いとこんさんの映画レビュー・感想・評価

いとこん

いとこん

映画(1321)
ドラマ(9)
アニメ(0)

12日の殺人(2022年製作の映画)

3.0

予告、サイクリング場で延々と
自転車を漕ぐ男が気になり鑑賞しました

殺人事件の謎を追うお話ですが
犯人探しが目的ではない作品です
派手な演出もなく淡々と地味に
捜査は続いていきます
少しずつではあり
>>続きを読む

オッペンハイマー(2023年製作の映画)

3.0

かなり構えて挑んだからかもですが
そこまで分かりづらくなかったので
肩透かし喰らいました

BGMの使い方がうまい
ストーリーが飽きない構成になってる

当たり前だけどオッペンハイマー目線で
造られた
>>続きを読む

パレード(2024年製作の映画)

3.0

ファンタジー色強め
登場人物それぞれの
後悔がやわらいだり、
心が救われるのを観ると
ああ良かったなーと
素直に喜べる

いい残したこと
やり残したこと
ないように
現世を楽しむぞ

ハローグッバイ(2016年製作の映画)

3.0

ラスト、認知症のもたいまさこが
JK達を娘の友人と勘違いするシーン…
一番胸にグッときた

そんなさりげない部分が
良かったです
題材、シチュエーション、キャラクター
岡崎京子の漫画を彷彿とさせる
>>続きを読む

市子(2023年製作の映画)

3.5

小学生の時に遊びに行った家が
自分家と環境が違いすぎて
世界が広がった記憶
色んな人がいて色んな家庭がある

杉咲花の圧倒的な存在感で
市子を見事に演じている

シックス・センス(1999年製作の映画)

3.5

ブルース・ウィリス、ミーシャ・バートン
懐かしの面々
オチは知ってしまっていたが
それでも楽しめた

終盤、お母さんとコールくんのハグで
涙涙

ユージュアル・サスペクツ(1995年製作の映画)

3.0

「ユージュアル・サスペクツ」の
ネタバレを踏むという心配を
しなくなる人生にしたくて鑑賞

やっとみれた!
2回途中で寝ちゃって
3回目でやっと完走できた。
数回観たのでごちゃごちゃしていた
登場人物
>>続きを読む

エゴイスト(2023年製作の映画)

4.5

タイトルが秀逸すぎる…

鑑賞前は「同性愛者の恋愛ドラマ」
としか思っていなかった
ことの成り行きに大変驚いた
深い深い人間ドラマだった

「ごめんなさい」
という言葉が
不意に出てしまう感じ
これま
>>続きを読む

二階の他人(1961年製作の映画)

3.0

昔の暮らしがわかる歴史的な
資料としてみると興味深い
駅の様子とか…
住宅地の様子とか

ドタバタ人情コメディ
面白かった^_^

羊たちの沈黙(1990年製作の映画)

4.0

見過ごしてしまっていた名作を…
数十年越しにタイトルの意味がわかった。
なるほど…

リアルタイムでみたかったな〜〜
ジョディ・フォスター綺麗
女の捜査官だからって
ジロジロ舐め回すようにみてくる
>>続きを読む

シェルブールの雨傘(1963年製作の映画)

4.0

母が好きだと言っていた映画。
何となく観ずにここまできてしまった

昔のフランスの街並み。可愛い
ファッションも素敵。
色使いが綺麗…うっとり

「若い男女の淡い恋物語」
どうせこうなるんだろ、
的な
>>続きを読む

ゴールド・ボーイ(2023年製作の映画)

4.0

「面白いという噂」という前情報ありで
見たので期待し過ぎてしまった

とはいえ何転もするシーソーゲーム
充分楽しめた。
特にオープニングの主人公のナレーション…
全てを知った上で改めて回想してみると…
>>続きを読む

ミーン・ガールズ(2004年製作の映画)

3.5

娘のオススメ♪

頭使わず楽しめる、休日のんびり
過ごすお供に丁度良い♡
リンジー・ローハンかわいいし、
レジーナ役の子は、
「君に読む物語」のあの子やん!
レジーナのお母さん地味に面白かった。

正欲(2023年製作の映画)

3.0

ガッキーの死んだ目の演技がすごい

癖ゆえの生きづらさ等
当事者の苦悩が丁寧に描かれていく
応援したい気持ちになるが
登場人物のやや浅はかな行動が
少しイライラした

特に稲垣吾郎演じる刑事
世間知ら
>>続きを読む

落下の解剖学(2023年製作の映画)

3.0

ミステリー??なのか?
これは…夫婦で観ないことを
おすすめします

とにかく、
フライヤーのイメージにつられ鑑賞し
謎解いてスッキリー!!
という単純な話にはならないことは
はっきり言えます笑

>>続きを読む

生きてるだけで、愛。(2018年製作の映画)

5.0

正しく理解するってことを
本当に大事にしたいなと思った

当事者じゃないと永遠にピンとこない
ってことがこの世にはある

寂しいから鬱になる
いずれ治る

どんな言葉より鋭いナイフのように
傷をえぐら
>>続きを読む

犯罪都市 NO WAY OUT(2023年製作の映画)

4.0

前作観てなくても問題なし
コメディタッチで笑いどころたくさん
マ・ドンソク強すぎる…笑
ビジュ的にうちの猫に似てて親近感
(アイコンのハチワレ)
かわいい〜〜
拳の力で目の前の謎を
淡々と解いていく姿
>>続きを読む

