店長が関わり合っていく中で、恋愛の裏にある青春の影がだんだんと表
>>続きを読む

いぬやしき(2018年製作の映画)

2.5

2018-88(45)
前半が冗長だったなぁ。予告のせいもあって、『亜人』くらい振り切ったアクション展開を期待してしまっていたので、若干肩透かし感。
佐藤健が敵役をするのも悪くないね。

お金かかって
>>続きを読む

ママレード・ボーイ(2018年製作の映画)

2.5

2018-87(44)
学生恋愛モノでありつつ、テーマそのものは家族について。
前半は恋愛映画の楽しい感じが出てるけど、後半は少し雰囲気を変えてドラマチックになってくる。
クライマックス辺りで急に様相
>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.5

2018-86(43)
遂に劇場に追いついた~~!!
それがこのインフィニティ・ウォーだったのもまた衝撃的だった!
冒頭からラストまで、全てがこれまでの各作品のクライマックスかのようで…情報量が多すぎ
>>続きを読む

>|