ファミリー・ゲーム/双子の天使(1998年製作の映画)

3.5

何も考えず気楽に観れる
ドタバタコメディ探していたら
本当にちょうどよかった
期待せずでしたが意外と楽しめた
音楽も懐かしくて○

リンジー・ローハンかわいいね

ビッグ・ビジネス(1988年製作の映画)

3.0

もろ80年代のどたばたコメディ
全体的にアンジャッシュのコントだし
志村の番組でみたシーンもあり
ベット・ミドラー足きれい
最初から最後まで
雑すぎて面白かった

クイーン:ロック・モントリオール1981(1981年製作の映画)

4.0

IMAXにて!!
クリアな大画面と大音量で迫力満点
フレディはじめメンバーや
お客さんひとりひとりの表情まで
はっきりくっきりとわかり
臨場感が半端ない
ロジャー・テイラーのドラムが
めちゃくちゃかっ
>>続きを読む

マダム・ウェブ(2024年製作の映画)

3.0

予告でサスペンスミステリーとあり、
気になり拝見しましたが、
そこまでミステリー要素は
なかったような?
とはいえシリーズに詳しくない私でも
問題なく楽しめました
というよりマーベル的要素が薄いから
>>続きを読む

きっと、星のせいじゃない。(2014年製作の映画)

3.5

アンセル・エルゴートが
出ていたので拝見

時間は誰にとっても限りあるもの
いまこの瞬間を大事に過ごしたいって
改めて気付かされてくれた
見たいもの見に行こう
会いたい人に会おう
好きな人には好きって
>>続きを読む

ガール・ネクスト・ドア(2004年製作の映画)

3.0

ポール・ダノにハマっており鑑賞
眉毛の形が懐かしいこの女の子、
見覚えあるなと
思ってたら…
24のキム・バウアーか!

バカバカしい部分もあるけど
割とストーリーも、ちゃんとしてて○
オチも一応しっ
>>続きを読む

ルビー・スパークス(2012年製作の映画)

4.0

ポール・ダノとゾーイ・カザンの
カップルかわいいいい

ファンタジー系ラブストーリー
相手を意のままに動かせて
恋しても、おもんないよね
ラストもあれでヨシ♪

ああ楽しかった!

リトル・ミス・サンシャイン(2006年製作の映画)

3.0

十数年越しに
チラシ(車と追いかけっこ)の
意味がわかった笑
なんて微笑ましいの
黄色いバンかわいいわー

ミスコンなんてクソだと思ってみてたら
登場人物が言ってくれた笑
あぁすっきり
でこぼこ家族バ
>>続きを読む

幸せのレシピ(2007年製作の映画)

3.0

作業しながら吹き替えで^_^
王道ラブコメ嫌いじゃないです
悪人が出てこないから
終始ほっこり観れた
スマホ出てこないなーっとおもったら
2007年、結構昔だった…

ハッピーな気分
そしてお腹が空く
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.0

オクタヴィア・スペンサーが
出ていたので拝見。
よい話だった!

「天才児育てるのに
いろいろ大変なことが起こって
さあ大変
でもラストはめでたしめでたし。」
って感じだろーと勝手に想像
していた……
>>続きを読む

カラーパープル(2023年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ベビーな話だけど
ミュージカルなおかげで
ライトに仕上がってる感じ
セリーは地獄から抜け出せたけれど…

ラストはやはり涙

メタモルフォーゼの縁側(2022年製作の映画)

3.5

じんわりあったかくなるお話
みんなが優しい世界
刺激がいらない気分の時に
ちょうど良い

ただ、本屋さんってさ
お客さんの買うもの
そんなにジロジロ見なくない?
表紙みて、え…みたいな描写あったけど
>>続きを読む

うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー(1984年製作の映画)

3.5

昭和というか80年代の
雰囲気が懐かしい
カット割、作画
めちゃめちゃ凝ってる

豪華声優陣…
サクラの声が鷲尾真知子だったの
知らなかった
あと藤岡琢也にびっくり

エンディング曲も
モロあの時代感
>>続きを読む

フレンチアルプスで起きたこと(2014年製作の映画)

5.0

面白い映画を観てしまった!

アルプスの壮大で美しい景色を背景に
リアルで生々しい家族崩壊の危機
対比がすごい
子ども達の反応も泣かせる

この映画の感想として
どうかと思うけど
スキーやりたくなった
>>続きを読む

ロブスター(2015年製作の映画)

3.5

ヨルゴス・ランティモス
いつも奇妙な世界へ
いざなってくれる

私なら猫になるかな

かがみの孤城(2022年製作の映画)

4.0

地上波にて

期待せず眺めていたけど
冒頭から胸が締め付けられそうになり
目が離せなくなった
登場人物達の過酷な状況を
軽々しく描くこともなく
本当にこんな場所があれば
救われる子たちが
たくさんいる
>>続きを読む

オテサーネク 妄想の子供(2000年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

少女が目玉焼きなめてる
メインビジュアルが
まず最高ですよね
なんでこのお話でここ
切り取ったかっていう

オチークの口穴からベロ出てるとこ
きしょ過ぎるし
黒猫ちゃんめっちゃ可愛かったのに
あんなこ
>>続きを読む

>|